ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(7月1週目その1)

1位:「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」(東宝・フジ)<1週目>
【公開前個人予想】 110.0億円
【現時点での興行収入予想】 80.0億円
【配給会社期待値】 100億円突破確実
【公開規模】 447スクリーン
9.7億円のオープニングを飾った。
先週『オープニングは「ROOKIES-卒業-」の12.3億円と同程度だろうか。「HERO」「花より男子F」のオープニングを超える12.0億円程度と予想したい』と書いたが、期待が高すぎたか。
「HERO」「花より男子F」のオープニングをも下回ってしまった。
前作が7年前であり、どうやら時間が経ちすぎていたようだ。
ただ、爆発の度合いは高くはなかったが、知名度を活かしてある程度は伸ばしていくだろう。
しかし、評価は高くないと思われるので、そういった風評がどのような影響を与えるだろうか。
前作の評価も高くはなかったと思うので、大きな影響はないとは思うが、高い伸びは期待できない。

「踊る」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆98年「踊る大捜査線 THE MOVIE」トータル101億円
☆03年「踊る大捜査線 THE MOVIE2」トータル173.5億円
☆05年「交渉人 真下正義」トータル42.0億円
☆05年「容疑者 室井慎次」トータル38.3億円
さすがに03年のようなヒットにはならないだろう。
とりあえず98年の100億円が目標となる。

「踊る」を除く、織田裕二主演作の興行収入は以下のとおり。
☆00年「ホワイトアウト」トータル42.0億円
☆03年「T.R.Y.」トータル11.5億円
☆06年「県庁の星」トータル20.8億円
OP2.9→7.8→11.8→14.4→16.6→18.1→19.3
☆07年「椿三十郎」トータル11.5億円
OP1.6→4.1→5.9→祝込7.3→不明→9.7→祝込10.5→10.8
☆09年「アマルフィ 女神の報酬」トータル36.5億円
祝込3日5.7(2日3.8)→11.9→18.5→23.1→28.2→31.1→33.0→34.2
☆10年「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」
OP9.7億円→
10億円は最低限でも稼ぎ出している。
題材が良ければ、40億円近くを稼ぎ出すという名前だけで観客が集まる俳優。
これらとの対比で考えると、「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」の興行収入は69.6~93.2億円となる。
100億円突破は厳しいようだ。

近年公開されたドラマ映画の興行収入と視聴率は以下のとおり。
☆09年「ROOKIES-卒業-」トータル85.5億円(視聴率14.8%)
12.3→33.3→48.6→60.2→67.8→73.0→76.5
☆07年「HERO」トータル81.5億円(視聴率34.2%)
10.1→祝込34.0→祝込48.4→57.4→祝込66.6→70.5→73.8
☆08年「花より男子F」トータル77.5億円(視聴率05年19.7%、07年21.7%)
10.1→26.2→37.9→祝込48.5→54.5→60.3→64.6
☆06年「LIMIT OF LOVE/海猿」トータル71.0億円(視聴率13.1%)
09.7→23.5→35.5→45.1→52.8→58.3→62.5
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円(視聴率21.9%)
05.4→祝込18.1→24.4→30.5→祝込37.4→40.7→43.1
☆08年「相棒」トータル44.4億円(視聴率08年18.1%)
GW6日15.2(2日5.9)→21.1→27.0→32.0→36.2→38.9→40.7
☆10年「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」
09.7億円→
「ROOKIES-卒業-」「HERO」を超えることが当面のノルマとなるだろうか。
これらとの対比で考えると、「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」の興行収入は67.4~88.4億円となる。
90億円突破もどうだろうか。
あの内容ならば、強気にはなれない。

【同時期に公開された近年の作品】
<2009>
☆「ROOKIES」トータル85.5億円(オープニング12.3億円)
☆「ハゲタカ」トータル8.3億円(オープニング1.5億円)
☆「真夏のオリオン」トータル5.7億円(オープニング1.1億円)
☆「MWムウ」トータル7.5億円(オープニング1.3億円)
☆「ごくせん THE MOVIE」トータル34.8億円(オープニング4.9億円)
<2008>
☆「ザ・マジックアワー」トータル39.2億円(オープニング5.1億円)
☆「花より男子F」トータル77.5億円(オープニング10.1億円)
これらとの対比で考えると、「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」の興行収入は50.3~74.6億円となる。
「ROOKIES」「花より男子F」を超える気もしなくなってきた。
80億円突破も怪しい気がしてきた。

「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」9.7億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2009>
☆「ROOKIES」12.3億円(トータル85.5億円)
☆「20世紀少年 第3章」8.7億円(トータル44.1億円)
<2008>
☆「花より男子F」10.1億円(トータル77.5億円)
☆「20世紀少年」6.3億円(トータル39.5億円)
「20世紀少年」シリーズ以外との対比で考えると、「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」の興行収入は67.4~74.4億円となる。
現時点では、ミニマム65億円、マックス90億円程度ではないか。
観客層の幅が広いことを踏まえても、80億円前後というところではないか。

「ROOKIES-卒業-」トータル85.5億円、「HERO」トータル81.5億円に破れて、「花より男子F」トータル77.5億円をなんとか超えると考えて、「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」の興行収入は80億円と予想したい。
内容が良ければ、口コミで伝わり、ヒットに繋がると思うが、本作は口コミでマイナス評価が逆に伝わり、伸びがなくなると思われる。
その結果、2割程度の観客を失うのではないか。
基準値の100億円から2割引の80億円という考えでいきたい。


2位:「告白」(東宝)<5週目>
【公開前個人予想】 16.0億円
【現時点での興行収入予想】 37.5億円(3~4週目32.5億円、OP~2週目25億円)
【配給会社期待値】 20億円→25億円→30億円に上方修正
【公開規模】 先週266スクリーン
トータルでは27.1億円弱となっている。
1週間の伸びは5.4億円程度だろうか。
配給会社の1回目の上方修正後の期待値である25億円を楽に突破した。

週毎の動きは以下のとおり。
OP2.7→2週目6.3→3週目6.5→4週目6.1→5週目5.4億円となっている。
週毎の成績が6億円程度と安定している。
問題作というだけではなく評価も高く、口コミで広がっているのだろう。
ロングセールスは確実であり、かなり伸びる可能性がありそうだ。
このムーブメントが常識レベルに留まるのかどうかが注目となる。
内容が内容だけに年配層までには広がりにくいと思ったが、年配層や若年層にまで広がっているのではないか。
R15指定がもったいなかった。
7月3日からは「踊る」などが始まるので、そういった相手関係が今後の問題となる。

中島哲也監督作品の興行収入は以下の通り。
☆04年「下妻物語」トータル6.2億円
OP0.8→02.5→03.5→04.4→不明→5.5
☆06年「嫌われ松子の一生」トータル13.1億円
OP1.6→05.0→07.4→09.3→10.5
☆08年「パコと魔法の絵本」トータル23.6億円
祝3日4.7→8.7→13.7→16.8→祝込19.5→20.8→21.8
☆10年「告白」
OP2.7→8.9→15.5→21.6→27.1億円→
これらとの対比で考えると、「告白」の興行収入は32.8~33.8億円となる。
30億円突破が当面の目標となるが、楽に超えるだろう。

サスペンス的な要素はあるが、ヒューマンドラマに近いか。
ロングセールス系の作品と比べてみたい。
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円
OP5.4→祝込18.1→24.4→30.5→祝込37.4→40.7→43.1
☆09年「アマルフィ 女神の報酬」トータル36.5億円
祝込3日5.7→11.9→18.5→23.1→28.2→31.1→33.0
☆09年「余命1ヶ月の花嫁」トータル31.5億円
OP4.1→11.6→17.1→21.7→25.1→27.5→29.1
☆09年「沈まぬ太陽」トータル28.0億円
OP2.5→09.1→14.5→18.3→祝込21.4→22.9→24.3
☆09年「劔岳 点の記」トータル25.8億円
先2.9→09.0→14.0→17.6→祝込20.3→21.6→23.1
☆10年「告白」
OP2.7→8.9→15.5→21.6→27.1億円→
これらとの対比で考えると、「告白」の興行収入は34.0~35.7億円となる。
これらの作品よりも伸びが持続しているので、この対比を超える可能性がある。
35億円突破も余裕であり得そうだ。
「余命1ヶ月の花嫁」トータル31.5億円は突破確実であり、「アマルフィ 女神の報酬」トータル36.5億円も視野に入りそうだ。

「告白」27.1億円と同程度の5週目興行収入作品は以下のとおり。
<2009>
☆「アマルフィ」28.2億円(トータル36.5億円)
☆「ごくせん」26.0億円(トータル34.8億円)
☆「余命1か月の花嫁」25.1億円(トータル31.5億円)
☆「ヤッターマン」26.9億円(トータル31.4億円)
☆「クローズZEROⅡ」26.5億円(トータル30.2億円)
☆「20世紀少年第2章」25.8億円(トータル30.1億円)
<2008>
☆「ザ・マジックアワー」30.1億円(トータル39.2億円)
☆「L change the WorLd」26.8億円(トータル31.0億円)
☆「おくりびと」祝込20.6億円(当年度30.5億円)
「おくりびと」以外との対比で考えると、「告白」の興行収入は30.9~36.3億円となる。
「おくりびと」との対比で考えると、「告白」の興行収入は40.1億円となる。
現時点では、ミニマム35億円、マックス40億円というところか。
「おくりびと」以外との対比を上回ることが確実なので、「告白」の興行収入は37.5億円と上方修正したい。
先週まで32.5億円という予想だったが、伸びが止まらないので上方修正せざるを得ない。
ここまで伸びが続くとなると、40億円突破も考えた方がいいかもしれない。
予想できる範疇を超えており、推移を見守るしかないようだ。
7月3日以降の「踊る」「トイ・ストーリー3」「アリエッティ」といったライバルに囲まれて、伸びを持続できるかが今後のポイントとなる。


3位:「アデル/ファラオと復活の秘薬」(アスミック)<1週目>
【公開前個人予想】 2.0億円
【現時点での興行収入予想】 5億円台
【公開規模】 262スクリーン
1.0億円半ばのオープニングを飾った。
先週『オープニングは「パリより愛をこめて」の0.5億円を下回るだろう。0.3~0.4億円程度ではないか』と大コケ予想にしたが、ある程度のオープニングを確保してきた。
ヒットするとは思えなかったが、リュック・ベッソンの知名度だろうか。
それとも、アドベンチャー作品であり、比較的観客層の幅が広かったのだろうか、ファミリー層が鑑賞することもあっただろう。
あるいは、気軽に見られるために「踊る」難民が鑑賞でもしたのか。

今年公開された以下のようなファミリー作品がライバルか。
☆10年「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」
金1.9(2日1.5)→4.2→5.3→6.0→6.5→
☆10年「ダレン・シャン」
金1.4(2日1.1)→3.7→5.4→6.0
☆10年「スパイアニマル・Gフォース」
OP1.0→3.2→5.4→6.2
☆10年「アデル/ファラオと復活の秘薬」
OP1.1億円→
6億円程度というところか。
ジャンルが異なるため仕方がないが、ブルース・ウィリス主演「サロゲート」やデンゼル・ワシントン主演「ザ・ウォーカー」よりもヒットするというのが分からない。

ベッソン系とは異なるタイプの作品だが、とりあえずリュック・ベッソン関係作品の興行収入も参考になるだろう。
☆06年「トランスポーター2」トータル3.5億円
☆07年「TAXi(4)」トータル5.8億円
OP1.3→3.4→4.6→5.3
☆09年「96時間」トータル4.4億円
OP1.0→2.7→3.7
☆09年「トランスポーター3」トータル6.7億円
OP1.1→3.3→不明→4.7→5.6
☆10年「パリより愛をこめて」
OP0.5→1.6→2.2億円→
☆10年「アデル/ファラオと復活の秘薬」
OP1.1億円→
これらとの対比で考えると、「アデル/ファラオと復活の秘薬」の興行収入は4.8~6.7億円となる。
伸びがなくても5億円程度は稼げそうだ。
ヒットするとは思えないので、この辺りが落ち着きどころか。

【同時期に公開された近年の作品】
<2009>
☆「ターミネーター4」トータル33.2億円(先込10.2億円)
☆「トランスフォーマー」トータル23.2億円(金曜日込み5.6億円)
☆「愛を読むひと」トータル不明(オープニング金3日1.1億円)
☆「ノウイング」トータル10.2億円(オープニング金3日2.9億円)
<2008>
☆「インディ・ジョーンズ」トータル57.1億円(先込14.0億円)
☆「奇跡のシンフォニー」トータル7.5億円(オープニング1.3億円)
☆「スピード・レーサー」トータル4.0億円(オープニング1.1億円)
これらとの対比で考えると、「アデル/ファラオと復活の秘薬」の興行収入は4.0~6.3億円となる。

「アデル/ファラオと復活の秘薬」1.1億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2009>
☆「トランスポーター3」1.1億円(トータル6.7億円)
☆「バーン・アフター・リーディング」2日1.1億円(トータル6.5億円)
☆「96時間」1.0億円(トータル4.4億円)
<2008>
☆「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」1.1億円(トータル4.6億円)
☆「Mr.ビーン」1.1億円(トータル4.5億円)
☆「スピード・レーサー」1.1億円(トータル4.0億円)
これらとの対比で考えると、「アデル/ファラオと復活の秘薬」の興行収入は4.0~6.7億円となる。
ミニマム4億円、マックス6億円というところか。
気軽に見られる作風や、ファミリーでも見られるアドベンチャー作品、リュック・ベッソンの知名度などを踏まえると、初動タイプというわけでもないだろう。
「アデル/ファラオと復活の秘薬」の興行収入は5億円台と予想したい。
大きくコケると予想したが、アドベンチャーモノは軽視しない方がいいのかもしれない。


先週12位:「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」(松竹・テレビ朝日)<6週目>
【公開前個人予想】 8.0億円
【現時点での興行収入予想】5億円後半(4~5週目6億円、2~3週目6~7億円、OP時7億円)
【公開規模】 先週201スクリーン
トータルでは5.4億円半ばとなっている。
1週間の伸びは2.7千万円程度だろうか。
5億円はなんとか突破している。
本作のような作品は年配層を中心に粘り込みそうだと考えたが、期待ほどではなかったようだ。
このような感動作は意外なヒットをするので警戒もしていたが、どうやら警戒をするほどのヒットにはなりそうもない。

やや地味目なヒューマンドラマは以下のとおり。
☆07年「眉山/びざん」トータル12.1億円
OP1.3→4.6→7.1→9.0→10.2→10.9→11.3
☆06年「博士の愛した数式」トータル12.0億円
OP1.2→3.7→5.9→7.6→8.7→9.7
☆09年「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」トータル9.0億円
OP1.1→4.0→5.7→7.1
☆09年「60歳のラブレター」トータル7.9億円
OP1.0→2.9→4.6→5.9→6.9→7.5
☆07年「象の背中」トータル5.7億円
OP0.9→2.9→4.1→4.9→5.4→5.6
☆07年「めがね」トータル5.0億円
祝込3日0.8→1.7→2.6→3.3
☆08年「西の魔女が死んだ」トータル4.5億円
OP0.5→1.6→2.4→3.1→3.6→3.9→4.0
☆10年「RAILWAYS」
先1.0→2.8→3.8→4.6→5.2→5.5億円→
「博士の愛した数式」「象の背中」以外との対比で考えると、「RAILWAYS」の興行収入は5.8~6.3億円となる。
これらの作品同様に、平日を中心に粘り込みが期待できそうだ。
伸びを持続できれば、6億円まで伸びるか。

「RAILWAYS」5.5億円と同程度の6週目興行収入作品は以下のとおり。
<2009>
☆「誰も守ってくれない」6.1億円(トータル6.4億円)
これとの対比で考えると、「RAILWAYS」の興行収入は5.8億円となる。
伸びを少々期待したいところだが、それほど高い伸びをするとも思えないので、現時点では「RAILWAYS」の興行収入は5億円後半と予想したい。
先週まで6億円だったが、そろそろ絞り込みたい。
3週間前までは6~7億円だったが、さすがに7億円までの高い伸びはなかった。
ある程度の伸びはあったが、予想以上のものではなかったようだ。
ファミリーで見ても良さそうな作品なので、春休みか夏休み近くに公開してもよかったかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1795-cc9b5e8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。