ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米映画興行収入(10月第1週目)

1位となったのは、新作の「ソーシャル・ネットワーク」。
事前には週末3日間で27.0百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る23.0百万ドルのオープニングを飾った。
この程度の誤差ならば、まったく問題ないだろう。
制作費は5千万ドルであり、楽に回収できそうだ。
アメリカでは著名のFacebookの誕生秘話が描かれている。
主演は、「ゾンビランド」(トータル76百万ドル)のジェシー・アイゼンバーグ、ジャスティン・ティンバーレイクなど。

監督はデヴィッド・フィンチャー。
デヴィッド・フィンチャー監督作品の興行収入は以下の通り。
☆92年「エイリアン3」トータル55百万ドル
☆95年「セブン」トータル100百万ドル
OP14→31→46→58→68→73
☆97年「ゲーム」トータル48百万ドル
OP14→28→36→40→43→45
☆99年「ファイト・クラブ」トータル37百万ドル
OP11→22→28→32→34→35
☆02年「パニック・ルーム」トータル96百万ドル
OP30→59→73→82→88→91
☆07年「ゾディアック」トータル33百万ドル
OP13→24→29→32→32→33
☆08年「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」トータル128百万ドル
先39(OP27)→79→94→102→111→116
☆10年「ソーシャル・ネットワーク」
OP23百万ドル→
知名度のある作品が多い割には、興行収入は高くないようだ。
「ソーシャル・ネットワーク」の興行収入は9千~1億ドル程度だろうか。
評価も異常に高くなっており、アカデミー賞ノミネート確実といわれている。
どの程度の伸びとなるだろうか。


2位は2週目の「ガフールの伝説」。
トータルでは30百万ドルとなっている。
製作費8千万ドルの回収はかなり厳しい状況となっている。

フクロウを主人公とした3Dアニメ作品。
映像の美しさによる話題作と思われていたが、パッとしない成績となっている。
監督がクセのあるザック・スナイダーだけに、ファミリー向け作品のように感じられなかったのだろうか。

ザック・スナイダー監督作品の興行収入は以下の通り。
☆04年「ドーン・オブ・ザ・デッド」トータル59百万ドル
OP27→044→052→055→057→058
☆07年「300<スリーハンドレッド>」トータル211百万ドル
OP71→129→162→180→193→201
☆09年「ウォッチメン」トータル108百万ドル
OP55→086→098→103→105→106
☆10年「ガフールの伝説」
OP16→030百万ドル→
評価は高いので、やや粘ると考えても、「ガフールの伝説」の興行収入は4千万ドル台だろうか。

アニメ作品ではないが、以下の作品と同程度となるか。
☆10年「キャッツ&ドッグス」トータル43百万ドル
OP12→26→35→40→41
☆10年「ガフールの伝説」
OP16→30百万ドル→
拡大公開された3Dアニメ作品としては、最低レベルの興行収入となりそうだ。
08年以降の3Dアニメの最低ラインは、マイナースタジオの「コラライン」トータル75百万ドル、メジャースタジオでは「ボルト」トータル114百万ドルとなっている。


3位は2週目の「ウォール・ストリート」。
トータルでは36百万ドルとなっている。
製作費7千万ドルの回収が目標となりそうだ。

「ウォール街」の続編となる。
監督はもちろんオリヴァー・ストーン。
オリヴァー・ストーン監督作品の興行収入は以下の通り。
☆86年「プラトーン」トータル139百万ドル
☆87年「ウォール街」トータル44百万ドル
☆89年「7月4日に生まれて」トータル70百万ドル
☆91年「ドアーズ」トータル34百万ドル
☆91年「JFK」トータル70百万ドル
☆93年「天と地」トータル6百万ドル
☆94年「ナチュラル・ボーン・キラーズ」トータル50百万ドル
☆95年「ニクソン」トータル14百万ドル
☆97年「Uターン」トータル7百万ドル
☆99年「エニイ・ギブン・サンデー」トータル76百万ドル
先21(OP14)→46→59→66→70→72
☆04年「アレキサンダー」トータル34百万ドル
先22(OP14)→30→33→34→34→34
☆06年「ワールド・トレード・センター」トータル70百万ドル
先27(OP19)→45→56→62→67→69
☆08年「W.」トータル26百万ドル
☆10年「ウォール・ストリート」
OP19→36百万ドル→
7千万ドル台の作品が目立つので、当面の目標はこの程度となりそうだ。

主演は、マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、キャリー・マリガン、ジョシュ・ブローリン、スーザン・サランドンと豪華。
評価もそれほど悪くはなく、少々粘りそうだが、オープニングが期待値よりも低かったので、7千万ドルに届くかどうかというところか。
「ウォール・ストリート」の興行収入は6千万ドル台と予想したい。
金融に対してやや敏感なところもあり、娯楽として楽しめないのかもしれない。


4位は3週目の「The Town」。
トータルでは64百万ドルとなっている。
製作費37百万ドルを楽に回収している。
ベン・アフレック監督・脚本・主演のクライムドラマ。
犯罪がはびこる街で、人生などを問うような重厚な作品となっている。
共演は「ハート・ロッカー」のジェレミー・レナー。

ベン・アフレックが過去に監督した作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年「ゴーン・ベイビー・ゴーン」トータル20百万ドル
OP06→11→15→17→18
☆10年「The Town」
OP24→49→64百万ドル→
「The Town」の興行収入は8~9千万ドル程度となりそうだ。

過去の犯罪モノと比べても、遜色はない。
☆06年「ディパーテッド」トータル132百万ドル
OP27→57→77→91→102→110
☆04年「コラテラル」トータル101百万ドル
OP25→53→70→80→087→093
☆10年「The Town」
OP24→49→64百万ドル→
「ゴーン・ベイビー・ゴーン」同様に、本作の評価も相当に高く、監督としての才能を開花させている。
俳優としての才能はそれほど認められていなかったが、アカデミー賞脚本賞を過去に受賞した才能は伊達ではなかったようだ。


5位は3週目の「Easy A」。
トータルでは42百万ドルとなっている。
製作費は8百万ドルであり、大黒字となっている。
エマ・ストーン主演の学園モノのラブコメ作品。
エマ・ストーンは、「スーパーバッド」(トータル121百万ドル)「キューティ・バニー」(トータル48百万ドル)、「ゾンビランド」(トータル76百万ドル)などに出演していた若手女優。
学園モノのラブコメ作品は相当に需要があるようだ。

彼女が主演ではなかったが、「キューティ・バニー」の興行収入も高かった。
☆08年「キューティ・バニー」トータル48百万ドル(※主演はアンナ・ファリス)
OP15→28→37→42→46
☆10年「Easy A」
OP18→33→42百万ドル→
評価もかなり高いようであり、しばらくは粘りそうだ。
「Easy A」の興行収入は6千万ドル台になりそうだ。
製作費は8百万ドルであり、関係者は笑いが止まらないだろう。


6位は2週目の「You Again」。
トータルでは16百万ドルとなっている。
クリステン・ベル、シガニー・ウィーヴァー、ジェイミー・リー・カーティスなどの女優陣が共演したコメディ作品。
女優陣がしっかりしている割には製作費は2千万ドルであり、回収はなんとかなったが、パッとしない成績となっている。

監督は、コメディ作品に定評のあるアンディ・フィックマン。
アンディ・フィックマン監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆06年「アメリカン・ピーチパイ」トータル34百万ドル
OP11→20→27→30→32
☆07年「ゲーム・プラン」トータル91百万ドル
OP23→43→59→69→77
☆09年「ウィッチマウンテン」トータル67百万ドル
OP24→44→53→58→62
☆10年「You Again」
OP08→16百万ドル→
「You Again」の興行収入は2千万ドル台だろうか。
評価は普通程度であり、伸びはないだろう。
ファミリー向けではない女性向けコメディは当たり外れがあるようだ。


7位となったのは、新作の「Case 39」。
事前には週末3日間で6.3百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る5.4百万ドルのオープニングを飾った。
レニー・ゼルウィガー主演のサスペンスホラー。
公開が延びていたようであり、もともとの期待値が高くなかったようだ。
製作費は26百万ドルであり、製作費回収は厳しそうだが、大きな赤字にもなりそうもない。
共演は「ハングオーバー」「特攻野郎Aチーム」のブラッドリー・クーパー。
評価はそれほど悪くはないようだ。

レニー・ゼルウィガー出演映画の興行収入は以下の通り。
☆01年「ブリジット・ジョーンズの日記」トータル72百万ドル
☆02年「シカゴ」トータル171百万ドル
☆03年「恋は邪魔者」トータル20百万ドル
OP07→14→17→19→20
☆04年「ブリジット・ジョーンズの日記 2」トータル40百万ドル
OP09→22→32→36→38
☆05年「シンデレラマン」トータル62百万ドル
☆06年「ミス・ポター」トータル3百万ドル
☆08年「かけひきは、恋のはじまり」トータル31百万ドル
OP13→22→27→29→30
☆08年「アパルーサの決闘」トータル20百万ドル
☆09年「New in Town」トータル17百万ドル
OP07→12→14→15→16
☆10年「Case 39」
OP05百万ドル→
「シカゴ」と「ブリジット」以外は基本的にはコケている。
2~3千万ドルが水準のようだ。
しかし、「Case 39」の興行収入は1千万ドル台となりそうだ。
サスペンスホラーモノならば、ハル・ベリー主演の「ゴシカ」(03年)トータル60百万ドル程度は稼げないものか。
彼女も07年「パーフェクト・ストレンジャー」がトータル24百万ドルとコケたときもあるが。
ヒラリー・スワンク主演の「リーピング」(07年)もトータル25百万ドルとコケているが、やはり2千万ドル台は最低でも稼げないといけない。


8位となったのは、新作の「Let Me In」。
事前には週末3日間で12.0百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を大きく下回る5.3百万ドルのオープニングを飾った。
製作費は2千万ドル程度なので、大きな赤字にはならないだろうが、大コケスタートとなっている。
監督は「クローバーフィールド」(トータル80百万ドル)のマット・リーヴス。
「ぼくのエリ200歳の少女」をリメイクしたホラー。
リメイクホラーはアジア、ヨーロッパを問わず、失敗することが多い。

08年に流行した海外リメイクホラー作品は以下の通り。
☆08年「REC」トータル32百万ドル
OP14→24→29→31→32
☆08年「The Eye」トータル31百万ドル
OP12→21→26→29→30
☆08年「ミラーズ」トータル31百万ドル
OP11→20→25→28→29
☆08年「ワン・ミス・コール」トータル27百万ドル
OP13→20→24→26→26
☆08年「シャッター」トータル26百万ドル
OP10→19→23→25→25
☆10年「Let Me In」
OP05百万ドル→
評価はそれほど悪くはないようだが、「Let Me In」の興行収入は1千万ドル台だろうか。
上述からも、少なくとも3千万ドル程度は稼ぎたかったところ。
ホラーらしくない点や、流行のヴァンパイアモノということで敬遠されたかもしれない。


9位は3週目の「Devil」。
トータルでは27百万ドルとなっている。
M・ナイト・シャマランが脚本・プロデュースした作品。

M・ナイト・シャマラン監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆99年「シックスセンス」トータル294百万ドル
☆00年「アンブレイカブル」トータル95百万ドル
☆02年「サイン」トータル228百万ドル
☆04年「ヴィレッジ」トータル114百万ドル
OP51→86→100→107→111→112
☆06年「レディ・イン・ザ・ウォーター」トータル42百万ドル
OP18→32→39→41→41
☆08年「ハプニング」トータル65百万ドル
OP31→51→59→62→63
☆10年「エアベンダー」トータル132百万ドル
☆10年「Devil」
OP12→22→27百万ドル→
さすがに自身が監督した作品の興行収入の方が高いようだ。
評価はそれほど悪くはないが、もはや伸びはないだろう。
「Devil」の興行収入は3千万ドル前後となりそうだ。
ヒットしているとは言いがたいが、エレベーター内が主な舞台のようであり、製作費はそれほど掛かっていないのではないか。
彼のアイデアを適当に膨らました作品を知名度の低い俳優によりリリースするのは悪くないかもしれない。


10位は3週目の「Alpha and Omega」。
トータルでは19百万ドルとなっている。
3Dアニメ作品としてはかなり成績が悪く、「ガフールの伝説」を超えるコケっぷりとなっている。

本作は動物モノのアニメ作品であるが、もはや飽きられているのだろう。
今年公開された犬猫モノの3D作品も苦戦している。
☆10年「キャッツ&ドッグス」トータル43百万ドル
OP12→26→35→40→41
☆10年「Alpha and Omega」
OP09→15→19百万ドル→
「Alpha and Omega」の興行収入は2千万ドル台だろうか。
評価はかなり悪くなっており、伸びもないだろう。
製作費は安そうだが、2000スクリーン以上で公開された3Dアニメとしては歴代最低の興行収入となりそうだ。
しばらくはこの記録は破られないだろう。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆キャサリン・ハイグル主演のコメディ「Life as We Know It」
☆「スクリーム」などを手掛けたウェス・クレイヴン監督の3Dホラー「My Soul to Take」
☆名馬を題材とした、ダイアン・レイン主演のドラマ「セクレタリアト」
ライアン・レイノルズ主演のサスペンス「Buried」が拡大公開される。
爆発しそうもないが、どれもそれなりに稼ぎそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

コメント

グリー

最近グリー内では女性コミュオーナーが、出 会いを求めてる娘の情報を外部の交流サイトに登録し直して、直出 会える様にしてるみたいです!!女性オーナーだけ有って登録の娘の信用度も高いので好評のサイトです。是非ここで出 会いを求めてください

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1879-ff12d50e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。