ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(2月3週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

「ヒア アフター」(ワーナー)
<280館程度にて順次公開予定(実際にはもっと多いか)>
※正確な数字ではなく、あくまでも公式ホームページ等に記載されている劇場数。

【鑑賞度】 ○
イーストウッド信者ではないが、彼が優れた監督であることは間違いない。

【監督】 クリント・イーストウッド
クリント・イーストウッド監督作品の興行収入は以下の通り。
☆04年「ミスティック・リバー」10.0億円
OP1.4→3.8→5.2→6.8→7.9
☆05年「ミリオンダラー・ベイビー」13.4億円
OP1.8→5.4→8.0→10.0→不明→12.2
☆06年「父親たちの星条旗」トータル17.0億円
OP1.9→5.9→8.3→10.4→12.7→14.0
☆06年「硫黄島からの手紙」トータル51.0億円
OP5.0→13.9→20.8→26.1→祝込36.7→39.8
☆09年「チェンジリング」トータル12.8億円
金2.3→06.5→09.1→11.0→12.1→12.4
☆09年「グラン・トリノ」トータル11.0億円
OP1.3→04.6→07.7→09.0→09.8
☆10年「インビクタス/負けざる者たち」トータル8.6億円
金1.6→04.3→05.8→06.9→07.7
同じくマット・デイモン主演作の「インビクタス/負けざる者たち」がイマイチだったが、今回も二桁前後は堅いはずだ。

【キャスティング】 マット・デイモン
マット・デイモン主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆03年公開「ボーン・アイデンティティー」トータル16.0億円
☆05年公開「オーシャンズ12」トータル36.0億円
☆05年公開「ボーン・スプレマシー」トータル12.5億円
OP3.2→6.5→8.8→10.5→11.5
☆05年公開「ブラザーズ・グリム」トータル11.5億円
OP3.3→6.3→8.2→10.1→11.6
☆07年公開「ボーン・アルティメイタム」トータル16.5億円
OP3.3→7.9→11.4→13.6→14.8→15.8
☆07年公開「オーシャンズ13」トータル32.0億円
先6.0→17.6→22.3→26.0→28.1→祝込30.0→30.8
☆07年公開「ディパーテッド」トータル15.6億円
OP2.9→7.1→9.9→11.7→13.0→13.8
☆07年公開「グッド・シェパード」トータル4.5億円
OP1.0→2.7→3.8
☆10年「インビクタス/負けざる者たち」トータル8.6億円
金1.6→04.3→05.8→06.9→07.7
☆10年公開「グリーン・ゾーン」トータル7.7億円
金3日2.2→4.9→6.4→07.2
近3作の興行収入は超えられるだろう。

【題材】 「ヒューマンドラマ」「超自然モノ」
とりあえずヒューマンドラマや超自然モノを参考とする。
☆08年公開「最高の人生の見つけ方」トータル13.5億円
OP1.9→5.2→7.9→10.0→11.4→12.1
☆08年公開「P.S.アイラヴユー」トータル11.0億円
OP1.5→4.4→6.7→8.2→9.2→10.0
☆09年公開「ノウイング」トータル10.2億円
金2.9→6.1→8.2→9.3→9.8
☆09年公開「7つの贈り物」トータル7.9億円
OP1.6→4.6→6.4→7.4→7.7→7.9
「最高の人生の見つけ方」トータル13.5億円、「P.S.アイラヴユー」トータル11.0億円辺りというところか。

【予告編・TVCM】 量・多/デキ・普
津波のシーンは迫力があるが、もうちょっと感動作ということを込めてもよかったか。
扱うテーマ的に難しいかもしれないが、全体像も分かりにくい。

【支持基盤・ターゲット】 全般
イーストウッド監督作品であり、年配層が中心となりそうだが、題材的には女性層や若年層も鑑賞できそうだ。

【同時期に公開された近年の作品】 
<2010>
☆「インビクタス」トータル8.6億円(オープニング2日1.3億円)
☆「バレンタインデー」トータル4.1億円(オープニング2日1.1億円)
☆「恋するベーカリー」トータル4.8億円(オープニング2日0.8億円)
☆「パーシー・ジャクソン~」トータル14.2億円(オープニング2日3.0億円)
<2009>
☆「マンマ・ミーア!」トータル26.0億円(オープニング2日3.5億円)
☆「ベンジャミン・バトン」トータル24.0億円(オープニング3.2億円)
☆「チェンジリング」トータル12.8億円(オープニング2日1.8億円)
☆「7つの贈り物」トータル7.9億円(オープニング1.6億円)
「インビクタス」「チェンジリング」と比較的同じ時期に公開されるようだ。

【評価・予想】 12.0億円(オープニング1.8億円)
製作費5千万ドルのところ、アメリカでは33百万ドルしか稼げなかった。
ただ、「グラン・トリノ」は148百万ドルを稼いだが、「チェンジリング」「インビクタス」とともに3千万ドル台であり、アメリカでは妥当なラインかもしれない。
アメリカでの低調さはあまり考慮する必要はなさそうだ。
マット・デイモン主演・イーストウッド監督作品であり、二桁前後の需要はあるだろう。
「インビクタス」は稼げなかったが、題材的に女性層や年配層に避けられたかもしれない。
今回は「チェンジリング」トータル12.8億円、「グラン・トリノ」トータル11.0億円と同程度は稼げそうだ。
「最高の人生の見つけ方」トータル13.5億円、「P.S.アイラヴユー」トータル11.0億円辺りも参考となるだろう。
「ヒア アフター」の興行収入は12.0億円と予想したい。
オープニングは1.8億円というところか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。