ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる映画ニュース(9月第1週目)

☆「バイオハザードⅣアフターライフ」に中島美嘉が出演
アンデッドウィルスの第一感染者とのことであり、恐らく出演時間はそれほど長くはなさそうだが、結構重要な役柄を任されている。
アメリカでの興行収入が、過去40百万ドル、51百万ドル、51百万ドルとなっているのに対して、日本では23.0億円、27.0億円、28.5億円を稼ぎ出しているシリーズ。
アメリカの興行収入にはもちろん届いていないが、公開規模を考えれば、日本での興行収入はかなり高いといえる。
舞台が日本ということもあり、日本の市場をかなり意識しているのはよく分かる。
今週より世界最速先行上映されることからも明白だろう。


☆「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」の続編に動き
「エクリプス/トワイライト・サーガ」のデヴィッド・スレイド監督と、「フライトプラン」のロベルト・シュベンケ監督が監督候補に挙がっていたが、ロベルト・シュベンケ監督が辞退したとのこと。
そのまますんなりとデヴィッド・スレイド監督に決まるかと思いきや、「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監督が監督候補に浮上しているらしい。
ヒュー・ジャックマンとダーレン・アロノフスキー監督とはかつて「ファウンテン」でコンビを組んでおり、世間的な知名度や手腕もデヴィッド・スレイドよりも高そうだ。
紆余曲折あった「ファウンテン」はコケたが、「レスラー」は絶賛されており、分かりやすいアクション作品にももちろん対応できるだろう。
ヒュー・ジャックマンが監督候補と直接面談して決めるらしいが、過去に大作アクションを手掛けた実績を取るのか、一度コンビを組んだ相性の良さを取るのかが注目される。
個人的には、ダーレン・アロノフスキー監督の方が面白そうに感じる。


☆「Mi:Ⅳ」にジェレミー・レナー等が参加
2011年12月16日全米公開予定となっている。
「Mr.インクレディブル」のブラッド・バード監督、トム・クルーズ主演作に「ハート・ロッカー」で注目を集めたジェレミー・レナーが抜擢されたようだ。
トム・クルーズに代わって、主役としてこのシリーズを引き継ぐことも予想される。
プロデューサーの青写真としては、本作でジェレミー・レナーに大活躍させて、次作辺りでトム・クルーズが演じるイーサン・ハントを殺すか、引退させるかして花道を作ってやるのではないか。

さらには「デジャヴ」「プレシャス」のポーラ・パットンが他の女優との激しい争いを制して出演が決定したとのこと。
既に、前作から続投するヴィング・レイムス、「スター・トレック」のサイモン・ペッグ等のキャスティングも決まっており、いよいよ本格的に動き出しそうだ。


☆「センター・オブ・ジ・アース」の続編にドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)が出演
ブレンダン・フレイザーがスケジュールの都合上、出演できなくなったため、ドウェイン・ジョンソンに白羽の矢が立ったようだ。
「ハムナプトラ」シリーズ以外にはそれほど忙しくなさそうなブレンダン・フレイザーよりも、09年「ウィッチマウンテン」、10年「Tooth Fairy」、10年「The Other Guys」とコンスタントにファミリー向け映画等に出演しているドウェイン・ジョンソンのスケジュールが空いているというのも不思議な話だ。
彼は、今後も「Faster」「ワイルド・スピード5」「Protection」という映画がスタンバイしている。
ドウェイン・ジョンソンの方がファミリー向け映画には向いているということもあるか。
ギャラも彼の方が安そうだ。
監督もエリック・ブレヴィグから、「キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争」のブラッド・ペイトン監督へ変わるようだ。
完全にファミリー層をターゲットにしていることが分かる。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1856-31e7b225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。