ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(11月1週目その3)

9位:「SAW ザ・ファイナル 3D」(アスミック)<2週目>
【公開前個人予想】 4.5億円
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 105スクリーン(先週比+2スクリーン)
3.6千万円を週末に稼ぎ、トータルでは1.8億円半ばとなっている。
1週間の伸びは1.1億円半ば程度だろうか。
公開前に『知名度のある作品の最終章なので、コケることはないだろう』と書いたが、イマイチなものとなっている。
3D単価+最終章を踏まえての予想だったが、もはや付いていける者が少なくなっているようだ。

過去のシリーズの興行収入は以下の通り。
☆04年「Ⅰ」トータル不明(公開規模:40館)
OP0.4
☆05年「Ⅱ」トータル5億円(公開規模:67館)
OP0.8→2.1→不明→3.3
☆06年「Ⅲ」トータル不明(公開規模:88館)
OP1.0→2.6→3.7
☆07年「Ⅳ」トータル4.0億円(公開規模:113館)
OP1.0→2.4→3.1→3.6→3.9
☆08年「Ⅴ」トータル不明(公開規模:123館)
金0.9→1.7億円→
☆09年「Ⅵ」トータル不明(公開規模:59館)
金0.5→1.1億円→
☆10年「ザ・ファイナル 3D」
OP0.7→1.9億円→
これらとの対比で考えると、「ザ・ファイナル 3D」の興行収入は3.2~4.5億円となる。
それほど伸びがあるタイプの作品とは思えず、伸びても3億円台が落ち着きどころか。
ⅤとⅥと同程度となりそうだが、3D単価なのだから、もっと高くないといけないのではないか。
やはり、シリーズ愛好者ではないと、もはや付いていけないのだろう。

「SAW ザ・ファイナル 3D」1.9億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2009>
☆「そんな彼なら捨てちゃえば?」2.0億円(トータル4.6億円)
☆「あなたは私の婿になる」1.9億円
☆「トワイライト~初恋~」1.8億円(トータル3.5億円)
☆「消されたヘッドライン」1.9億円
<2008>
☆「幸せになるための27のドレス」2.0億円(トータル3.7億円)
☆「ミスト」2.0億円(トータル3.6億円)
☆「X-ファイル」1.8億円
これらとの対比で考えると、「SAW ザ・ファイナル 3D」の興行収入は3.4~4.4億円となる。
「ミスト」対比の3.4億円程度が落ち着きどころか。

「SAW ザ・ファイナル 3D」の興行収入は先週に引き続き3億円台と予想したい。
伸びはなさそうだが、最終章ということである程度の需要も少しはあるだろう。
公開前個人予想は4.5億円だったので、やや高すぎた。
3D単価を踏まえたつもりだったが、新規参入者を期待できず、ここ数年の作品は面白いとも思えないので付いていける者も減少しているのかもしれない。


10位:「エクスペンダブルズ」(松竹)<4週目>
【公開前個人予想】 12.0億円
【現時点での興行収入予想】 8億円後半(3週目8億円前半、2週目8億円台、OP時7億円後半)
【公開規模】 279スクリーン(先週比-1スクリーン)
3.6千万円を週末に稼ぎ、トータルでは8.1億円弱となっている。
1週間の伸びは1.3億円程度だろうか。
週末の伸びは大したことないのに、1週間の伸びが高い。
祝日が1日あるとはいえ、予想外だった。
ただ、評価もいまひとつのところがあり、高い伸びは期待しにくそうだ。
男性向け映画であり、さらにおっさん向けでもあり、日本では厳しいところがあったかもしれない。

シルベスター・スタローン監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年公開「ランボー最後の戦場」トータル9億円台見込み
OP2.1→5.3→7.1→8.1→8.7→8.9
☆07年公開「ロッキー・ザ・ファイナル」トータル7.9億円
OP2.0→4.1→6.4→7.1→7.7→7.8
☆10年公開「エクスペンダブルズ」
OP1.8→4.9→6.8→8.1億円→
公開前に『少なくとも、これらと同程度は稼げるはずだ。スターが揃っているので、これらを超える可能性が高い』と書いたが、微妙な結果となりそうだ。
これらとの対比で考えると、「エクスペンダブルズ」の興行収入は9.0~9.0億円となる。
上手くいけば、9億円を突破しそうだ。

10億円前後のアクション作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年公開「ラッシュアワー3」トータル9.5億円
金2.2→5.4→7.2→8.2→9.0
☆08年「アイアンマン」トータル9.4億円
OP2.1→5.2→7.0→8.2→8.8→9.1
☆09年「G.I.ジョー」トータル10.5億円
金2.3→6.6→8.5
☆09年「ウルヴァリン X-MEN ZERO」トータル8.9億円
金2.3→4.8→7.3→8.3
☆09年「イングロリアス・バスターズ」トータル6.5億円
金1.6→3.7→5.0→5.7
☆10年「アイアンマン2」
金3.4→6.9→9.1→10.5→11.2→
☆10年公開「エクスペンダブルズ」
OP1.8→4.9→6.8→8.1億円→
これらとの対比で考えると、「エクスペンダブルズ」の興行収入は8.7~9.4億円となる。
さすがに10億円までは伸びないだろう。

「エクスペンダブルズ」8.1億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2009>
☆「ワイルド・スピードMAX」8.6億円(トータル9.5億円)
☆「ウルヴァリン」8.3億円(トータル8.9億円)
☆「DRAGON BALL」8.3億円(トータル8.7億円)
☆「マーリー」7.4億円(トータル8.1億円)
☆「7つの贈り物」7.4億円(トータル7.9億円)
<2008>
☆「P.S.アイラヴユー」8.2億円(トータル11.0億円)
☆「アメリカン・ギャングスター」8.9億円(トータル10.5億円)
☆「アイアンマン」8.2億円(トータル9.4億円)
☆「ランボー最後の戦場」8.1億円(トータル9億円見込み)
「P.S.アイラヴユー」以外との対比で考えると、「エクスペンダブルズ」の興行収入は8.5~9.6億円となる。
「ウルヴァリン」対比の8.7億円程度が落ち着きどころか。

マックス9億円台、ミニマム8億円台だろうか。
基本的には男性限定の映画であり、女性層やスタローン世代ではない年配層も期待できず、さすがに伸びはないだろうと思ったが、ここに来て伸びが意外と止まらない。
先週8億円前半と予想したが、「エクスペンダブルズ」の興行収入は8億円後半と上方修正したい。
9億円突破の可能性もありそうだが、そこまで伸びるかが注目となる。
「ランボー最後の戦場」(トータル9億円見込み)と同程度となりそうだ。
OP時7億円後半、2週目8億円台、3週目8億円前半と予想していたので、完全に迷走している。
オープニングにファンが殺到するタイプの作品と思ったが、興味があるのにすぐには飛びつかない中年・年配層やあまり興味がなかった若年層が見ているのか。

ただ、公開前個人予想は12.0億円だったので、期待が高すぎたようだ。
豪華なキャスティングなどの注目度があり、アメリカでもかなりヒットしたため高めに予想しすぎてしまったか。
評価も微妙であり、観る者を選ぶ作品というのも痛い。


11位:「さらば愛しの大統領」(アスミック)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 2億円前後
【公開規模】 121スクリーン(先週比±0スクリーン)
先週から大阪で先行公開されていたようであり、2週目となる。
動員ベースでは10位となるが、興行収入ベースでは11位となるようだ。
3.1千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは6.2千万円となっている。
世界のナベアツともう一人によるダブル監督、ケンドーコバヤシ、宮川大輔主演作品。
先行があったので、判断が難しいが、2億円前後の興行収入となるだろうか。
下手なストーリーを構築するよりも、ギャグやアホらしさを前面に押し出しており、その戦略はあたりそう。
プロの監督でも、プロの俳優でもないのだから、思い切り良くやって、彼らにしか出来ないことをやることはアリだと思う。
松本人志、品川祐二監督も当たっているが、こういう作品の方がお笑い系らしい。
それにしても、板尾創路監督の「板尾創路の脱獄王」、木村祐一監督の「ニセ札」など、お笑い系の監督進出が目立っている。


12位:「雷桜」(東宝・TBS)<3週目>
【公開前個人予想】 5.0億円
【現時点での興行収入予想】 4億円半ば(OP時3億円台)
【公開規模】 300スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.4千万円を週末に稼ぎ、トータルでは3.3億円半ばとなっている。
1週間の伸びは1.0億円程度だろうか。
週末の動きは大したことがないが、レディースデイにでも稼いだのだろうか、思ったよりも伸びている。
一応感動的なラブストーリー系ということもあるだろう。

廣木隆一監督は「余命1ヶ月の花嫁」を手掛けている。
☆09年「余命1か月の花嫁」トータル31.5億円
OP4.1→11.6→17.1→21.7→25.1→27.5→29.1
☆10年「雷桜」
金0.9→2.3→3.3億円→
この対比で考えると、「雷桜」の興行収入は6.1億円となる。
6億円がマックスラインとなるが、もちろんここまでは伸びないだろう。

岡田将生の代表作は以下のとおり。
☆09年「僕の初恋をキミに捧ぐ」トータル21.5億円
OP2.8→7.8→13.0→16.0→祝18.5→19.5→20.3
☆10年「雷桜」
金0.9→2.3→3.3億円→
この対比で考えると、「雷桜」の興行収入は5.5億円となる。
ここまでも伸びないだろう。

蒼井優は「フラガール」や「男たちの大和」など出演しており本数は多いが、主演女優としては未知数のところがある。
小規模公開の08年「百万円と苦虫女」がトータル3.0億円とスマッシュヒットしているので、人気はあるとは思うが、この手の作品の主演としてはどうだろうか。

歴史モノや時代劇などの興行収入は以下のとおり。
☆08年「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」トータル9.3億円
OP1.8→4.4→6.2→7.5→8.2→8.6
☆09年「TAJOMARU」トータル4.8億円
OP0.7→2.1→3.5→4.3
☆08年「ICHI」トータル4.5億円
OP1.0→2.6→3.5→3.9
☆10年「座頭市 THE LAST」トータル4億円見込み
OP0.9→2.6→3.3億円→
☆10年「雷桜」
金0.9→2.3→3.3億円→
「座頭市 THE LAST」と同じような動きとなっている。
これらとの対比で考えると、「雷桜」の興行収入は4.0~5.0億円となる。
「ICHI」対比では4.2億円となる。
この辺りが落ち着きどころか。

ラブストーリー関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆06年「ただ、君を愛してる」トータル8.0億円(宮崎)
OP1.2→2.4→5.1→6.3
☆06年「シュガー&スパイス/風味絶佳」トータル7.5億円(沢尻)
OP1.0→3.4→4.9→5.8
☆07年「そのときは彼によろしく」トータル4.6億円(長澤)
OP0.9→2.3→3.3→3.8→04.2→04.4
☆10年「ダーリンは外国人」トータル6.9億円見込み
OP1.2→3.2→4.3→5.3→6.3→6.6
☆10年「誰かが私にキスをした」トータル2.3億円見込み(堀北)
OP0.5→1.5億円→
☆10年「雷桜」
金0.9→2.3→3.3億円→
これらとの対比で考えると、「雷桜」の興行収入は4.6~5.3億円となる。
本作よりも「誰かが私にキスをした」の方がよほど酷いようだ。
「そのときは彼によろしく」とほぼ同じ動きとなっており、この辺りとなりそうだ。

「雷桜」3.3億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2009>
☆「さまよう刃」4.0億円(トータル5.5億円)
☆「おっぱいバレー」3.2億円(トータル5.3億円)
☆「TAJOMARU」3.5億円(トータル4.8億円)
☆「風が強く吹いている」3.2億円(トータル4.5億円)
<2008>
☆「アフタースクール」3.0億円(トータル5.5億円)
☆「Sweet Rain 死神の精度」3.7億円(トータル5.0億円)
☆「特命係長 只野仁 最後の劇場版」3.0億円(トータル4.6億円)
「アフタースクール」以外との対比で考えると、「雷桜」の興行収入は4.5~5.5億円となる。
「風が強く吹いている」対比で4.6億円となり、この程度が落ち着きどころか。

マックス5億円台、ミニマム4億円台か。
オープニング時には3億円台と思ったが、さすがにレディースデイを中心にある程度稼ぐようだ。
「雷桜」の興行収入は先週に引き続き4億円半ばと予想したい。
「そのときは彼によろしく」トータル4.6億円と同程度か。
今年300スクリーン前後で公開された「FLOWERS」並の致死レベルの大コケとなるかと思ったが、ラブストーリー(設定はやや不明だが)ということもあり、普通の大コケとなっている。
なお、両作に蒼井優が出演しており、女優生命に傷が付かなければよいが。
公開前個人予想は5.0億円だったので、結果的には当たりとなりそうだが、コケるのは分かっていたので、4億円台という予想にしないといけなかった。


13位:「桜田門外ノ変」(東映)<4週目>
【公開前個人予想】 7.0億円
【現時点での興行収入予想】 7億円台(OP時6億円)
【公開規模】 296スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.4千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは5.4億円となっている。
1週間の伸びは9.3千万円弱程度だろうか。
年配向けということもあり、週末に対して平日の伸びが高い。
個人的には「誰が見るの?」というイメージを持っている映画ではあるが、年配層がしっかりと見ているようだ。
東映がかなり気合が入れていると思わせる作品であり、大コケ予想にせずに、無難な予想にして正解だった。

年配向けの時代劇や歴史モノは、意外とヒットするので注意が必要。
☆07年「蒼き狼 地果て海尽きるまで」トータル13.9億円
OP2.0→5.8→8.2→10.0→11.1→11.8
☆07年「椿三十郎」トータル11.5億円
OP1.6→4.1→5.9→祝込7.3→不明→9.7→祝込10.5→10.8
☆09年「火天の城」トータル9.3億円
OP1.3→3.5→5.9→7.2→7.9
☆09年「禅 ZEN」トータル5.0億円
祝込3日0.5→1.1→
☆07年「茶々 天涯の貴妃」トータル4.5億円
OP0.4→不明→2.3→3.0→3.5→3.8
☆10年「必死剣 鳥刺し」トータル4.8億円見込み
OP0.8→2.6→3.6→4.2億円→
☆10年「桜田門外ノ変」
OP0.9→3.1→4.5→5.4億円→
「蒼き狼」「椿三十郎」「火天の城」との対比で考えると、「桜田門外ノ変」の興行収入は7.0~8.5億円となる。
7億円台辺りが落ち着きどころか。
オープニング時には6億円程度と思ったが、平日の伸びが高かった。
「必死剣 鳥刺し」のような動きだと6億円程度となるが、題材や幕末ブームなどを踏まえると、今後もある程度の伸びは期待できるはずだ。

「桜田門外ノ変」5.4億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2009>
☆「60歳のラブレター」5.9億円(トータル7.9億円)
☆「誰も守ってくれない」5.4億円(トータル6.4億円)
☆「真夏のオリオン」4.9億円(トータル5.7億円)
<2008>
☆「まぼろしの邪馬台国」5.8億円(トータル9.5億円)
☆「僕の彼女はサイボーグ」5.9億円(トータル7.0億円)
☆「ホームレス中学生」5.6億円
「まぼろしの邪馬台国」以外との対比で考えると、「桜田門外ノ変」の興行収入は6.3~7.2億円となる。
「60歳のラブレター」対比では7.2億円となるが、この辺りをやや下回る辺りが落ち着きどころか。

マックス7億円台、ミニマム6億円台となりそうだ。
驚くような伸びはないと思うが、平日の伸びがありそうなので、高めに想定した方がよさそうだ。
「桜田門外ノ変」の興行収入は先週に引き続き7億円台と予想したい。
作品的に地味さを拭えないので、それほど高い伸びはないだろう。
オープニング時には6億円という予想だったが、平日の伸びが思ったより高かった。
公開前個人予想は7.0億円だったので、当たりといえそうだ。
個人的には見たいとは思えない作品だが、年配層がしっかりと見るのでこの手の作品は意外と手堅く稼げる。


14位:「君に届け」(東宝・日本テレビ)<7週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】15億円(5~6週目14億円半ば、3~4週目13.5億円、OP~2週目14~15億円)
【配給会社・大手ネット期待値等】 20億円を突破に向けて好スタート
【公開規模】 285スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.3千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは14.5億円となっている。
1週間の伸びは7.4千万円程度だろうか。
週末にはそれほど稼げていないが、意外と粘っているのが不思議だ。
公開前に予想はできなかったが、「僕の初恋をキミに捧ぐ」を下回る程度のヒットにはなるかなというイメージはもっていた。
人気漫画が原作でもあり、この手の作品はコケることはないだろう。

ラブストーリー関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年「恋空」トータル39.0億円(新垣)
OP4.8→13.1→19.7→26.0→29.7→32.3→34.1
☆10年「余命1か月の花嫁」トータル31.5億円(栄倉)
OP4.1→11.6→17.1→21.7→25.1→27.5→29.1
☆09年「僕の初恋をキミに捧ぐ」トータル21.5億円(井上)
OP2.8→7.8→13.0→16.0→祝18.5→19.5→20.3
☆08年「赤い糸」トータル11.5億円(南沢)
OP1.0→不明→6.6→祝8.8→9.7→10.5→10.7
☆08年「砂時計」トータル10.0億円(夏帆・松下)
OP1.2→祝6.0→7.2→8.3→9.1→09.5→09.7
☆10年「君に届け」
OP2.3→6.2→9.0→11.5→12.9→13.8→14.5億円→
「恋空」を除いた作品との対比で考えると、「君に届け」の興行収入は14.9~15.7億円となる。
「僕の初恋をキミに捧ぐ」対比の15.4億円程度がマックスラインか。
オープニング時には『20億円突破を向けて好スタート』というネットの記事もあるが、20億円突破は無理だろう。

「君に届け」14.5億円と同程度の7週目興行収入作品は以下のとおり。
<2009>
☆「GOEMON」14.1億円(トータル14.3億円)
<2008>
☆「チーム・バチスタの栄光」14.9億円(トータル15.6億円)
☆「少林少女」14.6億円(トータル15.1億円)
☆「犬と私の10の約束」14.1億円(トータル15.2億円)
これらとの対比で考えると、「君に届け」の興行収入は14.7~15.6億円となる。
「チーム・バチスタの栄光」対比の15.2億円が落ち着きどころか。

マックス15億円台、ミニマム14億円後半程度となろうか。
伸びがなくなりもう終わりと早合点したが、意外と粘っている。
このまま粘れば、15億円台に乗るかもしれない。
「君に届け」の興行収入は15億円と上方修正したい。
OP~2週目14~15億円、3~4週目13.5億円、5~6週目14億円半ばと予想していたが、2週目までの14~15億円程度という予想のままにしておけばよかった。
伸びがないタイプの作品と考えたが、漫画原作の作品は侮れないところがある。
公開前に予想はできなかったが、だいたいイメージどおりの数字となっている。
キャスティングや題材等を踏まえると、10億円台半ばならば大ヒットといえるだろう。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

コメント

ソウ3Dソウソウ

スカイライン微妙だな

  • 2010/11/15(月) 21:22:17 |
  • URL |
  • 容疑者は男性、190cm、髪は茶、筋肉モリモリマッチョマンの変態 #8qPnXzgo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1927-e9ed8d1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。