ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米映画興行収入(6月4週目)

1位は2週目の3Dアニメ「トイ・ストーリー3」。
トータルでは227百万ドルとなっており、製作費2億ドルをあっという間に回収した。
評価は恐ろしく高いので、引き続き高い伸びを期待できそうだ。

過去のピクサー作品の興行収入は以下の通り。
☆03年「ファインディング・ニモ」トータル340百万ドル
OP70→144→191→229→254→275→291→304→313→320
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル293百万ドル
OP68→137→187→226→250→265→274→280→284→286
☆04年「Mr.インクレディブル」トータル261百万ドル
OP70→143→178→214→226→233→237→242→252→255
☆01年「モンスターズ・インク」トータル256百万ドル
OP63→122→156→192→204→212→219→224→236→245
☆99年「トイ・ストーリー2」トータル246百万ドル
☆06年「カーズ」トータル244百万ドル
OP60→117→157→183→206→220→229→234→238→239
☆08年「ウォーリー」トータル224百万ドル
OP63→127→163→183→195→204→210→214→216→218
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル206百万ドル
OP47→110→143→166→180→188→193→197→199→201
☆95年「トイ・ストーリー」トータル192百万ドル
☆98年「バグズ・ライフ」トータル163百万ドル
☆10年「トイ・ストーリー3」
OP110→227百万ドル→
ピクサー作品として初めてオープニングが1億ドルを突破したこととなる。
2週目の動きも過去最高のようだ。
当面は3億ドル突破が目標となりそうだ。
「ファインディング・ニモ」トータル340百万ドルを超えるかが注目となる。
評価は恐ろしく高いので、突破は可能だろう。

「シュレック」シリーズもライバルとなりそうだ。
☆04年「シュレック2」トータル441百万ドル
先129→237→315→353→379→397→408
☆07年「シュレック3」トータル323百万ドル
OP122→203→256→281→297→308→314
☆10年「トイ・ストーリー3」
OP110→227百万ドル→
敵はかなり強いが、これを超えられるだろうか。
「3」は超えそうだが、「2」を超えるのは難しそうだ。


2位となったのは新作のコメディ「Grown Ups」。
41百万ドルのオープニングを飾った。
事前には32.1百万ドルのオープニングと予想されており、予想よりもやや高いものとなっている。
さすがはアメリカでは大人気のコメディ作品だけのことはある。

監督は、「エージェント・ゾーハン」、「チャックとラリーおかしな偽装結婚」のデニス・デューガン。
主演は、アダム・サンドラー、「モール★コップ」(トータル146百万ドル)のケヴィン・ジェームズ、クリス・ロック。

アダム・サンドラー主演のコメディ作品の興行収入は以下の通り。
☆02年「Mr.ディーズ」トータル126百万ドル
OP37→74→094→108→116→121
☆03年「NY式ハッピーセラピー」トータル136百万ドル
OP42→80→104→115→123→128
☆04年「50回目のファースト・キス」トータル121百万ドル
OP40→72→089→099→107→113
☆05年「ロンゲスト・ヤード」トータル158百万ドル
OP48→96→118→132→142→148
☆06年「もしも昨日が選べたら」トータル137百万ドル
OP40→78→106→120→128→132
☆07年「チャックとラリー おかしな偽装結婚」トータル120百万ドル
OP34→72→092→104→110→114
☆08年「エージェント・ゾーハン」トータル100百万ドル
OP39→69→084→091→095→097
☆08年「ベッドタイム・ストーリー」トータル110百万ドル
先38(OP27)→86→97→104→108→109
☆09年「Funny People」トータル52百万ドル
OP23→41→48→51→51
☆10年「Grown Ups」
OP41百万ドル→
1億~1億4千万ドルが水準となる。
同監督作品の「チャックとラリー おかしな偽装結婚」「エージェント・ゾーハン」のオープニングを超えているので、1億2千万ドル程度は稼ぎそうだ。
評価は普通程度なので、高い伸びはなく初動タイプとなるだろう。


3位となったのは新作のアクションコメディ「ナイト&デイ」。
監督は「アイデンティティー」(トータル52百万ドル)、「ウォーク・ザ・ライン」(トータル120百万ドル)、「3時10分、決断のとき」(トータル54百万ドル)のジェームズ・マンゴールド。
主演は、トム・クルーズ、キャメロン・ディアス。
水曜日から公開されており、28百万ドルのオープニングを飾った。
金曜日からの3日間では21百万ドルだろうか。
事前には27.9百万ドルのオープニングと予想されており、予想よりもやや低いものとなっている。
本作の評価はそれほど悪くはないものとなっているので、高い伸びは期待できないが、それほど低いものでもないだろう。

アクションコメディならば以下の作品がライバルとなる。
☆10年「Date Night」(現時点で96百万ドル)
OP25→49→63→74→81
☆10年「ナイト&デイ」
先28百万ドル→
これを超えることができるだろうか。

トム・クルーズ主演作品の興行収入は以下の通り。
☆00年「M:i-2」トータル215百万ドル
☆01年「バニラ・スカイ」トータル101百万ドル
OP25→45→67→81→88→93
☆02年「マイノリティ・リポート」トータル132百万ドル
OP36→73→97→110→118→123
☆03年「ラストサムライ」トータル111百万ドル
OP24→47→59→74→90→97
☆04年「コラテラル」トータル101百万ドル
OP25→53→70→80→87→93
☆05年「宇宙戦争」トータル234百万ドル
☆06年「M:i:Ⅲ」トータル134百万ドル
OP48→85→104→114→123→127
☆07年「大いなる陰謀」トータル15百万ドル
☆08年「ワルキューレ」トータル83百万ドル
先47→65→74→79→81→82
☆10年「ナイト&デイ」
先28百万ドル→
8千~1億3千万ドルが水準となる。
「バニラ・スカイ」「ラストサムライ」「コラテラル」と同程度のオープニングなので、9千万ドル~1億ドルが目標となるか。
少なくとも「ワルキューレ」は超えたいところだ。

なお、キャメロン・ディアス主演作の興行収入は以下のとおり。
☆00年「チャーリーズ・エンジェル」トータル125百万ドル
☆03年「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」トータル101百万ドル
☆08年「ベガスの恋に勝つルール」トータル80百万ドル
1億ドルを超えられれば、合格といえるだろう。


4位は3週目の「The Karate Kid(ベスト・キッド)」。
監督は、「ピンクパンサー2」のハラルド・ズワルト。
主演は、ウィル・スミスの息子のジェイデン・スミス、ジャッキー・チェン。
プロデューサーはもちろんウィル・スミス。
トータルでは136百万ドルとなっている。
制作費は4千万ドルであり、関係者は笑いがとまらないだろう。
このヒットはウィル・スミスのチカラだろうか。

オリジナルの興行収入は以下のとおり。
☆84年「ベスト・キッド」トータル91百万ドル
☆86年「ベスト・キッド2」トータル115百万ドル
☆89年「ベスト・キッド3」トータル39百万ドル
「3」のコケ方がハンパないが、このシリーズの人気は高いようだ。
オリジナルを楽に超えそうだ。

「ラッシュアワー」シリーズ辺りが参考となるようだ。
☆98年「ラッシュアワー」トータル141百万ドル
☆01年「ラッシュアワー2」トータル226百万ドル
☆07年「ラッシュアワー3」トータル140百万ドル
OP66→097→112→124→130→134→137
☆10年「The Karate Kid(ベスト・キッド)」
OP56→107→136百万ドル→
当面は1億5~6千万ドル程度が落ち着きどころとなるか。
評価は普通といったところなので、大きな伸びはないだろう。


5位は3週目の「特攻野郎Aチーム THE MOVIE 」。
監督は、「NARC」のジョー・カーナハン。
主演は、リーアム・ニーソン、ブラッドリー・クーパー。
プロデューサーはリドリー・スコット。
トータルでは63百万ドルとなっている。
制作費は110百万ドルとなっており、その回収は不可能か。

テレビシリーズのリメイクの興行収入は以下のとおり。
☆03年「SWAT」トータル117百万ドル
OP37→70→88→100→109
☆06年「マイアミ・バイス」トータル63百万ドル
OP26→46→55→60→62
☆09年「G.I.ジョー」トータル150百万ドル(※参考)
OP55→99→120→132→139
☆10「特攻野郎Aチーム THE MOVIE 」
OP26→50→63百万ドル→
「マイアミ・バイス」をやや超える7千万ドル程度が落ち着きどころか。
評価は高いので、伸びてくるかもしれないが、制作費を考えると、やや物足りない結果となりそうだ。
何でもかんでもリメイクすればよいというわけではないようだ。
元ネタの人気や知名度という問題もあるかもしれない。


6位は4週目の「Get Him to the Greek」。
監督は、ニコラス・ストーラー。
主演は、ラッセル・ブランド、ジョナ・ヒル。
トータルでは54百万ドルとなっている。

ヒット作品を次々と生み出す有名コメディプロデューサーのジャド・アパトーがプロデュースするコメディであり、「寝取られ男のラブ♂バカンス」のスピンオフ作品となっている。
☆08年「寝取られ男のラブ♂バカンス」トータル63百万ドル
OP18→35→45→51→55→58
☆10年「Get Him to the Greek」
OP18→37→48→54百万ドル→
前作と同程度の動きであり、6千万ドル以上の興行収入が期待できそうだ。
しかし、制作費は4千万ドルであり、あまり美味しいビジネスではない。
アメリカ以外では稼ぎにくい作品なので、もう少し製作費を抑えた方がよさそうだ。
アメリカ人には好みのテイストのようであり、評価はいつも通り高い。


7位は6週目の「シュレック フォーエバー」。
オープニングから3週連続1位を獲得したが、ライバル作品の不調が要因であり、あまり褒められた記録ではないが、2億ドルは楽に突破した。
トータルでは229百万ドルとなっている。
製作費165百万ドルは楽に回収したが、物足りない動きだ。
最終章にも関わらず、既に飽きられてしまったのだろうか。
2億ドルを突破しておきながら文句を言われるというのも可哀相だが、シリーズの人気が高いので仕方がない。

「シュレック」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆01年「シュレック」トータル268百万ドル
OP042→099→148→176→198→215→228
☆04年「シュレック2」トータル441百万ドル
先129→237→315→353→379→397→408
☆07年「シュレック3」トータル323百万ドル
OP122→203→256→281→297→308→314
☆10年「シュレック フォーエバー」
OP071→133→183→210→223→229百万ドル→
最終作及び3Dということを踏まえると、1億ドルのオープニングを超えたかった。
「シュレック」(トータル268百万ドル)以下の2億3~4千万ドル程度が当面の落ち着きどころか。
「ヒックとドラゴン」のオープニング成績が悪かったことから、ドリームワークスの株が下がったといわれているが、今回はどうなったのだろうか。

なお、ドリームワークス製作の「ヒックとドラゴン」「カンフーパンダ」の興行収入は以下のとおり。
☆08年「カンフーパンダ」トータル215百万ドル
OP60→117→156→179→193→202→207
☆10年「ヒックとドラゴン」現時点で215百万ドル
OP44→092→133→158→178→192→201
☆10年「シュレック フォーエバー」
OP071→133→183→210→223→229百万ドル→
さすがにこれらの作品を超えてきた。
CGアニメにおいては、「シュレック」シリーズ、「ピクサー作品」以外には敗れることはなかった。
「WALL-E」がトータル224百万ドルなので、この程度で十分かもしれない。
過去の「シュレック」シリーズが稼ぎすぎただけなのか。
評価はそれほど悪くはないようだが、良くもないようだ。


8位は5週目の「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」。
監督は、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のマイク・ニューウェル。
主演は、ジェイク・ギレンホール。
トータルでは86百万ドルとなっている。
製作費200百万ドルの回収は不可能だ。

ディズニー&ブラッカイマーの「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズは無理としても、「ナショナル・トレジャー」シリーズ程度は期待されていたのではないか。
☆04年「ナショナル・トレジャー」トータル173百万ドル
OP35→088→110→124→133→141
☆07年「ナショナル・トレジャー2」トータル220百万ドル
OP88→151→176→190→201→207
☆10年「プリンス・オブ・ペルシャ」
OP30→060→072→081→086百万ドル→
当面は1億ドルが目標となるか。

今年公開された以下の作品もライバルとなる。
☆10年「タイタンの戦い」トータル161百万ドル
OP64→110→133→146→154→158
☆10年「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」トータル89百万ドル
OP31→059→071→078→082→085
☆10年「プリンス・オブ・ペルシャ」
OP30→060→072→081→086百万ドル→
「パーシー・ジャクソン」とほぼ同じ歩みをみせている。
評価はそれほど悪くはないようであり、楽しめる作品なので「パーシー・ジャクソン」よりもやや粘るのではないかと期待したいところ。
したがって、9千~1億ドルという結果となりそうだ。
しかしながら、この結果では続編製作は厳しそうだ。


9位は4週目のアクションコメディ「Killers」。
監督は、「キューティ・ブロンド」(トータル97百万ドル)、「ウェディング宣言」(トータル83百万ドル)、「ラスベガスをぶっつぶせ」(トータル81百万ドル)、「男と女の不都合な真実」(トータル89百万ドル)といったヒット作品を生み出しているロバート・ルケティック。
主演は、アシュトン・カッチャー、キャサリン・ハイグル。
トータルでは44百万ドルとなっている。
製作費75百万ドルの回収は無理そうだ。

キャサリン・ハイグルには前述の同監督作品「男と女の不都合な真実」以外にも「幸せになるための27のドレス」(トータル77百万ドル)というヒット作品がある。
アシュトン・カッチャーには「バレンタイン・デー」(トータル110百万ドル)、「ベガスの恋に勝つルール」(トータル80百万ドル)といった作品があり、この2人のコラボならば、8千~1億ドルは稼ぎたかったところだ。
アクションコメディというジャンルならば、スティーヴ・カレル、ティナ・フェイ主演の「Date Night」(現時点で97百万ドル)程度は稼ぎたいところだ。
どちらもまだまだ安定度には欠くということなのだろうか。

☆09年「男と女の不都合な真実」トータル89百万ドル
OP28→55→69→77→83
☆08年「ベガスの恋に勝つルール」トータル80百万ドル
OP20→40→54→66→72
☆10年「Date Night」(現時点で96百万ドル)
OP25→49→63→74→81
☆10年「Killers」
OP16→30→39→44百万ドル→
これらを踏まえると、5千万ドル程度の興行収入となるだろうか。
評価はかなり悪いことから、4千万ドル台に留まる可能性もある。


10位は2週目のアメコミ原作のウェスタン風映画「Jonah Hex」。
監督は、アニメ作品「ホートン」のジミー・ヘイワード。
主演は、ジョシュ・ブローリン、ミーガン・フォックス。
トータルでは9百万ドルとなっている。
最終的には1千万ドルの前半程度だろうか。
製作費47百万ドルの回収は不可能だ。
主人公のキャラクターやジョシュ・ブローリンの主演としての人気という問題もあるが、ミーガン・フォックスが嫌われたのではないか。
09年「Jennifer's Body」でもトータル16百万ドルとコケている。
主演女優としてもヒロインとしても起用しにくい存在となりそうだ。
「トランスフォーマー」から降りてくれて、マイケル・ベイは助かったのかもしれない。
本作の評価はそれほど良くはないという程度となっている。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆3Dファンタジー「エアベンダー」(監督はM・ナイト・シャマラン)
☆ラブストーリー「The Twilight Saga: Eclipse」
「The Twilight Saga: Eclipse」の前作は初日だけで7千万ドルを稼ぎ出しており、その爆発力が見ものとなる。
M・ナイト・シャマラン監督の「エアベンダー」の動向も気になるところだ。
そろそろヒット作品が欲しいところ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1785-366b4f7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。