ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アンストッパブル』レビュー

◆評  価   6.5点
◆おススメ度  B(悪くはないが、オチがイマイチ)

緊張感・緊迫感に溢れたスリリングな仕上りとなっており、だいたいの顛末を知っている自分でもかなり楽しむことはできた。

実際の事故を基にしたストーリーであるため、このような映画の製作は難しいものだ。
思いっきり脚色すると、関係者や専門家から文句を付けられてしまう。
娘の誕生日、妻との不仲、コネ入社といった飾り程度の最低限の設定はあるが、だいたいのことは無視して、暴走する列車を“メイン”に仕立てた戦略はある程度の成功といえるだろう。
このような脚本があってないような映画は、監督の技量が問われるものであり、映像の技術屋・トニー・スコットだからこそ、この映画は成立できたようなものだ。
映画開始10秒ほどでぐにゃぐにゃとした画面にトニー・スコットの映画が始まったと感じさせており、彼の世界に飛び込むことができる。
また、列車に乗っているデンゼルの顔を撮るショットを中心として、画面が左から右へと急速に流れていることが繰り返されており、それが列車の動きと合っている。
カメラの動きが象徴的となっている作品であり、トニー・スコットの技術と映画の中で描かれる出来事と上手くマッチしているように感じられた。

面白い映画だとは思うが、ラストのオチがややショボ過ぎやしないかと個人的には感じられた。
クルマから飛び移って停められるぐらいならば、それほど苦労は要らないように思える。
列車を後部に連結させてスピードがかなり落ち切ったところで、その道のプロが飛び乗るのならば、少しは分かる話ではあるが、再び時速100キロ近くまでスピードが上がったような描写もあったと思う。
実話をベースにしているので、あまりにメチャクチャなミラクルを描くことを避けたのかもしれないが、個人的にはもうちょっとドラマティックな展開の方がより楽しめたように思える。
ただ、確かに「あのシンプルさがかえって良い」というようにも感じられるので、難しいところではあるが、もう一工夫欲しかったところ。

オチをシンプルにするのならば、二人の鉄道屋をもうちょっと“熱め”に描いてもよかったかもしれない。
利益主義の上層部や司令室の混乱をボロクソに描くと問題が生じそうなので、その辺りには触れずに、彼らの熱い魂をもっと感じたかった。
一方(人間ドラマ)を描けば、他方(列車の凶暴化)が疎かになるので、二兎を追うことなく、確実に一兎(列車の凶暴化)を追ったということだろうか。
それがハマる人にはハマるだろうが、ハマらない人もいるだろう。
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://battaswimmingschool.blog86.fc2.com/tb.php/1984-93823aba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。