ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(10月5週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

「SP 野望篇」(東宝・フジテレビ)
<326館程度にて順次公開予定>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。

【鑑賞度】 △
ドラマはきちんと見ていたが、今更どうでもいいという感じ。
アクションは面白いが、脚本が悪いので、ドラマ自体は面白いとは思わなかった。

【監督】 波多野貴文
映画監督としてはデビュー作となるようだが、ドラマ版を手掛けているので問題ないだろう。
ハリウッドの手法を採用し、凝ったアクションシーンが繰り広げられていること。

【キャスティング】 岡田准一、真木よう子、香川照之、堤真一
岡田准一主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆03年「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」トータル15.0億円
☆06年「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」トータル18.0億円
OP3.0→8.2→11.0→13.0→15.0
同じドラマの映画化でもあり、この辺りが基準となるか。
岡田准一はかなり鍛え上げたようであり、アクションには見応えがあるようだ。

【題材】 「ドラマの映画化」「アクション」
2010年10月30日に野望篇、
2011年3月12日に革命篇が公開される。
フジテレビの「のだめ」と同じ2部作となる。
本作の最大の問題は、07年にドラマが放送され、08年に映画化が決定したにも関わらず、10年まで期間が空いたことだろう。
メディア等に本話題が再登場するまで、完全に企画が死んだと思っていた。
「のだめ」や「ライアーゲーム」の結果を踏まえると、ドラマの映画化は“鮮度”が命であり、この空白は命取りにもなりかねない。
ただ、ドラマ版は数話で完結するタイプであり、間隔があいたことが完全にデメリットになる作品でもない。
予想外の大ヒットはすることはないが、コケることはなくそれなりの結果を残すのではないか。

近年公開されたサスペンス系ドラマ映画の興行収入と視聴率は以下のとおり。
☆07年「HERO」トータル81.5億円(視聴率34.2%)
10.1→祝込34.0→祝込48.4→57.4→祝込66.6→70.5→73.8
☆08年「相棒」トータル44.4億円(視聴率08年18.1%)
GW6日15.2→21.1→27.0→32.0→36.2→38.9→40.7
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円(視聴率21.9%)
5.4→祝込18.1→24.4→30.5→祝込37.4→40.7→43.1
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円(視聴率15.4%)
3.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7
☆10年「ライアーゲーム」トータル23.6億円(視聴率11.4%・11.0%)
3.9→09.7→祝込14.8→17.7→21.0→22.3→22.8億円→
☆08年「クロサギ」トータル17.2億円(視聴率15.7%)
2.9→07.3→10.7→13.3→15.2→16.0→16.4
本作はアクション作品ではあるが、内容的にサスペンス系が参考となるだろう。
本ドラマの平均視聴率は15.4%であったが、11時からの深夜帯の放送であり、額面以上の価値があり、スペシャル版では21.5%を叩き出している。
同枠の「ライアーゲーム」よりも当然格上の存在となる。
「ライアーゲーム」を超えることが期待されているのではないか。
「アンフェア the movie」辺りがマックスラインとなるか。
ただ、間隔が空いたというデメリットも当然あるので、同じジャニーズ系の「クロサギ」辺りがライバルではないかとも思う。
ジャニーズ主演作品は不調なものもあるが、ドラマの映画化でもあり、さすがに10億円は楽に突破するとは思う。

【予告編・TVCM】 量・多/デキ・やや良
デキは悪くはないと思う。
香川照之がいい仕事をしてそうだ。
売りのアクションをもうちょっと見せてもいいか。

【支持基盤・ターゲット】 「ドラマ鑑賞者」「10~40歳代の男女・カップル」
ドラマを見ていた者が動くかどうかがポイントとなる。
アクション系でもあり、デートや仕事帰りに気楽に見られることがメリットか。

【同時期に公開された近年の作品】 
<2009>
☆「僕の初恋をキミに捧ぐ」トータル21.5億円(オープニング2.8億円)
☆「沈まぬ太陽」トータル28.0億円(オープニング2.5億円)
☆「風が強く吹いている」トータル7.0億円(オープニング0.9億円)
<2008>
☆「ホームレス中学生」トータル不明(オープニング1.2億円)
☆「釣りバカ日誌19」トータル3.5億円(先行込み0.8億円)
☆「ICHI」トータル4.5億円(オープニング1.0億円)
☆「まぼろしの邪馬台国」トータル9.5億円(オープニング1.6億円)
☆「ハンサム★スーツ」トータル8.6億円(オープニング2日1.5億円)
「僕の初恋をキミに捧ぐ」を超えることができるかどうか。

【評価・予想】 19.0億円(オープニング3.1億円)
上述のとおり、予想外の大ヒットはすることはないが、コケることはなくそれなりの結果を残すのではないかと考えたい。
10年「ライアーゲーム」トータル23.6億円以下ではないか。
「ライアーゲーム」には春休み時期というメリットもあった。

以下の作品が参考となるだろう。
☆08年「クロサギ」トータル17.2億円(視聴率15.7%)
☆03年「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」トータル15.0億円
☆06年「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」トータル18.0億円
10億円台の半ば~後半辺りというところか。
今年公開された「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」がトータル18.5億円程度であり、この辺りが悪くはないラインだと思う。
「クロサギ」トータル17.2億円を超えて、「ライアーゲーム」の8割程度の動員と考えて、「SP 野望篇」の興行収入は19.0億円と予想したい。
「革命篇」もあるので、コケることは許されず、恐らくそれほど悪くはない仕上りにはなっているだろう。
オープニングは「ライアーゲーム」対比で考えると、3.1億円程度か。


「怪盗グルーの月泥棒3D」(ユニバーサル・東宝東和)
<228館程度にて順次公開予定>※もっと多いかも
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。

【鑑賞度】 ○
アメリカではサプライズヒットを記録した作品なので、一応鑑賞する予定。

【監督】 クリス・ルノー
監督としては、ほとんど実績がない。

【キャスティング】 (吹替え)笑福亭鶴瓶、芦田愛菜
興行収入的には影響はないだろう。

【題材】 「アニメ」「3D」
最近のハリウッドアニメの興行収入は以下の通り(ピクサー作品、シュレックを除く)。
☆07年公開「モンスター・ハウス」トータル5.6億円
OP1.4→3.0→4.1→4.4
☆07年公開「ハッピーフィート」トータル14.5億円
先行込2.4→5.8→9.6→12.7→13.5→14.2
☆07年公開「ルイスと未来泥棒」トータル9.4億円
OP1.1→不明→6.9→8.0→8.8
☆08年公開「カンフー・パンダ」トータル20.0億円(※夏公開)
OP2.2→6.8→10.2→14.5→16.7→18.2
☆09年公開「ボルト」トータル16.5億円(※夏公開)
OP2.5→7.0→11.7→14.2→15.8
☆09年公開「クリスマス・キャロル」トータル16.0億円
OP2.9→7.0→10.9→13.1→14.4→15.3
☆09年公開「マダガスカル2」トータル10.2億円
OP1.6→4.1→6.5→9.3→9.9
☆09年公開「モンスターVSエイリアン」不明(※夏公開)
OP1.2→2.4→4.2
☆09年公開「アイス・エイジ3」不明(※夏公開)
OP0.4→1.2
☆09年公開「くもりときどきミートボール」
OP0.3→1.5→1.8→2.0→2.0
☆10年公開「コララインと魔法のボタン」
金0.7→1.6→2.1
☆10年公開「プリンセスと魔法のキス」
OP0.9→2.1→2.9→3.8→4.5億円→
☆10年公開「ヒックとドラゴン」
OP1.2→4.8億円→
☆10年「ガフールの伝説」
金0.6→1.3億円→
本作は時期的にも恵まれておらず、「ヒックとドラゴン」「モンスターVSエイリアン」「プリンセスと魔法のキス」程度ではないか。
二桁を超えるイメージはない。
ユニークなキャラクターがいるので、大コケは免れたいところ。

【予告編・TVCM】 TVCMは見たことがない。
紹介VTRは何度か見たことがあるが、普通のアニメ作品とそれほど差異は感じなかった。
なぜヒットしたのかを知りたい。

【支持基盤・ターゲット】 ファミリー
ファミリー層が動くかどうかは微妙な作品だが、「ガフールの伝説」のようなことにはならないだろう。

【評価・予想】 6.0億円(オープニング3日1.4億円)
アメリカではトータル248百万ドルの興行収入となっている。
「シュレック・フォーエバー」トータル238百万ドル
「ヒックとドラゴン」トータル218百万ドルを超えている。
3D単価ということもあるが、「トイ・ストーリー2」(トータル246百万ドル)、「カーズ」(トータル244百万ドル)、「WALL-E」(トータル224百万ドル)をも超えている。
ただ、日本では当たりにくいタイプの作品ではないか。
「ヒックとドラゴン」もアメリカでは大ヒットしたが、日本ではそれほど高い興行収入にはならなかった。
二桁を超えることはなく、一桁半ば~後半というところではないか。
「モンスターVSエイリアン」(興行収入不明)と同程度と考えて、「怪盗グルーの月泥棒3D」の興行収入は6.0億円と予想したい。
オープニングも「ヒックとドラゴン」「モンスターVSエイリアン」と同程度の1.2億円と予想したい。
金曜日分を含めると1.4億円程度か。


「ハートキャッチプリキュア!花の都でファッションショー…ですか!?」(東映・テレビ朝日)
<163館程度にて順次公開予定>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。

【鑑賞度】 ×
見たことがない。

【題材】 「アニメ」「シリーズ」
関連作品の興行収入は以下の通り。
☆05年「ふたりはプリキュア Max Heart」トータル8.5億円
OP1.9→3.5→5.4→7.3→7.8
☆05年「ふたりはプリキュア MaxHeart2 雪空のともだち」トータル5.7億円
OP1.2→不明→3.1
☆06年「ふたりはプリキュア Splash Star チクタク危機一髪!」トータル3.0億円
OP0.56
☆07年「Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!」トータル8.0億円
OP1.7→3.7→5.6→6.5→7.1
☆08年「Yes!プリキュア5 GoGo!お菓子の国のハッピーバースデイ♪」トータル7.9億円
OP1.6→3.4→4.8→6.2→6.8→7.2
☆09年「オールスターズDXみんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!」トータル10.1億円
3日2.4(2日1.4)→5.1→7.6→8.6→9.0
☆09年「フレッシュプリキュア!おもちゃの国は秘密がいっぱい!?」トータル8.0億円
OP1.7→3.8→5.1→5.9→6.9→7.2
☆10年「オールスターズDX2希望の光☆レインボージュエルを守れ!」
3日3.2(2日2.2)→6.0→9.0→10.3→10.8→10.9→
8~11億円程度が期待できそうだ。

【予告編・TVCM】 見たことがない

【支持基盤・ターゲット】 ファミリー
人気シリーズであり、コケようがない。

【評価・予想】 9.5億円(オープニング1.9億円)
過去のシリーズより、8~11億円程度が期待できる。
春シーズンは10億円前後、秋シーズンは8億円程度となっている。
秋よりも春の方が稼いでいるが、今回も二桁前後は期待できるのではないか。
ただ、なんとなく飽きられている頃かもしれないとも思えるので、「ハートキャッチプリキュア!花の都でファッションショー…ですか!?」の興行収入はギリギリ二桁を超えない程度の9.5億円と予想したい。
オープニングは1.9億円程度か。
当然高いオープニングとなるだろう。


「SAW ザ・ファイナル 3D」(アスミック)
<107館程度にて順次公開予定>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。

【鑑賞度】 ○
ここまで来たら、最後まで付き合う。

【監督】 ケヴィン・グルタート
過去の編集を担当し、前作から監督を務めている。
契約のゴタゴタに巻き込まれたらしく、モチベーションの懸念はある。

【キャスティング】 トビン・ベル
Ⅲで死んだのに、Ⅶまで出演するのが凄い。
「SAW」=ジグソウなので、彼の出演がなければ成立しないだろう。
最後まで出演してくれてよかった。

【題材】 「ホラー」「サスペンス」
過去のシリーズの興行収入は以下の通り。
☆04年「Ⅰ」 不明(公開規模:40館)
OP0.4
☆05年「Ⅱ」トータル5億円(公開規模:67館)
OP0.8→2.1→不明→3.3
☆06年「Ⅲ」不明(公開規模:88館)
OP1.0→2.6→3.7
☆07年「Ⅳ」トータル4.0億円(公開規模:113館)
OP1.0→2.4→3.1→3.6→3.9
☆08年「Ⅴ」トータル不明(公開規模:123館)
金0.9→1.7億円→
☆09年「Ⅵ」トータル不明(公開規模:59館)
金0.5→1.1億円→
基本的には数値は不明。
マックス5億円、ミニマム2億円程度か。

【予告編・TVCM】 見たことがない

【支持基盤・ターゲット】 シリーズ鑑賞者
今まで見なかったが、最後だから鑑賞する、3Dだから鑑賞する、という者は少ないだろう。

【評価・予想】 4.5億円(オープニング1.1億円)
過去のシリーズの結果から、マックス5億円、ミニマム2億円程度と考えられる。
ラストなので、3~4億円程度は稼げるだろうか。
さらに3D単価となるので、2割~2割5分の上昇を期待できる。
3.6~5億円程度となりそうだ。
「SAW ザ・ファイナル 3D」の興行収入は4.5億円と予想したい。
オープニングは3D単価込みで1.1億円程度か。
知名度のある作品の最終章なので、コケることはないだろう。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

コメント

この予想っていうのは果たしてなんか意味あんのかなぁおまえの予想まったくあてにならないからな

  • 2010/10/28(木) 04:00:12 |
  • URL |
  • 容疑者は男性、190cm、髪は茶、筋肉モリモリマッチョマンの変態 #-
  • [ 編集 ]

SPはドラマを観てないと面白くないのでしょうか・・
人気ドラマから映画化が多いですね 
ヒットするかは別としてコケはしないような気がしますね
私はこのサイトの予想や実績・管理人さんの分析を読むのが好きです

  • 2010/10/28(木) 15:41:09 |
  • URL |
  • RYU #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

いや俺は大嫌いだな。コピーペーストだらけだし。なら俺のブログくるなっていうだろうが、そんなことは関係ねぇ。
映画みて糞味噌にいうなら最初から見るなってことと基本同じ。

  • 2010/10/29(金) 07:40:06 |
  • URL |
  • 容疑者は男性、190cm、髪は茶、筋肉モリモリマッチョマンの変態 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1908-a74cfacf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。