ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(9月4週目その3)

2位:「バイオハザードⅣ アフターライフ」(ソニー)<3週目>
【公開前個人予想】 35.0億円
【現時点での興行収入予想】 40.5億円
【公開規模】 634スクリーン(先週比-24スクリーン)
2.4億円を週末に稼ぎ、トータルでは32.4億円となっている。
祝日を含めた1週間の伸びは8.7億円弱程度だろうか。
オープニング時の勢いは凄まじかったが、やはり勢いがやや弱まってきたようだ。
どこまで粘れるかが勝負となる。

「バイオハザード」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆02年公開「バイオハザード」トータル23.0億円
☆04年公開「バイオハザードⅡ」トータル27.0億円
先6.5(OP5.1)→14.3→18.4→21.3→23.1→24.1→24.5→24.8
☆07年公開「バイオハザードⅢ」トータル28.5億円
OP6.0→14.5→19.4→23.5→25.7→26.2→27.3→28.0
☆10年公開「バイオハザードⅣ」
先13.1(OP3日8.9)→祝26.0→32.4億円→
先行や祝日などがあったので、これらの4週目との対比で考えると、「バイオハザードⅣ」の興行収入は39.3~41.1億円となる。
40億円突破が当面の目標か。

ゾンビやモンスターモノの興行収入は以下のとおり。
☆04年「ヴァン・ヘルシング」トータル28.0億円
先6.3→13.9→19.3→不明→24.9→25.9
☆07年「アイ・アム・レジェンド」トータル43.1億円
金3日7.2(2日5.8)→16.4→不明→33.8→37.7→40.6→42.0→42.8
☆10年公開「バイオハザードⅣ」
先13.1(OP3日8.9)→祝26.0→32.4億円→
「アイ・アム・レジェンド」の4週目との対比で考えると、「バイオハザードⅣ」の興行収入は41.3億円となる。
やはり40億円を超える程度が落ち着きどころか。

ゲームの映画化の興行収入は以下のとおり。
☆01年公開「トゥームレイダー」トータル27.0億円
☆03年公開「トゥームレイダー2」トータル20.0億円
これらや過去のシリーズの結果を踏まえると、20億円の後半がこの手の作品の落ち着きどころとなる。
いきなりジャンプアップすることはないと思ったが、このシリーズの日本での人気の高さはよく分からないものだ。

「バイオハザードⅣ」32.4億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり(先行・祝日のため1週上乗せ)。
<2009>
☆「レッドクリフPartⅡ」39.0億円(トータル55.5億円)
☆「2012」26.7億円(トータル38.0億円)
<2008>
☆「インディ・ジョーンズ」34.4億円(トータル57.1億円)※先行アリ3週目
☆「レッドクリフPartⅠ」31.6億円(トータル50.5億円)
☆「ハンコック」祝込23.7億円(トータル31.0億円)※先行アリ3週目
これらとの対比で考えると、「バイオハザードⅣ」の興行収入は42.4~53.8億円となる
マックス50億円、ミニマム40億円程度となるか。
ロングセールスになることは考えにくいので、40億円を超える程度が落ち着きどころか。
「バイオハザードⅣ」の興行収入はオープニング時に引き続き40.5億円と予想したい。
100億円を突破した「アリス・イン・ワンダーランド」のライバルにはなれないが、「インセプション」を超えて今年公開の洋画作品の2番目の興行収入となりそうだ。
公開前個人予想は35.0億円だったので、悪くはないヨミだが、先行があったので、大きくはハズしようもない。


8位:「食べて、祈って、恋をして」(ソニー)<2週目>
【公開前個人予想】 9.5億円
【現時点での興行収入予想】 6億円台
【公開規模】 285スクリーン(先週比±0スクリーン)
5.7千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは4.1億円となっている。
祝日を含んだ1週間の伸びは2.7億円弱程度だろうか。
週末の伸びが心もとないが、レディースデイに稼げそうな映画なので、気にする必要はないだろうか。
デートムービーには機能しそうもないので、仕方がないか。

ジュリア・ロバーツ主演作のうち、ヒットした作品の興行収入は以下のとおり。
☆91年「プリティ・ウーマン」配給収入31.0億円
☆99年「ノッティングヒルの恋人」配給収入10.5億円
☆00年「エリン・ブロコビッチ」トータル11.0億円
☆01年「ザ・メキシカン」トータル26.0億円
配給収入は興行収入の半分程度の数字。
近年は「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」や「デュプリシティ」などに主演しているが、パッとしない成績となっている。

ラブストーリーや女性をターゲットにした作品の興行収入は以下の通り。
☆10年「セックス・アンド・ザ・シティ2」
金3日2.8→7.4→10.8→13.3→15.0→16.1→16.8→17.1
☆08年「セックス・アンド・ザ・シティ」18.0億円
先2.9→7.1→10.3→12.5→14.3
☆07年「ホリデイ」トータル13.3億円
OP1.8→5.5→8.2→10.3→11.8
☆08年「P.S.アイラヴユー」トータル11.0億円
OP1.5→4.4→6.7→8.2→9.2
☆06年「イルマーレ」トータル11.0億円
OP1.8→5.3→7.3→9.1→9.9
☆07年「幸せのレシピ」トータル7.0億円
OP1.2→3.5→5.3→6.4
☆08年「ベガスの恋に勝つルール」トータル6.1億円
先1.8→3.8→5.0→5.6→不明→6.0
☆09年「オーストラリア」トータル5.8億円
OP1.4→3.4→4.8→5.6
☆10年「食べて、祈って、恋をして」
金1.4→4.1億円→
祝日があったので、これらの3週目との対比で考えると、「食べて、祈って、恋をして」の興行収入は5.0~7.2億円となる。
現時点では6億円程度が落ち着きどころか。
ジュリア・ロバーツ来日が話題となったが、あまり効果はなかったようだ。
ニコール・キッドマンやキャメロン・ディアスの作品と同じような成績なので、仕方がないかもしれない。

「食べて、祈って、恋をして」4.1億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり(祝日があったので1週上乗せ)。
<2009>
☆「スター・トレック」4.9億円(トータル6.0億円)
☆「オーストラリア」4.8億円(トータル5.8億円)
<2008>
☆「大いなる陰謀」4.9億円(トータル6.2億円)
☆「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」3.8億円(トータル4.6億円)
これらとの対比で考えると、「食べて、祈って、恋をして」の興行収入は5.0~5.2億円となる。
1週上乗せしているので、この対比は超えるはずだ。
7億円に届かず、5億円は超えそうだ。
「食べて、祈って、恋をして」の興行収入は6億円台と予想したい。
公開前個人予想は9.5億円だったので、どうやら高すぎたようだ。
女性受けしそうな作品だけに高めに予想したが、内容的なこともあり、イマイチな結果となりそうだ。
デートには向きそうもないので、祝日が集中する日にわざわざ公開しなくてもよかったのかもしれない。


10位:「TSUNAMI-ツナミ-」(パラマウントなど)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 1億円台
【公開規模】 210スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.6千万円弱のオープニングを飾った。
公開前の予想はできなかったが、ランクインが出来ないくらいコケるのではないかというイメージを持っていた。
韓国映画は恋愛系ならば、ヒットできる可能性はあるが、この手のアクションモノはヒットしない傾向にある。
コケるのは目に見えており、スクリーン数が多すぎる気がする。

08年に公開された「D-WAR」(トータル7.6千万円程度)、09年に公開された「グッド・バッド・ウィアード」はいずれも100スクリーン程度だったが、ヒットはしなかった。
06年に公開された「グエムル」もトータル2.8億円程度だった。
ハリウッドスターが登場するハリウッド映画ですらヒットしないご時勢なのだから、ハリウッドスターが登場しない韓国映画がヒットするわけがない。
00年「シュリ」トータル18.5億円、01年「JSA」トータル11.6億円などの韓国映画が大ヒットした時代は終わったようだ。
恋愛映画の場合にはまだヒットする可能性はあるが、アクション系は厳しいだろう。
「TSUNAMI-ツナミ-」の興行収入は1億円台というところではないか。
韓国からの買付価格がいくらか分からないが、ビジネスとして黒字になる可能性はなさそうだ。


12位:「トイ・ストーリー3」(ディズニー)<12週目>
【公開前個人予想】 62.5億円
【現時点での興行収入予想】 108億円(6~9週目112億円、4~5週目95億円、OP時~3週目88億円)
【配給会社期待値】 100億円
【公開規模】 118スクリーン(先週比-55スクリーン)
1.6千万円を週末に稼ぎ、トータルでは106.9億円半ばとなっている。
祝日を含んだ1週間の伸びは7.7千万円程度だろうか。
スクリーンが削られており、もうそろそろ店じまいか。
ネット上の興行収入に関する記事では「105億円程度が最終的な数字」といわれていたが、さすがに伸びが持続しているものの、現時点での興行収入予想の112億円という予想は厳しいようだ。

週毎の動きは以下のとおり。
OP9.8→2週目14.0→3週目15.1→4週目15.3→5週目12.5→
→6週目16.2→7週目10.3→8週目6.6→9週目3.8→10週目1.8→
→11週目0.8→12週目0.8億円となっている。
成績が非常に安定していたが、夏休みも終わり、さすがに勢いが弱まった。
しかし、「踊る」「アリエッティ」と比べても圧倒しており、本作がこの夏の勝者となった。

ピクサー作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年「トイ・ストーリー2」トータル34.5億円
☆02年「モンスターズ・インク」トータル93.7億円
☆03年「ファインディング・ニモ」トータル110.0億円
☆04年「Mr.インクレディブル」トータル52.6億円
☆06年「カーズ」トータル22.3億円
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル39.0億円
☆08年「WALL・E/ウォーリー」トータル40.0億円
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
☆10年「トイ・ストーリー3」
10週目105.4→106.2→107.0億円→
「Mr.インクレディブル」「カールじいさんの空飛ぶ家」をあっさりと超えた。
しかし、「ファインディング・ニモ」を超えるのは無理そうだ。

以下の作品も参考になりそうだ。
☆10年公開「アリス・イン・ワンダーランド」トータル118億円見込み
10週目115.4→116.4→117.1→
☆08年「崖の上のポニョ」トータル155.0億円
10週目祝140.5→143.1→145.8→147.6→祝149.2
☆10年「トイ・ストーリー3」
10週目105.4→106.2→107.0億円→
これとの対比で考えると、「トイ・ストーリー3」の興行収入は107.8~113.8億円となっている。
マックス114億円、ミニマム108億円というところか。
もはや過度な伸びは期待できないので、「トイ・ストーリー3」の興行収入は108億円と予想したい。
「ファインディング・ニモ」トータル110.0億円を超えると考えたが、無理そうだ。
もう少しスクリーン数を確保できれば、超えることはできたと思うが、3Dスクリーンを奪われてしまったようだ。
公開前個人予想は62.5億円であり、大きく外している。
過去のシリーズ作品の興行収入、「WALL・E/ウォーリー」「カールじいさんの空飛ぶ家」の興行収入を踏まえると、100億円を超えるという強気にはなれない。


15位:「ベスト・キッド」(ソニー)<7週目>
【公開前個人予想】 7.0億円
【現時点での興行収入予想】 14億円後半(4週目13億円後半、3週目13億円、OP時~2週目11~12億円)
【公開規模】 69スクリーン(先週比-161スクリーン)
6.8百万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは14.4億円半ばとなっている。
祝日を含んだ1週間の伸びは5.3千万円程度だろうか。
10億円を楽に突破しているだけではなくて、伸びもこちらの予想を超えている。
夏休みシーズン、ジャッキー・チェンの安定した人気、知名度のある題材ということもあるのだろうが、個人的には意外と感じるヒットとなった。
アメリカでは大ヒットしたが、ウィル・スミスの影響力によるものだろうと考えた。
日本で受けるタイプの作品ではないと思ったが、分からないものだ。
オリジナルの知名度があり、さらに男の子がいるファミリー層に受けたのだろうか。

ジャッキー・チェンの日本での人気は高く、安定している。
ジャッキー・チェン主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年公開「ラッシュアワー3」トータル9.5億円
金3日2.2→5.4→7.2→8.2→9.0
☆08年公開「ドラゴン・キングダム」トータル7.1億円
OP1.5→3.8→5.1→6.4→6.8
☆10年公開「ベスト・キッド」
先2.9→7.3→10.0→12.2→13.3→13.9→14.5億円→
『稼ぎ時のお盆時期のスタートだけに額面どおりには受け取りにくい。やや初動タイプと考えた方がいいと思う』と予想したのがマズかったようだ。

カンフー映画や中国モノには、以下のようなビッグヒットもあることも参考にすべきだったか。
☆03年公開「HERO」トータル40.5億円
☆02年公開「少林サッカー」トータル28.0億円
☆04年公開「LOVERS」トータル22.5億円
☆05年公開「カンフーハッスル」トータル17.0億円
「カンフーハッスル」に近いヒットとなった。
スクリーン数が削られているので、もはや大きな伸びはないだろう。
「ベスト・キッド」の最終的な興行収入は14億円後半というところではないか。
OP時~2週目まで11~12億円、3週目13億円、4週目13億円後半と予想していたが、初動タイプという思いが強すぎてしまった。
『やや初動タイプと考えた方がいいと思う』と書いているが、その傾向はなかったかもしれない。
公開前個人予想は7.0億円であり、大きくハズしている。
時代とマッチした題材とは思えず、コケると考えたが、分からないものだ。


圏外:「ソルト」(ソニー)<9週目>
【公開前個人予想】 18.5億円
【現時点での興行収入予想】19.9億円(6億円19億円半ば、5週目20億円前半、OP時~4週目21~22億円)
【公開規模】 12スクリーン(先週比-12スクリーン)
トータルでは19.8億円半ばとなっている。
祝日を含んだ1週間の伸びは5.7百万円程度だろうか。
20億円突破は惜しくも無理となった。

アンジェリーナ・ジョリー主演のアクション作品の興行収入は以下の通り。
☆01年公開「トゥームレイダー」トータル27.0億円
☆03年公開「トゥームレイダー2」トータル20.0億円
☆05年公開「Mr.&Mrs.スミス」トータル46.5億円
☆08年公開「ウォンテッド」トータル25.0億円
☆09年公開「チェンジリング」トータル12.5億円(※参考・非アクション)
☆10年公開「ソルト」
OP3.6→9.3→14.6→17.4→18.8→19.2→19.7→19.8→19.9億円→
とりあえずは20億円超えが目標となるが、無理か。
ただ、「トゥームレイダー2」トータル20.0億円と同程度稼げれば十分すぎるほどの合格だろう。

参考となりそうなサスペンスアクションの興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「シャーロック・ホームズ」トータル21.5億円
金3日4.1(OP3.3)→10.0→14.6→18.1→20.1→21.1
☆09年公開「007/慰めの報酬」トータル19.8億円
先5.9(OP3.1)→11.3→14.3→16.6→17.9→18.7
☆08年公開「ジャンパー」トータル17.4億円
先5.5→10.0→13.3→15.2→16.4→17.0
☆07年公開「ボーン・アルティメイタム」トータル16.5億円
OP3.3→7.9→11.4→13.6→14.8→15.8
☆09年公開「ワルキューレ」トータル12.5億円
祝込3日3.8(2日2.4)→7.7→10.1→11.3→11.9
☆05年公開「ボーン・スプレマシー」トータル12.5億円
OP3.2→6.5→8.8→10.5→11.5
☆08年公開「イーグル・アイ」トータル12.2億円
OP2.5→6.4→10.0→11.6
☆10年公開「ソルト」
OP3.6→9.3→14.6→17.4→18.8→19.2→19.7→19.8→19.9億円→
伸びは高くなかったが、「007/慰めの報酬」「シャーロック・ホームズ」程度稼いだので問題はないだろう。
日本人としては「ボーン」シリーズよりも好みなのだろうか。
主演の人気ということもありそうだ。
もはや完全に打ち切られた状態なので、「ソルト」の興行収入は19.9億円辺りとなりそうだ。
オープニングから4週目までは21~22億円、5週目は20億円前半と予想していたが、やや初動だったということになりそうだ。
20億円ラインにはしっかりと立っていると思われたが、こういうサスペンス系はこういう動きなっても仕方がない。
ただ、「007/慰めの報酬」トータル19.8億円、「シャーロック・ホームズ」トータル21.5億円に近いレベルを稼いだので、大ヒットといえるだろう。
日本においても稼ぐことができる主演女優は数多くはいない。
公開前個人予想は18.5億円だったので、こちらのヨミは良かったようだ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

コメント

モバゲー

モバゲーにはありとあらゆる出 会いが沢山詰まっています。色々な出 会いを求める事が出来る掲示板となっておりますので気軽にご利用いただけます☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1877-14b22558
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。