ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米映画興行収入(8月第2週目)

1位となったのは、新作の「エクスペンダブルズ」。
事前には3日間で31.7百万ドルのオープニングと予想されているが、予想を上回る35.0百万ドルのオープニングを飾った。
これがコケたら、スタローンの監督・俳優生命が終わると思われただけに一安心というところか。
シルベスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ミッキー・ローク、ブルース・ウィルス、アーノルド・シュワルツェネッガーととにかくキャスティングが豪華な作品であり、コケるはずはなかったか。

シルベスター・スタローン監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆06年「ロッキー・ザ・ファイナル」トータル70百万ドル
先22→48→61→65→68
☆08年「ランボー最後の戦場」トータル43百万ドル
OP18→30→37→40→42
☆10年「エクスペンダブルズ」
OP35百万ドル→
「ロッキー・ザ・ファイナル」を超えることが最低限のラインか。
現時点では1億ドルが落ち着きどころではないか。
監督が監督だけに初動タイプの疑いが強いが、評価はかなり高くなっており、評判に釣られて鑑賞する客も増えるだろう。
「ランボー」の続編の企画が飛んだようだが、このヒットを受けて、企画が再燃するようなこともあるかもしれない。


2位となったのは、新作の「食べて、祈って、恋をして」。
事前には3日間で23.2百万ドルのオープニングと予想されているが、予想をやや上回る23.7百万ドルのオープニングを飾った。
製作費6千万ドルの回収が当面の目標となる。
不安のあったジュリア・ロバーツ作品ではあるが、無難な結果を残しそうだ。
原作はかなり有名のようであり、その影響もあったか。
共演は、ハビエル・バルデム、ジェームズ・フランコとなっている。

ジュリア・ロバーツ主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆90年「プリティ・ウーマン」トータル178百万ドル
☆99年「ノッティングヒルの恋人」トータル116百万ドル
☆00年「エリン・ブロコビッチ」トータル126百万ドル
☆01年「ザ・メキシカン」トータル67百万ドル
OP20→38→51→58→62
☆01年「アメリカン・スウィートハート」トータル93百万ドル
OP30→59→75→83→88
☆03年「モナリザ・スマイル」トータル64百万ドル
OP12→31→50→57→60
☆04年「クローサー」トータル34百万ドル
☆09年「デュプリシティ」トータル41百万ドル
OP14→26→32→39→40
☆10年「食べて、祈って、恋をして」
OP23百万ドル→
「ザ・メキシカン」「モナリザ・スマイル」が6千万ドル台なので、この程度を稼げれば合格ラインとなるか。
現時点では6~7千万ドル程度が落ち着きどころではないか。
ここ数年活躍が目立たなかった割には、本作はコケてはいないので問題はないだろう。
評判はそれほど良くはないようなので、あまり粘りはなさそうだ。


3位は2週目の「The Other Guys」。
トータルでは71百万ドルとなっている。
製作費は1億ドルとなっており、製作費回収が当面の目標となる。

監督はウィル・フェレルの盟友のアダム・マッケイ。
過去に「俺たちニュースキャスター」「タラデガ・ナイト」「俺たちステップ・ブラザース-義兄弟-」でコンビを組んでいる。

ウィル・フェレル主演作の興行収入は以下の通り。
☆04年「俺たちニュースキャスター」トータル85百万ドル
OP28→57→071→078→082→083
☆05年「奥様は魔女」トータル63百万ドル(※主演はニコール・キッドマン)
OP20→39→051→057→060→061
☆06年「タラデガ・ナイト」トータル148百万ドル
OP47→90→114→128→137→142
☆06年「主人公は僕だった」トータル41百万ドル
OP13→23→033→037→039→040
☆07年「俺たちフィギュアスケーター」トータル119百万ドル
OP33→68→090→101→108→112
☆08年「俺たちダンクシューター」トータル33百万ドル
OP15→25→030→032→033→033
☆08年「俺たちステップ・ブラザース-義兄弟-」トータル100百万ドル
OP31→63→081→091→096→098
☆09年「マーシャル博士の恐竜ランド」トータル49百万ドル
OP19→35→044→047→048→048
☆10年「The Other Guys」
OP36→71百万ドル→
成功と失敗を交互に繰り返すコメディ俳優。
アダム・マッケイ監督作品ということもあり、今回は成功のようだ。
1億1~2千万ドル程度が落ち着きどころか。
「俺たちフィギュアスケーター」トータル119百万ドルを超えたいところだ。
コメディ系も増えてきているマーク・ウォルバーグとの目新しいコンビも注目されたか。
ドウェイン・ジョンソン、サミュエル・L・ジャクソンなど、キャスティングも豪華だ。
評価も思ったよりも高くなっており、恐ろしいほどの初動タイプではなさそうだ。


4位は5週目の「インセプション」。
トータルでは249百万ドルとなっており、2億ドルをあっさりと超えている。
製作費160百万ドルを余裕で回収している。

監督は「メメント」のクリストファー・ノーラン。
監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆02年「インソムニア」トータル67百万ドル
☆05年「バットマン ビギンズ」トータル205百万ドル
先73→123→151→172→183→191
☆06年「プレステージ」トータル53百万ドル
☆08年「ダークナイト」トータル533百万ドル
OP158→214→394→442→471→489
☆10年「インセプション」
OP63→143→193→228→249百万ドル→
「バットマン ビギンズ」を余裕で突破した。

レオナルド・ディカプリオ主演作の興行収入は以下の通り。
☆02年「ギャング・オブ・ニューヨーク」トータル78百万ドル
OP09→30→047→055→060
☆02年「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」トータル165百万ドル
先49(OP30)→97→119→134→145
☆04年「アビエイター」トータル103百万ドル(2週目より拡大)
拡10→32→043→050→058
☆06年「ディパーテッド」トータル132百万ドル
OP27→57→077→091→102
☆06年「ブラッド・ダイヤモンド」トータル57百万ドル
OP09→19→025→036→044
☆08年「ワールド・オブ・ライズ」トータル39百万ドル
OP13→24→031→035→037
☆08年「レボリューショナリー・ロード」トータル23百万ドル
☆10年「シャッター・アイランド」トータル128百万ドル
OP41→076→096→108→116→121
☆10年「インセプション」
OP63→143→193→228→249百万ドル→
2010年に1億ドル突破作品が2本もある俳優となる。
彼にとっては「タイタニック」に次ぐ、自身2番目に高い興行収入となりそうだ。
2億ドル突破後も伸ばしていくだろう。

ジャンルは異なりそうだが、「マトリックス」シリーズ辺りがライバルか。
☆99年「マトリックス」トータル171百万ドル
☆03年「リローデッド」トータル282百万ドル
☆03年「レボリューションズ」トータル139百万ドル
「リローデッド」トータル282百万ドル辺りまで伸びるのではないか。

今年公開された以下のような作品もライバルとなる。
☆10年「アイアンマン2」現時点で312百万ドル
OP128→211→251→275→291→299→305
☆10年「エクリプス/トワイライト・サーガ」現時点で296百万ドル
先158→235→265→280→288→293→296
☆10年「インセプション」
OP063→143→193→228→249百万ドル→
「ダークナイト」同様に、評価は恐ろしく高く、相当に粘りそうだ。
まだまだ先が長いが、いずれは近いところまで伸ばしていくだろう。


5位となったのは、新作の「Scott Pilgrim vs. the World」。
事前には3日間で16.7百万ドルのオープニングと予想されているが、予想を下回る10.5百万ドルのオープニングを飾った。
制作費は6千万ドルとなっており、制作費の回収は厳しそうだ。
原作はカナダのコミックとのこと。
“ネットで評判になっている作品”のようであり、評判はもちろん高い。
しかし、“ネットで評判になっている作品”という形容詞が付くと、最近あまりヒットしなくなっている。

以下の作品もそれほどヒットしなかった。
☆10年「Kick-Ass」トータル47百万ドル
OP20→35→42→45→47
☆10年「Scott Pilgrim vs. the World」
OP11百万ドル→
本作は3千万ドルに届くか届かないかというところか。
このような作品は一部では盛り上がっているが、一般層にまでは浸透しにくいのか。
それとも、そういう熱が嫌がられるのか。

また、評判の高いエドガー・ライト監督ではあるが、ヒット作品を生み出していない。
☆04年「ショーン・オブ・ザ・デッド」トータル14百万ドル
☆07年「ホット・ファズ」トータル24百万ドル
ヒットしていないのは、イギリス映画ということもある。
少なくとも「ホット・ファズ」を超えたいところだ。
「スーパーバッド」や「JUNO」で脚光を集めた本作の主演のマイケル・セラも集客力の高い俳優というわけではなかった。


6位は6週目のユニバーサル製作の3Dアニメ「怪盗グルーの月泥棒」。
トータルでは222百万ドルとなっている。
製作費69百万ドルを余裕で回収し、2億ドルをあっさりと突破した。
声優はスティーヴ・カレルなどが務めている。

ディズニーは、自社有名作品、ピクサー作品
パラマウントは、ドリームワークス製作作品「シュレック」シリーズ、「ヒックとドラゴン」「カンフー・パンダ」、「マダガスカル」
ワーナーは「ハッピーフィート」、「ポーラーエクスプレス」
20世紀フォックスは「アイス・エイジ」シリーズ
ソニーは「くもりときどきミートボール」「オープン・シーズン」
といった作品があったが、ユニバーサルはアニメ作品において出遅れていた。
本作はユニバーサルにとって初めてのアニメヒット作品となるのではないか。

ユニバーサル制作のアニメ作品は以下の通り。
☆06年「おさるのジョージ」トータル58百万ドル
☆08年「THE TALE OF DESPEREAUX」トータル51百万ドル
OP10→27→44→48→49
☆10年「怪盗グルーの月泥棒」
OP56→118→161→190→209→222百万ドル→
これらをオープニングだけでほぼ超えている。

以下のような作品がライバルとなりそうだ。
☆10年「シュレック フォーエバー」トータル237百万ドル
OP71→133→183→210→223→230→232
☆08年「WALL-E」トータル224百万ドル
OP63→127→163→183→195→204→210→214→216→218
☆10年「ヒックとドラゴン」トータル218百万ドル
OP44→092→133→158→178→192→201
☆08年「カンフー・パンダ」トータル215百万ドル
OP60→117→156→179→193→202→207→209→210→211
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル206百万ドル
OP47→110→143→166→180→188→193→197→199→201
☆10年「怪盗グルーの月泥棒」
OP56→118→161→190→209→222百万ドル→
評価はかなり高いので、かなり伸びがあるだろう。
2億3~4千万ドル程度が落ち着きどころか。
ピクサー作品及び「シュレック」シリーズを除外すれば、今年公開された「ヒックとドラゴン」のトータル218百万ドルを抜いて、CGアニメではトップの興行収入になる。
「レミーのおいしいレストラン」を既に超え、「WALL-E」を超えるのも確実であり、本作の優秀さが分かる。
今年公開された「シュレック フォーエバー」(現時点で237百万ドル)が次のライバルとなる。
ユニバーサルとしても久々のヒット作品となる。
去年の稼ぎ頭が「ワイルド・スピード」トータル155百万ドル、一昨年が「マンマ・ミーア!」トータル144百万ドルだった。


7位は2週目の「ステップ・アップ3D」。
トータルでは30百万ドルとなっている。
早くも2週目で急降下している。
『評価はあまり良くないので、初動タイプとなるだろう』と書いた通りとなりそうだ。
確かにコケてはいるが、制作費は激安の3千万ドルとなっており、ローリスクのビジネス。
大ヒットは見込めないが、続編が量産される理由が分かる。

シリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
☆06年「ステップ・アップ」トータル65百万ドル
OP21→40→50→57→62
☆08年「ステップ・アップ2:ザ・ストリート」トータル58百万ドル
先26(OP19)→41→49→53→55
☆10年「ステップ・アップ3D」
OP16→30百万ドル→
4千万ドル程度が落ち着きどころか。
初の3D作品となったが、過去最低の興行収入となるだろう。
しかし、この程度ならば、許容範囲ではないか。
もともと爆発的なヒットを期待できる作品ではない。


8位は4週目の「ソルト」。
トータルでは104百万ドルとなっている。
製作費110百万ドルの回収への目途が立った。

監督は、92年「パトリオット・ゲーム」トータル83百万ドル、94年「今そこにある危機」トータル122百万ドル、99年「ボーン・コレクター」トータル67百万ドルのフィリップ・ノイス。
トム・クランシー原作モノをヒットさせた手腕を見込まれたのだろうか。
果たして自身最高のキャリアとなるだろうか。

主演はアンジェリーナ・ジョリー。
アンジェリーナ・ジョリーのアクション作品の興行収入は以下のとおり。
☆01年「トゥームレイダー」トータル131百万ドル
OP48→84→102→116→123→126
☆03年「トゥームレイダー2」トータル66百万ドル
OP22→43→054→059→062→064
☆05年「Mr.&Mrs.スミス」トータル186百万ドル
OP50→97→126→144→159→168
☆08年「ウォンテッド」トータル135百万ドル
OP70→100→118→126→130→132
☆10年「ソルト」
OP36→071→092→104百万ドル→
「Mr.&Mrs.スミス」はブラッド・ピット主演作、「ウォンテッド」もジェームズ・マカヴォイ主演作といえる。
当面は「トゥームレイダー」トータル131百万ドルがライバルとなりそうだが、これを超えない程度が落ち着きどころか。

スパイモノの中では、以下のような作品がライバルとなりそうだ。
☆04年「ボーン・スプレマシー」トータル176百万ドル
OP53→099→125→140→150
☆08年「慰めの報酬」トータル168百万ドル
OP68→109→141→152→158
☆06年「M:i:Ⅲ」トータル134百万ドル
OP48→085→104→114→123
☆10年「ソルト」
OP36→071→092→104百万ドル→
評価はそれほど悪くはないので、極端な初動でもないだろう。
どの程度伸ばせるかが勝負となるが、今のところ伸びは悪くない。
1億2千万ドル~1億3千万ドル程度が落ち着きどころか。
1億ドルを突破すれば、とりあえずは合格といえるのではないか。
トム・クルーズ主演「ナイト&デイ」は現時点で75百万ドルなので、本作はそれほど悪くない興行収入といえる。


9位は3週目の「Dinner for Schmucks」。
トータルでは59百万ドルとなっている。
製作費は69百万ドルとなっており、製作費の回収が当面の目標となる。
本作はフランスのコメディをリメイクした作品となっている。
もう少し粘るかと思ったが、意外と落ちるのが早かった。

監督は「オースティン・パワーズ」「ミート・ザ・ペアレンツ」シリーズのジェイ・ローチ。
主演はスティーヴ・カレル、ポール・ラッド。
スティーヴ・カレル主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆05年「40歳の童貞男」トータル109百万ドル
OP21→49→69→82→91
☆07年「エバン・オールマイティ」トータル100百万ドル
OP31→61→79→88→94
☆08年「ゲットスマート」トータル130百万ドル
OP39→77→98→112→120
☆10年「Date Night」(現時点で99百万ドル)
OP25→49→63→74→81
☆10年「Dinner for Schmucks」
OP24→47→59百万ドル→
1億ドル程度が水準となる。
スティーヴ・カレルは爆発力こそないが、安定して稼げる俳優といえる。
本作の興行収入は、オープニング時には『8~1億ドル程度が落ち着きどころか』と思ったが、現時点では7千万ドル程度となりそうだ。
『ジェイ・ローチ監督作品としては物足りないかもしれないが、1億ドル近く稼げれば、十分といえそうだ』と書いたが、やや不満のある成績となるかもしれない。
評価はそれほど悪くはない程度となっている。


10位は3週目の「キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争」。
もちろん3D作品となっている。
トータルでは35百万ドルとなっている。
製作費85百万ドルの回収は無理だろう。
予告編を見る限りでは、ふざけているようにしか見えず、デキが良いとは思えない。
実際の評価も最悪に近いようだ。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆01年「キャッツ&ドッグス」トータル93百万ドル
先36(OP22)→59→72→82→87→90
☆10年「キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争」
OP12→26→35百万ドル→
前作のヒットを受け、さらに3Dブームに乗って製作されたが、この手の作品はもはや溢れている。
前作の半分以下となりそうだ。

動物モノは、「アルヴィン」(2作ともにトータル2億円超)のようなビッグヒット作品もあるが、今年公開された「Marmaduke」のような冴えない作品もある。
本作はデキも良くない上に、恐らく飽きられてきているのだろう。
☆08年「ビバリーヒルズ・チワワ」トータル95百万ドル
OP29→52→69→78
☆09年「スパイ・アニマル Gフォース」トータル119百万ドル
OP31→67→86→99
☆10年「Marmaduke」トータル33百万ドル
OP12→22→28→30
☆10年「キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争」
OP12→26→35百万ドル→
「Marmaduke」を超えたいところなので、4千万ドル前後が落ち着きどころか。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆ホラーコメディ「Vampires Suck」
☆エマ・トンプソン主演作の続編「Nanny McPhee Returns」
☆ピラニアを題材としたホラー作品「Piranha 3D」
☆コメディ作品「Lottery Ticket」
☆ジェニファー・アニストン主演のコメディ作品「The Switch」
本数は多いが、どれもパッとしない作品ばかり。
どれかは壮絶にコケそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1839-8fe44dac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。