ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ソルト』レビュー

◆評  価   8.0点
◆おススメ度  A(細かいことを無視すれば、良作のサスペンスといえる)

どうせ大したオチを作れないのだろうと高を括っていたら、「○○が黒幕だった」という予想どおりの部分はあるものの、ラストの展開はこちらの予想を大きく超えてきた。
「24-TWENTY FOUR-」のストーリーを2時間程度にまとめたためか、話が大きすぎる上に、話が一気に飛躍しすぎるという気もするが、ストーリーはなかなか工夫されており、面白く作られている。
“優秀さ”“接近戦が特技”という一言で全部済ます辺りにはムチャもあるが、ギリギリで許容できるレベルか。
あまりにも強すぎるので、既存の男性スパイとは異なる、もうちょっと女性らしい新しいスパイ像を構築して欲しいところ。
ムチャクチャをやりたいのであれば、「ウォンテッド」辺りでやればよい。
即席のバズーカ砲や毒グモを使ったトリックなどは目新しいので、パワーや格闘などに依存しないアイディアや頭脳で勝負するスパイ像でもよかった。
また、本作に描かれているカラクリならば、「ソルトに嫌疑が掛かり、ロシア大統領の警備が強化される事態を引き起こすような面倒くさいことをせずに、おっさんが静かにソルトに依頼すればいいじゃないのか?」とも思うが、それでは映画としては面白くなりようもないので、気にしなくてもいいだろう。

アンジェリーナ・ジョリーを撮らせたら、右に出るものなしというフィリップ・ノイス監督だけに、彼女とのコンビがぴったりとハマっている。
もともと魅力のあるアンジェリーナ・ジョリーの魅力を最大限に引き上げている。
「ボーン・コレクター」同様に、彼女の喜怒哀楽が上手くスクリーンに投影されている。
仕事中の旦那を見つめる居室での表情は完全にオフの状態・ありのままのソルトであり、他のシーンで見られることはない。
北朝鮮での解放後の車の中での表情も、スパイとは異なる“女性”の表情を見せている。
顔があれほど腫れ上がっているのにも関わらず、愛おしさすら感じられる。
結婚する前にジャングルと旦那と出会った際の表情もなかなか良い。
顔色を変えずに無駄なく任務を遂行していく厳しい表情、黒幕を殺す際の憎悪に満ちた表情との対比も見事だ。
表情だけみても、彼女が組織を裏切った理由がよく分かる仕組みとなっている。
当初はトム・クルーズが候補にあがっていたようだが、アンジェリーナ・ジョリーという女性をキャスティングしたことで、“組織への裏切り”に対して同調しやすくなったと思われる。
“祖国の大義”よりも“恋愛”を取った辺りは男性とは異なる“女性”らしさを感じられる。

北朝鮮を舞台にしたシーンや、旦那との関係などの回想を含めた続編が製作されるのだろうが、旦那が亡くなった今となっては普通のアクション作品になりそうな点が心配ではある。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1838-dba8cdd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。