ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『フロム・ヘル』DVDレビュー

◆評  価   7.0点
◆おススメ度  B(悪くはないが、一般受けはしないだろう)

「ザ・ウォーカー」のヒューズ監督作品。
映画館で観た初見では大して面白くない作品と思ったが、改めて観てみると映画としてのレベルが意外と高いのかもしれないと感じさせる作品。
当時の雰囲気はきっちりと伝わっており、製作者の熱意が込められている。
アヘンや殺人など退廃的又はグロテスクなものではあるが、美的なセンスや映像に対する哲学もなかなか優れている。
全体的に説明不足な感はあるが、画面によって大部分を上手く説明している。
あまり押し付けずに、観客の解釈力などに委ねている部分があり、ハリウッド映画らしくない特異な作品に仕上がっている。
ラストではジョニー・デップ演じるアバーライン警部が死ぬシーンが描かれているが、なぜ本編と直接関係のないシーンをわざわざ描く必要があったのか当初は分からなかったが、今となっては少し分かった気がする。
あのシーンは、あの事件のすぐ後ではなくて、デップの姿がかなり老けていることから、かなりの年月が経っているように思える。
警部は孤独ではあるものの、彼なりのやり方でメアリと娘の成長を長年見守っているということが想像でき、必須のシーンであると考えられる。

アバーライン警部は訳の分からない特殊能力を備えているが、興ざめにならない程度に抑えられている点も悪くない。
しかも、事件の解決というよりも、その能力を娼婦との恋愛に振っている辺りもなかなかセンスが良い。
“海辺の家にいる君がみえる”というセリフだけで女が男に恋をする訳が分かる。
また、娼婦でありながらも自分を卑下しないメアリに惹かれる警部の心理も感じられる。
恋愛要素を過度に描く必要がない映画だが、“会いたいけれども命の危険に晒すこととなるので会わない”など、恋愛映画の要素も必要最小限の範囲できっちりと描かれている。
警部と娼婦の恋愛を描くことで、王家の者が娼婦と恋愛に陥ることへの理屈付けの面もあるのではないか。
なぜ王家の者が娼婦に対して本気になったのかということも一応納得できるだろうか(ただの女好きなだけかもしれないが)。

“切り裂きジャック事件”の真相についてはよく知らないが、大胆にユニークに脚色されている点が面白い。
王室やフリーメーソンを絡めて、壮大な“復讐劇”として描かれている。
実際の事件とは恐らく関係のないストーリーが展開されれているとは思うが、これはこれでフィクションとしてアリではないか。
調べてみると、原作が「ウォッチメン」のアラン・ムーアによるグラフィックノベルとのこと。
彼はなかなか才能がある人物のようだ。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1779-8cd31833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。