ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(2月3週目その4)

11位:「男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW」(東映)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 1億円未満
【公開規模】 103スクリーン
1.9千万円のオープニングを飾った。
スター不在の血なまぐさい映画がヒットするわけがないと分かっていたので、予想はしなかった。
作品の良し悪しの問題ではなくて、今の日本には向いていないと思う。
1億円を超えることは難しいか。
スクリーン数が少ないとはいえ、東映は「ジーン・ワルツ」が大コケし、「ゴセイジャー」もイマイチ、「相棒」も前作を下回る結果になりそうであり、かなりヤバイことになっている。
「ライダー」や「プリキュア」はいつも通り働くだろうが、「ワンピース」はコケられないところだ。


12位:「白夜行」(GAGA)<4週目>
【公開前個人予想】 5.0億円
【現時点での興行収入予想】 4億円半ば(OP時~2週目5.0億円)
【公開規模】 208スクリーン(先週比-2スクリーン)
1.9千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは3.7億円となっている。
1週間の伸びは5.4千万円半ば程度だろうか。
このままではやはり厳しい結果となりそうだ。
①過去にドラマ化されている、②堀北真希主演作、③作品的に暗いなどということもあり、ヒットは望みにくかった。
東野圭吾原作ということもあり、年配層が見てくれればよいが、堀北真希主演作では敬遠されるだろう。

去年公開された以下の作品に勝てればよいのではないか。
☆10年「FLOWERS」
OP0.5→2.0→2.9→3.6→
☆10年「雷桜」
金0.9→2.3→3.3→3.8→
☆11年「白夜行」
OP0.8→2.3→3.2→3.7億円→
「雷桜」と同じようなペースとなっている。
4億円台というところか。
相手は東宝作品なので、相手に不足はないだろう。

「白夜行」3.7億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「矢島美容室」3.6億円(トータル3.9億円)
☆「flowers」3.6億円
☆「雷桜」3.8億円
☆「てぃだかんかん」3.3億円
<2009>
☆「風が強く吹いている」祝3.8億円(トータル4.5億円)
☆「ヴィヨンの妻」3.5億円
☆「重力ピエロ」3.4億円
これらとの対比で考えると、「白夜行」の興行収入は4.0~4.4億円となる。

マックス4億円台、ミニマム3億円台というところか。
平日にも稼げそうなので、ある程度の伸びは加味したいところだが、4億円台となりそうだ。
「白夜行」の興行収入は先週に引き続き4億円半ばと予想したい。
OP~2週目まで5.0億円と予想していたが、そこまでの伸びはないだろう。
残り7~8千万円程度は稼げるだろう。
公開前個人予想は5.0億円だったので、当たりそうだ。
堀北真希は自身の幅を広げようと頑張っているとは思うが、頑張りだけでは高い興行収入にはならない。
彼女の人気だけでは限界があり、この程度でも仕方のない結果といえる。


13位:「相棒-劇場版Ⅱ-警視庁占拠!特命係の一番長い夜」(東映・テレビ朝日)<9週目>
【公開前個人予想】 52.0億円
【現時点での興行収入予想】 32億円台(7~8週目34億円台、6週目~38.0億円)
【配給会社・大手ネット期待値等】『男たちの大和』(51.1億円)越えも十分にありえる
【公開規模】 285スクリーン(先週比-21スクリーン)
1.8千万円を週末に稼ぎ、トータルでは30.9億円弱となっている。
1週間の伸びは4.3千万円弱程度だろうか。
30億円はなんとか突破している。
悪い成績ではないが、爆発しているという印象がない。
週毎の動きは以下のとおり。
OP4日5.8→2週目6.6→3週目8.4→4週目3.0→5週目2.6→6週目1.9→7週目1.3→8週目0.9→9週目0.4億円となる。
大きくは稼げていないが、4週目以降も大きな落ち込みはないことは評価できる。

シリーズ作品は以下のとおり。
☆08年「相棒」トータル44.4億円
5週目36.2→38.9→40.7→42.2→43.1→43.7
☆09年「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」トータル7.7億円
☆10年「相棒-劇場版Ⅱ-」
5週目26.4→28.3→29.6→30.5→30.9億円→
08年「相棒」との対比で考えると、「相棒-劇場版Ⅱ-」の興行収入は31.8億円となる。
公開前には前作を余裕で超えると思ったのだが、興行収入というものは分からないものだ。

事件モノドラマの映画化作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年「HERO」トータル81.5億円(視聴率34.2%)
5週目祝66.6→70.5→73.8→76.3→78.2
☆10年「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」トータル73.1億円
5週目52.5→57.2→63.4→66.8→68.8
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円(視聴率21.9%)
5週目祝37.4→40.7→43.1→祝45.7→46.9
☆10年「相棒-劇場版Ⅱ-」
5週目26.4→28.3→29.6→30.5→30.9億円→
これらとの対比で考えると、「相棒-劇場版Ⅱ-」の興行収入は32.2~32.8億円となる。
まだまだ粘りそうではあるが、この辺りが落ち着きどころか。

マックス33億円、ミニマム32億円となるか。
伸びはまだまだ続くと期待できるが、「相棒-劇場版Ⅱ-」の興行収入は32億円台と予想したい。
6週目まで38.0億円、8週目まで34億円台と予想していたが、期待が高すぎた。
現在放送中のドラマの視聴率も過去最高を記録しているようであり、勢いはまだまだ止まらないとは思うのだが、高い期待を込めるのは厳しそうだ。
残り1億円以上は稼げるだろう。
公開前個人予想は52.0億円だったので、ハズレとなる。
32億円を稼げたとしても、「相棒」トータル44.4億円から3割弱の減少となる。
現在の人気を考えると、増えることはあっても減ることはないと思ったが、難しいものだ。


14位:「洋菓子店コアンドル」(アスミック)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 1億円台
【公開規模】 100スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.6千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは0.8億円半ばとなっている。
1週間の伸びは4.9千万円弱程度だろうか。
スクリーン数も少なく、ランキングできる作品ではないので、公開前の予想はしなかった。
「洋菓子店コアンドル」の興行収入は先週に引き続き1億円台と予想したい。
悪い映画ではないと思うが、ヒットできる作品でもない。
ヒットできる作品ではないので、拡大公開もしていないということだろう。
配給会社はよく分かっているのかもしれない。


順位不明:「グリーン・ホーネット」(ソニー)<5週目>
【公開前個人予想】 6.0億円
【現時点での興行収入予想】 5億円半ば(OP時6億円台)
【公開規模】 313スクリーン(先週比-75スクリーン)
1.2千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは5.4億円となっている。
1週間の伸びは3.2千万円程度だろうか。
日本では知名度のない主演作品であり、さすがに日本では厳しい。
3D単価でなければ、悲惨だっただろう。
いまだに300スクリーン以上をキープしていることが不思議だ。

本作はアメコミ作品ではないが、ヒーローモノが参考になるか。
☆08年「ダークナイト」トータル16.0億円
先3.3→9.4→12.1→13.7→14.8→15.3→15.6
☆06年「スーパーマン リターンズ」トータル15.0億円
先3.7→7.9→10.9→12.3→13.2
☆10年「アイアンマン2」トータル12.0億円
金3.4→6.9→9.1→10.5→
☆09年「G.I.ジョー」トータル10.5億円
金3日2.3→6.6→8.5
☆06年「Vフォー・ヴェンデッタ」トータル10.0億円
OP1.5→4.6→7.7→8.6
☆08年「アイアンマン」トータル9.4億円
OP2.1→5.2→7.0→8.2→8.8→9.1
☆07年「ファンタスティック・フォー/銀河の危機」トータル9.2億円
金2.5→5.9→7.6→8.8
☆09年「ウルヴァリン X-MEN ZERO」トータル8.9億円
金2.3→4.8→7.3→8.3
☆11年「グリーン・ホーネット」
OP1.5→3.4→4.4→5.1→5.4億円→
これらとの対比で考えると、「グリーン・ホーネット」の興行収入は5.7~6.1億円となる。
この対比を下回るだろう。
どうやら5億円台となりそうだ。

「グリーン・ホーネット」5.4億円と同程度の5週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「エクリプス/トワイライト・サーガ」5.4億円
<2009>
☆「トランスポーター3」5.6億円(トータル6.7億円)
☆「スター・トレック」5.6億円(トータル6.0億円)
☆「THE 4TH KIND」5.2億円(トータル5.5億円)
これらとの対比で考えると、「グリーン・ホーネット」の興行収入は5.7~6.5億円となる。
マックス6億円、ミニマム5億円程度か。
もはや伸びはないだろう。
「グリーン・ホーネット」の興行収入は先週に引き続き5億円半ばと予想したい。
もはや1~2千万円程度の上乗しかできないだろう。
OP時には6億円台と予想したが、そこまで伸びないだろう。
公開前個人予想は6.0億円だったので、当たりそうだ。
この手の日本での知名度が低い主演の作品は、この程度でも仕方がないだろう。


順位不明:「ザ・タウン」(ワーナー)<3週目>
【公開前個人予想】 5.0億円
【現時点での興行収入予想】 2億円台
【公開規模】 先週261スクリーン
トータルでは1.9億円となっている。
1週間の伸びは4千万円程度だろうか。
公開前は『本来ならば2~3億円程度の映画と思われる。伸びがありそうなので、「ザ・タウン」の興行収入は5.0億円と予想したい』と書いたが、やっぱり2~3億円の映画だったようだ。
ベン・アフレック監督デビュー作はDVDスルーされたように、高い興行収入を稼げる作品ではないようだ。
ただ、アメリカでは92百万ドルというヒット作品となっている。
「アンストッパブル」トータル81百万ドル、「ナイト&デイ」トータル76百万ドル、「バイオハザード」トータル60百万ドルを大きく超えているのだが、日本では難しいようだ。

参考になりそうな作品は以下のとおり。
☆07年公開「ディパーテッド」トータル15.6億円
OP2.9→7.1→9.9→11.7→13.0→13.8
☆08年公開「アメリカン・ギャングスター」トータル10.5億円
金2.4→5.4→7.7→8.9→不明→10.1
☆04年公開「ミスティック・リバー」10.0億円
OP1.4→3.8→5.2→6.8→7.9
☆09年公開「パブリック・エネミーズ」トータル8.1億円
OP1.5→3.8→5.6→6.5
☆11年公開「ザ・タウン」
OP0.5→1.5→1.9億円→
主要作品との対比で考えると、「ザ・タウン」の興行収入は2.6~3.7億円となる。
アカデミー賞作品賞にノミネートされているわけでもなく、高い伸びはないだろう。
助演男優賞を取れれば、多少は伸びるかもしれないが、それは期待しにくい。

「ザ・タウン」1.9億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「噂のモーガン夫妻」2.3億円(トータル3.0億円)
☆「パリより愛をこめて」2.2億円
<2009>
☆「男と女の不都合な真実」2.2億円(トータル2.9億円)
☆「ザ・バンク」2.0億円
☆「ファイナル・デッドサーキット」1.7億円
これらのような微妙な作品と肩を並べるとは思わなかった。
マックス3億円、ミニマム2億円だろう。
多少は伸びると思うので、「ザ・タウン」の興行収入は先週に引き続き2億円台と予想したい。
2億円半ば程度が落ち着きどころか。
公開前個人予想は5.0億円だったので、ハズれとなりそうだ。
アメリカで絶賛されていたので、期待が高すぎたようだ。
実際、作品自体は悪くはないが、伸びてはこないだろう。


順位不明:「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕」(東映・テレビ朝日)<5週目>
【公開前個人予想】 6.5億円
【現時点での興行収入予想】 3億円後半(OP~2週目4億円台)
【公開規模】 先週257スクリーン
トータルでは3.5億円となっている。
1週間の伸びは2千万円程度だろうか。
これでも黒字だろうが、「ライダー」とは異なり、イマイチの成績となっている。

シリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー」トータル3.1億円
OP0.9→1.8→
☆10年「侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー」トータル4.7億円
OP1.5→2.6→3.6→4.1→4.5
☆11年「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー」
OP1.1→2.1→2.8→3.3→3.5億円→
これらとの対比で考えると、「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー」の興行収入は3.7億円となる。
この時期の特撮シリーズも定番となりつつあると思ったが、それほど簡単にはいかないようだ。
10年以下、09年以上となり、4億円の突破は難しそうだ。
スクリーン数はかなり増えているのだが、全体のパイは変わらないということか。

夏や正月の「ライダー」シリーズと比べるのは酷なので、春や秋に公開されたライダー作品の興行収入は以下の通り。
☆08年春「電王&キバ クライマックス刑事」トータル7.4億円
OP1.9→3.7→4.7→5.9→6.7
☆08年秋「さらば電王 ファイナル・カウントダウン」トータル7.2億円
OP1.8→3.4→5.0→5.8
☆09年GW「超・電王&ディケイド NEOジェネレーションズ」トータル7.8億円
水6日4.7(OP1.7)→5.5→6.4→6.8
☆10年 第1弾「EPISODE RED ゼロのスタートウィンクル」
OP2.3→4.0→(トータル4.7億円見込み)
☆10年 第2弾「EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル」
OP1.9→3.4→3.9→(トータル4億円見込み)
☆10年 第3弾「EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ」
OP2.0→3.5→4.1→
☆11年「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー」
OP1.1→2.1→2.8→3.3→3.5億円→
これらとの対比で考えると、「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー」の興行収入は3.9億円となる。
「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー」の興行収入は先週に引き続き3億円後半と予想したい。
2週目まで4億円台と予想していたが、そこまでの伸びがなかった。
残り2千万円程度の上乗せは可能だろう。
公開前個人予想は6.5億円だったので、予想が高すぎた。
過去よりもスクリーン数がかなり増えているので、高めに予想せざるを得なかった。
さすがに「ライダー」シリーズほどの人気はないようだ。


順位不明:「ジーン・ワルツ」(東映)<3週目>
【公開前個人予想】 6.5億円
【現時点での興行収入予想】 2億円前半(OP~2週目2億円台)
【公開規模】 先週201スクリーン
トータルでは1.6億円となっている。
1週間の伸びは4千万円程度だろうか。
いくら東映作品だからといって、ここまで酷いことになるという発想はなかった。
ある程度の人気がある菅野美穂主演作であり、ある程度の知名度がある海堂尊原作作品である。

本作は、「チーム・バチスタの栄光」で有名な海堂尊の原作作品である。
シリアスな雰囲気もあるので、医療モノの「孤高のメス」も参考となるか。
☆08年「チーム・バチスタの栄光」トータル15.6億円
祝3日3.9→7.5→10.4→12.8→13.9→14.5→14.9
☆09年「ジェネラル・ルージュの凱旋」トータル9.0億円
OP1.5→4.3→6.3→7.4→8.1→08.5
☆10年「孤高のメス」トータル5.0億円
OP0.7→2.3→3.4→4.1→4.6→
☆11年「ジーン・ワルツ」
OP0.4→1.2→1.6億円→
これらとの対比で考えると、「ジーン・ワルツ」の興行収入は2.3~2.4億円となる。
この対比は下回りそうだが、どうやら2億円台となりそうだ。
まさか1億円台では止まらないだろう。

「ジーン・ワルツ」1.6億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「パラノーマル・アクティビティ第2章」1.6億円
☆「ちょんまげぷりん」1.5億円(トータル3.0億円)
☆「瞬 またたき」1.6億円
☆「君が踊る、夏」1.6億円
☆「さらば愛しの大統領」1.5億円
<2009>
☆「引き出しの中のラブレター」1.5億円
海堂尊の原作作品でなければ、これらと同程度になるのは分かるが、理解に苦しむ。
「ジーン・ワルツ」の興行収入は2億円前半と予想したい。
残り4千万円程度は上乗せできるだろう。
先週まで2億円台と予想していたが、今後大きく伸びることはないだろう。
公開前個人予想は6.5億円だったので、当然ハズれとなる。
地味な作品なのは分かるが、いったい何が理由でここまで壮絶にコケたのだろうか。
宣伝もそれなりに打っており、デキは良くないらしいが、内容も多少気になるはずだ。


順位不明:「犬とあなたの物語 いぬのえいが」(アスミック)<5週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 1億円後半(OP~2週目2億円台)
トータルでは1.6億円となっている。
1週間の伸びは1千万円程度だろうか。
動物モノは比較的当たりやすいが、本作はメジャー系ではない。
オムニバス系で内容もよく分からないのでヒットしそうもないと考えて予想はしなかったが、その予想は当たったようだ。
もはや高い伸びはなさそうなので、動物モノと比較しても仕方がないだろう。

「犬とあなたの物語 いぬのえいが」1.6億円と同程度の5週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「パラノーマル・アクティビティ 第2章/TOKYO NIGHT」2.0億円
<2009>
☆「レイン・フォール」1.3億円
微妙な作品と肩を並んでいる。
比較的粘りはありそうなので、「犬とあなたの物語 いぬのえいが」の興行収入は先週に引き続き1億円後半と予想したい。
2週目まで2億円台と予想していたが、あと4千万円の上乗せは厳しいだろう。
豪華キャストや動物モノという題材を踏まえると、ヒットとはいえないが、スクリーン数などを踏まえると、この程度でも仕方がないのか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。