ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(6月3週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

「ザ・ウォーカー」(松竹・角川)
<236館程度にて順次公開予定>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。

【鑑賞度】 ▲
期待はあまりしていないが、ワシントン主演の近未来作品なので少しは気になる。

【監督】 ヒューズ兄弟
ジョニー・デップ主演作「フロム・ヘル」を手掛けている。
監督本数はかなり少ないようだ。
特に知名度が高いわけではないので、興行収入には影響がないだろう。

【キャスティング】 デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン
デンゼル・ワシントン主演作の興行収入は以下のとおり。
☆04年「マイ・ボディガード」トータル10.1億円(※年末公開)
☆06年「デジャヴ」トータル8.9億円
OP1.6→4.6→6.5→7.6→8.4
☆06年「インサイド・マン」トータル不明(推移から考えると5~6億円程度か)
OP0.9→2.7
☆08年「アメリカン・ギャングスター」トータル10.5億円
金3日2.4→5.4→7.7→8.9→不明→10.1
☆09年「サブウェイ123激突」トータル7.7億円
金3日1.6→4.3→5.6→6.8→7.1
8~10億円が標準となる俳優。
本作のイメージがやや暗めなので、「デジャヴ」「サブウェイ123激突」以下というところか。
ただ、デンゼル・ワシントンという知名度は高いので、その辺りには注意が必要か。

【題材】 「アクション」「近未来」
近未来系のアクション作品の興行収入は以下のとおり。
☆05年公開「アイランド」トータル13.6億円
OP2.0→5.6→8.2→10.5→12.6
☆06年公開「トゥモロー・ワールド」トータル10.0億円
OP1.6→3.0→4.1
☆08年公開「イーグル・アイ」トータル12.2億円
OP2.5→06.4→10.0→11.6
☆10年公開「サロゲート」
金3日1.7→3.6→4.5億円→
本作の設定である、最後の“本”を守るというストーリーにはあまり惹かれない。
また「アイランド」「イーグル・アイ」といった大作系のアクションを堪能できるわけではない。
この手のジャンルはそれほど受けないことがあり、「サロゲート」レベルではないか。
したがって、5~6億円というところか。

【予告編・TVCM】 量・多/デキ・普
近未来を扱っているが、普通のアクション作品とあまり差異を感じない。
もう少し個性を発揮して欲しかった。

【支持基盤・ターゲット】 「20~40歳代の男性」
女性受けするような感じがしないので、大ヒットはしないだろう。

【同時期に公開された近年の作品】
<2009>
☆「スター・トレック」トータル6.0億円(オープニング金3日1.9億円)
☆「ターミネーター4」トータル33.2億円(先込10.2億円)
☆「トランスフォーマー」トータル23.2億円(金曜日込み5.6億円)
☆「愛を読むひと」トータル不明(オープニング金3日1.1億円)
<2008>
☆「ナルニア国物語 第2章」トータル30.0億円(オープニング水5日8.1億円)
☆「ランボー最後の戦場」トータル9億円見込み(オープニング2.1億円)
☆「インディ・ジョーンズ」トータル57.1億円(先込14.0億円)
☆「奇跡のシンフォニー」トータル7.5億円(オープニング1.3億円)
近未来作品といっても「ターミネーター4」のようなヒットにはならない。
「スター・トレック」というところか。

【評価・予想】 5.0億円(オープニング1.0億円)
上述の分析から、5~6億円となりそうだ。
この手の作品は女性受けせず、あまり観客層の広がりがないといえる。
デンゼル・ワシントンの知名度を考慮しても5億円というところか。
オープニング2日間は「サロゲート」を下回る1.0億円程度か。
内容がよく分からずイメージが掴みづらいので、ヒットしないのではないか。


「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー/EPISODE YELLOW お宝 DE エンド・パイレーツ」(東映・テレビ朝日)
<215館程度にて順次公開予定>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。

【鑑賞度】 ×
ライダーシリーズは映画はもちろん通常回も一度も見たことがない。

【監督】 柴崎貴行
メジャー作品の経験はないようだが、テレビ版をかなり手掛けているようだ。

【キャスティング】 溝口琢矢、戸谷公人ほか
よく分からない。

【題材】 「シリーズモノ」
2週間ごとに新作が公開されるらしい。
第1弾「EPISODE RED ゼロのスタートウィンクル」5月22日公開
OP2.3→4.0→(トータル4.5億円見込み)
第2弾「EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル」6月5日公開
OP1.9→3.4→
第3弾「EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ」6月19日公開予定
よく分からないが、2週間限定ということだろう。
1作につき4億円台の興行収入というところか。
今回も同様ではないか。

夏場などに公開される過去のライダーシリーズは以下の通り。
☆01年「仮面ライダーアギト PROJECT G4」トータル12.5億円
☆02年「仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL」トータル14.3億円
☆03年「仮面ライダー555 パラダイス・ロスト」トータル15.0億円
☆04年「仮面ライダー剣 MISSING ACE」トータル9億円程度
☆05年「仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼」トータル11.0億円
☆06年「仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE」トータル9.5億円
OP1.7→4.1→7.1→8.4
☆07年「仮面ライダー電王 俺、誕生!」トータル13.8億円
OP2.4→5.7→9.6→11.4→12.6
☆08年「仮面ライダーキバ 魔界城の王」トータル9.0億円
OP1.9→5.3→6.9→8.2→8.6
☆09年「仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」トータル19.0億円
OP4.8→11.9→15.2→17.1→18.0
☆09年「仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイド」トータル15億円見込み
OP4.5→7.6→10.5→12.4→祝込14.5→14.9
これらのような10億円を超える大ヒットにはならないだろう。

なお、春や秋に公開された電王シリーズの興行収入は以下の通り。
☆08年春「電王&キバ クライマックス刑事」トータル7.4億円
OP1.9→3.7→4.7→5.9→6.7
☆08年秋「さらば電王 ファイナル・カウントダウン」トータル7.2億円
OP1.8→3.4→5.0→5.8
☆09年GW「超・電王&ディケイド NEOジェネレーションズ」トータル7.8億円
水6日4.7(OP1.7)→5.5→6.4→6.8
こちらが参考になりそうだ。
2週間限定ということならば、5億円前後ということになるか。

【予告編・TVCM】 最初の作品の際に一回だけ見たが、よく分からなかった。

【支持基盤・ターゲット】 固定ファン
根強いファンがいるシリーズ作品であり、コケることはない。

【評価・予想】 4億円後半(オープニング2.3億円)
他の「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー」と同程度と予想するほかない。
ただ、最後の作品なので他の作品よりも伸びそうだ。
本作も同様に2週間限定ならば、4億円後半と予想したい。
オープニングは第一弾と同程度の2.3億円程度だろうか。
いずれにせよ早めに見ないといけない作品なので、オープニングは爆発するだろう。
3作品で10億円以上がノルマとなり、13~14億円程度が最終的な目標となるだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1772-1808b389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。