ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(3月4週目その4)

12位:「GANTZ」(東宝・日本テレビ)<9週目>
【公開前個人予想】 28.5億円
【現時点での興行収入予想】 (5~6週目33~34億円、OP時~4週目35~36億円)
【配給会社・大手ネット期待値等】 最終興収40億円も狙える大ヒットスタート
【公開規模】 257スクリーン(先週比+20スクリーン)
2.2千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは32.9億円となっている。
祝日を含めた1週間の伸びは6.4千万円程度だろうか。
30億円を楽に突破した。
それほど盛り上がっているイメージはないが、さすがにこの手のジャンル・この手の俳優の人気は高い。
製作費40億円以上という噂があり、二作合計で80億円程度を稼げないと元を取るのは難しいが、どうなるだろうか。
評価は思ったよりも悪くはなさそうなので、ある程度の伸びは加味する必要がある。

松山ケンイチ主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「L change the WorLd」トータル31.0億円
OP05.7→14.6→19.9→24.3→26.8→28.5
☆08年「デトロイト・メタル・シティ」トータル23.4億円
OP03.5→10.2→14.5→祝18.2→20.1→21.7
☆09年「カムイ外伝」トータル11.2億円
水04.3→05.9→08.1→祝9.6→10.2→10.6
☆10年「ノルウェイの森」
OP01.8→05.3→08.1→9.9→祝11.7→12.4億円→

二宮和也主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「大奥」トータル23.2億円
金4.7→祝11.7→15.1→18.1→20.0→21.6
☆11年「GANTZ」
OP05.9→14.6→21.2→25.3→28.4→30.5→31.6→32.2→32.9億円→
これらを大きく超えている。
33~34億円が落ち着きどころか。

「マンガの映画化」の興行収入は以下のとおり。
(「漫画→ドラマ→映画」「恋愛モノ」などを除く)
☆08年「L change the WorLd」トータル31.0億円(※参考)
OP5.7→14.6→19.9→24.3→26.8→28.5→29.7
☆08年「20世紀少年-第1章-終わりの始まり」トータル39.5億円
OP6.3→15.6→祝込24.0→28.1→32.5→34.8→祝込36.6→37.4→37.9
☆09年「20世紀少年-第2章-最後の希望」トータル30.1億円
OP6.2→13.4→19.5→23.0→25.8→27.3
☆09年「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」トータル44.1億円
OP8.7→21.3→27.9→32.4→38.7→40.7→祝込42.2→42.7
☆09年「クローズZERO Ⅱ」トータル30.2億円
OP5.7→13.3→18.2→22.4→26.5→27.9→28.8→29.4
☆11年「GANTZ」
OP5.9→14.6→21.2→25.3→28.4→30.5→31.6→32.2→32.9億円→
「クローズZERO Ⅱ」「20世紀少年-第2章-最後の希望」「L change the WorLd」以上、「20世紀少年-第1章-終わりの始まり」以下となりそうだ。
「20世紀少年-第1章-終わりの始まり」対比で考えると、「GANTZ」の興行収入は34.3億円となる。
6週目に『「GANTZ」の興行収入は先週に引き続き33~34億円と予想したい』と書いたが、どこまで伸びるだろうか。
恐らく予想どおりとなりそうだ。
製作費を無視すれば、大ヒットといえるだろう。
公開前個人予想は28.5億円だったので、当たりとはいえない結果となりそうだ。
話題作という割にはそれほど盛り上がりを感じられなかったが、やはりこの手のジャンルは強いようだ。


13位:「ザ・ファイター」(GAGA)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 1億円未満
【公開規模】 60スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.8千万円半ばのオープニングを飾った。
アカデミー賞などの賞レースを賑わしてヒットしたが、日本ではあまり影響はなかったようだ。
1億円を超えるか超えないか程度だろう。
女性受けしそうはないので、超えてこないだろう。


15位:「トゥルー・グリット」(パラマウント)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 1億円台
【公開規模】 39スクリーン(先週比+8スクリーン)
1.6千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは6.7千万円となっている。
祝日を含めた1週間の伸びは4.5千万円程度だろうか。
評価は高い作品だが、スクリーン数が少ないのでヒットにはなりようもない。

コーエン兄弟監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年公開「ノーカントリー」トータル3.5億円
OP0.4→1.3→1.8→2.0→2.4→2.6→2.7
☆09年公開「バーン・アフター・リーディング」トータル6.5億円
金1.4→3.6→5.4→5.9
☆11年公開「トゥルー・グリット」
金0.2→0.7億円→
これらとの対比で考えると、「トゥルー・グリット」の興行収入は1.3~1.9億円となる。
稼げても「ノーカントリー」の半分程度だろうか。
先週に引き続き1億円台と考えたい。
アメリカでは大ヒットしたが、このスクリーン数では仕方がない。


順位不明:「ソーシャル・ネットワーク」(ソニー)<11週目>
【公開前個人予想】 19.5億円
【現時点での興行収入予想】(7~8週目14億円台、OP時~6週目15~16億円)
【公開規模】 13スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.3百万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは13.8億円となっている。
1週間の伸びは5.7百万円程度だろうか。
さすがに10億円は楽に突破している。
アカデミー賞作品賞を受賞すれば、かなり伸びてくるとは思ったが、受賞できなかったので、伸びは止まってしまった。

デビッド・フィンチャー監督作品の興行収入は以下の通り。
☆96年公開「セブン」配給収入26.5億円(※興行収入ではない)
☆00年公開「ファイトクラブ」トータル19.8億円
☆02年公開「パニックルーム」トータル25.0億円
☆07年公開「ゾディアック」トータル4.0億円
☆09年公開「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」トータル24.0億円
OP3.2→10.4→15.0→18.7→20.8→22.3→22.9
☆11年公開「ソーシャル・ネットワーク」
OP1.6→05.1→07.9→09.9→11.4→12.4→13.0→13.6→13.7→13.8→13.8億円→
さすがに「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」がライバルとなることはなかった。

アカデミー賞受賞作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年公開「アメリカン・ビューティ」トータル19.6億円
☆00年公開「グラディエーター」トータル15.6億円
☆02年公開「ビューティフル・マインド」トータル19.9億円
☆03年公開「シカゴ」トータル35.0億円
☆04年公開「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」トータル103.2億円
☆05年公開「ミリオンダラー・ベイビー」トータル13.4億円
OP1.8→5.4→8.0→10.0
☆06年公開「クラッシュ」不明
☆07年公開「ディパーテッド」トータル15.6億円
OP2.9→07.1→09.9→11.7→13.0→13.8
☆08年公開「ノーカントリー」トータル3.5億円
OP0.4→01.3→01.8→02.0→02.4→02.6→02.7→03.0
☆09年公開「スラムドッグ$ミリオネア」トータル13.0億円
OP1.2→03.5→06.1→08.6→09.7→10.3→10.9
☆10年公開「ハート・ロッカー」トータル9.0億円
OP0.4→02.2→03.7→05.1→06.2→06.9→07.3
☆11年公開「ソーシャル・ネットワーク」
OP1.6→05.1→07.9→09.9→11.4→12.4→13.0→13.6→13.7→13.8→13.8億円→
アカデミー賞受賞作品は13~20億円程度となっている。
アカデミー賞は受賞できなかったが、「ミリオンダラー・ベイビー」「スラムドッグ$ミリオネア」には勝てたようだ。
8週目に『アカデミー賞での戦いは終わったが、やや伸びると思われるので、「ソーシャル・ネットワーク」の興行収入は先週に引き続き14億円台と予想したい』と書いたが、厳しそうだ。
13億円後半が落ち着きどころか。
OP時から6週目まで15~16億円という予想だったが、アカデミー賞を獲れるという前提であった。
公開前は19.5億円という予想だったが、期待が高すぎた。
単純な感動作ではないので、作品的には驚くような高い伸びはなかった。
ネット関係でもあり、年配層や女性層の受けは良くないかもしれない。


順位不明:「恋とニュースのつくり方」(パラマウント)<5週目>
【公開前個人予想】 3億円台
【現時点での興行収入予想】 (2週目2億円半ば、OP時3.0億円前後)
トータルでは2.0億円となっている(土日の数字が含まれているか不明)。
1週間の伸びは1千万円程度だろうか。
なんとか2億円に到達したようだ。
「きみに読む物語」「シャーロック・ホームズ」などに出演しているが、日本でレイチェル・マクアダムス主演作がヒットするはずがない。
レディースデイでなんとか稼いで欲しいが、厳しいだろう。

女性向けの洋画作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「食べて、祈って、恋をして」トータル7.5億円
金1.4→4.1→5.4→6.5→7.0→7.2
☆07年「幸せのレシピ」トータル7.0億円
OP1.2→3.5→5.3→6.4
☆08年「ベガスの恋に勝つルール」トータル6.1億円
先1.8→3.8→5.0→5.6→不明→6.0
☆09年「そんな彼なら捨てちゃえば?」トータル4.6億円
OP0.7→2.0→3.0→
☆10年「恋するベーカリー」トータル4.8億円
金1.1→2.8→4.0→
☆10年「バレンタインデー」トータル4.1億円
金1.4→2.8→3.5億円→
☆08年「幸せになるための27のドレス」トータル3.7億円
先0.9→2.0→2.7→3.2
☆09年「あなたは私の婿になる」トータル3~4億円見込み
金0.8→1.9→2.6
☆09年「お買いもの中毒な私!」トータル3億円見込み
OP0.6→1.7→2.4→2.8
☆10年「噂のモーガン夫妻」トータル3.0億円
金0.7(2日0.6)→1.7→2.3→2.8→2.9
☆11年「恋とニュースのつくり方」
金0.6(2日0.5)→1.5→1.8→1.9→2.0億円→
これらよりも低い数字となっている。
ハリソン・フォードも出演しているので安心していたが、現実は厳しかった。
公開2週目に『「恋とニュースのつくり方」の興行収入は3.0億円前後と予想していたが、3億円突破は微妙となりそうだ。2億円半ばと下方修正したい』と書いたが、そこまでは伸びないだろう。
恐らくこのまま2億円前半で終わりそうだ。
公開前個人予想は3億円台だったので、微妙となりそうだ。


順位不明:「あしたのジョー」(東宝・TBS)<7週目>
【公開前個人予想】 15.0億円
【現時点での興行収入予想】(4週目11億円台、3週目12億円前後、OP~2週目13億円台)
トータルでは10.3億円となっている。
1週間の伸びは2千万円程度だろうか。
なんとか10億円は突破した。

山下智久主演作の興行収入は以下のとおり。
☆08年「クロサギ」トータル17.2億円
OP2.9→07.3→10.7→13.3→15.2→16.0→16.4
☆11年「あしたのジョー」
祝3日3.0→6.2→8.2→9.4→9.9→10.1→10.3億円→
「クロサギ」よりはかなり低い。

往年のアニメ作品の実写映画化が続いている。
☆09年「ヤッターマン」トータル31.4億円
OP4.6→10.6→16.4→21.6→26.9→28.2→29.2
☆10年「SPACE BATTLESHIP ヤマト」トータル40億円超見込み
5日9.4→17.6→22.9→27.0→31.6→祝36.8→38.1
☆11年「あしたのジョー」
祝3日3.0→6.2→8.2→9.4→9.9→10.1→10.3億円→
さすがにこれらのようなヒットにはなっていない。

「マンガの映画化」の興行収入は以下のとおり。
(「漫画→ドラマ→映画」「恋愛モノ」などを除く)
☆08年「デトロイト・メタル・シティ」トータル23.4億円
OP3.5→10.2→14.5→祝込18.2→20.1→21.7→22.4→祝22.8
☆09年「カイジ 人生逆転ゲーム」トータル22.5億円
祝3日5.3→10.0→14.1→17.2→19.7→20.9→祝込21.6→21.9
☆10年「BECK」トータル17.6億円
OP3.1→08.3→祝12.5→14.7→16.1→祝16.9→17.1
☆11年「あしたのジョー」
祝3日3.0→6.2→8.2→9.4→9.9→10.1→10.3億円→
「BECK」との対比で考えると、「あしたのジョー」の興行収入は10.6億円となる。
祝日公開の「カイジ 人生逆転ゲーム」との対比では11.1億円となる。
もはや伸びはないと思われるので、恐らく10億円台半ばだろう。
OP時~2週目は13億円台、3週目は12.0億円前後と予想していたが、さすがに伸びはなかった。
公開前個人予想は15.0億円だったが、当たりとはいえそうもない。
もうちょっと話題になるかと思ったが、そういうことはなかった。


順位不明:「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」(東宝・日本テレビ)<7週目>
【公開前個人予想】 7~8億円
【現時点での興行収入予想】 (OP~4週目17~18億円)
【公開規模】 先週216スクリーン
トータルでは14.8億円となっている。
1週間の伸びは3千万円程度だろうか。
15億円が迫ってきている。
公開前に『若年層からも年配層からも受けにくいだろう』と書いたように、年配層が動きそうな作品ではないと考えたが、かなりの年配層が動いているようだ。
実話モノであり、描かれる人物もある程度有名なのだろうか。
年配層が動いてしまい、「真夏のオリオン」のようなことはなかった。
年配向け映画が欠如しており、その辺りの背景もあったか。
ただ、地震の影響で年配層が出歩かなくなったかもしれず、その影響もありそうだ。

戦争映画は「硫黄島からの手紙」「男たちの大和」など、ハマればビッグヒットになるものも多いが、あまり好まれるジャンルでもないと思っている。
以下は戦争モノではないが、これらと同程度となりそうだ。
☆10年「十三人の刺客」トータル16.0億円
OP2.3→7.3→祝11.2→12.7→13.9→
☆10年「武士の家計簿」トータル14億円台見込み
先1.7→5.3→7.7→9.3→10.5→祝12.3→
☆11年「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」
祝3日3.9→8.4→11.3→13.3→14.2→14.5→14.8億円→
年配向けなので、伸びがあるとは思われる。
しかし、20億円を超えるほどではないと思うが、どうなるだろうか。
公開4週目まで『とりあえずは、「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」の興行収入は先週に引き続き17~18億円と予想したい』と書いたが、どこまで伸びるだろうか。
15億円台辺りで止まりそうだ。
公開前個人予想は7~8億円だったので、10億円近くズレた。
この映画がヒットしそうとは思わなかったが、今回はいい勉強になったと思うしかない。


順位不明:「毎日かあさん」(松竹)<8週目>
【公開前個人予想】 3~4億円
【現時点での興行収入予想】 (OP~5週目5億円台)
トータルでは5.4億円となっている。
1週間の伸びは1千万円程度だろうか。
5億円を突破しており、スクリーン数が少ない割には良い成績といえる。
元夫婦の共演という戦略は当たったようだ。

小泉今日子主演作の興行収入は以下のとおり。
☆08年「グーグーだって猫である」トータル3.6億円
OP0.6→1.8→2.5→3.0→3.2
☆11年「毎日かあさん」
OP0.8→2.6→3.7→4.7→5.2→5.3→5.3→5.4億円→
伸びが高いことが分かる。

100スクリーン台のヒューマンドラマ系の興行収入は以下の通り。
☆09年「60歳のラブレター」トータル7.9億円(OP時:189SC)
OP1.0→2.9→4.5→5.9→6.9
☆10年「ソラニン」トータル5.8億円見込み(OP時:108SC)
OP0.9→2.6→3.5→4.1→4.5
☆10年「人間失格」トータル5.4億円見込み(OP時:154SC)
OP0.8→2.5→3.7→4.9
☆11年「毎日かあさん」
OP0.8→2.6→3.7→4.7→5.2→5.3→5.3→5.4億円→
オープニングから『かなりの伸びはありそうだが、「毎日かあさん」の興行収入は先週に引き続き5億円台と予想したい』と書いたが、その通りとなりそうだ。
ヒットを受けて、松竹はこのままのスクリーンでいくのか、拡大公開するのかどうか気になるところだったが、スクリーン数が増えなかったようだ。
公開前個人予想は3~4億円だったので、予想よりも高かった。
スクリーン数が少なかったが、さすがに話題作ということがあったようだ。


順位不明:「わさお」(東映)<4週目>
【公開前個人予想】 3億円台
【現時点での興行収入予想】 (OP時3億円前半)
トータルでは2.0億円となっている。
1週間の伸びは3千万円程度だろうか。
2億円はなんとか到達したようだ。
稼げる動物モノではあるが、さすがにヒットするような作品ではない。

「動物モノ」の興行収入は以下の通り。
☆04年「クイール」(松竹)トータル22.2億円
OP2.4→6.8→10.9→15.6→17.9
☆06年「子ぎづねヘレン」(松竹)トータル17.8億円
OP1.7→5.6→10.5→13.9→15.4
☆07年「マリと子犬の物語」(東宝)トータル31.8億円
OP2.8→7.4→祝12.0→不明→23.1
☆08年「犬と私の10の約束」(松竹)トータル15.2億円
OP1.8→5.2→8.5→11.5→12.9
☆09年公開「HACHI 約束の犬」トータル19.7億円(※参考)
OP2.2→8.8→13.2→16.0→17.7→18.6
☆09年「ウルルの森の物語」(東宝)トータル5.6億円
OP0.6→不明→3.1→祝込4.7→5.1
☆10年「きな子~見習い警察犬の物語~」(松竹)トータル7.1億円
先1.3→3.8→5.3→6.1→6.6→
☆11年「犬とあなたの物語 いぬのえいが」(アスミック)
OP0.4→1.0→1.3→1.5→1.6
☆11年「わさお」
先0.6→1.4→1.7→2.0億円→
同じく先行公開された「きな子」との対比で考えると、「わさお」の興行収入は2.3億円となる。
オープニング時に、『2億円後半となりそうだが、春休み時期や動物モノということを考慮して、「わさお」の興行収入は3億円前半と予想したい』と書いたが、地震などの影響もあり、もちろんそこまで伸びないだろう。
恐らく2億円前半となりそうだ。
動物モノは当たると東映は考えたのだろうが、それほど甘くはない。
公開前個人予想は3億円台だったので、本来ならば当たっていたのではないか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。