ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(4月1週目その2)

3位:「塔の上のラプンツェル」(ディズニー)<4週目>
【公開前個人予想】 11.0億円
【現時点での興行収入予想】 20~21億円(3週目18億円前後)
【公開規模】 529スクリーン(先週比-2スクリーン)
2.0億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは15.7億円となっている。
1週間の伸びは6.4億円弱程度だろうか。
15億円をあっさりと超えた。
週毎の動きは以下のとおり。
OP1.4→2週目3.1(週末1.7)→3週目4.8(週末2.1)→4週目6.4(週末2.1)億円となっている。
春休みシーズンのためか、爆発している。

以下の作品がライバルとなる。
☆08年公開「カンフー・パンダ」トータル20.0億円(※夏公開)
OP2.2→6.8→10.2→14.5→16.7→18.2
☆09年公開「ボルト」トータル16.5億円(※夏公開)
OP2.5→7.0→11.7→14.2→15.8
☆09年公開「クリスマス・キャロル」トータル16.0億円
OP2.9→7.0→10.9→13.1→14.4→15.3
☆09年公開「マダガスカル2」トータル10.2億円
OP1.6→4.1→6.5→9.3→9.9
☆10年公開「怪盗グルーの月泥棒 3D」トータル12.0億円
金2.5→6.3→8.2→9.5→11.3→11.7
☆11年公開「塔の上のラプンツェル」
OP1.4→4.5→9.3→15.7億円→
オープニング時には予想できなかったが、これらを超える勢いとなっている。
これらとの対比で考えると、「塔の上のラプンツェル」の興行収入は17.2~21.7億円となる。
先週まで『本来ならば20億円程度の興行収入になったかもしれない』と書いたが、実際にも20億円が視野に入ってきた。
先週『「塔の上のラプンツェル」の興行収入は18億円前後程度となるだろうか』と書いたが、20~21億円程度まで伸びてきそうだ。
春休みシーズンもあり、伸びはまだまだ続くだろう。
ピクサー系を除外すれば、ここ5年で最も高い洋画アニメ作品になるかもしれない。


4位:「映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ天使たち~」(東宝・テレビ朝日)<5週目>
【公開前個人予想】 32億円台
【現時点での興行収入予想】 25億円程度(OP時30.0億円前後)
【公開規模】 321スクリーン(先週比+12スクリーン)
1.7億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは19.6億円となっている。
1週間の伸びは6.0億円弱程度だろうか。
20億円突破が間近となった。
週毎の動きは以下のとおり。
OP4.5→2週目2.4(週末1.6)→3週目2.5(週末1.9)→4週目4.3(週末1.9)→5週目6.0(週末1.7)億円となっている。
春休みシーズン突入のためか、だいぶエンジンが掛かってきた。

「映画ドラえもん」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆00年「のび太の太陽王伝説」 トータル30.5億円
☆01年「のび太と翼の勇者たち」トータル30.0億円
☆02年「のび太とロボット王国」トータル23.1億円
☆03年「のび太とふしぎ風使い」トータル25.4億円
☆04年「のび太のワンニャン時空伝」トータル30.5億円
☆05年 なし
☆06年「のび太の恐竜2006」トータル32.8億円
4.3→09.0→12.7→18.0→25.9→30.3→31.5
☆07年「のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い」トータル35.4億円
5.6→10.5→17.3→26.1→32.1→33.3→33.8
☆08年「のび太と緑の巨人伝」トータル33.7億円
5.2→09.5→15.3→22.8→30.1→31.7→32.2→32.3
☆09年「新・のび太の宇宙開拓史」トータル24.5億円
3.7→07.0→11.1→15.9→21.7→23.0→23.3→23.5
☆10年「のび太の人魚大海戦」トータル31.6億円
5.5→09.7→13.7→20.2→27.7→29.9→30.3→30.5
☆11年「新・のび太と鉄人兵団」
4.5→06.9→09.3→13.6→19.6億円→
近年においては最低の動きとなっているが、仕方がないだろう。
どこまで巻き返すかが注目となる。
これらとの対比で考えると、「新・のび太と鉄人兵団」の興行収入は21.6~24.8億円となる。
無事ならば30億円前後の興行収入になったと思うが、さすがにこの状況では厳しいか。
とりあえずは25億円辺りが目標となりそうだ。
09年「新・のび太の宇宙開拓史」トータル24.5億円がライバルとなる。
オープニング時には『「新・のび太と鉄人兵団」の興行収入は30.0億円前後と予想したい』と書いたが、どこまで伸びるだろうか。
公開前個人予想は32億円台なので、たぶんハズれるだろう。


5位:「プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ!世界をつなぐ☆虹色の花」(東映・テレビ朝日)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 9~10億円(2週目8~9億円)
【公開規模】 152スクリーン(先週比+3スクリーン)
1.1億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは6.8億円弱となっている。
1週間の伸びは2.7億円程度だろうか。
例年に比べても遜色のない動きとなってきた。

関連作品の興行収入は以下の通り。
☆05年「ふたりはプリキュア Max Heart」トータル8.5億円
OP1.9→3.5→5.4→7.3→7.8
☆05年「ふたりはプリキュア MaxHeart2 雪空のともだち」トータル5.7億円
OP1.2→不明→3.1
☆06年「ふたりはプリキュア Splash Star チクタク危機一髪!」トータル3.0億円
OP0.56
☆07年「Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!」トータル8.0億円
OP1.7→3.7→5.6→6.5→7.1
☆08年「Yes!プリキュア5 GoGo!お菓子の国のハッピーバースデイ♪」トータル7.9億円
OP1.6→3.4→4.8→6.2→6.8→7.2
☆09年「オールスターズDXみんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!」トータル10.1億円
3日2.4→5.1→7.6→8.6→9.0
☆09年「フレッシュプリキュア!おもちゃの国は秘密がいっぱい!?」トータル8.0億円
OP1.7→3.8→5.1→5.9→6.9→7.2
☆10年「オールスターズDX2希望の光☆レインボージュエルを守れ!」トータル11.5億円
3日3.2→6.0→9.0→10.3→10.8→10.9→
☆10年「ハートキャッチプリキュア!花の都でファッションショー…ですか!?」トータル9.3億円
OP2.4→4.8→6.2→7.2→8.2→8.6→8.8
☆11年「オールスターズDX3 未来にとどけ!世界をつなぐ☆虹色の花」
OP1.4→4.1→6.8億円→
10年のオールスターズに比べるとかなり低いが、仕方のない結果だろう。
07年以降との対比で考えると、11年の興行収入は8.7~11.2億円となる。
10億円超えが可能なラインまで伸ばしてきた。
まだまだ微妙なところだが、9~10億円は稼げそうだ。
先週は8~9億円程度と考えたが、さすがに春休みシーズンだけに伸びている。
大きな影響はなく、人気の高さや安定度を感じられる。


8位:「ジャンプ HEROES film 『ONE PIECE 3D 麦わらチェイス』『トリコ3D 開幕!グルメアドベンチャー!!』」(東映・フジテレビ)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 8~9億円(OP時7~8億円)
【公開規模】 140スクリーン(先週比+1スクリーン)
7.4千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは5.5億円となっている。
1週間の伸びは2.2億円半ばとなっている。
前作に比べると恐ろしく低い数字となったが、例年の数字や地震の影響を考えると、この程度となるのかもしれない。
「3D」も「トリコ」も大きな効果はなかったようだ。

シリーズの興行収入は以下のとおりとなっている。
☆00年「ONE PIECE」 トータル21.6億円
☆01年「ねじまき島の冒険」トータル30.0億円
☆02年「珍獣島のチョッパー王国」トータル20.0億円
☆03年「デッドエンドの冒険」トータル20.0億円
☆04年「呪われた聖剣」トータル18.0億円
☆05年「オマツリ男爵と秘密の島」トータル12.0億円
☆06年「カラクリ城のメカ巨兵」トータル9億円程度か
OP1.3→2.8→3.8→5.3 →7.4→8.2
☆07年「エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち」トータル9.0億円
OP1.6→3.5→4.7→不明→7.5
☆08年「エピソードオブチョッパープラス 冬に咲く、奇跡の桜」トータル9.2億円
OP1.6→3.4→4.7→6.1→7.5
☆09年「STRONG WORLD」トータル48.0億円
OP10.4→22.5→31.3→36.4→祝41.9→43.6
☆11年「3D 麦わらチェイス」
OP1.1→3.3→5.5億円→
「STRONG WORLD」は無視した方がいいのかもしれない。
例年の9億円をベースに考えれば、妥当ともいえる。
10年を除いた年との対比で考えると、11年の興行収入は10.5~10.8億円となる。
まだまだ粘ると思うが、10億円超えはどうだろうか。
とりあえずは先週に引き続き8~9億円程度と考えたい。
オープニング時に『例年の9億円を超えない程度と考えると、7~8億円程度となるだろうか』と書いたが、3D加算ということもあるか。
春休みを通して、どこまで伸びるかが注目となる。
それにしても、前作の大爆発はいったい何だったのだろうか。


12位:「劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~」(クロックワークス)<6週目>
【公開前個人予想】 6億円台
【現時点での興行収入予想】 (OP~2週目7億円台)
【公開規模】 37スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.3千万円を週末に稼ぎ、トータルでは5.4億円弱となっている。
1週間の伸びは6.5千万円程度だろうか。
週毎の動きは以下のとおり。
OP1.1→2週目1.6→3週目0.8→4週目0.5→5週目0.7→6週目0.7億円となっている。
3週目から勢いが弱まってきているが、根強いファンが多数いる作品であり、粘っている。
今後も伸びていくだろう。

過去のシリーズは以下のとおり。
☆09年「劇場版マクロスF 虚空歌姫」トータル6.5億円(30スクリーン)
OP0.9→02.3→03.2→03.8→04.2
☆11年「劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~」
OP1.2→02.8→03.6→04.1→04.7→05.4億円→
前作を超える推移をみせている。

根強いファンがいる作品なので、以下のような作品も参考となるだろう。
☆10年「涼宮ハルヒの消失」トータル8.3億円(24スクリーン)
OP0.9→02.5→03.5→04.5→05.4→05.9→06.3→06.7
☆11年「劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~」
OP1.2→02.8→03.6→04.1→04.7→05.4億円→
これとの対比で考えると、「劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~」の興行収入は7.6億円となる。
公開2週目に『マックス8億円台となるが、とりあえず前作を上回り、「ハルヒ」を下回る程度と考えて、「劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~」の興行収入は先週に引き続き7億円台という予想にしたい』と書いたが、どこまで伸びるだろうか。
公開前個人予想は6億円台だったので、大きくはハズれていないが、前作の興行収入を知っていれば、誰でも分かる結果だろう。


12位:「攻殻機動隊S.A.C SOLID STATE SOCIETY 3D」(プロダクションI.G./ティ・ジョイ)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 1億円台
【公開規模】 9スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.7千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは6.5千万円となっている。
1週間の伸びは4.2千万円弱程度だろうか。
9スクリーンということもあり、1館辺りの平均値は今週ではトップとなる。

とりあえずコアなファンをもつアニメ作品が参考となるか。
☆09年「劇場版マクロスF 虚空歌姫」トータル6.5億円(30スクリーン)
OP0.9→02.3→03.2→03.8→04.2
☆10年「涼宮ハルヒの消失」トータル8.3億円(24スクリーン)
OP0.9→02.5→03.5→04.5→05.4→05.9→06.3→06.7
☆10年「劇場版 機動戦士ガンダム00」トータル8.6億円(88スクリーン)
祝3日2.5(OP1.9)→4.5→5.7→祝6.6→7.0→7.3
☆11年「攻殻機動隊S.A.C」
OP0.2→0.7億円→
これらとの対比で考えると、「攻殻機動隊S.A.C」の興行収入は1.3~2.3億円となる。
「攻殻機動隊S.A.C」の興行収入は1億円台だろうか。
このスクリーン数ではこの程度でも仕方がないか。
スクリーン数が増えるようならば、上方修正する必要はある。
04年の「イノセンス」の興行収入は3億円程度だったようだが、さすがに比べることはできまい。


15位:「劇場版アニメ 忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段」(ワーナー)<3週目>
【公開前個人予想】 3~4億円
【現時点での興行収入予想】 1億円台
【公開規模】 120スクリーン(先週比+2スクリーン)
1.4千万円を週末に稼ぎ、トータルでは1.4億円半ばとなっている。
1週間の伸びは4.9千万円弱程度だろうか。
春休みシーズンのためか、ここ数週間の伸びは高いが、とりあえず先週に引き続き1億円台と考えたい。
パッとしない成績となりそうだが、本来ならばやはり公開前個人予想に近いところまでは稼げたのではないか。
7月に予定されている加藤清史郎主演の実写版の方は大丈夫だろうか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。