ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アイルトン・セナ~音速の彼方へ』レビュー

◆評  価   8.5点
◆おススメ度  A(それほど興味がなくても見て損はない)

FIの中継があっても今までほとんど見たことはない。
セナ・プロスト時代、シューマッハ全盛時代には見向きもしなかったが、中嶋やカムイの影響もあってか、最近は結果を軽くチェックするというレベルになっている。
アイルトン・セナについてはある程度の知識はあったが、それほど深い思い入れはなかった。
しかしながら、あまり知らないからこそ、伝説的なドライバーである彼のことをもっと知りたいという思いがあったので鑑賞することとした。

鑑賞してみて良かったと純粋に思える作品だ。
ドキュメンタリー作品としてはかなり素晴らしいデキとなっており、セナに対する“思い”や“魂”が込められている。
ドキュメンタリーの中には見ていて飽きたり、面白くなかったりというものもあるが、本作からは一瞬も目を離せないほど“濃厚”な作品に仕上がっているだけではなくて、非常に分かりやすい。
FIにそれほど興味がない自分でも面白いのだから、マニアにとっては相当のものだろう。
アイルトン・セナというドライバーをただ単に美化して賞賛するのではなくて、栄光と挫折、チャンピオンへの重圧と苦悩、ブラジル国民からの期待そして孤独を描き切り、彼の人生を浮き彫りにしている。
栄光というよりも苦悩の日々が多かったような作りとなっている。
人間業とは思えない華麗かつ自信満々の走りで光り輝いていた80年代とは変わり、34歳とは思えない疲れ切ったサンマリノでの表情が、本作を観た者の心に刻まれるだろう。
本作で締めくくられた彼の最後の言葉からもよく分かるようになっている。
政治も金も関係なく、純粋にレースを楽しんでいたカート時代を懐かしんでいるセリフが印象的だ。

FIの表と裏もきっちりと描かれており、FIをよく知らない自分としてはFIに対する見方も変わった。
華やかにみえるレースもドロドロとした政治やビジネスの世界にまみれており、アイルトン・セナというブラジル人は格好の標的となっている。
最近も分裂騒動が起こっていたので、政治的な世界であることは分かっていた事だが、改めて映像で見ると、それに巻き込まれる彼の苛立ちがよく分かる。
“走り”で周囲を黙らせることもできたが、それだけではカバーできない時代に突入していくことも悲劇的だ。

また、最大のライバルであるプロストにも焦点があてられている。
お互いにぶん殴りたいような相手ではあるが、チャンピオンとしてお互いの気持ちも理解できる理解者でもあったのだろうか。
複雑な気持ちではあるとは思うが、彼を失って悲しむ気持ちに偽りはないだろう。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

コメント

あの事故の時の衝撃を思い出すと、今も胸が痛くなる
セナ・・スクリーンで会えるなら、もう一度観たい
レビューありがとう

  • 2010/11/01(月) 20:16:04 |
  • URL |
  • RINKA #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1911-b0734926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。