ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(6月1週目その3)

4位:「アリス・イン・ワンダーランド」(ディズニー)<8週目>
【公開前個人予想】 60.0億円
【現時点での興行収入予想】120億円(5週目115億円、4週目105億円、OP~2週目100億円)
【公開規模】 732スクリーン(先週比-62スクリーン)
1.8億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは111.5億円となっている。
1週間の伸びは4.4億円程度だろうか。
8週目にしてようやく1位の座を譲り渡した。

週毎の伸びは以下のとおり。
OP時13.2→2週目22.2→3週目23.6→4週目24.8→5週目9.6→
6週目7.6→7週目6.1→8週目4.4億円→
GW後でも大きな落ち込みがなく、110億円を楽に突破している。
“ディズニー史上最短での100億円突破”が大きなニュースとなったが、GWがあったのだから、他の作品よりも有利とはいえるものの、こういうニュースが出ると『それほど流行っているのならば、俺も見ないといけないな』という心理が働くので、しばらくは粘りそうだ。
このような記事の宣伝効果は相当に高い。
ただ、絶好の稼ぎどころの一つともいえる東宝シネマズの六本木ヒルズでは公開が6月8日までと案内されていた。
問題はいつまでこの規模をキープできるかとなりそうだ。
DVD発売も8月4日に決定しているので、そろそろ縮小されていきそうだ。

公開前には、シリーズ作品や結末などが気になるタイプの作品ではないので、100億円級のビッグヒットにはならないと踏んだが、知名度が高い題材、監督・主演であり、観客層の幅が広い作品なので、このようなヒットになったのだろうか。
もちろん、3D大作映画という目玉もあった。
3D映画は単価が高いので、これもバカにならない。
前売券を買えば1300円で見られるところ、300円上乗せするか、2000円払わなければいけないので、25%~50%近く単価が上がる。

ティム・バートン監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年公開「スリーピー・ホロウ」トータル19.0億円
☆01年公開「猿の惑星」トータル45.0億円
☆04年公開「ビッグ・フィッシュ」10億円未満
☆05年公開「チャーリーとチョコレート工場」トータル53.5億円
OP4.7→15.4→24.0→30.8→38.2→42.3→45.9→48.5→50.9
☆05年公開「コープス・ブライド」トータル10.0億円
OP1.8→04.5
☆08年公開「スウィーニー・トッド」トータル20.5億円
OP4.0→09.6→14.0→16.6→18.4→19.4
☆10年公開「アリス・イン・ワンダーランド」
OP13.2→35.4→59.0→83.8→93.4→101.0→107.1→111.5億円→
GWがあったので、「チャーリーとチョコレート工場」の9週目との対比で考えると、「アリス・イン・ワンダーランド」の興行収入は117.2億円となる。
現時点では120億円程度というところか。
GW後でも伸びはまだまだ止まらないと思われる上に、他のライバル作品が不在というメリットもある。
6月に公開される「プリンス・オブ・ペルシャ」「アイアンマン2」程度では、大きな影響はないだろう。
現状のスクリーン数をしばらく確保できれば、7月の「踊る大捜査線3」「トイ・ストーリー3」まで粘るか。

ジョニー・デップ主演作品の主な興行収入は以下のとおり。
☆03年公開「パイレーツ・オブ・カリビアン」トータル68.0億円
☆05年公開「ネバーランド」トータル11.0億円
☆05年公開「チャーリーとチョコレート工場」トータル53.5億円
OP4.7→15.4→24.0→30.8→38.2→42.3
☆06年公開「パイレーツ・オブ・カリビアン/チェスト」トータル100.2億円
先19.2→37.5→52.2→63.7→78.8→86.5→90.6→93.5→95.5
☆07年公開「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド」トータル109.0億円
金19.4→44.0→61.4→74.5→83.7→90.9→96.2→99.3→102.5
☆08年公開「スウィーニー・トッド」トータル20.5億円
OP4.0→09.6→14.0→16.6→18.4→19.4→20.1
☆09年公開「パブリック・エネミーズ」
OP1.5→03.8→05.6→06.5
☆10年公開「アリス・イン・ワンダーランド」
OP13.2→35.4→59.0→83.8→93.4→101.0→107.1→111.5億円→
GWがあったので、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの9週目との対比で考えると、「アリス・イン・ワンダーランド」の興行収入は117.0~118.6億円となる。
やはり120億円ラインが限界か。

興行収入100億円前後の作品は以下のとおり。
☆05年「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」トータル110.0億円
5週目69.5→不明→95.5→100.9→103.5→105.4
☆07年「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド」トータル109.0億円
5週目83.7→90.9→96.2→99.3→102.5→105.1
☆06年「パイレーツ・オブ・カリビアン/チェスト」トータル100.2億円
5週目78.8→86.5→90.6→93.5→95.5→98.5
☆07年「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」トータル94.0億円
5週目79.2→82.4→87.0→89.0→祝込91.3→91.9
☆05年「スター・ウォーズEPⅢ」トータル91.7億円
5週目65.8→73.3→80.5→84.2→86.9→不明
☆06年「ダ・ヴィンチ・コード」トータル90.5億円
5週目70.3→76.1→80.7→83.9→85.3→88.2
☆09年「ハリー・ポッターと謎のプリンス」トータル80.0億円
5週目66.7→71.6→74.9→76.8→77.8→78.2
☆07年「スパイダーマン3」トータル71.2億円(GW作品)
5週目62.3→65.1→66.9→68.1→70.7
☆06年「ナルニア国物語」トータル68.6億円
5週目52.3→58.2→60.6→63.3→64.8
☆08年「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」トータル57.1億円
5週目祝込46.7→49.5→52.0→53.7→55.9
☆10年公開「アリス・イン・ワンダーランド」
5週目93.4→101.0→107.1→111.5億円→
GWがあったので、これらの9週目との対比で考えると、「アリス・イン・ワンダーランド」の興行収入は113.9~118.6億円となる。
これらの興行収入を超えてしまったが、「アリス・イン・ワンダーランド」は非シリーズ作品であり、さらに観客層が広く、比較的気軽に見られるということもある。

スクリーン数の動向が気になるところだが、先週1週間の伸びが4.4億円だったので、今後30%程度の下落と考えると、次週以降は3.1→2.2→1.5→1.1→0.7億円を稼ぐだろう。
7月10日から「トイストーリー3」が始まるので、ここまでが稼ぎどころと考えたい。
したがって、最大で8.6億円程度の上乗せが可能だろうか。
まさか「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズや「ハリー・ポッター」シリーズを超えるという発想はなかったが、現時点では「アリス・イン・ワンダーランド」の興行収入は120億円という予想にしておきたい。
「アバター」を除外すれば、03年「ラストサムライ」トータル137.0億円、04年「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」トータル135.0億円以来の大ヒットとなる。


5位:「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」(ディズニー)<2週目>
【公開前個人予想】 12.5億円
【現時点での興行収入予想】 7~8億円(OP時8~9億円)
【公開規模】 364スクリーン
7.8千万円を週末に稼ぎ、トータルでは4.2億円弱となっている。
1週間の伸びは2.3億円程度だろうか。
ディズニー&ブラッカイマー系のファミリーでも楽しめる万人向け作品であり、ちょっと高めに予想したが、苦戦するかもしれない。
日米ともに案外な結果となっており、主演の知名度などもやや物足りないのだろうか。

ゲーム関連作品のようだが、よく分からない。
「バイオハザード」や「トゥームレイダー」(Ⅰが27.0億円、Ⅱが20.0億円)のようなヒットにはなりそうもない。
とりあえずファミリー向けファミリー向けファンタジーアドベンチャー辺りが参考となるだろう。
☆08年公開「ライラの冒険 黄金の羅針盤」トータル37.5億円
先8.2(OP5.5)→15.4→20.2→24.7→28.2→31.1→32.5(※トータルと数字が合わない)
☆08年公開「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」トータル30.0億円
水8.1(OP5.5)→15.8→20.6→23.8→26.1→27.6→28.5
☆07年公開「ナショナル・トレジャー/リンカーン~」トータル25.8億円
金4日5.7→不明→18.0→21.2→23.7→24.8→25.5
☆08年公開「ハムナプトラ3」トータル22.0億円
先7.7(OP5.8)→14.2→18.2→20.1→21.1→21.7
☆05年公開「ナショナル・トレジャー」トータル20.6億円
OP5.3→9.6→13.9→16.5→18.3
☆05年公開「エラゴン/遺志を継ぐ者」トータル18.7億円
OP2.5→6.4→9.7→15.1→17.0→17.9
☆10年公開「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」トータル14億円見込み
金3.7→7.9→10.4→11.8→13.0→13.8→
☆10年公開「タイタンの戦い」
金2.8→7.6→12.4→13.9億円→
☆10年公開「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」
金1.9→4.2億円→
「ライラの冒険」「エラゴン/遺志を継ぐ者」以外との対比で考えると、「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」の興行収入は6.5~9.0億円となる。
極端な初動でもなさそうなので、7~8億円程度が落ち着きどころか。

「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」4.2億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2009>
☆「グラン・トリノ」4.6億円(トータル11.0億円)
☆「ウルヴァリン」4.8億円(トータル8.9億円)
☆「7つの贈り物」4.6億円(トータル7.9億円)
☆「サブウェイ123激突」4.3億円(トータル7.7億円)
<2008>
☆「P.S.アイラヴユー」4.4億円(トータル11.0億円)
☆「アイアンマン」5.2億円(トータル9.4億円)
☆「バンテージ・ポイント」4.1億円(トータル8.5億円)
「グラン・トリノ」「P.S.アイラヴユー」以外との対比で考えると、「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」の興行収入は7.2~8.7億円となる。
初動タイプの場合には7億円程度となるが、ファミリーでも楽しめる万人向け作品なので、もうちょっと伸びるのではないか。
6月には「アイアンマン2」「ザ・ウォーカー」というライバルがいるが、ファミリーならば本作を選ぶだろう。
期待値込みで「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」の興行収入は7~8億円と予想したい。
先週8~9億円と予想したが、9億円まで伸びることはないだろう。


7位:「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」(東宝・テレビ朝日)<5週目>
【公開前個人予想】 14.0億円
【現時点での興行収入予想】 18~19億円
【公開規模】 320スクリーン
7.3千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは16.3億円弱となっている。
1週間の伸びは1.6億円程度だろうか。
スペシャル版の視聴率も17.4%と好調だったようであり、根強い人気が窺われる。
15億円を突破しており、間隔は空いたがコケることはなかった。

過去のシリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
☆02年「TRICK劇場版」トータル12.9億円
☆06年「TRICK劇場版2」トータル21.0億円
4.3→10.0→13.9→16.9→18.8
☆10年「TRICK劇場版3」
3.7→08.5→12.1→14.7→16.3億円→
前作との対比で考えると、「TRICK劇場版3」の興行収入は18.2億円となる。
この辺りが落ち着きどころか。

堤幸彦監督作品は以下の通り。
☆06年「サイレン」トータル7~8億円見込み
☆06年「明日の記憶」トータル22.0億円
OP2.1→6.9→11.0→14.6→17.3→18.9
☆06年「TRICK劇場版2」トータル21.0億円
OP4.3→10.0→13.9→16.9→18.8
☆07年「大帝の剣」トータル3.0億円
☆07年「包帯クラブ」トータル1.5億円
☆07年「自虐の詩」トータル2億円半ば見込み
☆08年「銀幕版 スシ王子!」トータル3.7億円
☆08年「まぼろしの邪馬台国」トータル9.5億円
OP1.6→3.5→4.8→5.8→不明→7.2→7.7
☆08年「20世紀少年-第1章-終わりの始まり」トータル39.5億円
OP6.3→15.6→祝込24.0→28.1→32.5→34.8→祝込36.6→37.4
☆09年「20世紀少年-第2章-最後の希望」トータル30.1億円
OP6.2→13.4→19.5→23.0→25.8→27.3
☆09年「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」トータル44.1億円
OP8.7→21.3→27.9→32.4→38.7→40.7→祝込42.2→42.7
☆10年「TRICK劇場版3」
OP3.7→08.5→12.1→14.7→16.3億円→
初動タイプの「20世紀少年」シリーズとの対比で考えると、「TRICK劇場版3」の興行収入は18.6~19.8億円となる。
伸びがなくなりつつあるので、20億円突破は厳しくなってきた。

仲間由紀恵出演作の興行収入は以下の通り。
☆05年「SHINOBI」トータル14.1億円
☆06年「TRICK劇場版2」トータル21.0億円
OP4.3→10.0→13.9→16.9→18.8
☆06年「大奥」トータル22.0億円
OP2.4→6.7→祝込14.0→16.8→19.1→20.4
☆08年「私は貝になりたい」トータル24.5億円(主演:中居)
祝3日4.1→8.8→13.0→15.9→17.8→不明→21.0
☆09年「ごくせん THE MOVIE」トータル34.8億円
OP4.9→祝込13.1→17.5→22.5→26.0→30.2
☆10年「TRICK劇場版3」
OP3.7→08.5→12.1→14.7→16.3億円→
「ごくせん THE MOVIE」との対比で考えると、「TRICK劇場版3」の興行収入は21.8億円となる。
「ごくせん THE MOVIE」は夏休み公開のためか、意外と粘りがあったようだ。

「TRICK劇場版3」16.3億円と同程度の5週目興行収入作品は以下のとおり。
<2009>
☆「ドロップ」16.1億円(トータル19.5億円)
☆「感染列島」16.5億円(トータル19.1億円)
☆「BALLAD」15.5億円(トータル18.1億円)
<2008>
☆「母べえ」15.7億円(トータル21.2億円)
☆「K-20」16.5億円(トータル20.0億円)
☆「陰日向に咲く」16.3億円(トータル19.5億円)
「母べえ」以外との対比で考えると、「TRICK劇場版3」の興行収入は18.9~19.8億円となる。
まだ20億円を狙えないこともないが、前作の動きがあまりにも初動タイプなので、20億円を超えないだろう。
もちろん、前作「TRICK劇場版2」(トータル21.0億円)を超えることはなさそうだ。
「TRICK劇場版3」の興行収入は先週に引き続き18~19億円と予想したい。
18億円はさすがに超えてくるとは思うが、そろそろ勢いを失しそうだ。


9位:「座頭市 THE LAST」(東宝・フジテレビ)<2週目>
【公開前個人予想】 7.5億円
【現時点での興行収入予想】 5億円(OP時5~6億円)
【公開規模】 238スクリーン
5.1千万円を週末に稼ぎ、トータルでは2.5億円半ばとなっている。
1週間の伸びは1.7億円程度だろうか。
コケるのは分かっていたが、ここまでのレベルのコケ方をするとは思わなかった。
ただ、公開前に書いた『LASTと銘打っているが、今回コケてしまい、もう作ってもしょうがないという意味でのLASTという気がしてならない』という予想は当たったようだ。
香取慎吾自身は頑張っているとは思うが、本作はさすがに見る必要性を全く感じさせない。

香取慎吾主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆04年「NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE」トータル19.3億円
☆07年「西遊記」トータル43.7億円
実績を残しているが、今回はファミリーモノではない。
ドラマ“両さん”で大コケしており、人気は磐石というわけではない。
今回は香取を活かすような企画ではなく、苦戦を強いられそうだ。
三谷幸喜辺りといい意味でバカ騒ぎすることが、彼にとっての場所ではないか。
観客も香取の座頭市なんて見たくはなかったようだ。

参考までに、他のSMAPメンバーの興行収入は以下のとおり。
☆02年「模倣犯」トータル16.1億円
☆03年「黄泉がえり」トータル30.7億円
☆04年「笑の大学」トータル7.2億円
☆06年「日本沈没」トータル53.4億円
OP6.0→19.0→26.3→31.8→37.1→44.0→47.0
☆06年「武士の一分」トータル41.1億円
☆07年「HERO」トータル81.5億円
10.1→祝込34.0→祝込48.4→57.4→祝込66.6→70.5→73.8
☆08年「山のあなた 徳市の恋」トータル3億円見込み
OP0.5→1.6→2.2→2.5→2.7
☆08年「私は貝になりたい」トータル24.5億円
祝込3日4.1(2.6)→8.8→13.0→15.9→17.8→不明→21.0
☆09年「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」トータル3~4億円見込
OP0.6→1.9→2.6→3.0
☆09年「BALLAD 名もなき恋のうた」トータル18.1億円
OP2.3→6.3→9.3→13.6→15.5→祝込16.8→17.3
☆10年「座頭市 THE LAST」
OP0.9→2.6億円→
「武士の一分」「BALLAD 名もなき恋のうた」のような時代劇は大ヒットしたが、老若男女を問わないヒューマンドラマであり、本作のようなアクション作品とは違う。
これらとの対比で考えると、「座頭市 THE LAST」の興行収入は4.9~7.5億円となる。
7億円がマックスラインとなるが、ここまで伸びることはないだろう。
「山のあなた 徳市の恋」「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」は超えると思われるので、4億円以上、7億円以下となりそうだ。

なお、主演ジャニーズ作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「クロサギ」トータル17.2億円
OP2.9→7.3→10.7→13.3→15.2→16.0→16.4
☆10年「BANDAGE」トータル6億円見込み
OP1.3→3.0→4.2→5.6→5.7
☆10年「人間失格」トータル不明
OP0.8→2.5→3.7→4.9
☆08年「スシ王子!」トータル3.7億円
OP0.8→1.7→02.6→03.2→03.4→03.5
☆09年「ヘブンズ・ドア」トータル不明
OP0.4
☆09年「スノープリンス」トータル1.5億円見込み
OP0.3→0.6
☆10年「座頭市 THE LAST」
OP0.9→2.6億円→
「BANDAGE」「人間失格」と同程度となっている。
ジャニーズ主演作品はかなり苦戦している。
ファン以外の層まで浸透しにくいので、このような結果になるのだろう。
これらとの対比で考えると、「座頭市 THE LAST」の興行収入は5.2~6.1億円となる。
大きく伸びることはないので、5億円程度か。

座頭市シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆03年「座頭市」トータル28.5億円(ビートたけし主演)
☆08年「ICHI」トータル4.5億円(綾瀬はるか主演)
OP1.0→2.6→3.5→3.9
☆10年「座頭市 THE LAST」
OP0.9→2.6億円→
「ICHI」と壮絶なデッドヒートを繰り広げている。
とりあえず「ICHI」を超えることが最低限の目標となりそうだ。

歴史モノや時代劇などの興行収入は以下のとおり。
☆09年「BALLAD 名もなき恋のうた」トータル18.1億円
OP2.3→6.3→9.3→13.6→15.5→祝込16.8→17.3
☆09年「GOEMON」トータル14.3億円
水曜7.1(2.0)→9.0→11.3→12.6→13.4
☆05年「SHINOBI」トータル14.1億円
OP3.3→6.9→9.5→11.5→12.6→13.3
☆07年「蒼き狼 地果て海尽きるまで」トータル13.9億円
OP2.0→5.8→8.2→10.0→11.1→11.8
☆07年「椿三十郎」トータル11.5億円(※年末公開)
OP1.6→4.1→5.9→祝込7.3→不明→9.7
☆09年「カムイ外伝」トータル11.2億円
水4.3(1.6)→5.9→8.1→祝込9.6→10.2→10.6
☆08年「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」トータル9.3億円
OP1.8→4.4→6.2→7.5→8.2→8.6
☆09年「TAJOMARU」トータル4.8億円
OP0.7→2.1→3.5→4.3
☆10年「座頭市 THE LAST」
OP0.9→2.6億円→
「BALLAD」「GOEMON」「椿三十郎」以外との対比で考えると、「座頭市 THE LAST」の興行収入は4.9~6.2億円となる。
6億円程度まで伸びる可能性はあるが、どうだろうか。
「TAJOMARU」は超えたいところ。

「座頭市 THE LAST」2.6億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2009>
☆「60歳のラブレター」2.9億円(トータル7.9億円)
☆「真夏のオリオン」3.0億円(トータル5.7億円)
☆「さまよう刃」2.8億円(トータル5.5億円)
☆「風が強く吹いている」2.4億円(トータル4.5億円)
<2008>
☆「明日への遺言」2.4億円(トータル6.0億円)
☆「ICHI」2.6億円(トータル4.5億円)
☆「Sweet Rain 死神の精度」2.5億円(トータル5.0億円)
☆「特命係長 只野仁 最後の劇場版」2.2億円(トータル4.6億円)
「60歳のラブレター」「明日への遺言」以外との対比で考えると、「座頭市 THE LAST」の興行収入は4.5~5.4億円となる。
4億円台の可能性もありそうだが、知名度のある題材、知名度のある主演を踏まえて、ある程度の伸びを期待したいところ。
「座頭市 THE LAST」の興行収入は5億円と予想したい。
先週5~6億円と予想したが、6億円まで伸びることは難しそうだ。
「ICHI」トータル4.5億円、「TAJOMARU」トータル4.8億円を超えることで意地を見せて欲しい。


10位:「ボックス!」(東宝・TBS)<3週目>
【公開前個人予想】 4~5億円
【現時点での興行収入予想】 5.0億円
【公開規模】 237スクリーン
3.8千万円を週末に稼ぎ、トータルでは3.6億円弱となっている。
1週間の伸びは9.4千万円半ば程度だろうか。
予想以上に苦戦している印象。
内容面においては悪い作品ではないと思うが、このようなスポーツ青春系作品はヒットには結びつきにくいところがある。

市原隼人主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」トータル1億円未満か
OP0.2→0.3→0.4→0.5
☆08年「神様のパズル」トータル1億円未満か
OP0.2→0.4→0.6→0.7
☆08年「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」トータル1.8億円
不明→0.8→不明→不明→1.6→1.7
☆10年「猿ロック THE MOVIE」トータル3~4億円見込み
OP0.9→2.1→2.8億円→
☆10年「ボックス!」
OP1.1→2.6→3.6億円→
市原隼人の人気の高さは認めたいが、映画に関しては苦戦している。
ただ、観たことないが、「神様のパズル」「猿ロック THE MOVIE」など映画化してどうするのという無理な企画も目立つ。
今回も相当に頑張っていることは認めたいが、苦戦しそうだ。
「猿ロック THE MOVIE」は超えられそうだ。

「ROOKIES」などの例外はあるが、スポーツ青春モノはヒットしにくい。
☆07年「バッテリー」トータル15.3億円(林遣都主演の野球モノ)
OP1.9→4.5→7.4→10.4→12.5→13.3
☆09年「おっぱいバレー」トータル5.3億円(綾瀬はるかのバレーモノ)
OP0.8→2.1→3.2→4.5→4.9
☆09年「風が強く吹いている」トータル4.5億円(小出恵介・林遣都主演の駅伝モノ)
OP0.9→2.4→3.2→祝込3.8→4.1
☆08年「ガチ☆ボーイ」トータル3億円程度か(佐藤隆太主演のプロレスモノ)
OP0.7→1.7→2.3
☆08年「ダイブ!!」トータル1億円程度か(林遣都主演のダイブモノ)
☆08年「フレフレ少女」トータル1億円未満か(新垣結衣主演の野球・応援団モノ)
☆08年「奈緒子」トータル1億円未満か(上野樹里主演の駅伝モノ)
☆08年「フライング・ラビッツ」トータル1億円未満か(石原さとみのバスケモノ)
☆08年「シャカリキ」トータル1億円未満か(遠藤雄弥主演の自転車モノ)
☆10年「ボックス!」
OP1.1→2.6→3.6億円→
「風が強く吹いている」との対比で考えると、「ボックス!」の興行収入は5.1億円となる。
本作はやや初動と思われるので、「風が強く吹いている」対比の5億円を超えない程度が落ち着きどころか。

「ボックス!」3.6億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2009>
☆「真夏のオリオン」4.1億円(トータル5.7億円)
☆「さまよう刃」4.0億円(トータル5.5億円)
☆「おっぱいバレー」3.2億円(トータル5.3億円)
☆「TAJOMARU」3.5億円(トータル4.8億円)
☆「風が強く吹いている」3.2億円(トータル4.5億円)
<2008>
☆「Sweet Rain 死神の精度」3.7億円(トータル5.0億円)
☆「特命係長 只野仁 最後の劇場版」3.0億円(トータル4.6億円)
☆「ICHI」3.5億円(トータル4.5億円)
「おっぱいバレー」を除く作品との対比で考えると、「ボックス!」の興行収入は4.6~5.5億円となる。
「ボックス!」の興行収入は先週に引き続き5.0億円と予想したい。
5億円は超えないとは思うが、4億円半ば~後半までは稼ぐだろう。
小栗旬主演の「TAJOMARU」がトータル4.8億円であり、これを超えられるかが注目となる。
赤西仁主演の「BANDAGE」がトータル6億円程度であり、ここまでは伸びそうもない。
若手俳優の人気に依存した作品は観客の広がりがないので、この程度となってしまうようだ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1766-9a43bae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。