ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる映画ニュース(3月第1週目)

☆スーパーマンの育ての母親がダイアン・レインに決定
イメージは違うような気もするが、ビッグネームなので悪くはない。
育ての父親役がケヴィン・コスナーという噂もあるが、育ての両親の映画に対するウェイトはそれほど大きいのだろうか。
悪役のゾッド将軍役にはヴィゴ・モーテンセンが有力とされているようだ。
主役の知名度が低い分、多くの実力ビッグネームを揃えているというイメージ。
揃えるのはよいが、主役の影が薄くならないようにしないといけない。


☆「バイオハザード」第5弾の製作が決定
2012年9月公開予定。
アメリカでの興行収入は平行線を辿っているが、日本であれだけヒットしたら、このようなこととなるだろう。


☆「デビルメイクライ」が映画化
監督やキャストなどは決まっていない。
その昔「ファイナル・ファンタジー」が映画化されたが、製作時期が早すぎたのかもしれない。
そろそろこちらを再映画化してもよいのではないか。
プレーしたことはないが、「メタルギアソリッド」辺りも映画化されないだろうか。


☆「ロボコップ」のリメイク作品の監督が決定か
ダーレン・アロノフスキーが監督を行うという企画もあったが頓挫していた。
ジョゼ・パジーリャというブラジル人監督が起用される見通しとなっている。
国際映画祭での評価も高く、ブラジルでもヒットを飛ばしているようだ。


☆「ブレードランナー」の前編及び続編が製作か
面白い企画ではあるが、ファンが多い作品だけにあまり手をつけない方がよいのではないか。
あの作品はあれで全て完結しているはずだ。

☆ハリウッド版忠臣蔵「47 RONIN」の出演者が明らかに
2012年冬頃に公開予定となっている。
キアヌ・リーヴス主演作の3Dアクション。
監督はカール・エリク・リンシュ。
長編初監督となり、CM出身者らしい。
日本人からは、真田広之、柴咲コウ、浅野忠信、菊地凛子などが出演するようだ。
「ラストサムライ」の渡辺謙、小雪というインパクトにはやや欠けるものの、現時点の一流どころを揃えたという印象。
日本では確実に大ヒットするだろう。


☆「こち亀」の映画化の出演者が明らかに
2011年夏公開予定。
レギュラーメンバーに加えて、深田恭子、谷原章介、沢村一樹、夏八木勲、平田満などが出演することとなった。
深田恭子は嫌いではないが、これではまだ弱いような気がする。
SMAPメンバーはもちろんのこと、他のジャニーズメンバーも動員した方がいいのではないか。


☆「怪物くん」の映画化の出演者が明らかに
2011年冬公開予定。
レギュラーメンバーに加えて、上川隆也と北村一輝などが出演することとなった。
誰が出演しようと構わないが、若年層向けの作品なのだから、彼らの注目が集まるキャスティングの方がよいのではないか。
もちろんまだまだ隠し玉があると思いたいものだ。


☆「アカデミー賞」結果発表
以下のとおりとなった。

【作品賞】
「127時間」
「インセプション」
「Winter's Bone」
「英国王のスピーチ」
「キッズ・オールライト」
「ソーシャル・ネットワーク」
「ザ・ファイター」
「ブラック・スワン」
「トイ・ストーリー3」
「トゥルー・グリット」
《予想》「ソーシャル・ネットワーク」
《結果》「英国王のスピーチ」
去年も先行していた「アバター」が「ハート・ロッカー」に差されるという状況だったが、今年も先行していた「ソーシャル・ネットワーク」を、発表前に盛り上がりをみせた「英国王のスピーチ」が差し切るという結果となった。
「ソーシャル・ネットワーク」は、誰が見ても素晴らしい作品というレベルではなかったことも要因か。


【監督賞】
ダーレン・アロノフスキー監督(「ブラック・スワン」)
ジョエル&イーサン・コーエン監督(「トゥルー・グリット」)
デビッド・フィンチャー監督(「ソーシャル・ネットワーク」)
トム・フーパー監督(「英国王のスピーチ」)
デビッド・O・ラッセル監督(「ザ・ファイター」)
《予想》デビッド・フィンチャー
《結果》トム・フーパー
トム・フーパーはキャリアが足りないので受賞は厳しいと思ったが、イギリス人監督という知名度のなさのため、逆に助けられたか。
作品賞は「英国王のスピーチ」、監督賞はデビッド・フィンチャーというように分けてもよかったかもしれない。


【主演男優賞】
コリン・ファース(「英国王のスピーチ」)
ジェームズ・フランコ(「127時間」)
ジェフ・ブリッジス(「トゥルー・グリット」)
ジェシー・アイゼンバーグ(「ソーシャル・ネットワーク」)
ハビエル・バルデム(「ビューティフル BIUTIFUL」)
《予想》コリン・ファース
《結果》コリン・ファース
今年は堅かった。
他の者は受賞済みか、若すぎる。


【主演女優賞】
アネット・ベニング(「キッズ・オールライト」)
ニコール・キッドマン(「Rabbit Hole」)
ジェニファー・ローレンス(「Winter's Bone」)
ナタリー・ポートマン(「ブラック・スワン」)
ミシェル・ウィリアムズ(「ブルーバレンタイン」)
《予想》ナタリー・ポートマン
《結果》ナタリー・ポートマン
こちらも今年は堅かった。
他の者の作品が小作品すぎることも助かったかもしれない。
アネット・ベニングはいつ受賞できるのだろうか。


【助演男優賞】
ジェフリー・ラッシュ(「英国王のスピーチ」)
クリスチャン・ベール(「ザ・ファイター」)
ジェレミー・レナー(「ザ・タウン」)
マーク・ラファロ(「キッズ・オールライト」)
ジョン・ホークス(「Winter's Bone」)
《予想》ジェフリー・ラッシュ
《結果》クリスチャン・ベール
クリスチャン・ベールが本命視されていたが、彼にはちょっと早いと思っていた。
意外とすんなりと受賞してしまった。


【助演女優賞】
エイミー・アダムス(「ザ・ファイター」)
ヘレナ・ボナム・カーター(「英国王のスピーチ」)
メリッサ・レオ(「ザ・ファイター」)
ヘイリー・スタインフェルド(「トゥルー・グリット」)
ジャッキー・ウィーバー (「Animal Kingdom」)
《予想》メリッサ・レオ
《結果》メリッサ・レオ
「フローズン・リバー」でも評価されたメリッサ・レオが順当に受賞。
エイミー・アダムスは次回がそろそろチャンスか。


【長編アニメーション賞】
「イリュージョニスト」
「トイ・ストーリー3」
「ヒックとドラゴン」
《予想》「トイ・ストーリー3」
《結果》「トイ・ストーリー3」
作品賞にもノミネートされていた「トイ・ストーリー3」が順当に受賞。
「ヒックとドラゴン」にとっては相手が悪すぎた。
そろそろノミネート枠を5作品にした方がよいのではないか。


【外国語映画賞】
「Hors La Loi」(アルジェリア)
「Incendies」(カナダ)
「In a Better World」(デンマーク)
「Dogtooth」(ギリシャ)
「ビューティフル BIUTIFUL」(メキシコ)
《予想》「In a Better World」
《結果》「In a Better World」
ゴールデン・グローブ賞を受賞したデンマーク映画がやはりそのまま受賞となった。
どのような作品かは分からない。


【視覚効果賞】
「アリス・イン・ワンダーランド」
「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」
「ヒア アフター」
「インセプション」
「アイアンマン2」
《予想》「インセプション」
《結果》「インセプション」
今年からノミネート作品が5作品に増えたはず。
作品賞にもノミネートされた「インセプション」が受賞した。

全体的にはサプライズもなく、面白みには欠ける結果となった。
司会者のせいにされているが、視聴率も大幅ダウンしたのはこのような結果だからだろう。


☆「ゴールデン・ラズベリー賞」結果発表
以下のとおりとなった。

【最低映画賞】
「バウンティー・ハンター」
「エアベンダー」
「セックス・アンド・ザ・シティ2」
「エクリプス/トワイライト・サーガ」
「ほぼトワイライト」
《予想》「エクリプス/トワイライト・サーガ」
《結果》「エアベンダー」
この中では「エアベンダー」しか見ていないが、それほど悪くはなかった気がする。
もちろん面白い映画ではないが、つまらない映画でもなく、平凡といえる作品といえる。
他を見ていないのでなんとも言えないが、受賞には納得はいかない。


【最低男優賞】
ジャック・ブラック「ガリバー旅行記」
ジェラルド・バトラー「バウンティー・ハンター」
アシュトン・カッチャー「キス&キル」「バレンタインデー」
テイラー・ロートナー「エクリプス/トワイライト・サーガ」「バレンタインデー」
ロバート・パティンソン「エクリプス/トワイライト・サーガ」
《予想》ロバート・パティンソン
《結果》アシュトン・カッチャー
「エクリプス/トワイライト・サーガ」勢の一騎打ちではないかと思ったが、何故いまさらアシュトン・カッチャーなのだろうか。


【最低女優賞】
ジェニファー・アニストン「バウンティー・ハンター」「ザ・スイッチ」
マイリー・サイラス「ラスト・ソング」
サラ・ジェシカ・パーカー、キム・キャトラル、クリスティン・デイヴィス、シンシア・ニクソン「セックス・アンド・ザ・シティ2」
ミーガン・フォックス「ジョナ・ヘックス」
クリステン・スチュワート「エクリプス/トワイライト・サーガ」
《予想》クリステン・スチュワート
《結果》サラ・ジェシカ・パーカー、キム・キャトラル、クリスティン・デイヴィス、シンシア・ニクソン
誰が受賞してもおかしくはないとは思ったが、「セックス・アンド・ザ・シティ2」がここで来るとは思わなかった。


【最低助演女優賞】
ジェシカ・アルバ「キラー・インサイド・ミー」「リトル・フォッカーズ」「マチェーテ」「バレンタインデー」
シェール「バーレスク」
ライザ・ミネリ「セックス・アンド・ザ・シティ2」
ニコラ・ペルツ「エアベンダー」
バーブラ・ストライサンド「リトル・フォッカーズ」
《予想》バーブラ・ストライサンド
《結果》ジェシカ・アルバ
受賞するのは「リトル・フォッカーズ」のどちらかではないかと予想したが、ジェシカ・アルバの方だったか。
貫禄のあるバーブラ・ストライサンドの上だろう。


【最低助演男優賞】
ビリー・レイ・サイラス「ダブル・ミッション」
ジョージ・ロペス「マルマデューク」「ダブル・ミッション」「バレンタインデー」
デヴ・パテル「エアベンダー」
ジャクソン・ラスボーン「エアベンダー」「エクリプス/トワイライト・サーガ」
ロブ・シュナイダー「アダルトボーイズ青春白書」
《予想》ジャクソン・ラスボーン
《結果》ジャクソン・ラスボーン
どのような人なのかよく知らないが、「エアベンダー」「エクリプス/トワイライト・サーガ」の両方に出演しているという選択眼のなさが評価されたのだろう。


【最低カップル賞】
ジェニファー・アニストンとジェラルド・バトラー「バウンティー・ハンター」
ジョシュ・ブローリンの顔面とミーガン・フォックスの発音「ジョナ・ヘックス」
「エアベンダー」の全キャスト
「セックス・アンド・ザ・シティ2」の全キャスト
「エクリプス/トワイライト・サーガ」の全キャスト
《予想》ジョシュ・ブローリンとミーガン・フォックス
《結果》「セックス・アンド・ザ・シティ2」の全キャスト
誰が受賞してもおかしくない戦いと思ったが、ここでも「セックス・アンド・ザ・シティ2」が来た。
人気のある作品ではないのか。


【最低リメイク、続編、前編、テレビ映画賞】
「タイタンの戦い」
「エアベンダー」
「セックス・アンド・ザ・シティ2」
「エクリプス/トワイライト・サーガ」
「ほぼトワイライト」
《予想》「エアベンダー」
《結果》「セックス・アンド・ザ・シティ2」
この辺りで「エアベンダー」がそろそろ受賞しそうだと予想したが、またもや「セックス・アンド・ザ・シティ2」が来た。


【最低監督賞】
ジェイソン・フリードバーグとアーロン・セルツァー「ほぼトワイライト」
マイケル・パトリック・キング「セックス・アンド・ザ・シティ2」
M・ナイト・シャマラン「エアベンダー」
デヴィッド・スレイド「エクリプス/トワイライト・サーガ」
シルヴェスター・スタローン「エクスペンダブルズ」
《予想》M・ナイト・シャマラン
《結果》M・ナイト・シャマラン
M・ナイト・シャマランは本当に愛されているようだ。


【最低脚本賞】
「エアベンダー」
「リトル・フォッカーズ」
「セックス・アンド・ザ・シティ2」
「エクリプス/トワイライト・サーガ」
「ほぼトワイライト」
《予想》「セックス・アンド・ザ・シティ2」
《結果》「エアベンダー」
この辺りで「セックス・アンド・ザ・シティ2」が受賞するかと予想したが、裏目にでる。
「エアベンダー」の脚本はそれほど悪くはないと思うのだが。


【最も3Dの使い方が間違っている映画賞(2010年の特別枠)】
「キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争」
「タイタンの戦い」
「エアベンダー」
「ザ・ナットクラッカー・イン・3D」
「ソウ ザ・ファイナル 3D」
《予想》「タイタンの戦い」
《結果》「エアベンダー」
「タイタンの戦い」がかなり叩かれたので、この賞を受賞するのではないかと予想したが、「エアベンダー」の人気には勝てなかった。


良い映画ではないが、「エアベンダー」が叩かれすぎという印象。
「エクリプス/トワイライト・サーガ」が何故か受賞されなかった。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。