ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(7月3週目その2)

3位:「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」(東宝・フジ)<3週目>
【公開前個人予想】 110.0億円
【現時点での興行収入予想】 70.0億円(OP時80.0億円)
【配給会社期待値】 100億円突破確実
【公開規模】 先週447スクリーン
祝日を含めてトータルでは39.3億円弱となっている。
8日間の伸びは14.2億円半ば程度だろうか。

週毎の動きは以下のとおり。
OP時9.7→2週目15.3→3週目14.3億円となっている。
祝日もあったためか、意外と落ち込みがみられない。
評判も高いとは思えず、思ったよりも話題性や盛り上がりが高まっていないが、知名度を活かして、ある程度は伸ばしていきそうだ。
ただ、評判の悪さの風評がどのような影響を与えるだろうか。

「踊る」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆98年「踊る大捜査線 THE MOVIE」トータル101億円
☆03年「踊る大捜査線 THE MOVIE2」トータル173.5億円
☆05年「交渉人 真下正義」トータル42.0億円
☆05年「容疑者 室井慎次」トータル38.3億円
さすがに03年のようなヒットにはならないだろう。
とりあえず98年の100億円が目標となる。

「踊る」を除く、織田裕二主演作の興行収入は以下のとおり。
☆00年「ホワイトアウト」トータル42.0億円
☆03年「T.R.Y.」トータル11.5億円
☆06年「県庁の星」トータル20.8億円
OP2.9→7.8→11.8→14.4→16.6→18.1→19.3
☆07年「椿三十郎」トータル11.5億円
OP1.6→4.1→5.9→祝込7.3→不明→9.7→祝込10.5→10.8
☆09年「アマルフィ 女神の報酬」トータル36.5億円
祝込3日5.7→11.9→18.5→23.1→28.2→31.1→33.0→34.2
☆10年「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」
OP9.7→25.0→祝込39.3億円→
10億円は最低限でも稼ぎ出している。
題材が良ければ、40億円近くを稼ぎ出すという名前だけで観客が集まる俳優。
これらとの対比で考えると、「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」の興行収入は69.3~77.5億円となる。
100億円突破は夢のまた夢か。

近年公開されたドラマ映画の興行収入と視聴率は以下のとおり。
☆09年「ROOKIES-卒業-」トータル85.5億円(視聴率14.8%)
12.3→33.3→48.6→60.2→67.8→73.0→76.5
☆07年「HERO」トータル81.5億円(視聴率34.2%)
10.1→祝込34.0→祝込48.4→57.4→祝込66.6→70.5→73.8
☆08年「花より男子F」トータル77.5億円(視聴率05年19.7%、07年21.7%)
10.1→26.2→37.9→祝込48.5→54.5→60.3→64.6
☆06年「LIMIT OF LOVE/海猿」トータル71.0億円(視聴率13.1%)
09.7→23.5→35.5→45.1→52.8→58.3→62.5
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円(視聴率21.9%)
05.4→祝込18.1→24.4→30.5→祝込37.4→40.7→43.1
☆08年「相棒」トータル44.4億円(視聴率08年18.1%)
GW6日15.2→21.1→27.0→32.0→36.2→38.9→40.7
☆10年「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」
OP9.7→25.0→祝込39.3億円→
「ROOKIES-卒業-」「HERO」を超えることが当面のノルマとなるだろうか。
これらとの対比で考えると、「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」の興行収入は64.6~80.4億円となる。
80億円突破ラインにはギリギリ立っているが、あの内容ならば、強気にはなれない。
「HERO」との対比となる66.2億円程度が落ち着きどころか。
頑張っても70億円ラインが現在の攻防ラインではないか。

「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」39.3億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2009>
☆「ROOKIES」48.6億円(トータル85.5億円)
☆「20世紀少年 第3章」27.9億円(トータル44.1億円)
<2008>
☆「花より男子F」37.9億円(トータル77.5億円)
☆「相棒-劇場版-」27.0億円(トータル44.4億円)
☆「容疑者Xの献身」24.4億円(トータル49.2億円)
伸びがあった「花より男子F」「容疑者Xの献身」以外との対比で考えると、「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」の興行収入は62.1~69.1億円となる。
現時点では、ミニマム60億円、マックス80億円程度ではないか。
観客層の幅が広いことや気楽に観られるということを踏まえても、良くても70億円台というところではないか。
「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」の興行収入は先週に引き続き70.0億円と予想したい。
内容が良ければ、「告白」のように口コミで伝わり、ヒットに繋がると思うが、本作は口コミでマイナス評価が逆に伝わり、伸びがなくなると思われる。


4位:「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク」(東宝・テレビ東京)<2週目>
【公開前個人予想】 49.0億円
【現時点での興行収入予想】 47~48億円
【配給会社期待値】 50億円
【公開規模】 先週369スクリーン
祝日を含めたトータルでは13.1億円となっている。
8日間の伸びは6.8億円程度だろうか。
「アリエッティ」「トイ・ストーリー3」といった強力ファミリー作品が相手のためか、若干苦戦している印象。
だいたいストーリーが分かる映画よりも目新しい作品に目が向くのは仕方がないか。

「劇場版ポケットモンスター」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆98年 配給収入41.5億円「ミュウツーの逆襲」
☆99年 配給収入35.0億円「幻のポケモン・ルギア爆誕」
☆00年 48.5億円「結晶塔の帝王 ENTEI」
☆01年 39.0億円「セレビィ時を超えた遭遇」
☆02年 26.7億円「水の都の護神 ラティアスとラティオス」
☆03年 45.0億円「七夜の願い星ジラーチ」
☆04年 43.8億円「裂空の訪問者 デオキシス」
☆05年 43.0億円「ミュウと波導の勇者ルカリオ」
OP不明→13.0→20.5→26.5→32.4→37.3→39.8→40.6
☆06年 34.0億円「ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ」
OP04.2→10.3→15.7→20.3→24.7→29.3→31.4→32.6
☆07年 50.2億円「ディアルガVSパルキアVSダークライ」(※10周年)
祝込3日11.3→16.9→24.5→31.4→37.2→43.2→46.2→48.4
☆08年 48.0億円「ギラティナと氷空の花束 シェイミ」
祝込3日10.2→18.5→26.9→33.3→39.6→43.3→45.8→46.4
☆09年 46.7億円「アルセウス 超克の時空へ」
祝込3日09.8→17.8→26.4→32.5→38.7→42.1→44.3→44.9
☆10年「幻影の覇者 ゾロアーク」
OP6.3→祝込13.1億円→
40億円台が標準となる。
07~09年との対比で考えると、「幻影の覇者 ゾロアーク」の興行収入は34.4~38.9億円となる。
30億円台が落ち着きどころとなる動きだが、例年よりも1週早く公開され、相手関係が強力ということもあった。
次週以降も苦戦しそうだが、地力を発揮して、例年ベースの47~50億円に着地するのではないか。
今は「トイ・ストーリー」や「アリエッティ」に流れているが、例年の鑑賞者をすぐに失うとも思えない。
「幻影の覇者 ゾロアーク」の興行収入はとりあえずは先週に引き続き、08年・09年と同程度の47~48億円という予想にしたい。
安定度の高さを評価しないわけにはいかないだろう。

ただ、以下のライバル作品が好調であり、そろそろ興行収入をあげていきたいところだ。
☆09年「ワンピース」トータル47.0億円
OP10.4→22.5→31.3→36.4→祝込41.9→43.6
☆09年「エヴァンゲリヲン」トータル40.0億円
OP5.1→13.6→19.8→24.0→27.3→29.8
☆09年「名探偵コナン」トータル35.0億円
OP5.9→12.5→20.1→29.5→31.6→32.9
☆10年「幻影の覇者 ゾロアーク」
OP6.3→祝込13.1億円→
これらとの対比で考えると、「幻影の覇者 ゾロアーク」の興行収入は27.4~38.5億円となる。
とりあえずは40億円突破が目標となる。
50億円突破は不可能となりそうだ。


5位:「エアベンダー」(パラマウント)<1週目>
【公開前個人予想】 4.5億円
【現時点での興行収入予想】 6.5億円
【公開規模】 386スクリーン
祝日を含む3日間で1.9億円弱(187,338,350円)のオープニングを飾った。
先週『オープニング3日は1.3億円程度か』と書いたが、意外と普通のオープニングだった。
大コケすると思ったが、少コケで済むかもしれない。
また、3D単価の恩恵を受けたのだろうか。
もちろんM・ナイト・シャマランというブランド力があったのだろう。

M・ナイト・シャマラン監督作品の興行収入は以下の通り。
☆99年公開「シックスセンス」トータル76億円(配給収入43億円)
☆01年公開「アンブレイカブル」トータル29.4億円
☆02年公開「サイン」トータル34.0億円
☆04年公開「ヴィレッジ」トータル17.0億円
OP3.4→8.0→12.1→14.2→15.2→16.2
☆06年公開「レディ・イン・ザ・ウォーター」4~5億円程度か
OP0.9→2.1
☆08年公開「ハプニング」12.3億円
金2.8→7.0→9.4→11.4→12.1
☆10年公開「エアベンダー」
祝込3日1.9億円→
これらとの対比で考えると、「エアベンダー」の興行収入は6.5~8.3億円となる。
伸びがあるとは思えないので、6~7億円程度か。
「レディ・イン・ザ・ウォーター」はさすがに超えそうだ。

とりあえずファンタジー作品を参考にしたい。
☆08年公開「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」トータル30.0億円
水8.1(OP5.5)→15.8→20.6→23.8→26.1→27.6→28.5
☆07年公開「ナショナル・トレジャー/リンカーン~」トータル25.8億円
金4日5.7→不明→18.0→21.2→23.7→24.8→25.5
☆08年公開「ハムナプトラ3」トータル22.0億円
先7.7(OP5.8)→14.2→18.2→20.1→21.1→21.7
☆05年公開「ナショナル・トレジャー」トータル20.6億円
OP5.3→9.6→13.9→16.5→18.3
☆05年公開「エラゴン/遺志を継ぐ者」トータル18.7億円
OP2.5→6.4→9.7→15.1→17.0→17.9
☆10年公開「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」トータル14.2億円
金3.7→7.9→10.4→11.8→13.0→13.8→
☆10年公開「タイタンの戦い」
金2.8→7.6→12.4→13.9億円→
☆10年公開「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」
金1.9→4.2→05.3→06.0→6.5億円→
☆10年「ダレン・シャン」
金1.4→3.7→5.4→6.0
☆10年公開「エアベンダー」
祝込3日1.9億円→
これらとの対比で考えると、「エアベンダー」の興行収入は4.9~9.7億円となる。
今年公開された作品の中では、「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」以下、「ダレン・シャン」以上というところか。
やはり6~7億円程度か

【同時期に公開された近年の作品】
<2009>
☆「ノウイング」トータル10.2億円(オープニング金3日2.9億円)
☆「ハリー・ポッターと謎のプリンス」トータル80.0億円(オープニング6日22.1億円)
<2008>
☆「スピード・レーサー」トータル4.0億円(オープニング1.1億円)
☆「ハプニング」トータル12.3億円(オープニング金3日12.3億円)
☆「ドラゴン・キングダム」トータル7.1億円(オープニング1.5億円)
これらとの対比で考えると、「エアベンダー」の興行収入は6.0~8.3億円となる。

「エアベンダー」祝込3日1.9億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
※2日1.3億円と想定
<2009>
☆「私の中のあなた」2日1.1億円(トータル8.0億円)
☆「イングロリアス・バスターズ」2日1.3億円(トータル6.5億円)
☆「バーン・アフター・リーディング」2日1.1億円(トータル6.5億円)
<2008>
☆「エリザベス:ゴールデン・エイジ」1.2億円(トータル6.5億円)
☆「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」1.1億円(トータル4.6億円)
☆「Mr.ビーン」1.1億円(トータル4.5億円)
☆「ラスベガスをぶっつぶせ」1.1億円(トータル4.5億円)
「私の中のあなた」以外との対比で考えると、「エアベンダー」の興行収入は5.3~7.0億円となる。
コケそうな作品ではあるが、夏休みということを考慮して、「エアベンダー」の興行収入を6.5億円と予想したい。
もちろん3D単価の恩恵も受けるだろう。
日本ではヒットしないタイプの映画だと思ったが、ただのファミリー系ファンタジー作品と考えれば、妥当なラインに落ち着くかもしれない。


7位:「告白」(東宝)<7週目>
【公開前個人予想】 16.0億円
【現時点での興行収入予想】 37.5億円(3~4週目32.5億円、OP~2週目25億円)
【配給会社期待値】 20億円→25億円→30億円に上方修正
【公開規模】 先週266スクリーン
祝日を含めたトータルでは33.7億円となっている。
8日間の伸びは2.9億円半ば程度だろうか。
配給会社の2回目の上方修正後の期待値である30億円を楽に突破した。

週毎の動きは以下のとおり。
OP2.7→2週目6.3→3週目6.5→4週目6.1→5週目5.4→
6週目3.7億円→7週目2.9億円となっている。
週毎の成績が6億円程度と安定していたが、強力なライバルの登場により徐々に勢いをなくしつつある。
しかし、これだけ稼げば十分すぎるといえるだろう。

問題作というだけではなく評価も高く、口コミで広がっていった。
内容が内容だけに年配層までには広がりにくいと思ったが、年配層や若年層にまで広がっているのではないか。
R15指定がもったいなかった。
ロングセールスは確実であり、まだまだ伸びる可能性がありそうだが、どうやらそろそろ落ち着きそうだ。

中島哲也監督作品の興行収入は以下の通り。
☆04年「下妻物語」トータル6.2億円
OP0.8→02.5→03.5→04.4→不明→5.5
☆06年「嫌われ松子の一生」トータル13.1億円
OP1.6→05.0→07.4→09.3→10.5
☆08年「パコと魔法の絵本」トータル23.6億円
祝3日4.7→8.7→13.7→16.8→祝込19.5→20.8→21.8
☆10年「告白」
OP2.7→8.9→15.5→21.6→27.1→30.8→祝込33.7億円→
「パコと魔法の絵本」との対比で考えると、「告白」の興行収入は36.5億円となる。
この対比を超えることが確実なので、36億円は突破するだろう。

サスペンス的な要素はあるが、ヒューマンドラマに近いか。
ロングセールス系の作品と比べてみたい。
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円
OP5.4→祝込18.1→24.4→30.5→祝込37.4→40.7→43.1
☆09年「アマルフィ 女神の報酬」トータル36.5億円
祝込3日5.7→11.9→18.5→23.1→28.2→31.1→33.0
☆09年「余命1ヶ月の花嫁」トータル31.5億円
OP4.1→11.6→17.1→21.7→25.1→27.5→29.1
☆09年「沈まぬ太陽」トータル28.0億円
OP2.5→09.1→14.5→18.3→祝込21.4→22.9→24.3
☆09年「劔岳 点の記」トータル25.8億円
先2.9→09.0→14.0→17.6→祝込20.3→21.6→23.1
☆10年「告白」
OP2.7→8.9→15.5→21.6→27.1→30.8→祝込33.7億円→
これらとの対比で考えると、「告白」の興行収入は36.5~38.8億円となる。
これらの作品よりも伸びが持続しているので、この対比を超える可能性がある。
「余命1ヶ月の花嫁」トータル31.5億円は突破しており、「アマルフィ 女神の報酬」トータル36.5億円も超えそうだ。

「告白」33.7億円と同程度の7週目興行収入作品は以下のとおり。
<2009>
☆「のだめカンタービレ」36.8億円(トータル41.0億円)
☆「アマルフィ」33.0億円(トータル36.5億円)
☆「ごくせん」32.4億円(トータル34.8億円)
<2008>
☆「20世紀少年」祝込36.6億円(トータル39.5億円)
☆「ザ・マジックアワー」祝込35.5億円(トータル39.2億円)
☆「おくりびと」24.5億円(当年度30.5億円)
「おくりびと」以外との対比で考えると、「告白」の興行収入は36.2~37.5億円となる。
「おくりびと」との対比で考えると、「告白」の興行収入は42.0億円となる。
現時点では、ミニマム36億円、マックス42億円というところか。
「おくりびと」以外との対比を上回ることが確実なので、「告白」の興行収入は先週に引き続き37.5億円と予想したい。
38~39億円に到達する可能性は高いが、少し様子を見たい。

これまで25億円→32.5億円と予想を変えてきたが、伸びが止まらないので上方修正せざるを得なかった。
ここまで伸びが続くとなると、40億円突破も考えた方がいいかもしれない。
予想できる範疇を超えており、推移を見守るしかないようだ。
「踊る」「トイ・ストーリー3」「アリエッティ」といったライバルに囲まれて、伸びを持続できるかが今後のポイントとなる。


9位:「シュアリー・サムデイ」(松竹・フジテレビ)<1週目>
【公開前個人予想】 5.0億円
【現時点での興行収入予想】 3.0億円
【公開規模】 186スクリーン
祝日を含めた3日間で7.7千万円弱(76,958,250円)のオープニングを飾った。
先週『オープニング3日は1.6億円程度だろうか。初動タイプとなるだろう』と書いたが、予想の半分程度としか稼げなかった。
「誰が見るの?」という映画なのは分かるが、小栗旬のファンは日本にもうちょっと多いかと思った。
先週『1~2億円で終わりそうな企画でもあるが、初監督作品というそれなりに話題性もあることも多少加味しておきたい』と書いたとおりとならないか。
あれだけ宣伝を頑張っても、無理だったようだ。
この結果では、資金を提供してくれるところがあるとは思えず、残念ながら次のチャンスはしばらくはないかもしれない。

小栗旬初監督作品となるが、俳優としての実績が参考となるだろう。
「クローズZERO」「踊る大捜査線」といったヒット作品にも出演しているが、題材の知名度がヒットの要因であり、参考になるのは以下の作品か。
☆09年「TAJOMARU」トータル4.8億円
OP0.7→2.1→3.5→4.3
☆10年「シュアリー・サムデイ」
祝込3日0.8億円→
2日では5千万円程度だろうか。
これとの対比で考えると、「シュアリー・サムデイ」の興行収入は3.4億円となる。
この程度だろうか。

小出恵介主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「風が強く吹いている」トータル4.5億円
OP0.9→2.4→3.2→祝込3.8→4.1
☆10年「シュアリー・サムデイ」
祝込3日0.8億円→
これとの対比で考えると、「シュアリー・サムデイ」の興行収入は2.5億円となる。
この辺りがミニマムラインか。

芸人などの監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「ドロップ」トータル19.5億円
祝3日2.5(1.7)→7.0→11.6→14.5→16.1→17.1
☆07年「大日本人」トータル11.6億円
先込2.3→6.2→8.4→9.8→10.6→11.2
☆09年「しんぼる」トータル4.7億円
OP1.0→2.5→3.9→4.5
☆10年「シュアリー・サムデイ」
祝込3日0.8億円→
「ドロップ」は例外といえるかもしれない。
「しんぼる」との対比で考えると、「シュアリー・サムデイ」の興行収入は2.4億円となる。
やはりこの辺りがミニマムラインとなりそうだ。

【同時期に公開された近年の作品】
<2009>
☆「ごくせん THE MOVIE」トータル34.8億円(オープニング4.9億円)
☆「アマルフィ」トータル36.5億円(オープニング2日3.8億円)
<2008>
☆「花より男子F」トータル77.5億円(オープニング10.1億円)
☆「クライマーズ・ハイ」トータル11.9億円(オープニング1.7億円)
☆「ゲゲゲの鬼太郎/千年~」トータル14.5億円(オープニング2.3億円)
これらとの対比で考えると、「シュアリー・サムデイ」の興行収入は3.2~4.8億円となる。
3億円台がマックスラインだろう。

「シュアリー・サムデイ」祝込3日0.8億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
※2日0.5億円と想定。
<2009>
☆「ヴィヨンの妻」2日0.5億円
☆「鴨川ホルモー」0.5億円(トータル3.0億円)
☆「キラー・ヴァージンロード」0.4億円
<2008>
☆「築地魚河岸三代目」0.5億円(トータル3.4億円)
☆「山のあなた徳市の恋」0.5億円
☆「次郎長三国志」0.5億円
「キラー・ヴァージンロード」も俳優による監督作品であり、あまりヒットしない傾向にあるようだ。
「鴨川ホルモー」との対比で考えると、「シュアリー・サムデイ」の興行収入は3.0億円となる。
夏休みということを考慮して、「シュアリー・サムデイ」の興行収入を3.0億円と予想したい。
小栗旬一人の力では限界があり、この程度ではないか。
誰かが止めるべきだったのか、それとも小規模公開させるべきだったのか、やる気のある若手俳優にダメージを与える結果になったのは残念だ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1812-b15c35a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。