ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』レビュー

◆評  価   8.5点
◆おススメ度  A(高レベルのコメディ、必見の作品)

アメリカのコメディはそれほど合わないところがあったが、本作はかなりツボにハマった。
アメリカでゴールデングローブ賞を獲得しただけのことはある上質な作品だ。
アメリカのコメディではクスリともしない自分でも自然と声を出して笑えたうえに、劇場も結構笑いが溢れていた。
ホロコーストの指輪を見つけたときのメガネの反応などがかなり良かったと思う。
劇場の中には外人さんも鑑賞していたようであり、日本人が誰一人笑わないところで大爆笑していた。
字幕と実際のセリフとのニュアンスには多少のズレがあるのかもしれない。
そういったニュアンスを字幕に上手く反映できれば、さらに面白い作品に仕上がっただろう。
本作もそれなりに頑張っている字幕であり、笑いに貢献していると思われるが、なかなか難しいところではある。

全体的に非常にナチュラルな仕上りになっているように感じられた。
ムチャクチャなストーリーではあるが、わざとらしい演出や演技を避けられている。
訳の分からないマッパの東洋人のボスが少々やり過ぎている感もあるが、コメディっぽいウソ臭さやバカバカしさが意外と感じられない。
エロやグロなども含まれているが、そういった下品さも感じられない点も評価したいところだ。

それにしても、時間軸がズレるとこれほど面白いものかと再認識させられる。
赤ちゃん、タイガー、パトカー、花ムコの行方、抜けた歯など、特に複雑な事情はなく、普通に盗んだり、ただ置いてあったりしたものだが、理由が分からないだけで楽しさが倍増している。
ストリッパー、マイク・タイソン、警察署のスタンガン講習といったように、その後の顛末にも上手く発展させている。

また、「花ムコがどこに行ったのか」「前夜にいったい何があったのか」という根幹がしっかりとしているので、飽きることが一切なく、映画に集中ができる。
テンポもかなり良く、“歌”などの変化球を交えつつ、アイディアを豊富に盛り込んでおり、しっかりとした映画に仕上がっている。
さらに、4人の親友同士のバカ騒ぎというよりも、3人+訳の分からない奴というやや微妙な関係も本作に面白い効果を与えている。
勝手を知っている形作られた関係ではなくて、1人の訳の分からない奴が加わることで、さらに予測不能なことが次々と巻き起こっている。

非常に楽しめた作品だが、鑑賞後は自分はつまらない大人になって、ムチャなこともしなくなったという懐かしいような寂しいような感覚にも襲われた。
ドラッグも深酒もやるつもりはないが、自分なりのやり方で少しだけムチャなこともやりたいなという感じにさせてくれる映画だ。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1805-0ecdcfda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。