ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米映画興行収入(10月第4週目)

1位となったのは、新作の「パラノーマル・アクティビティ2」。
事前には週末3日間で29.8百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を大きく上回る41.5百万ドルのオープニングを飾った。
製作費は当然のことながら極安の3百万ドルとなっている。
早くも製作費の10倍以上を稼ぎ出した。
ハロウィーンシーズンという時期的なメリットもあるが、やはりホラーは強く、ローリスクハイリターンぶりを発揮している。
なお、まもなく公開される「パラノーマル・アクティビティ 第2章/TOKYO NIGHT」とは別物の作品。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆09年「パラノーマル・アクティビティ」トータル108百万ドル
4週目より拡大33→62→85→97→104
☆10年「パラノーマル・アクティビティ2」
OP42百万ドル→
前作を超えることが目標か。
トータルでは1億1~2千万ドル程度か。
秀逸な題材の続編は当たらないということもあるが、本作はそれをクリアした。

以下のような作品がライバルとなりそうだ。
☆02年「ザ・リング」トータル129百万ドル
OP15→39→65→86→101
☆04年「THE JUON」トータル110百万ドル
OP39→71→89→99→104
☆10年「パラノーマル・アクティビティ2」
OP42百万ドル→
評価はそれほど悪くはないという程度ではあるが、「THE JUON」トータル110百万ドルは超えるのではないか。
「パラノーマル・アクティビティ2」の興行収入は1億2千万ドルと予想したい。


2位は2週目の「Jackass 3-D」。
トータルでは87百万ドルとなっている。
製作費2千万ドルを楽に回収しており、大黒字確定している。
さらなる続編も製作されるのではないか。
ジョニー・ノックスヴィルを中心とした集団が無謀なチャレンジをする人気シリーズ。

過去のシリーズは以下のとおり。
☆02年「jackass」トータル64百万ドル
OP23→42→53→59→62
☆06年「jackass number two」トータル73百万ドル
OP29→52→63→68→71
☆10年「Jackass 3-D」
OP50→87百万ドル→
いくら3Dだからといっても爆発しすぎではないか。
対比では1億2~3千万ドルは期待できるが、当面の目標は1億ドル突破ということになるだろうか。
評価は良いが、初動タイプと考えられるので、大きな伸びはないだろう。
「Jackass 3-D」の興行収入は1億1千万ドルと予想したい。


3位は2週目の「Red」。
トータル43百万ドルとなっている。
製作費58百万ドルの回収の目途は立ったか。

アメリカのコミックを原作とした作品。
主演はブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ヘレン・ミレン、ジョン・マルコヴィッチ、ブライアン・コックスなどのベテランが揃っている。
最新の主演作がそれほどパッとしないブルース・ウィリスだけに不安はあったが、原作の人気が高いのだろうか。
かなり思い切った派手なアクションが展開されているようだ。

ブルース・ウィリス主演作の興行収入は以下のとおり。
☆09年「サロゲート」トータル39百万ドル
OP15→26→33→36→38→38
☆10年「コップ・アウト」トータル45百万ドル
OP18→33→39→43→44→44
☆10年「Red」
OP23→43百万ドル→
これらの伸びを上回りそうなので、最低でも6千万ドル程度は稼げそうだ。

監督は「フライトプラン」のロベルト・シュヴェンケ。
☆05年「フライトプラン」トータル90百万ドル
OP25→46→61→71→77→81
☆10年「Red」
OP23→43百万ドル→
「フライトプラン」と同程度の伸びが期待できそうなので、「Red」の興行収入は8千万ドル程度か。

アメコミ原作モノならば、以下の作品がライバルとなる。
☆05年「シンシティ」トータル74百万ドル
OP29→51→61→67→71→72
☆06年「V・フォー・ヴェンデッタ」トータル71百万ドル
OP26→46→57→62→66→68
☆10年「Red」
OP23→43百万ドル→
2週目時点では負けているので、伸びが無いようだと7千万ドル程度となりそうだ。
評価は良いので、とりあえずは「Red」の興行収入は8千万ドル程度と予想したい。


4位となったのは、拡大公開された2週目の「Hereafter」。
事前には週末3日間で12.5百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想どおりの12.3百万ドルのオープニングを飾った。
クリント・イーストウッド監督、マット・デイモン主演のスーパーナチュラルモノのヒューマンドラマ。
今までとは異なるジャンルにチャレンジしたことで注目されており、評価は当然のことながら相当高くなっている。
製作費5千万ドルの回収が目標となりそうだ。

クリント・イーストウッド監督作品の興行収入は以下の通り。
☆03年「ミスティック・リバー」トータル90百万ドル
拡大後14→25→34→40→46
☆04年「ミリオンダラー・ベイビー」トータル100百万ドル
拡大後22→34→45→54→65
☆06年「父親たちの星条旗」トータル34百万ドル
☆06年「硫黄島からの手紙」トータル14百万ドル
☆08年「チェンジリング」トータル36百万ドル
拡大後10→21→28→32→34
☆08年「グラン・トリノ」トータル148百万ドル
拡大後41→73→98→110→120
☆09年「インビクタス」トータル37百万ドル
OP09→16→23→31→34
☆10年「Hereafter」
拡大後12百万ドル→
9千万ドルオーバーが3本、3千万ドル台が3本となっている。
3千万ドルはさすがに超えそうであり、制作費の5千万ドル前後が落ち着きどころか。

マット・デイモン主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆06年「グッド・シェパード」トータル60百万ドル
OP10→35→48→54→58(※年末公開)
☆09年「インフォーマント!」トータル37百万ドル
OP10→21→26→30→32
☆09年「インビクタス」トータル37百万ドル
OP09→16→23→31→34
☆10年「グリーン・ゾーン」トータル35百万ドル
OP14→25→30→33→34
☆10年「Hereafter」
拡大後12百万ドル→
「ボーン」シリーズなどを除外すると、3千万ドル台が目立つ。
ただ、「グッド・シェパード」以外の作品は超えるだろう。
「Hereafter」の興行収入は5千万ドルと予想したい。


5位は4週目の「ソーシャル・ネットワーク」。
トータル73百万ドルとなっている。
制作費は5千万ドルであり、楽に回収できた。
アメリカを含めた全世界で著名のFacebookの誕生秘話が描かれている。
主演は、「ゾンビランド」(トータル76百万ドル)のジェシー・アイゼンバーグ、新スパイダーマンに起用されたアンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイクなど。

監督はデヴィッド・フィンチャー。
デヴィッド・フィンチャー監督作品の興行収入は以下の通り。
☆92年「エイリアン3」トータル55百万ドル
☆95年「セブン」トータル100百万ドル
OP14→31→46→58→68→73
☆97年「ゲーム」トータル48百万ドル
OP14→28→36→40→43→45
☆99年「ファイト・クラブ」トータル37百万ドル
OP11→22→28→32→34→35
☆02年「パニック・ルーム」トータル96百万ドル
OP30→59→73→82→88→91
☆07年「ゾディアック」トータル33百万ドル
OP13→24→29→32→32→33
☆08年「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」トータル128百万ドル
先39(OP27)→79→94→102→111→116
☆10年「ソーシャル・ネットワーク」
OP22→46→63→73百万ドル→
知名度のある作品が多い割には、今までの興行収入は高くないようだ。
本作はそれなりに伸ばしていき、「ソーシャル・ネットワーク」の興行収入は9千~1億ドル程度と予想したい。
評価も異常に高くなっており、アカデミー賞ノミネート確実といわれている。
どの程度の伸びとなるかが注目となる。


6位は3週目の「セクレタリアト」。
トータルでは37百万ドルとなっている。
アメリカの伝説的な名馬を描いた作品。
主演はダイアン・レイン。
製作費35百万ドルを回収した。

過去の名馬を扱った作品の興行収入は以下のとおり。
☆03年「シービスケット」トータル120百万ドル
OP21→49→70→83→93→102
☆10年「セクレタリアト」
OP13→28→37百万ドル→
さすがにこのようなヒットにはならないだろうが、伸びはありそうだ。

スポーツドラマも参考になるだろうか。
☆09年「インビクタス」トータル37百万ドル
OP09→16→23→31→34→35
☆10年「セクレタリアト」
OP13→28→37百万ドル→
「セクレタリアト」の興行収入は5~6千万ドルと予想したい。
先々週までは5千万ドル程度と思ったが、名馬モノは結構手堅くヒットすると思われる。
評価も良く伸びがありそうだ。


7位は3週目の「Life as We Know It」。
トータルでは38百万ドルとなっている。
キャサリン・ハイグル、「トランスフォーマー」のジョシュ・デュアメル主演のラブコメ作品。
仲の悪い二人が他人の赤ちゃんを育てていくうちに仲が良くなるという映画のようだ。
製作費38百万ドルを回収した。

キャサリン・ハイグル主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年「無ケーカクの命中男/ノックトアップ」トータル149百万ドル
OP31→66→90→109→122→132
☆08年「幸せになるための27のドレス」トータル77百万ドル
OP23→45→57→065→070→073
☆09年「男と女の不都合な真実」トータル89百万ドル
OP28→55→69→077→083→086
☆10年「Killers」トータル47百万ドル
OP16→30→39→044→045→046
☆10年「Life as We Know It」
OP15→29→38百万ドル→
「Killers」とほぼ横並びとなっている。
「Life as We Know It」の興行収入は4千万ドル台と予想したい。
「幸せになるための27のドレス」程度稼げればベターなのだろうが、厳しいようだ。
彼女の人気もそろそろ落ちて来ているのかもしれないが、本作の評価も普通程度ということも影響しているようだ。


8位は5週目の「ガフールの伝説」。
トータルでは50百万ドルとなっている。
アニメ作品だけに週末には稼げているものの、製作費8千万ドルの回収はかなり厳しい状況となっている。
フクロウを主人公とした3Dアニメ作品。
映像の美しさによる話題作と思われていたが、パッとしない成績となっている。
監督がクセのあるザック・スナイダーだけに、ファミリー向け作品のように感じられなかったのだろうか。

ザック・スナイダー監督作品の興行収入は以下の通り。
☆04年「ドーン・オブ・ザ・デッド」トータル59百万ドル
OP27→044→052→055→057→058
☆07年「300<スリーハンドレッド>」トータル211百万ドル
OP71→129→162→180→193→201
☆09年「ウォッチメン」トータル108百万ドル
OP55→086→098→103→105→106
☆10年「ガフールの伝説」
OP16→030→039→046→050百万ドル→
「ガフールの伝説」の興行収入は5千万ドル台と予想したい。
先々週まで4千万ドル台後半だろうかと思ったが、評価は高いので、意外と粘っている。

アニメ作品ではないが、以下の作品と同程度となるかと思ったが、本作にはやや伸びがあった。
☆10年「キャッツ&ドッグス」トータル43百万ドル
OP12→26→35→40→41
☆10年「ガフールの伝説」
OP16→30→39→46→50百万ドル→
ただ、拡大公開された3Dアニメ作品としては、最低レベルの興行収入となりそうだ。
08年以降の3Dアニメの最低ラインは、マイナースタジオの「コラライン」トータル75百万ドル、メジャースタジオでは「ボルト」トータル114百万ドルとなっている。


9位は6週目の「The Town」。
トータルでは85百万ドルとなっている。
製作費37百万ドルを楽に回収している。
ベン・アフレック監督・脚本・主演のクライムドラマ。
犯罪がはびこる街で、人生などを問うような重厚な作品となっている。
共演は「ハート・ロッカー」のジェレミー・レナー。

ベン・アフレックが過去に監督した作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年「ゴーン・ベイビー・ゴーン」トータル20百万ドル
OP06→11→15→17→18
☆10年「The Town」
OP24→49→64→74→81→85百万ドル→
「The Town」の興行収入は9千万ドルと予想したい。

過去の犯罪モノと比べても、遜色はない。
☆06年「ディパーテッド」トータル132百万ドル
OP27→57→77→91→102→110
☆04年「コラテラル」トータル101百万ドル
OP25→53→70→80→087→093
☆10年「The Town」
OP24→49→64→74→081→085百万ドル→
これらを超えることは難しそうだが、キャスティングを踏まえると十分といえる。
「ゴーン・ベイビー・ゴーン」同様に、本作の評価も相当に高く、監督としての才能を開花させている。
俳優としての才能はそれほど認められていなかったが、アカデミー賞脚本賞を過去に受賞した才能は伊達ではなかったようだ。


10位は6週目の「Easy A」。
トータルでは55百万ドルとなっている。
製作費は8百万ドルであり、制作費の7倍近くを稼ぐ大黒字となっている。
エマ・ストーン主演の学園モノのラブコメ作品。
エマ・ストーンは、「スーパーバッド」(トータル121百万ドル)「キューティ・バニー」(トータル48百万ドル)、「ゾンビランド」(トータル76百万ドル)などに出演していた若手女優であり、「スパイダーマン」のヒロインに内定している。
学園モノのラブコメ作品は相当に需要があるようだ。

彼女が主演ではなかったが、「キューティ・バニー」の興行収入も高かった。
☆08年「キューティ・バニー」トータル48百万ドル(※主演はアンナ・ファリス)
OP15→28→37→42→46→47
☆10年「Easy A」
OP18→33→42→48→52→55百万ドル→
評価も高いようであり、しばらくは粘りそうだ。
「Easy A」の興行収入は6千万ドルと予想したい。
製作費は8百万ドルであり、関係者は笑いが止まらないだろう。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆人気シリーズ最終作「SAW ザ・ファイナル 3D」
ハロウィーンシーズンでもあり、爆発するだろう。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/10/26(火) 12:00:52 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

mコミュ

mコミュで簡単にハメ友を見つけませんか!!登録している娘は相手は誰でも良いんです、条件はSEXが好きの一点だけです。さあ連絡を取って手っ取り早くハメ友をGETしよう

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1906-18be2bea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ナチュラル スーパー】関連商品

ナチュラル スーパー に関するYahoo! 楽天 の検索結果、ブログからの口コミ情報を提供しています。

  • 2010/10/26(火) 11:12:51 |
  • オンラインショップ シンプル検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。