ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(7月4週目その3)

11位:「それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌」(テアトル)<3週目>
【公開前個人予想】 3.0億円
【現時点での興行収入予想】 2億円半ば
【公開規模】 151スクリーン(先週比+1スクリーン)
2.1千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは1.5億円弱となっている。
1週間の伸びは5.6千万円程度だろうか。

過去のシリーズの興行収入は以下の通り。
☆07年「それいけ!アンパンマン シャボン玉のプルン」
祝込3日0.7(2日0.5)→
☆08年「それいけ!アンパンマン妖精リンリンのひみつ」
OP0.5→1.1→1.8→2.3→2.7
☆09年「それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星」
OP0.4→0.9→1.2→1.8
☆10年「それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌」
OP0.4→0.9→1.5
トータル興行収入はいずれも不明だが、現時点では例年並みといえそうだ。
「それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌」の興行収入は2億円半ばと予想したい。
中谷美紀が声優を務めたことが多少話題となったが、あまり影響はなかったかもしれない。


12位:「アデル/ファラオと復活の秘薬」(アスミック)<4週目>
【公開前個人予想】 2.0億円
【現時点での興行収入予想】 4億円半ば(OP時5億円台)
【公開規模】 258スクリーン(先週比-3スクリーン)
1.1千万円を週末に稼ぎ、トータルでは4.1億円となっている。
1週間の伸びは4.6千万円弱程度だろうか。
公開前は大コケ予想にしたが、ある程度は稼いでいる。
リュック・ベッソンの知名度だろうか。
また、実際には違うようだが、「インディジョーンズ」のようなアドベンチャー作品のイメージがあり、比較的観客層の幅が広かったのだろうか。
しかしながら、この程度では合格ともいいがたい。

今年公開された以下のようなファミリー作品がライバルか。
☆10年「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」
金1.9(2日1.5)→4.2→5.3→6.0→6.5→
☆10年「ダレン・シャン」
金1.4(2日1.1)→3.7→5.4→6.0
☆10年「スパイアニマル・Gフォース」
OP1.0→3.2→5.4→6.2
☆10年「アデル/ファラオと復活の秘薬」
OP1.1→2.8→3.6→4.1億円→
オープニングはそれほど悪くはなかったが、伸びが全くない。
これらを下回りそうだ。

ベッソン系とは異なるタイプの作品だが、とりあえずリュック・ベッソン関係作品の興行収入も参考になるだろう。
☆06年「トランスポーター2」トータル3.5億円
☆07年「TAXi(4)」トータル5.8億円
OP1.3→3.4→4.6→5.3
☆09年「96時間」トータル4.4億円
OP1.0→2.7→3.7
☆09年「トランスポーター3」トータル6.7億円
OP1.1→3.3→不明→4.7→5.6
☆10年「パリより愛をこめて」
OP0.5→1.6→2.2億円→
☆10年「アデル/ファラオと復活の秘薬」
OP1.1→2.8→3.6→4.1億円→
これらとの対比で考えると、「アデル/ファラオと復活の秘薬」の興行収入は4.5~5.8億円となる。
4億円半ば~後半程度が落ち着きどころか。

「アデル/ファラオと復活の秘薬」4.1億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2009>
☆「トランスポーター3」4.7億円(トータル6.7億円)
☆「フォース・カインド」4.7億円
☆「ハイスクール・ミュージカル」4.4億円
☆「レボリューショナリー・ロード」3.5億円
<2008>
☆「マイ・ブルーベリー・ナイツ」4.3億円
☆「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」4.3億円(トータル4.6億円)
☆「幸せの1ページ」4.1億円(トータル4.6億円)
☆「最後の初恋」4.0億円(トータル4.5億円)
これらとの対比で考えると、「アデル/ファラオと復活の秘薬」の興行収入は4.4~4.6億円となる。
気軽に見られる作風や、ファミリーでも見られるアドベンチャー作品、リュック・ベッソンの知名度などを踏まえても、それほど伸びはないだろう。
「アデル/ファラオと復活の秘薬」の興行収入は4億円半ばと下方修正したい。
オープニング時は5億円台という予想だったが、思った以上の初動作品だった。
オープニングで1億円を超えているにも関わらず、この程度しか稼げないとは思わなかった。
もともと大きくコケると予想したので、この程度でも十分かもしれないが。


14位:「セックス・アンド・ザ・シティ2」(ワーナー)<8週目>
【公開前個人予想】 14.0億円
【現時点での興行収入予想】17億円前半(4週目~17.0億円、2~3週目14.5億円、OP時12.5~13.5億円)
【公開規模】 19スクリーン(先週比-113スクリーン)
5.6百万円を週末に稼ぎ、トータルでは17.1億円弱となっている。
1週間の伸びは2.7千万円程度だろうか。
17億円を突破したが、同じくワーナー系の「インセプション」公開に伴い、スクリーンを完全に削られた。
前作のようなヒットにはならないと思っていたが、前作並に稼ぐことができている。
アメリカではコケたが、日本においては大成功といえる。

週毎の興行収入の推移は以下のとおり。
OP3日2.8→2週目4.6→3週目3.3→4週目2.5→5週目1.8
→6週目1.1→7週目0.7→8週目0.3億円となっている。
さすがに徐々には下落しているが、比較的安定していた。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆08年「セックス・アンド・ザ・シティ」トータル18.0億円
先2.9→7.1→10.3→12.5→14.3
☆10年「セックス・アンド・ザ・シティ2」
金3日2.8→7.4→10.8→13.3→15.0→16.1→16.8→17.1
前作のようなムーブメントはさすがに起きないと思ったが、知名度の高さや女性からの支持が抜群だった。

女性向けのラブストーリーの興行収入は以下のとおり。
☆07年「ホリデイ」トータル13.3億円
OP1.8→5.5→8.2→10.3→11.8
☆08年「P.S.アイラヴユー」トータル11.0億円
OP1.5→4.4→6.7→8.2→9.2
☆06年「イルマーレ」トータル11.0億円
OP1.8→5.3→7.3→9.1→9.9
☆07年「幸せのレシピ」トータル7.0億円
OP1.2→3.5→5.3→6.4
☆08年「ベガスの恋に勝つルール」トータル6.1億円
先1.8→3.8→5.0→5.6→不明→6.0
☆09年「オーストラリア」トータル5.8億円
OP1.4→3.4→4.8→5.6
☆10年「噂のモーガン夫妻」トータル3.0億円見込み(※サラ主演)
金0.7→1.7→2.3→2.8→2.9
☆10年「セックス・アンド・ザ・シティ2」
金3日2.8→7.4→10.8→13.3→15.0→16.1→16.8→17.1
通常のラブストーリーを余裕で超えている。

スクリーン数がほとんど残っていないので、「セックス・アンド・ザ・シティ2」の興行収入は17億円前半と予想したい。
OP時12.5~13.5億円→2~3週目14.5億円→4週目以降17.0億円という予想だったが、ロングセールスになるというヨミを全くしていなかった。
逆に初動タイプという予想をしてしまった。
この作品に対して、男の自分に動きが読めるはずがなかったようだ。
アメリカではかなり苦戦していたが、日本でのムーブメントはまだまだ続いているのかもしれない。
やはり、知名度の高い作品はそれなりの結果を残すようだ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

コメント

いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

  • 2010/08/02(月) 20:54:00 |
  • URL |
  • 履歴書の書き方の見本 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1820-73e94e6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。