ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(7月2週目その2)

3位:「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」(東宝・フジ)<2週目>
【公開前個人予想】 110.0億円
【現時点での興行収入予想】 70.0億円(OP時80.0億円)
【配給会社期待値】 100億円突破確実
【公開規模】 447スクリーン
6.7億円を週末に稼ぎ、トータルでは25.0億円となっている。
1週間の伸びは15.3億円程度だろうか。

週毎の動きは以下のとおり。
OP時9.7→2週目15.3億円となっている。
評判も高いとは思えず、思ったよりも話題性や盛り上がりが高まっていないが、知名度を活かして、ある程度は伸ばしていくだろう。
ただ、評判の悪さの風評がどのような影響を与えるだろうか。

「踊る」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆98年「踊る大捜査線 THE MOVIE」トータル101億円
☆03年「踊る大捜査線 THE MOVIE2」トータル173.5億円
☆05年「交渉人 真下正義」トータル42.0億円
☆05年「容疑者 室井慎次」トータル38.3億円
さすがに03年のようなヒットにはならないだろう。
とりあえず98年の100億円が目標となる。

「踊る」を除く、織田裕二主演作の興行収入は以下のとおり。
☆00年「ホワイトアウト」トータル42.0億円
☆03年「T.R.Y.」トータル11.5億円
☆06年「県庁の星」トータル20.8億円
OP2.9→7.8→11.8→14.4→16.6→18.1→19.3
☆07年「椿三十郎」トータル11.5億円
OP1.6→4.1→5.9→祝込7.3→不明→9.7→祝込10.5→10.8
☆09年「アマルフィ 女神の報酬」トータル36.5億円
祝込3日5.7(2日3.8)→11.9→18.5→23.1→28.2→31.1→33.0→34.2
☆10年「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」
OP9.7→25.0億円→
10億円は最低限でも稼ぎ出している。
題材が良ければ、40億円近くを稼ぎ出すという名前だけで観客が集まる俳優。
これらとの対比で考えると、「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」の興行収入は66.7~76.7億円となる。
100億円突破は夢のまた夢か。

近年公開されたドラマ映画の興行収入と視聴率は以下のとおり。
☆09年「ROOKIES-卒業-」トータル85.5億円(視聴率14.8%)
12.3→33.3→48.6→60.2→67.8→73.0→76.5
☆07年「HERO」トータル81.5億円(視聴率34.2%)
10.1→祝込34.0→祝込48.4→57.4→祝込66.6→70.5→73.8
☆08年「花より男子F」トータル77.5億円(視聴率05年19.7%、07年21.7%)
10.1→26.2→37.9→祝込48.5→54.5→60.3→64.6
☆06年「LIMIT OF LOVE/海猿」トータル71.0億円(視聴率13.1%)
09.7→23.5→35.5→45.1→52.8→58.3→62.5
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円(視聴率21.9%)
05.4→祝込18.1→24.4→30.5→祝込37.4→40.7→43.1
☆08年「相棒」トータル44.4億円(視聴率08年18.1%)
GW6日15.2→21.1→27.0→32.0→36.2→38.9→40.7
☆10年「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」
09.7→25.0億円→
「ROOKIES-卒業-」「HERO」を超えることが当面のノルマとなるだろうか。
これらとの対比で考えると、「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」の興行収入は59.9~75.5億円となる。
80億円突破もどうだろうか。
あの内容ならば、強気にはなれない。

「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」25.0億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2009>
☆「ROOKIES」33.3億円(トータル85.5億円)
☆「20世紀少年 第3章」21.3億円(トータル44.1億円)
<2008>
☆「花より男子F」26.2億円(トータル77.5億円)
☆「容疑者Xの献身」祝18.1億円(トータル49.2億円)
「20世紀少年」以外との対比で考えると、「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」の興行収入は64.2~74.0億円となる。
現時点では、ミニマム60億円、マックス80億円程度ではないか。
観客層の幅が広いことや気楽に観られるということを踏まえても、70億円台というところではないか。

先週は「ROOKIES-卒業-」トータル85.5億円、「HERO」トータル81.5億円に破れて、「花より男子F」トータル77.5億円をなんとか超えると考えたが、「花より男子F」に勝てる気がしなくなってきた。
「花より男子F」対比の74.0億円を下回るとも考えて、「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」の興行収入は70.0億円と下方修正したい。
内容が良ければ、「告白」のように口コミで伝わり、ヒットに繋がると思うが、本作は口コミでマイナス評価が逆に伝わり、伸びがなくなると思われる。


4位:「プレデターズ」(20世紀フォックス)<1週目>
【公開前個人予想】 11.5億円
【現時点での興行収入予想】 11.5億円
【公開規模】 373スクリーン
2.4億円のオープニングを飾った。
先週『オープニングは「クローバーフィールド」と同程度の2.5億円か』と書いたので、完全に予想が当たった。
このキャラクターはやはり人気があり、安定度は高かった。

シリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
☆04年「エイリアンVSプレデター」トータル16.8億円
3億→不明→12.3→14.9→15.6→16.4
☆07年「AVP2 エイリアンズVSプレデター」トータル10.7億円
不明→07.3→08.9→10.0→10.5
☆10年「プレデターズ」
OP2.4億円→
04年・07年は年末に公開されている。
とりあえずは、07年を超えることが目標となる。

“エイリアン”や“謎”がありそうな作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「地球が静止する日」トータル24.1億円
金4.6(2日3.3)→不明→17.6→20.7→22.7→23.5
☆08年「ハプニング」トータル12.3億円
金3日2.8→7.0→9.4→11.4→12.1→12.2
☆08年「イーグル・アイ」トータル12.2億円
OP2.5→06.4→10.0→11.6
☆08年「クローバーフィールド/HAKAISHA」トータル12.1億円
OP2.6→6.2→8.3→9.9→11.5
☆09年「ノウイング」トータル10.2億円
金3日2.9(2日2.2)→6.1→8.2→9.3
☆10年「第9地区」
OP1.7→4.2→5.5→6.6→7.6億円→
☆10年「プレデターズ」
OP2.4億円→
主要作品との対比で考えると、「プレデターズ」の興行収入は11.1~11.7億円となる。
当面は11億円台辺りが落ち着きどころか。
「AVP2 エイリアンズVSプレデター」トータル10.7億円を超える程度となりそうだ。

「プレデターズ」2.4億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2009>
☆「HACHI 約束の犬」2.2億円(トータル19.7億円)
☆「ワルキューレ」2日2.4億円(トータル12.5億円)
☆「ノウイング」2日2.2億円(トータル10.2億円)
☆「ワイルド・スピードMAX」2日2.1億円(トータル9.5億円)
<2008>
☆「クローバーフィールド」2.6億円(トータル12.0億円)
☆「アイアンマン」2.1億円(トータル9.4億円)
「HACHI 約束の犬」以外との対比で考えると、「プレデターズ」の興行収入は10.7~12.5億円となる。
現時点では11億円台の興行収入となりそうだ。
予想通りのオープニングでもあり、「プレデターズ」の興行収入は公開前の予想通りの11.5億円と考えたい。


5位:「告白」(東宝)<6週目>
【公開前個人予想】 16.0億円
【現時点での興行収入予想】 37.5億円(3~4週目32.5億円、OP~2週目25億円)
【配給会社期待値】 20億円→25億円→30億円に上方修正
【公開規模】 266スクリーン
1.5億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは30.8億円弱となっている。
1週間の伸びは3.7億円程度だろうか。
配給会社の2回目の上方修正後の期待値である30億円を楽に突破した。

週毎の動きは以下のとおり。
OP2.7→2週目6.3→3週目6.5→4週目6.1→5週目5.4→
6週目3.7億円となっている。
週毎の成績が6億円程度と安定していたが、強力なライバルの登場により徐々に勢いをなくしつつある。
しかし、これだけ稼げば十分すぎるといえるだろう。
問題作というだけではなく評価も高く、口コミで広がっていった。
ロングセールスは確実であり、まだまだ伸びる可能性がありそうだ。
このムーブメントが常識レベルに留まるのかどうかが注目となる。
内容が内容だけに年配層までには広がりにくいと思ったが、年配層や若年層にまで広がっているのではないか。
R15指定がもったいなかった。

中島哲也監督作品の興行収入は以下の通り。
☆04年「下妻物語」トータル6.2億円
OP0.8→02.5→03.5→04.4→不明→5.5
☆06年「嫌われ松子の一生」トータル13.1億円
OP1.6→05.0→07.4→09.3→10.5
☆08年「パコと魔法の絵本」トータル23.6億円
祝3日4.7→8.7→13.7→16.8→祝込19.5→20.8→21.8
☆10年「告白」
OP2.7→8.9→15.5→21.6→27.1→30.8億円→
これらとの対比で考えると、「告白」の興行収入は34.7~34.9億円となる。
この対比を超えることが確実なので、35億円は突破するだろう。

サスペンス的な要素はあるが、ヒューマンドラマに近いか。
ロングセールス系の作品と比べてみたい。
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円
OP5.4→祝込18.1→24.4→30.5→祝込37.4→40.7→43.1
☆09年「アマルフィ 女神の報酬」トータル36.5億円
祝込3日5.7→11.9→18.5→23.1→28.2→31.1→33.0
☆09年「余命1ヶ月の花嫁」トータル31.5億円
OP4.1→11.6→17.1→21.7→25.1→27.5→29.1
☆09年「沈まぬ太陽」トータル28.0億円
OP2.5→09.1→14.5→18.3→祝込21.4→22.9→24.3
☆09年「劔岳 点の記」トータル25.8億円
先2.9→09.0→14.0→17.6→祝込20.3→21.6→23.1
☆10年「告白」
OP2.7→8.9→15.5→21.6→27.1→30.8億円→
これらとの対比で考えると、「告白」の興行収入は35.3~37.7億円となる。
これらの作品よりも伸びが持続しているので、この対比を超える可能性がある。
「余命1ヶ月の花嫁」トータル31.5億円は突破確実であり、「アマルフィ 女神の報酬」トータル36.5億円も視野に入りそうだ。

「告白」30.8億円と同程度の6週目興行収入作品は以下のとおり。
<2009>
☆「アマルフィ」31.1億円(トータル36.5億円)
☆「ごくせん」30.2億円(トータル34.8億円)
☆「余命1か月の花嫁」27.5億円(トータル31.5億円)
☆「ヤッターマン」28.5億円(トータル31.4億円)
☆「クローズZEROⅡ」27.9億円(トータル30.2億円)
☆「20世紀少年第2章」27.3億円(トータル30.1億円)
<2008>
☆「ザ・マジックアワー」32.9億円(トータル39.2億円)
☆「L change the WorLd」28.5億円(トータル31.0億円)
☆「おくりびと」22.6億円(当年度30.5億円)
「おくりびと」以外との対比で考えると、「告白」の興行収入は33.3~36.7億円となる。
「おくりびと」との対比で考えると、「告白」の興行収入は41.6億円となる。
現時点では、ミニマム35億円、マックス40億円超というところか。
「おくりびと」以外との対比を上回ることが確実なので、「告白」の興行収入は先週に引き続き37.5億円と予想したい。
これまで25億円→32.5億円と予想を変えてきたが、伸びが止まらないので上方修正せざるを得なかった。
ここまで伸びが続くとなると、40億円突破も考えた方がいいかもしれない。
予想できる範疇を超えており、推移を見守るしかないようだ。
「踊る」「トイ・ストーリー3」「アリエッティ」といったライバルに囲まれて、伸びを持続できるかが今後のポイントとなる。


6位:「必死剣 鳥刺し」(東映)<1週目>
【公開前個人予想】 8.0億円
【現時点での興行収入予想】 6.0億円
【公開規模】 256スクリーン
7.8千万円のオープニングを飾った。
先週『オープニングは「火天の城」をやや下回る1億円程度か』と書いたが、やや予想を下回った。
しかし、作品的にオープニングは高くならなくても不安はない。

藤沢周平原作作品の興行収入は以下のとおり。
☆02年「たそがれ清兵衛」トータル12.0億円(※真田)
☆04年「隠し剣 鬼の爪」10億円未満か(※永瀬)
OP1.2→3.7→5.4→6.2→7.6→8.2
☆05年「蝉しぐれ」トータル14.0億円(※市川染五郎)
OP1.5→4.9→7.8→9.8→11.3→
☆06年「武士の一分」トータル41.1億円(※木村)
☆08年「山桜」不明(※東山)
☆10年「花のあと」不明(※北川)
先0.4→1.1
☆10年「必死剣 鳥刺し」
OP0.8億円→
「隠し剣 鬼の爪」は下回りそうだ。
「蝉しぐれ」との対比で考えると、「必死剣 鳥刺し」の興行収入は7.5億円となる。
この辺りがマックスラインだろうか。
豊川悦司に対する不安感はあるが、それほど心配しなくてもよいだろう。

若者俳優による時代劇はヒットしないが、時代劇自体はヒットする可能性がある。
意外と年配層のパワーは恐ろしいので注意が必要。
☆07年「椿三十郎」トータル11.5億円
OP1.6→4.1→5.9→祝込7.3→不明→9.7→祝込10.5→10.8
☆09年「火天の城」トータル9.3億円
OP1.3→3.5→5.9→7,2→7.9
☆09年「禅 ZEN」トータル5.0億円
祝込3日0.5→1.1→
☆07年「茶々 天涯の貴妃」トータル4.5億円
OP0.4→不明→2.3→3.0→3.5→3.8
☆10年「必死剣 鳥刺し」
OP0.8億円→
「椿三十郎」「火天の城」との対比で考えると、「必死剣 鳥刺し」の興行収入は5.7~5.8億円となる。
藤沢周平原作を踏まえると、6億円程度が落ち着きどころか。
子ども向け作品が多いサマーシーズンだけに、本作に対する需要があるとも考えられる。

「必死剣 鳥刺し」0.8億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2009>
☆「おっぱいバレー」0.8億円(トータル5.3億円)
☆「風が強く吹いている」0.9億円(トータル4.5億円)
<2008>
☆「明日への遺言」0.8億円(トータル6.0億円)
☆「アフタースクール」0.7億円(トータル5.5億円)
☆「Sweet Rain 死神の精度」0.8億円(トータル5.0億円)
☆「特命係長 只野仁 最後の劇場版」0.8億円(トータル4.6億円)
☆「銀幕版 スシ王子! ~ニューヨークへ行く~」0.8億円(トータル3.6億円)
これらとの対比で考えると、「必死剣 鳥刺し」の興行収入は3.6~6.3億円となる。
「明日への遺言」との対比どおり、必死剣 鳥刺し」の興行収入は6.0億円と予想したい。
平日での伸びに期待したいところだ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1803-cd9b06ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。