ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(5月3週目その3)

12位:「シャッターアイランド」(パラマウント)<6週目>
【公開前個人予想】 28.0億円
【現時点での興行収入予想】 16億円半ば(5週目16億円、OP時~3週目15~16億円)
【公開規模】 212スクリーン(先週比-182スクリーン)
1.8千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは16.0億円となっている。
1週間の伸びは6.1千万円程度だろうか。
スクリーン数が削られて、週末の伸びが悪くなっている。
もはや大きな伸びはないだろう。
トータル的には“謎”が気になるタイプの作品なので、伸びは悪くなかったが、評価が良くないことから、爆発的なものではなかった。

レオナルド・ディカプリオ主演映画の興行収入は以下の通り。
☆03年公開「ギャング・オブ・ニューヨーク」トータル30.0億円
☆03年公開「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」トータル29.0億円
☆05年公開「アビエイター」トータル10.7億円
OP1.6→5.0→6.9→8.4
☆07年公開「ディパーテッド」トータル15.6億円
OP2.9→7.1→9.9→11.7→13.0→13.8
☆07年公開「ブラッド・ダイヤモンド」トータル9.9億円
OP1.5→4.2→6.2→07.5→08.9→09.4→09.8
☆08年公開「ワールド・オブ・ライズ」トータル8~9億円
OP1.1→不明→6.0→祝込7.6→8.2
☆09年公開「レボリューショナリー・ロード」トータル3.8億円
OP0.8→2.4→3.2→03.5→03.7→03.7
☆10年公開「シャッターアイランド」
金3日3.4→8.3→11.0→13.3→15.4→16.0億円→
「ディパーテッド」トータル15.6億円が当面のライバルとなりそうだと思っていたが、それは超えている。
ゴールデンウィークがあったので、「ブラッド・ダイヤモンド」の7週目との対比で考えると、「シャッターアイランド」の興行収入は16.2億円となる。
この辺りが落ち着きどころか。

事件モノや不可思議なストーリーも参考になると思ったが、以下のようなビッグヒットにはなりそうもない。
☆09年公開「天使と悪魔」トータル33.5億円
金3日6.8→15.0→20.6→25.6→28.6→30.4→31.4
☆02年公開「バニラスカイ」トータル33.2億円
☆06年公開「フライトプラン」トータル31.2億円
OP2日6.0→14.4→20.4→24.8→28.0
☆01年公開「アンブレイカブル」トータル29.4億円
☆02年公開「パニックルーム」トータル25.0億円
☆09年公開「ベンジャミン・バトン数奇な人生」トータル24.0億円
OP3.2→10.4→15.0→18.7→20.8→22.3→22.9
☆04年公開「コラテラル」トータル22.0億円
☆00年公開「ファイトクラブ」トータル19.8億円
☆04年公開「ヴィレッジ」トータル17.0億円
☆09年「チェンジリング」トータル12.8億円
金2.3→06.5→09.1→11.0→12.1→12.4→12.8
☆10年公開「シャッターアイランド」
金3日3.4→8.3→11.0→13.3→15.4→16.0億円→
主要作品の7週目との対比で考えると、「シャッターアイランド」の興行収入は16.8~17.1億円となる。
良作ならば強気になれるが、伸びても17億円というところか。

「シャッターアイランド」16.0億円と同程度の7週目興行収入作品は以下のとおり(※GWのため1週上乗せ)。
<2008>
☆「セックス・アンド・ザ・シティ」15.9億円(トータル18.0億円)
☆「ダークナイト」15.6億円(トータル16.0億円)
「ダークナイト」との対比で考えると、「シャッターアイランド」の興行収入は16.4億円となる。
17億円に近いラインまで伸びる可能性はあるが、現時点では「シャッターアイランド」の興行収入は16億円半ばと予想したい。
先週は16億円だったが、もうちょっと絞り込んでみたい。
OP時には確か15~16億円と予想していたので、ヨミはそれほどズレていなかったようだ。
公開前には、一般受けしそうなテイストを信じて、期待を高めすぎたが、レオとスコセッシのタッグならば、「ディパーテッド」トータル15.6億円辺りとなるようだ。


13位:「てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~」(ショウゲート)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 4億円
【公開規模】 209スクリーン
1.7千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは3.4億円弱となっている。
1週間の伸びは4.8千万円程度だろうか。
週末はあまり稼げていないが、平日の伸びは悪くないようだ。
スクリーン数に比較して、それほど稼げていないが、メジャースタジオではない上に、岡村主演作品としては地味のため仕方はない。
爆発的なヒットを望めない作品なので、個人的にはこの程度稼げば、十分と考える。

芸人が原作・脚本・演出などに関わった作品は以下の通り。
☆08年「陰日向に咲く」トータル19.5億円
OP2.4→7.2→祝込11.8→14.2→16.3→17.8
☆09年「ドロップ」トータル19.5億円
祝3日2.5(1.7)→7.0→11.6→14.5→16.1→17.1
☆07年「大日本人」トータル11.6億円
先込2.3→6.2→8.4→9.8→10.6→11.2
☆08年「ホームレス中学生」トータル6~7億円見込み
OP1.2→祝込3.7→4.8→5.6→祝込6.2
☆09年「しんぼる」トータル4.7億円
OP1.0→2.5→3.9→4.5
☆10年「てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~」
OP0.5→1.8→2.9→3.4億円→
ゴールデンウィークがあったので、これらの5週目との対比で考えると、「てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~」の興行収入は3.7~4.1億円となる。
4億円を超える勢いはないが、4億円程度が落ち着きどころではないか。

「てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~」3.4億円と同程度の5週目興行収入作品は以下のとおり(※GWのため1週上乗せ)。
<2009>
☆「風が強く吹いている」4.1億円(トータル4.5億円)
☆「鴨川ホルモー」2.8億円(トータル3.0億円)
<2008>
☆「西の魔女が死んだ」3.6億円(トータル4.5億円)
☆「銀幕版 スシ王子!」3.4億円(トータル3.7億円)
☆「グーグーだって猫である」3.2億円(トータル3.6億円)
☆「釣りバカ日誌19」祝込3.2億円(トータル3.5億円)
☆「築地魚河岸三代目」3.0億円(トータル3.4億円)
「西の魔女が死んだ」以外との対比で考えると、「てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~」の興行収入は3.6~3.9億円となる。
4億円超えは厳しそうだが、3億円後半までは稼げるのではないか。
現時点では、「てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~」の興行収入はOP時に引き続き4億円と予想したい。
ややマジメなヒューマンドラマなのでとっつきにくさはあるが、GW後でも多少は粘ってくれるのではないか。


14位:「運命のボタン」(ショウゲート)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 1億円~1億円半ば
【公開規模】 122スクリーン
1.4千万円を週末に稼ぎ、トータルでは7.9千万円となっている。
1週間の伸びは5.1千万円弱程度だろうか。
トータルでは1億円~1億円半ば程度ではないか。
キャメロン・ディアスにいくら知名度があっても、この作品では無理だろう。


15位:「ダーリンは外国人」(東宝)<6週目>
【公開前個人予想】 9.5億円
【現時点での興行収入予想】 6億円後半(2~3週目7~8億円、OP時8~9億円)
【公開規模】 250スクリーン
1.2千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは6.6億円弱となっている。
1週間の伸びは3.2千万円程度だろうか。
このスクリーン数を確保しながら、完全に勢いを失っている。

人気の漫画が原作ではあるが、ラブストーリー関連作品が参考になるか。
かなりテイストは異なるが、問題はないだろう。
☆07年「恋空」トータル39.0億円(新垣)
OP4.8→13.1→19.7→26.0→29.7→32.3→34.1
☆09年「僕の初恋をキミに捧ぐ」トータル21.5億円(井上)
OP2.8→7.8→13.0→16.0→祝18.5→19.5→20.3
☆08年「赤い糸」トータル11.5億円(南沢)
OP1.0→不明→6.6→祝8.8→9.7→10.5→10.7
☆08年「砂時計」トータル10.0億円(夏帆・松下)
OP1.2→祝6.0→7.2→8.3→9.1→09.5→09.7
☆06年「ただ、君を愛してる」トータル8.0億円(宮崎)
OP1.2→2.4→5.1→6.3
☆06年「シュガー&スパイス/風味絶佳」トータル7.5億円(沢尻)
OP1.0→3.4→4.9→5.8
☆07年「そのときは彼によろしく」トータル4.6億円(長澤)
OP0.9→2.3→3.3→3.8→04.2→04.4
☆10年「誰かが私にキスをした」(堀北)
OP0.5→1.5億円→
☆10年「ダーリンは外国人」
OP1.2→3.2→4.3→5.3→6.3→6.6億円→
ゴールデンウィークがあったので、「恋空」などを除く主要作品の7週目との対比で考えると、「ダーリンは外国人」の興行収入は6.8~7.1億円となる。
7億円を超えない程度が落ち着きどころか。
「ただ、君を愛してる」トータル8.0億円、「シュガー&スパイス/風味絶佳」トータル7.5億円辺りも下回りそうだ。

コメディテイストもありそうなので、以下の作品も参考になる。
☆07年「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式 」トータル9.3億円
祝込3日2.2(2日1.4)→4.3→6.3→7.8
☆08年「ハンサム★スーツ」トータル8.6億円
祝込3日2.1(2日1.5)→3.9→5.6→6.7→7.6→8.1
☆10年「ダーリンは外国人」
OP1.2→3.2→4.3→5.3→6.3→6.6億円→
これらをも下回る結果となった。

「ダーリンは外国人」6.6億円と同程度の7週目興行収入作品は以下のとおり(※GWがあったので、1週上乗せ)。
<2009>
☆「60歳のラブレター」7.8億円(トータル7.9億円)
<2008>
☆「まぼろしの邪馬台国」7.7億円(トータル9.5億円)
「60歳のラブレター」との対比で考えると、「ダーリンは外国人」の興行収入は6.7億円となる。
「ダーリンは外国人」の興行収入は先週に引き続き6億円後半と予想したい。
数週間前には『通常では6~7億円程度となりそうな動きだが、GWがあるので、楽観視したい』と書いていたが、楽観視しない方がよかったようだ。
はっきり言って物足りない成績だが、井上単独主演作品のようなものであり、この程度でも大コケせずに頑張ったともいえるか。
人気漫画の映画化というフレーズが通用する作品でもなかったといえる。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1744-77088afc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。