ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(8月1週目その1)

3位:「仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ」(東映・テレビ朝日)<1週目>
【公開前個人予想】 15.0億円
【現時点での興行収入予想】 13.0億円
【公開規模】 460スクリーン
3.3億円(331,117,900円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは当然爆発するだろう。「仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイド」と同程度の4.5億円程度か』と書いたが、予想よりも低い数字となっている。
初の3D作品となり、5・6月に2週おきに新作を公開するなど、シリーズが絶好調だったため、去年のオープニングと同程度という予想にしたが、去年の数字が良すぎたのだろうか。
5・6月の作品のオープニングが2億円程度稼いでおり、本作のスクリーン数を踏まえると、物足りないともいえるが、例年の作品に比べれば、高いオープニングともいえる。

夏などに公開される過去のライダーシリーズは以下の通り。
☆01年「仮面ライダーアギト PROJECT G4」トータル12.5億円
☆02年「仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL」トータル14.3億円
☆03年「仮面ライダー555 パラダイス・ロスト」トータル15.0億円
☆04年「仮面ライダー剣 MISSING ACE」トータル9億円程度
☆05年「仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼」トータル11.0億円
☆06年「仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE」トータル9.5億円
OP1.7→4.1→7.1→8.4
☆07年「仮面ライダー電王 俺、誕生!」トータル13.8億円
OP2.4→5.7→9.6→11.4→12.6
☆08年「仮面ライダーキバ 魔界城の王」トータル9.0億円
OP1.9→5.3→6.9→8.2→8.6
☆09年「仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」トータル19.0億円
OP4.8→11.9→15.2→17.1→18.0
☆09年「仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイド」トータル15.0億円
OP4.5→7.6→10.5→12.4→祝込14.5→14.9(正月公開)
☆10年「仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ」
OP3.3億円→
9~15億円が水準となるが、去年の夏冬は爆発している。
これらとの対比で考えると、「仮面ライダーW」の興行収入は11.0~19.0億円となる。
ここ最近は初動傾向が高いので、去年との対比の13.1億円程度が落ち着きどころか。

なお、春や秋に公開された電王シリーズの興行収入は以下の通り。
☆08年春「電王&キバ クライマックス刑事」トータル7.4億円
OP1.9→3.7→4.7→5.9→6.7
☆08年秋「さらば電王 ファイナル・カウントダウン」トータル7.2億円
OP1.8→3.4→5.0→5.8
☆09年GW「超・電王&ディケイド NEOジェネレーションズ」トータル7.8億円
水6日4.7(OP1.7)→5.5→6.4→6.8
☆10年 第1弾「EPISODE RED ゼロのスタートウィンクル」
OP2.3→4.0→(トータル4.7億円見込み)
☆10年 第2弾「EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル」
OP1.9→3.4→3.9→(トータル4億円見込み)
☆10年 第3弾「EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ」
OP2.0→3.5→4.1億円→
☆10年「仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ」
OP3.3億円→
主要作品との対比で考えると、「仮面ライダーW」の興行収入は12.9~15.1億円となる。
先ほど同様に、やはり13億円辺りが落ち着きどころか。
「仮面ライダーW」の興行収入は13.0億円と予想したい。
「仮面ライダー電王 俺、誕生!」トータル13.8億円がライバルとなるか。
とりあえず二桁を超えれば、最低ライン突破といえるだろう。


8位:「ヒックとドラゴン」(パラマウント)<1週目>
【公開前個人予想】 8.0億円
【現時点での興行収入予想】 6~7億円
1.1億円半ばのオープニングを飾った。
先週『オープニングは「モンスターVSエイリアン」と同程度の1.2億円程度か』と書いたので、予想どおりの結果となった。
評判も悪くはなさそうだが、期待していたロングセールスまでを求めるのは酷か。
また、本作は3D作品だが、やや高い3D単価によって敬遠されるかもしれない。
「アバター」や「アリス・イン・ワンダーランド」とは異なり、知名度などがやや低いので、わざわざ高い単価の作品を選ばないだろう。

最近のハリウッドアニメの興行収入は以下の通り(ピクサー作品、シュレックを除く)。
☆06年公開「森のリトルギャング」トータル11.0億円
OP1.1→4.2→7.6
☆06年公開「アイス・エイジ2」トータル9億円見込み
OP1.5→3.3→7.6→8.1→8.9
☆06年公開「ライアンを探せ!」トータル8.5億円
OP1.2→2.4→4.4→7.3
☆07年公開「モンスター・ハウス」トータル5.6億円
OP1.4→3.0→4.1→4.4
☆07年公開「ハッピーフィート」トータル14.5億円
先行込2.4→5.8→9.6→12.7→13.5→14.2
☆07年公開「ルイスと未来泥棒」トータル9.4億円
OP1.1→不明→6.9→8.0→8.8
☆08年公開「カンフー・パンダ」トータル20.0億円(※夏公開)
OP2.2→6.8→10.2→14.5→16.7→18.2
☆09年公開「ボルト」トータル16.5億円(※夏公開)
OP2.5→7.0→11.7→14.2→15.8
☆09年公開「クリスマス・キャロル」トータル16.0億円
OP2.9→7.0→10.9→13.1→14.4→15.3
☆09年公開「マダガスカル2」トータル10.2億円
OP1.6→4.1→6.5→9.3→9.9
☆09年公開「モンスターVSエイリアン」不明(※夏公開)
OP1.2→2.4→4.2
☆09年公開「アイス・エイジ3」不明(※夏公開)
OP0.4→1.2
☆09年公開「くもりときどきミートボール」
OP0.3→1.5→1.8→2.0→2.0
☆10年公開「コララインと魔法のボタン」
金0.7→1.6→2.1
☆10年公開「プリンセスと魔法のキス」
OP0.9→2.1→2.9→3.8→4.5億円→
☆10年公開「ヒックとドラゴン」
OP1.2億円→
マックス20億円、2億円台に沈んでいる作品もあるが、ミニマム5億円というところか。
これらとの対比で考えると、「ヒックとドラゴン」の興行収入は4.8~12.0億円となる。
ロングセールスを期待したいところだが、やや厳しいだろう。
これらの中から、「マダガスカル2」「ボルト」との対比で考えると、「ヒックとドラゴン」の興行収入は7.7~7.9億円となる。
現時点では7億円前後が落ち着きどころか。

他のファミリー作品の数が多く、すぐに埋没しそうだ。
さらに相手が悪すぎる。
「トイ・ストーリー」「アリエッティ」を見終わったファミリーが来てくれるかどうかというところとなるが、その期待も高くはないだろう。
「ヒックとドラゴン」の興行収入は6~7億円と予想したい。
「モンスターVSエイリアン」「プリンセスと魔法のキス」を超えて、「マダガスカル2」を超えない程度だろうか。
アメリカでは大ヒットを記録したが、日本では無難な結果となりそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1831-c63bf74c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。