ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(2月1週目その4)

11位:「ジーン・ワルツ」(東映)<1週目>
【公開前個人予想】 6.5億円
【現時点での興行収入予想】 2億円台
【公開規模】 201スクリーン(先週比±0スクリーン)
4.2千万円弱のオープニングを飾った。
先週『オープニングは0.9億円程度か』と書いたが、ここまで酷いことになるという発想はなかった。
ある程度の人気がある菅野美穂主演作であり、ある程度の知名度がある海堂尊原作作品である。
いくら東映作品だからといって、今年公開された「いぬのえいが」と同程度のオープニングになるとは…。
菅野美穂主演作の「パーマネント野ばら」(44スクリーン)ですら、2千万円以上のオープニングを飾っているのに。

本作は、海堂尊の原作作品である。
シリアスな雰囲気もあるので、医療モノの「孤高のメス」も参考となるか。
☆08年「チーム・バチスタの栄光」トータル15.6億円
祝3日3.9→7.5→10.4→12.8→13.9→14.5→14.9
☆09年「ジェネラル・ルージュの凱旋」トータル9.0億円
OP1.5→4.3→6.3→7.4→8.1→08.5
☆10年「孤高のメス」トータル5.0億円見込み
OP0.7→2.3→3.4→4.1→4.6→
☆11年「ジーン・ワルツ」
OP0.4億円→
これらとの対比で考えると、「ジーン・ワルツ」の興行収入は2.4~2.9億円となる。
どうやら2億円台となりそうだ。
まさか1億円台では止まらないだろう。

【同時期に公開された近年の作品】 
<2010>
☆「サヨナライツカ」トータル12.0億円(オープニング1.3億円)
☆「おとうと」トータル21.0億円(オープニング2.4億円)
☆「ゴールデンスランバー」トータル11.5億円(オープニング2.0億円)
☆「交渉人 THE MOVIE」トータル6.3億円(オープニング2日1.0億円)
<2009>
☆「誰も守ってくれない」トータル6.4億円(オープニング1.1億円)
☆「20世紀少年 第2章」トータル30.1億円(オープニング6.2億円)
☆「旭山動物園物語」トータル9.0億円(オープニング1.1億円)
☆「少年メリケンサック」トータル10.2億円(オープニング2.0億円)
「交渉人 THE MOVIE」「誰も守ってくれない」と同程度は稼ぐと思ったのだが。

「ジーン・ワルツ」0.4億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2010>
☆「パラノーマル・アクティビティ第2章」0.4億円
☆「食堂かたつむり」0.4億円
☆「ちょんまげぷりん」0.4億円
☆「瞬 またたき」0.4億円
☆「君が踊る、夏」0.4億円
<2009>
☆「鴨川ホルモー」0.5億円(トータル3.0億円)
☆「キラー・ヴァージンロード」0.4億円
☆「ヘブンズ・ドア」0.4億円
☆「釣りキチ三平」2日0.4億円(トータル2.0億円)
☆「ホノカアボーイ」0.4億円(トータル1.0億円)
海堂尊の原作作品でなければ、これらと同程度になるのは分かるが。
「ジーン・ワルツ」の興行収入は2億円台と予想したい。
平日には多少伸びるだろう。
公開前個人予想は6.5億円だったので、当然ハズれとなる。
地味な作品なのは分かるが、いったい何が理由でここまで壮絶にコケたのだろうか。


10位:「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕」(東映・テレビ朝日)<3週目>
【公開前個人予想】 6.5億円
【現時点での興行収入予想】 3億円後半(OP~2週目4億円台)
【公開規模】 257スクリーン(先週比±0スクリーン)
4.2千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは2.7億円半ばとなっている。
1週間の伸びは6.0千万円となっている。
さすがに、平日はほとんど稼げていないようだ。

シリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー」トータル3.1億円
OP0.9→1.8→
☆10年「侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー」トータル4.7億円
OP1.5→2.6→3.6→4.1→4.5
☆11年「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー」
OP1.1→2.1→2.8億円→
これらとの対比で考えると、「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー」の興行収入は3.7億円となる。
この時期の特撮シリーズも定番となりつつあると思ったが、それほど簡単にはいかないようだ。
10年以下、09年以上となり、伸びても4億円突破程度となりそうだ。

夏や正月の「ライダー」シリーズと比べるのは酷なので、春や秋に公開されたライダー作品の興行収入は以下の通り。
☆08年春「電王&キバ クライマックス刑事」トータル7.4億円
OP1.9→3.7→4.7→5.9→6.7
☆08年秋「さらば電王 ファイナル・カウントダウン」トータル7.2億円
OP1.8→3.4→5.0→5.8
☆09年GW「超・電王&ディケイド NEOジェネレーションズ」トータル7.8億円
水6日4.7(OP1.7)→5.5→6.4→6.8
☆10年 第1弾「EPISODE RED ゼロのスタートウィンクル」
OP2.3→4.0→(トータル4.7億円見込み)
☆10年 第2弾「EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル」
OP1.9→3.4→3.9→(トータル4億円見込み)
☆10年 第3弾「EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ」
OP2.0→3.5→4.1→
☆11年「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー」
OP1.1→2.1→2.8億円→
これらとの対比で考えると、「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー」の興行収入は3.4~4.4億円となる。
なんとか伸ばしていくと考えて、「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー」の興行収入は4億円台と予想していたが、1週間の伸びが6千万円では厳しそうだ。
3億円後半と下方修正したい。
残り9千万円以上の上乗せは可能だろうか。
公開前個人予想は6.5億円だったので、予想が高すぎた。
さすがに「ライダー」シリーズほどの人気はないようだ。


12位:「グリーン・ホーネット」(ソニー)<3週目>
【公開前個人予想】 6.0億円
【現時点での興行収入予想】 5億円半ば(OP時6億円台)
【公開規模】 434スクリーン(先週比-28スクリーン)
3.8千万円を週末に稼ぎ、トータルでは4.4億円となっている。
1週間の伸びは1.0億円程度だろうか。
日本では知名度のない主演作品であり、さすがに日本では厳しい。
3D単価でなければ、悲惨だっただろう。

本作はアメコミ作品ではないが、ヒーローモノが参考になるか。
☆08年「ダークナイト」トータル16.0億円
先3.3→9.4→12.1→13.7→14.8→15.3→15.6
☆06年「スーパーマン リターンズ」トータル15.0億円
先3.7→7.9→10.9→12.3→13.2
☆10年「アイアンマン2」トータル12.0億円
金3.4→6.9→9.1→10.5→
☆09年「G.I.ジョー」トータル10.5億円
金3日2.3→6.6→8.5
☆06年「Vフォー・ヴェンデッタ」トータル10.0億円
OP1.5→4.6→7.7→8.6
☆08年「アイアンマン」トータル9.4億円
OP2.1→5.2→7.0→8.2→8.8→9.1
☆07年「ファンタスティック・フォー/銀河の危機」トータル9.2億円
金2.5→5.9→7.6→8.8
☆09年「ウルヴァリン X-MEN ZERO」トータル8.9億円
金2.3→4.8→7.3→8.3
☆11年「グリーン・ホーネット」
OP1.5→3.4→4.4億円→
主要作品との対比で考えると、「グリーン・ホーネット」の興行収入は5.3~6.1億円となる。
5億円台となりそうだ。

「グリーン・ホーネット」4.4億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「Dr.パルナサスの鏡」4.9億円(トータル7.0億円)
☆「エアベンダー」4.7億円(トータル6.0億円)
☆「かいじゅうたちのいるところ」4.5億円(トータル5.7億円)
☆「サロゲート」4.5億円(トータル5.5億円)
<2009>
☆「イングロリアス・バスターズ」5.0億円(トータル6.5億円)
☆「スター・トレック」4.9億円(トータル6.0億円)
☆「オーストラリア」4.8億円(トータル5.8億円)
☆「愛を読むひと」4.3億円
主要作品との対比で考えると、「グリーン・ホーネット」の興行収入は5.3~5.7億円となる。
マックス6億円、ミニマム5億円程度か。
個人的な感想だが、あまり面白くなかったので、伸びがある作品ではないと思われる。
「グリーン・ホーネット」の興行収入は先週に引き続き5億円半ばと予想したい。
あと1億円程度は上乗せできるはずだ。
2週前には6億円台と予想したが、そこまで伸びないだろう。
単価が高い本作よりも、「RED」や「アンストッパブル」の方に人気が集まるはずだ。
公開前個人予想は6.0億円だったので、当たりそうだ。
この手の日本での知名度が低い主演の作品は、この程度でも仕方がないだろう。


13位:「アンストッパブル」(20世紀フォックス)<5週目>
【公開前個人予想】 9.5億円
【現時点での興行収入予想】 11億円前半(3~4週目11億円後半、OP~2週目13.0億円)
【公開規模】 340スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.8千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは10.4億円となっている。
1週間の伸びは5.8千万円程度か。
ついに10億円を突破した。
正月明けという公開時期が良かったようだ。
評価も割と高く、競合する作品もあまりないという強みがあった。

トニー・スコット監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆01年公開「スパイ・ゲーム」トータル26.0億円(※年末公開)
☆04年公開「マイ・ボディガード」トータル10.1億円(※年末公開)
☆06年公開「デジャヴ」トータル8.9億円
OP1.6→4.6→6.5→7.6→8.4
☆09年公開「サブウェイ123激突」トータル7.7億円
金1.6→4.3→5.6→6.8→7.1
☆11年公開「アンストッパブル」
金2.8→6.6→8.7→9.8→10.4億円→
8~10億円程度が水準となりそうだ。
これらとの対比で考えると、「アンストッパブル」の興行収入は11.0~11.3億円となる。
『「マイ・ボディガード」「デジャヴ」「サブウェイ123激突」ともに、デンゼル・ワシントン主演作であり、当然この程度となるだろう』と思ったが、大きく超えてきそうだ。

上述外のデンゼル・ワシントン主演作の興行収入は以下のとおり。
☆06年公開「インサイド・マン」トータル不明(5~6億円程度か)
OP0.9→2.7
☆08年公開「アメリカン・ギャングスター」トータル10.5億円
金2.4→5.4→7.7→8.9→不明→10.1
☆10年公開「ザ・ウォーカー」トータル不明(4~5億円程度か)
OP0.9→2.6→3.6→4.0→4.2
☆11年公開「アンストッパブル」
金2.8→6.6→8.7→9.8→10.4億円→
「ザ・ウォーカー」などの例外はあるが、10億円前後を安定して稼げる俳優。
「アメリカン・ギャングスター」を超えてしまった。

「アンストッパブル」10.4億円と同程度の5週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「アイアンマン2」11.2億円(トータル12.0億円)
<2009>
☆「ワルキューレ」11.9億円(トータル12.5億円)
☆「グラン・トリノ」9.8億円(トータル11.0億円)
☆「ノウイング」9.8億円(トータル10.2億円)
これらとの対比で考えると、「アンストッパブル」の興行収入は10.8~11.7億円となる。
「アイアンマン2」対比では11.1億円となる。
「アンストッパブル」の興行収入は11億円前半と予想したい。
残り6千万円の上乗せは可能だろう。
OP時~2週目まで13.0億円、3~4週目まで11億円後半と予想していたが、そこまでは伸びなかった。
オープニングがやや高すぎたので、期待してしまったようだ。
公開前個人予想は9.5億円だったので、当たりとはいえない結果となりそうだ。
このコンビがややイマイチなところがあったので、高めにも予想しにくいところがあった。
アメリカでは現在81百万ドルとなっている。
「デジャヴ」トータル64百万ドル、「サブウェイ123激突」トータル65百万ドルを大きく上回る成績となっており、日米ともに2作品を超えるようだ。


14位:「劇場版イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来」(東宝・テレビ東京)<7週目>
【公開前個人予想】 12.0億円
【現時点での興行収入予想】 17億円半ば(4~5週目18.0億円、3週目21.0億円)
【公開規模】 173スクリーン(先週比-56スクリーン)
1.6千万円を週末に稼ぎ、トータルでは17.1億円半ばとなっている。
1週間の伸びは2.0千万円程度か。
平日は全く稼げていないが、土日にはまだ稼げているようだ。
「クレヨンしんちゃん」を上回る成績となっており、初の映画化は大成功となりそうだ。
ヒットしそうな雰囲気もあったが、ここまでのヒットになるとは思わなかった。
シリーズ化されるのではないか。

東宝による年末のアニメ作品の興行収入は以下のとおり。
☆06年「劇場版どうぶつの森」トータル17.0億円
OP2.4→4.6→8.7→祝14.4→15.6→16.2→16.3→16.4
☆08年「劇場版 MAJOR」トータル10.5億円
OP1.5→2.6→不明→7.7→祝込9.6→10.0→
☆10年「劇場版イナズマイレブン」
4日5.4→10.5→祝15.2→16.0→16.6→17.0→17.2億円→
「劇場版どうぶつの森」との対比で考えると、「劇場版イナズマイレブン」の興行収入は17.9億円となる。
冬休み終了後の動きが注目となる。
配給会社は『口コミで伸びていくはず』という期待をしているようだが、過度の期待はしにくいか。

去年東宝で公開されたアニメ作品は以下のとおり。
☆10年「ポケットモンスター」トータル41.6億円
6.3→祝13.1→17.7→23.7→28.3→33.5→36.7
☆10年「名探偵コナン」トータル32.0億円
5.6→11.4→18.7→26.8→28.6→30.0→30.8
☆10年「ドラえもん」トータル31.6億円
5.5→9.7→祝15.3→20.2→27.7→29.9→30.3
☆10年「クレヨンしんちゃん」トータル12.5億円
2.7→4.9→7.7→11.2→11.7→12.0
☆10年「劇場版イナズマイレブン」
4日5.4→10.5→祝15.2→16.0→16.6→17.0→17.2億円→
GW公開の「名探偵コナン」との対比で考えると、「劇場版イナズマイレブン」の興行収入は17.9億円となる。
17億円後半まで稼げるかもしれないが、冬休みも終わり、高い伸びは期待しにくい。
「劇場版イナズマイレブン」の興行収入は先週に引き続き17億円半ばと予想したい。
残り3千万円程度の上乗せは可能か。
3週目21.0億円、4~5週目18.0億円と予想したが、さすがに休みが終われば、厳しくなってしまうようだ。
公開前個人予想は12.0億円だったので、ハズレとなる。
アニメも知らない、ゲームも知らないので、人気の高さがよく分からない。
10億円+3D加算という予想でもしょうがない。


15位:「SPACE BATTLESHIP ヤマト」(東宝・TBS)<10週目>
【公開前個人予想】 50億円
【現時点での興行収入予想】 40億円半ば(8週目~42.5億円、OP時~2週目49億円)
【配給会社・大手ネット期待値等】
週明け:「興収50億円以上を見込める大ヒットスタート」、
公開日直後:「興収80億円を視野に入れたスタート。正月映画No.1を目指したい」
【公開規模】 321スクリーン(先週比-10スクリーン)
1.4千万円を週末に稼ぎ、トータルでは40.0億円弱となっている。
1週間の伸びは3.4千万円程度だろうか。
40億円突破までほんの少しとなったが、ビッグヒットとは言えない結果となりそうだ。

去年公開された以下の実写邦画作品には完全に負けた。
☆10年「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」トータル73.1億円
5週目52.5→57.2→63.4→66.8→68.8→70.1
☆10年「THE LAST MESSAGE 海猿」トータル80.4億円
5週目65.7→70.5→73.9→76.4→77.7→78.6
☆10年「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
5週目31.6→祝36.8→38.1→39.1→39.6→40.0億円→
これらを大きく下回っている。
これらとの対比で考えると、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の興行収入は40.9~41.7億円となる。
この対比を下回る程度となるか。

監督の山崎貴は「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズが有名だ。
☆05年「ALWAYS 三丁目の夕日」トータル32.3億円
☆07年「ALWAYS 続・三丁目の夕日」トータル45.6億円
5週目33.4→36.3→38.2→祝39.8→不明→43.1
☆10年「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
5週目31.6→祝36.8→38.1→39.1→39.6→40.0億円→
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」トータル45.6億円を超えることはできそうもない。

木村拓哉主演の興行収入は以下のとおり。
☆06年「武士の一分」トータル41.1億円
☆07年「HERO」トータル81.5億円
5週目祝66.6→70.5→73.8→76.3→78.2→79.2
☆10年「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
5週目31.6→祝36.8→38.1→39.1→39.6→40.0億円→
「HERO」に比べると約半分の動きとなっている。
「HERO」との対比で考えると、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の興行収入は41.2億円となるが、対比を下回りそうだ。
「武士の一分」は超えたいところだが、厳しそうだ。
しかし、この題材でここまで稼げるということは木村拓哉の人気であり、それを評価した方がいいかもしれない。
さすがに40億円はなんとか突破しそうだ。
今週3.4千万円を稼いだので、下落率4割程度と考えると、次週以降2.0+1.2+0.7+0.4+0.3+0.2+0.1億円を稼ぎそうだ。
約5千万円程度の上乗せが可能と思われるので、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の興行収入は先週に引き続き40億円半ばと予想したい。
OP時~2週目49億円、8週目まで42.5億円と予想していたが、さすがに伸びがなかった。
公開前個人予想は50億円だったので、当たりとは言えないが、それほど悪くはなかったか。


16位:「バーレスク」(ソニー)<8週目>
【公開前個人予想】 7.5億円
【現時点での興行収入予想】7億円半ば(6週目7億円前半、5週目6億円半ば、4週目6億円前半)
【公開規模】 22スクリーン(先週比-48スクリーン)
4.2百万円を週末に稼ぎ、トータルでは7.4億円となっている。
1週間の伸びは2.0千万円弱程度のようだ。
さすがにミュージカル作品だけに予想以上に粘っている。
スクリーン数がほとんどないのに、1週間の伸びは「ハリー・ポッターと死の秘宝PartⅠ」と同程度を稼いでいる。
OP0.7→2週目1.8→3週目1.5→4週目1.3→5週目0.9→6週目0.6→7週目0.5→8週目0.2億円となっている。
5週目辺りからもっと落ち込むと思ったが、この粘りは想定外だった。
女性向け作品だけに平日に稼いでいそうだ。
年末年始向けではなかったのかもしれない。

ミュージカル映画は以下の通り。
☆01年公開「ムーランルージュ」トータル10.0億円
☆03年公開「シカゴ」トータル35.0億円
☆05年公開「オペラ座の怪人」トータル42.0億円
☆06年公開「プロデューサーズ」トータル10.0億円
OP1.2→03.6→05.3→06.5→08.1
☆07年公開「ドリームガールズ」トータル19.2億円
OP2.0→06.5→11.0→14.1→16.3
☆07年公開「ヘアスプレー」トータル10.0億円
OP1.2→03.6→05.7→06.6→07.7→08.4→08.7
☆08年公開「スウィーニー・トッド」トータル20.5億円
OP4.0→09.6→14.0→16.6→18.4→19.4→20.1
☆09年公開「マンマ・ミーア!」トータル26.0億円
金4.4→10.1→15.3→19.1→22.0→24.9
☆10年公開「NINE」トータル7.8億円
金1.6→04.1→05.6→06.5→07.1
☆10年公開「バーレスク」
OP0.7→02.6→04.0→05.3→06.2→06.8→07.2→07.4億円→
ミュージカル作品は10億円程度が水準となる。
『伸びが期待できるミュージカル作品ではあるが、それほど高い伸びはないだろう』と思ったが、予想外に伸びが続いている。
スクリーン数も削られており、もうほとんど伸びないだろう。
「バーレスク」の興行収入は先週に引き続き7億円半ばと予想したい。
4週前は6億円前半、3週前は6億円半ば、2週前は7億円前半と毎週予想を変えなくてはいけない状況となってしまった。
予想外に伸びが続いたようであり、ミュージカル作品の特性を理解していなかった。
公開前個人予想は7.5億円だったので、こちらは当たりとなりそうだ。
「NINE」と同程度は稼ぐと思っていたので、終わってみれば順当な結果といえるかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。