ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米映画興行収入(10月第2週目)

1位は2週目の「ソーシャル・ネットワーク」。
2週連続で1位となった。
トータル46百万ドルとなっている。
制作費は5千万ドルであり、楽に回収できそうだ。
アメリカでは著名のFacebookの誕生秘話が描かれている。
主演は、「ゾンビランド」(トータル76百万ドル)のジェシー・アイゼンバーグ、新スパイダーマンに起用されたアンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイクなど。

監督はデヴィッド・フィンチャー。
デヴィッド・フィンチャー監督作品の興行収入は以下の通り。
☆92年「エイリアン3」トータル55百万ドル
☆95年「セブン」トータル100百万ドル
OP14→31→46→58→68→73
☆97年「ゲーム」トータル48百万ドル
OP14→28→36→40→43→45
☆99年「ファイト・クラブ」トータル37百万ドル
OP11→22→28→32→34→35
☆02年「パニック・ルーム」トータル96百万ドル
OP30→59→73→82→88→91
☆07年「ゾディアック」トータル33百万ドル
OP13→24→29→32→32→33
☆08年「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」トータル128百万ドル
先39(OP27)→79→94→102→111→116
☆10年「ソーシャル・ネットワーク」
OP22→46百万ドル→
知名度のある作品が多い割には、今までの興行収入は高くないようだ。
本作はそれなりに伸ばしていき、「ソーシャル・ネットワーク」の興行収入は9千~1億ドル程度となるだろうか。
評価も異常に高くなっており、アカデミー賞ノミネート確実といわれている。
どの程度の伸びとなるかが注目となる。


2位となったのは、新作の「Life as We Know It」。
事前には週末3日間で15.0百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る14.5百万ドルのオープニングを飾った。
キャサリン・ハイグル、「トランスフォーマー」のジョシュ・デュアメル主演のラブコメ作品。
仲の悪い二人が他人の赤ちゃんを育てていくうちに仲が良くなるという映画のようだ。
製作費38百万ドルは回収できそうだ。

キャサリン・ハイグル主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年「無ケーカクの命中男/ノックトアップ」トータル149百万ドル
OP31→66→90→109→122→132
☆08年「幸せになるための27のドレス」トータル77百万ドル
OP23→45→57→065→070→073
☆09年「男と女の不都合な真実」トータル89百万ドル
OP28→55→69→077→083→086
☆10年「Killers」トータル47百万ドル
OP16→30→39→044→045→046
☆10年「Life as We Know It」
OP15百万ドル→
「Life as We Know It」の興行収入は4千万ドル台だろうか。
「幸せになるための27のドレス」程度稼げればベターなのだろうが、厳しいようだ。
彼女の人気もそろそろ落ちて来ているのかもしれないが、本作の評価も良くはないことが影響しているようだ。


3位となったのは、新作の「セクレタリアト」。
事前には週末3日間で14.2百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る12.7百万ドルのオープニングを飾った。
アメリカの伝説的な名馬を描いた作品。
主演はダイアン・レイン。
製作費35百万ドルは回収できそうだ。

過去の名馬は扱った作品の興行収入は以下のとおり。
☆03年「シービスケット」トータル120百万ドル
OP21→49→70→83→93→102
☆10年「セクレタリアト」
OP13百万ドル→
さすがにこのようなヒットにはならないだろうが、伸びはありそうだ。

スポーツドラマも参考になるだろうか。
☆09年「インビクタス」トータル37百万ドル
OP09→16→23→31→34→35
☆10年「セクレタリアト」
OP13百万ドル→
「セクレタリアト」の興行収入は5千万ドル程度だろうか。
名馬モノは結構手堅くヒットすると思われるが、評価はそれほど悪くはない程度となっている。


4位は3週目の「ガフールの伝説」。
トータルでは39百万ドルとなっている。
アニメ作品だけに週末には稼げているものの、製作費8千万ドルの回収はかなり厳しい状況となっている。

フクロウを主人公とした3Dアニメ作品。
映像の美しさによる話題作と思われていたが、パッとしない成績となっている。
監督がクセのあるザック・スナイダーだけに、ファミリー向け作品のように感じられなかったのだろうか。

ザック・スナイダー監督作品の興行収入は以下の通り。
☆04年「ドーン・オブ・ザ・デッド」トータル59百万ドル
OP27→044→052→055→057→058
☆07年「300<スリーハンドレッド>」トータル211百万ドル
OP71→129→162→180→193→201
☆09年「ウォッチメン」トータル108百万ドル
OP55→086→098→103→105→106
☆10年「ガフールの伝説」
OP16→030→039百万ドル→
評価は高いので、やや粘ると考えても、「ガフールの伝説」の興行収入は4千万ドル台後半だろうか。

アニメ作品ではないが、以下の作品と同程度となるか。
☆10年「キャッツ&ドッグス」トータル43百万ドル
OP12→26→35→40→41
☆10年「ガフールの伝説」
OP16→30→39百万ドル→
拡大公開された3Dアニメ作品としては、最低レベルの興行収入となりそうだ。
08年以降の3Dアニメの最低ラインは、マイナースタジオの「コラライン」トータル75百万ドル、メジャースタジオでは「ボルト」トータル114百万ドルとなっている。


5位となったのは、新作の「My Soul to Take」。
事前には週末3日間で9.0百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る6.8百万ドルのオープニングを飾った。
「エルム街の悪夢」「スクリーム」シリーズで知られるウェス・クレイヴン監督の3Dホラー作品だが、大コケスタートとなった。

最近の彼の監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆05年「カースド」トータル19百万ドル
OP10→15→18→19
☆05年「パニック・フライト」トータル58百万ドル
OP16→33→44→51
☆10年「My Soul to Take」
OP07百万ドル→
過去にもコケているようだ。
「My Soul to Take」の興行収入は1千万ドル台だろうか。
アメリカでは当たりやすいホラー作品だが、コケる基準がよく分からない。
評価は普通程度であるが、あまり評価が普通程度だから、ここまで低いということもないだろう。


6位は4週目の「The Town」。
トータルでは74百万ドルとなっている。
製作費37百万ドルを楽に回収している。
ベン・アフレック監督・脚本・主演のクライムドラマ。
犯罪がはびこる街で、人生などを問うような重厚な作品となっている。
共演は「ハート・ロッカー」のジェレミー・レナー。

ベン・アフレックが過去に監督した作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年「ゴーン・ベイビー・ゴーン」トータル20百万ドル
OP06→11→15→17→18
☆10年「The Town」
OP24→49→64→74百万ドル→
「The Town」の興行収入は8~9千万ドル程度となりそうだ。

過去の犯罪モノと比べても、遜色はない。
☆06年「ディパーテッド」トータル132百万ドル
OP27→57→77→91→102→110
☆04年「コラテラル」トータル101百万ドル
OP25→53→70→80→087→093
☆10年「The Town」
OP24→49→64→74百万ドル→
「ゴーン・ベイビー・ゴーン」同様に、本作の評価も相当に高く、監督としての才能を開花させている。
俳優としての才能はそれほど認められていなかったが、アカデミー賞脚本賞を過去に受賞した才能は伊達ではなかったようだ。


7位は3週目の「ウォール・ストリート」。
トータルでは44百万ドルとなっている。
製作費7千万ドルの回収が目標となりそうだ。

「ウォール街」の続編となる。
監督はもちろんオリヴァー・ストーン。
オリヴァー・ストーン監督作品の興行収入は以下の通り。
☆86年「プラトーン」トータル139百万ドル
☆87年「ウォール街」トータル44百万ドル
☆89年「7月4日に生まれて」トータル70百万ドル
☆91年「ドアーズ」トータル34百万ドル
☆91年「JFK」トータル70百万ドル
☆93年「天と地」トータル6百万ドル
☆94年「ナチュラル・ボーン・キラーズ」トータル50百万ドル
☆95年「ニクソン」トータル14百万ドル
☆97年「Uターン」トータル7百万ドル
☆99年「エニイ・ギブン・サンデー」トータル76百万ドル
先21(OP14)→46→59→66→70→72
☆04年「アレキサンダー」トータル34百万ドル
先22(OP14)→30→33→34→34→34
☆06年「ワールド・トレード・センター」トータル70百万ドル
先27(OP19)→45→56→62→67→69
☆08年「W.」トータル26百万ドル
☆10年「ウォール・ストリート」
OP19→36→44百万ドル→
7千万ドル台の作品が目立つので、当面の目標はこの程度となりそうだが、恐らく届かないだろう。

主演は、マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、キャリー・マリガン、ジョシュ・ブローリン、スーザン・サランドンと豪華。
評価もそれほど悪くはなく、少々粘りそうだが、オープニングが期待値よりも低かったので、7千万ドルに届くかどうかというところか。
「ウォール・ストリート」の興行収入は6千万ドル台と予想していたが、5千万ドル台と下方修正したい。
“金融”に対してやや敏感なところもあり、純粋な娯楽として楽しめないのかもしれない。


8位は4週目の「Easy A」。
トータルでは48百万ドルとなっている。
製作費は8百万ドルであり、制作費の6倍を稼ぐ大黒字となっている。
エマ・ストーン主演の学園モノのラブコメ作品。
エマ・ストーンは、「スーパーバッド」(トータル121百万ドル)「キューティ・バニー」(トータル48百万ドル)、「ゾンビランド」(トータル76百万ドル)などに出演していた若手女優。
学園モノのラブコメ作品は相当に需要があるようだ。

彼女が主演ではなかったが、「キューティ・バニー」の興行収入も高かった。
☆08年「キューティ・バニー」トータル48百万ドル(※主演はアンナ・ファリス)
OP15→28→37→42→46
☆10年「Easy A」
OP18→33→42→48百万ドル→
評価もかなり高いようであり、しばらくは粘りそうだ。
「Easy A」の興行収入は6千万ドル程度になりそうだ。
製作費は8百万ドルであり、関係者は笑いが止まらないだろう。


9位は2週目の「Case 39」。
トータルでは10百万ドルとなっている。
レニー・ゼルウィガー主演のサスペンスホラー。
公開が延びていたようであり、もともとの期待値が高くなかったようだ。
製作費は26百万ドルであり、製作費回収は厳しそうだが、大きな赤字にもなりそうもない。
共演は「ハングオーバー」「特攻野郎Aチーム」のブラッドリー・クーパー。
評価はそれほど悪くはないようだ。

レニー・ゼルウィガー出演映画の興行収入は以下の通り。
☆01年「ブリジット・ジョーンズの日記」トータル72百万ドル
☆02年「シカゴ」トータル171百万ドル
☆03年「恋は邪魔者」トータル20百万ドル
OP07→14→17→19→20
☆04年「ブリジット・ジョーンズの日記 2」トータル40百万ドル
OP09→22→32→36→38
☆05年「シンデレラマン」トータル62百万ドル
☆06年「ミス・ポター」トータル3百万ドル
☆08年「かけひきは、恋のはじまり」トータル31百万ドル
OP13→22→27→29→30
☆08年「アパルーサの決闘」トータル20百万ドル
☆09年「New in Town」トータル17百万ドル
OP07→12→14→15→16
☆10年「Case 39」
OP05→10百万ドル→
「シカゴ」と「ブリジット」以外は基本的にはコケている。
2~3千万ドルが水準のようだ。
しかし、「Case 39」の興行収入は1千万ドル台となりそうだ。
サスペンスホラーモノならば、ハル・ベリー主演の「ゴシカ」(03年)トータル60百万ドル程度は稼げないものか。
彼女も07年「パーフェクト・ストレンジャー」がトータル24百万ドルとコケたときもあるが。
ヒラリー・スワンク主演の「リーピング」(07年)もトータル25百万ドルとコケているが、やはり2千万ドル台は最低でも稼げないといけない。


10位は3週目の「You Again」。
トータルでは21百万ドルとなっている。
クリステン・ベル、シガニー・ウィーヴァー、ジェイミー・リー・カーティスなどの女優陣が共演したコメディ作品。
兄の婚約者が自分をいじめていた相手だったり、息子の婚約者の母親が自分と対立していた相手だったりというストーリー。
女優陣がしっかりしている割には製作費は2千万ドルであり、回収はなんとかなったが、パッとしない成績となっている。

監督は、コメディ作品に定評のあるアンディ・フィックマン。
アンディ・フィックマン監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆06年「アメリカン・ピーチパイ」トータル34百万ドル
OP11→20→27→30→32
☆07年「ゲーム・プラン」トータル91百万ドル
OP23→43→59→69→77
☆09年「ウィッチマウンテン」トータル67百万ドル
OP24→44→53→58→62
☆10年「You Again」
OP08→16→21百万ドル→
「You Again」の興行収入は2千万ドル台だろうか。
評価は普通程度であり、伸びはないだろう。
ファミリー向けではない女性向けコメディは当たり外れがあるようだ。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆無謀な集団によるコメディ作品「Jackass 3-D」
☆ブルース・ウィリス主演のアクションコメディ「Red」
「Jackass 3-D」は2千万ドル半ば、「Red」は2千万ドル弱と予想されているようだ。
ブルース・ウィリス主演の「Red」は微妙なところだが、モーガン・フリーマンやヘレン・ミレンなどの共演陣が支えており、原作もコミックのようなので、それなりに稼ぐか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

コメント

ジャッカス金曜でアール指定なのに2100万たたきだした。やばいな……今ジャッカスDVDみたんだけど下らない……この下らないのがアメリカにはうけるんだろうな、レッドは700万

  • 2010/10/17(日) 04:54:10 |
  • URL |
  • 中島 #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ジャッカスは好みが別れそうですが、個人的には結構好きですよ。
下らないことに命を懸けることには、プロ魂を感じます。
今回も期待していますが、日本では劇場が少ないんですよね。
REDはそんなところで十分じゃないですか。

  • 2010/10/17(日) 14:11:57 |
  • URL |
  • ばったもん #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1891-a732d325
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。