ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『インセプション』レビュー

◆評  価   8.5点
◆おススメ度  A(アイディアは秀逸)

夢に入り込むというアイディアは単純に面白い。
さらに二層・三層へと重なる複雑さはストーリーを豊かにさせており、それらが一体となっているため緊張感も増大されている。
複雑さはあるものの、構造は極めてシンプルであるため、置いてけぼりにされることもなかった。
「下層に進むたびに時間が倍増される」「鎮静剤を使用している場合、死ねば虚無に落ちる」というような分かるようで分からないルールも、ストーリー上必要不可欠のルールであり、許容するしかない。

「全てが夢」「ラストだけが夢」「全てが現実」と観た者がそれぞれの感想を抱くこともできる点も面白いところだ。
個人的には、「夢の中でしか生きることができなかった男が夢と決別して、現実の世界に戻る」というシンプルな感想を抱いた。
たとえそれが夢の中であっても、本作にはハッピーエンドという形がしっくりとくる。
会長の息子同様に、夢の中でも幸せになれば、どこか救いがあるのではないか。
妻を死なせてしまったという罪悪感に囚われて逃れることができなかった男が開放されるシーンには明るい希望を感じられる。

ただ、「夢の中でしか君に会えない」という夢に囚われた男が夢と決別するにしては、やや盛り上がりを欠くラストだったような気もする。
夢の中の妻の姿は、リアルな妻の姿ではなくて、自分が過去に知っている姿・自分の理想の姿の投影・虚像でしかないという“現実”を痛感させて欲しい。
パソコンやゲームといったように二次元の中でしか生きられない世代が育っている中で、本作を観ることで“現実”に向き合えるような作品に仕上がれば、もうちょっと変わった作品になったかもしれない。

また、「インセプション」という使命のためには仕方がないにしても、夢の中にしては極めて現実的で常識的な世界が繰り広げられている。
二層においての重力を無視した戦い、四層においての幻想的な世界が構築されていたが、相手にバレない程度には「何でもアリ」というという夢の特性をもうちょっと活かして欲しかった。
二層での階段のようなトリック辺りではやや弱いのではないか。
重層構造ではあるが、夢の下層は夢でしかなく、観客の想像を超えるサプライズを与えるまでには至らない。
夢と現実、現実に見える夢、夢の中での夢、各キャラクターの夢が微妙にズレているといったように、もうちょっとグチャグチャにしても良かったかもしれない。
コブと奥さんが過去に自殺に使用した際のイメージだろうか、一層での列車の突然の出現など、コブのイメージと夢の中の世界はゴチャついているが、ハマっている感じがしない。

そして、我々の期待の星のサイトーさんが知らない間に撃たれて、チームの足を引っ張りまくった点は残念だ。
あれではただの観光客よりもタチが悪い。
撃たれるとしても、誰かをかばって撃たれたり、コブの奥さんに騙まし撃ちにあったり、といった具合に見せ場や存在意義が欲しいところ。
キャラクターとしての存在感はあるものの、ストーリーに対する存在感が弱すぎる。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1830-cca9cf9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。