ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(9月1週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

「BECK」(松竹・日本テレビ)
<309館程度にて順次公開予定>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。

【鑑賞度】 △
マンガを読んでいないので、観てみたい気もするが、多分見ることはない。

【監督】 堤幸彦
堤幸彦監督作品の興行収入は以下の通り。
☆06年「サイレン」トータル7~8億円見込み
☆06年「明日の記憶」トータル22.0億円
OP2.1→6.9→11.0→14.6→17.3→18.9
☆06年「TRICK劇場版2」トータル21.0億円
OP4.3→10.0→13.9→16.9→18.8
☆07年「大帝の剣」トータル3.0億円
☆07年「包帯クラブ」トータル1.5億円
☆07年「自虐の詩」トータル2億円半ば見込み
☆08年「銀幕版 スシ王子!」トータル3.7億円
☆08年「まぼろしの邪馬台国」トータル9.5億円
OP1.6→3.5→4.8→5.8→不明→7.2→7.7
☆08年「20世紀少年-第1章-終わりの始まり」トータル39.5億円
OP6.3→15.6→祝込24.0→28.1→32.5→34.8→祝込36.6→37.4
☆09年「20世紀少年-第2章-最後の希望」トータル30.1億円
OP6.2→13.4→19.5→23.0→25.8→27.3
☆09年「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」トータル44.1億円
OP8.7→21.3→27.9→32.4→38.7→40.7→祝込42.2→42.7
☆10年「TRICK劇場版3」トータル18.5億円
OP3.7→08.5→12.1→14.7→16.3→17.1→17.7→18.0→
5年で13本目となるだろうか。
漫画原作モノをやりたいのか、ドラマの映画化をやりたいのか、年配向け感動作をやりたいのか、よく分からない監督だが、恐らく全部やりたいのだろう。
多忙のためか、しっかりと製作されているようなイメージがない。
ヒット作品も多いが、コケている作品も多く、安心はできないところがある。
ただ、本漫画は読んだことがないが、しっかりとした原作があり、それほど悪い仕上りにはなっていないだろう。
しかし、ヒットしたとしても、「20世紀少年」レベルのヒットにはならず、「TRICK劇場版」レベルのヒットではないか。

【キャスティング】 水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、中村蒼、向井理
水嶋ヒロ主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「ドロップ」トータル19.5億円
祝3日2.5(1.7)→7.0→11.6→14.5→16.1→17.1
「TRICK劇場版」同様に、この程度が基準となるか。
他の俳優には「ROOKIES」「クローズZERO」などの実績がある。
主演としての実績は少ないが、ネームヴァリューは高く、問題ないだろう。

【題材】 「マンガの映画化」「音楽モノ」「青春映画」
「マンガの映画化」の興行収入は以下のとおり(「漫画→ドラマ→映画」「恋愛モノ」を除く)。
☆06年「DEATH NOTE」後編 トータル52.0億円
OP12.2→22.8→30.8→39.1→43.2→46.3→47.7
☆09年「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」トータル44.1億円
OP8.7→21.3→27.9→32.4→38.7→40.7→祝込42.2→42.7
☆05年「NANA」トータル40.3億円
OP5.4→不明→21.8→28.5→32.1
☆08年「20世紀少年-第1章-終わりの始まり」トータル39.5億円
OP6.3→15.6→祝込24.0→28.1→32.5→34.8→祝込36.6→37.4
☆08年「L change the WorLd」トータル31.0億円(※参考)
OP5.7→14.6→19.9→24.3→26.8→28.5→29.7
☆09年「クローズZERO Ⅱ」トータル30.2億円
OP5.7→13.3→18.2→水曜25.3→26.5→27.9→28.8
☆09年「20世紀少年-第2章-最後の希望」トータル30.1億円
OP6.2→13.4→19.5→23.0→25.8→27.3
☆06年「DEATH NOTE」前編 トータル28.5億円
OP4.1→10.0→15.2→19.6→22.4→24.8
☆07年「クローズZERO」トータル25.0億円
OP4.0→10.5→15.1→18.5→21.2→22.7→23.6
☆08年「デトロイト・メタル・シティ」トータル23.4億円
OP3.5→10.2→14.5→祝込18.2→20.1→21.7→22.4
☆09年「カイジ 人生逆転ゲーム」トータル22.5億円
祝3日5.3(2日3.6)→10.0→14.1→17.2→19.7
☆06年「NANA2」トータル12.5億円
OP1.7→4.7→7.0→8.9→祝込11.0→11.7
本作については、「DEATH NOTE」「20世紀少年」「NANA」のような社会現象となる大ヒットをする感じはしないが、漫画原作はやはり軽視しない方が無難のような気がする。
少なくとも10億円台となり、20億円台が落ち着きどころか。
「デトロイト・メタル・シティ」を超えない程度か。

【予告編・TVCM】 量・普/デキ・普
CMを全く見かけないが、自分がTVを見ていないだけだろう。
それなりに宣伝していると思われる。
予告編に関しては、比較的オーソドックな作り。
普通の高校生が苦難を乗り越えつつ、夢へと向かっていくような姿が描かれている。

【支持基盤・ターゲット】 「10~30歳代の男女・カップル」「原作愛読者」
マンガ原作ということもあり、支持基盤はかなり若そうだ。
人気俳優が揃っているので、女性にも受けるのではないか。
恐らく原作を読んでいなくても問題ない作品と思われる。

【同時期に公開された近年の作品】
<2009>
☆「20世紀少年第3章」トータル44.1億円(オープニング8.7億円)
☆「BALLAD」トータル18.1億円(オープニング2.3億円)
<2008>
☆「デトロイト・メタル・シティ」トータル23.4億円(オープニング3.5億円)
☆「20世紀少年」トータル39.5億円(オープニング6.3億円)
「20世紀少年」や「デトロイト・メタル・シティ」と同時期であり、狙ってきているのだろうか。

【評価・予想】 20.5億円(オープニング3.7億円)
有名な漫画原作作品はかなりの興行収入となる。
原作の知名度など、不透明な要素もあるが、本作もそれなりに稼ぐことだろう。
監督・キャスティング・テイストなどを踏まえるとコケることはないと考えられる。
以下のような作品が参考となるか。
☆「クローズZERO Ⅱ」トータル30.2億円
☆「クローズZERO」トータル25.0億円
☆「デトロイト・メタル・シティ」トータル23.4億円
☆「ドロップ」トータル19.5億円
18億円以上、30億円以下というところか。
ただ、バンド系は熱いかもしれないが、あまり広がりを持たないような気がする。
不良系作品に比べると分が悪いか。
また、コメディ系の「デトロイト・メタル・シティ」も超えないのではないか。
「ドロップ」トータル19.5億円前後と考えて、「BECK」の興行収入は20.5億円と予想したい。
オープニングは3.7億円程度だろうか。
今年公開された「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」のオープニング3.9億円(トータル23.6億円)、「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」のオープニング3.7億円(トータル18.5億円)なので、この程度は稼がないと20億円は超えない。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1853-7cddabb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。