ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『エアベンダー』レビュー

◆評  価   5.0点
◆おススメ度  B-(強いて見る必要はない)

3Dを見ると体調が悪くなることがあるので、2D版をわざわざ求めて渋谷の辺境で鑑賞。
この程度の作品ならば、強いて3Dを観る必要もないだろう。
3Dを見るに越したことはないが、3D技術がまだまだ途上のため、「アバター」のような特異な作品以外は、しばらく3D作品を観なくても問題はないような気がする。

本作は極めてオーソドックスなファンタジーアクションとなっており、極端に面白いわけでもなければ、極端につまらないわけでもないという印象。
全体的に感動も驚きもなく、淡々とストーリーの流れを追うだけの作業となった。
三振かホームランかという作品ではなく、ファアボールでも何でもいいから、出塁するための作品といえる。
面白くも何ともない作品ではあるが、続編込みの作品なので、初っ端からつまずくわけにはいかないという狙いがあるのだろう。
「ライラの冒険」のように一作目がコケたら、シリーズ全体が飛ぶ怖れもあるので、安全策を取らざるを得なかったのではないか。
鑑賞中は、かなり中途半端な終わり方をするという恐れを感じていたので、ある程度の形まで進んでくれたことにはホッとした。

本作の問題点としては、主人公のアンを筆頭に各キャラクターに魅力が足りない点だろうか。
子どもに高い演技力を求めるのは酷かもしれないが、頭の↓が光る以外は喜怒哀楽が感じられない。
ましてやカッコ良さというものをまるで感じられない。
カッコ良さを求めるのは難しいが、子どもらしい強さと弱さ・脆さの同居のようなキャラクターに仕上げて欲しいところ。
一度は逃げ出したのだから弱くてもよい、そこからいかに強くなるかが見たいのだ。
本作のみでは主人公の成長ストーリーとしては何一つ描けていない。

その他としては「スラムドッグ」に出演していた本作の敵役及び彼の叔父が孤軍奮闘していたかなというところだ。
あまり主人公の内面に対する描写を増やすと飽きられて、ファミリー層に対する受けが悪くなりそうなので、仕方がないところはあるが、精霊やドラゴンのお告げのようなものだけで簡単に解決されても困る。

全体的に細かい設定がよく分からないところはあったが、王女の髪の色がなぜ白色なのかの説明同様に、そのようなことを知ったところで意味はないだろう。
各キャラクターの行動理由や、彼らはいったい何のために戦っているのかもよく分からないところはあったが、王女と仲間の兄貴が突然恋に落ちるのと同様に、そのようなことに大して意味はないだろう。
シャマランは内容的にマジメに取り組むことを避けて、良い意味でかなり手を抜いて作ったことが本作のテイストにはある程度マッチしたように感じられる。
「おとぎ話なのだから、目くじらを立てて批評する必要はないでしょう」という声が聞こえてくるような軽めの仕上りになってもこのストーリーでは仕方がないだろう。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1814-4ceedf94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。