ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(4月2週目その3)

2位:「SP革命篇」(東宝・フジテレビ)<5週目>
【公開前個人予想】 39億円台
【現時点での興行収入予想】 30億円台(3~4週目28~29億円)
【公開規模】 301スクリーン(先週比+6スクリーン)
1.6億円を週末に稼ぎ、トータルでは24.2億円半ばとなっている。
1週間の伸びは3.7億円弱程度だろうか。
20億円を楽に突破している。
週毎の動きは以下のとおり。
OP2.9→2週目5.8→3週目6.4→4週目5.5→5週目3.7億円となっている。
大きな落ち込みが見られない。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆10年「SP 野望篇」トータル36.3億円
5.3→15.3→21.1→25.3→29.3→31.3→32.6
☆11年「SP革命篇」
2.9→08.7→15.1→20.6→24.3億円→
前作との対比で考えると、「SP革命篇」の興行収入は30.1億円となる。
公開時には予想できなかったが、30億円突破も見えてきた。
どこまで伸びるかが注目となりそうだ。

「アンフェア the movie」ラインを超えた。
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円
OP5.4→祝18.1→24.4→30.5→祝37.4→40.7→43.1
☆09年「クローズZERO Ⅱ」トータル30.2億円
OP5.7→13.3→18.2→22.4→26.5→27.9→28.8→29.4
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円
OP3.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7
☆07年「クローズZERO」トータル25.0億円
OP4.0→10.5→15.1→18.5→21.2→22.7→23.6→24.5
☆10年「ライアーゲーム」トータル23.6億円
3.9→09.7→祝14.8→17.7→21.0→22.3→22.8
☆08年「デトロイト・メタル・シティ」トータル23.4億円
OP3.5→10.2→14.5→祝込18.2→20.1→21.7→22.4→祝22.8
☆11年「SP革命篇」
OP2.9→08.7→15.1→20.6→24.3億円→
「容疑者Xの献身」以外との対比で考えると、「SP革命篇」の興行収入は27.3~28.7億円となる。
ゴールデンウィークもあり、この対比を超えそうだ。
「容疑者Xの献身」との対比で考えると、「SP革命篇」の興行収入は32.0億円となる。
まだ何ともいえないが、現時点では28億円以上、32億円以下というところか。
先週に引き続き28~29億円辺りが現時点の落ち着きどころと考えたいところだが、30億円には乗せてきそうだ。
30億円台と上方修正したい。
ゴールデンウィークがあり、もっと伸びそうだが、恐らく「GANTZ」に流れるだろう。
公開前個人予想は39億円台だったので、ハズれとなる。
地震前の予想なので、仕方がない。


8位:「ツーリスト」(ソニー)<6週目>
【公開前個人予想】 18.0億円
【現時点での興行収入予想】 5~6週目17~18億円(OP時17~18億円)
【公開規模】 308スクリーン(先週比+4スクリーン)
5.5千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは16.7億円となっている。
1週間の伸びは1.3億円程度だろうか。
15億円は楽に突破している。
思ったよりも話題にはなっていないが、さすがにこのキャストは強い。
ランキング作品の中には、大人が気軽に楽しめるハリウッド作品が本作しかないという状況も味方している。

ジョニー・デップ主演作品の主な興行収入は以下のとおり。
☆03年公開「パイレーツ・オブ・カリビアン」トータル68.0億円
☆05年公開「ネバーランド」トータル11.0億円
☆05年公開「チャーリーとチョコレート工場」トータル53.5億円
☆06年公開「パイレーツ・オブ・カリビアン/チェスト」トータル100.2億円
☆07年公開「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド」トータル109.0億円
☆08年公開「スウィーニー・トッド」トータル20.5億円
OP4.0→9.6→14.0→16.6→18.4→19.4→20.1
☆09年公開「パブリック・エネミーズ」トータル8.1億円
☆10年公開「アリス・イン・ワンダーランド」トータル118.0億円

アンジェリーナ・ジョリー主演のアクション作品の興行収入は以下の通り。
☆01年公開「トゥームレイダー」トータル27.0億円
☆03年公開「トゥームレイダー2」トータル20.0億円
☆05年公開「Mr.&Mrs.スミス」トータル46.5億円
☆08年公開「ウォンテッド」トータル25.0億円
☆09年公開「チェンジリング」トータル12.5億円
金2.3→6.5→9.1→11.0→12.1→12.4
☆10年公開「ソルト」トータル20.5億円
OP3.6→9.3→14.6→17.4→18.8→19.2→
☆11年公開「ツーリスト」
OP3.1→7.5→10.1→12.6→15.4→16.7億円→
「スウィーニー・トッド」「チェンジリング」「ソルト」との対比で考えると、「ツーリスト」の興行収入は16.8~17.8億円となる。
オープニング時に、『評判はそれほど良くはないが、春休み時期でもあり、ある程度の伸びはあるはずだ。20億円突破はどうかと思うが、10億円台後半まで伸びるだろう』と書いたが、その通りとなりそうだ。
「スウィーニー・トッド」「ソルト」には届きそうもないが、この程度ならば十分。

参考となりそうなサスペンスやアクション映画の興行収入は以下のとおり。
☆09年公開「天使と悪魔」トータル33.5億円
金3日6.8→15.0→20.6→25.6→28.6→30.4→31.4
☆10年公開「ナイト&デイ」トータル23.1億円
先3日6.8→11.9→16.0→18.8→20.9→22.0→22.5
☆10年公開「シャーロック・ホームズ」トータル21.6億円
金3日4.1→10.0→14.6→18.1→20.1→21.1
☆10年公開「ソルト」トータル20.5億円
OP3.6→9.3→14.6→17.4→18.8→19.2→
☆09年公開「007/慰めの報酬」トータル19.8億円
先5.9→11.3→14.3→16.6→17.9→18.7
☆10年公開「シャッターアイランド」トータル17.0億円
金3.4→8.3→11.0→13.3→15.4→16.0
☆11年公開「ツーリスト」
OP3.1→7.5→10.1→12.6→15.7→16.7億円→
これらとの対比で考えると、「ツーリスト」の興行収入は17.1~18.4億円となる。
オープニングに、『「シャッターアイランド」を超える程度となるか』と書いたが、その通りとなりそうだ。
「シャッターアイランド」を越えるのはやや厳しいと思ったときもあったが、春休みや新作不足などで需要が増えた。
オープニング時に、『ある程度の伸びがあると思われるので、「ツーリスト」の興行収入は17~18億円と予想したい』と書いたが、その通りとなりそうだ。
公開前個人予想は18.0億円だったので、現時点では当たりといえそうだ。
このキャスティングならば、この程度はもちろん稼ぐだろう。


9位:「漫才ギャング」(角川)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 8億円台(2~3週目7億円台、OP時5億円前後)
【公開規模】 232スクリーン(先週比+4スクリーン)
4.7千万円を週末に稼ぎ、トータルでは6.6億円半ばとなっている。
1週間の伸びは1.3億円半ば程度だろうか。
品川ヒロシ監督作品ではあるが、さすがに「ドロップ」のようなヒットにはならないものの意外と伸びている。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「ドロップ」トータル19.5億円
祝3日2.5→7.0→11.6→14.5→16.1→17.1
☆09年「少年メリケンサック」トータル10.2億円
OP2.0→5.0→7.3→8.6
☆09年「しんぼる」トータル4.7億円
OP1.0→2.5→3.9→4.5
☆08年「ガチ☆ボーイ」
OP0.7→1.7→2.3
☆11年「漫才ギャング」
OP0.9→3.2→5.3→6.7億円→
「ドロップ」対比で9.0億円、「少年メリケンサック」対比で7.9億円、「しんぼる」対比で7.0億円となる。
先週まで『「漫才ギャング」の興行収入は7億円台だろうか』と書いたが、8億円突破してきそうなので、8億円台と上方修正したい。
オープニング時には『5億円前後ということになりそうだ』と書いたが、予想以上に伸びがあった。
新作不在や、春休み時期なのでファミリー向け作品が多いという状態もあった。
「ドロップ」と比較すると低いが、この程度でも十分ではないか。
松本人志監督作品に比べると優秀であり、製作費はそれほど高くはなさそうな作品だ。
『評判は良くないようなので、伸びはないだろう』と書いていたが、関係なかったか。


15位:「GANTZ」(東宝・日本テレビ)<11週目>
【公開前個人予想】 28.5億円
【現時点での興行収入予想】11週目34億円前半(5~6週目33~34億円、OP時~4週目35~36億円)
【配給会社・大手ネット期待値等】 最終興収40億円も狙える大ヒットスタート
【公開規模】 261スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.2千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは33.7億円となっている。
1週間の伸びは3.1千万円半ば程度だろうか。
30億円は楽に突破した。
4月23日に公開される後編にこのままバトンタッチしそうだ。
「DEATH NOTE」「20世紀少年」辺りに比べると盛り上がっているイメージはないが、さすがにこの手のジャンル・この手の俳優の人気は高い。
製作費が前後編併せて40億円以上という噂がある。
製作費は楽に回収できるので十分といえる興行収入だが、興行収入は劇場サイドとシェアするため、二作合計で制作費の倍の80億円程度を稼げないと元を取るのは難しい。

松山ケンイチ主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「L change the WorLd」トータル31.0億円
OP05.7→14.6→19.9→24.3→26.8→28.5
☆08年「デトロイト・メタル・シティ」トータル23.4億円
OP03.5→10.2→14.5→祝18.2→20.1→21.7
☆09年「カムイ外伝」トータル11.2億円
水04.3→05.9→08.1→祝9.6→10.2→10.6
☆10年「ノルウェイの森」
OP01.8→05.3→08.1→9.9→祝11.7→12.4

二宮和也主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「大奥」トータル23.2億円
金4.7→祝11.7→15.1→18.1→20.0→21.6
☆11年「GANTZ」
OP05.9→14.6→21.2→25.3→28.4→30.5→31.6→32.2→32.9→33.4→33.7億円→
これらを大きく超えている。
34億円台が落ち着きどころか。

「マンガの映画化」の興行収入は以下のとおり。
(「漫画→ドラマ→映画」「恋愛モノ」などを除く)
☆08年「L change the WorLd」トータル31.0億円(※参考)
OP5.7→14.6→19.9→24.3→26.8→28.5→29.7
☆08年「20世紀少年-第1章-終わりの始まり」トータル39.5億円
OP6.3→15.6→祝込24.0→28.1→32.5→34.8→祝込36.6→37.4→37.9→祝38.4→38.5
☆09年「20世紀少年-第2章-最後の希望」トータル30.1億円
OP6.2→13.4→19.5→23.0→25.8→27.3
☆09年「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」トータル44.1億円
OP8.7→21.3→27.9→32.4→38.7→40.7→祝込42.2→42.7
☆09年「クローズZERO Ⅱ」トータル30.2億円
OP5.7→13.3→18.2→22.4→26.5→27.9→28.8→29.4
☆11年「GANTZ」
OP5.9→14.6→21.2→25.3→28.4→30.5→31.6→32.2→32.9→33.4→33.7億円→
「クローズZERO Ⅱ」「20世紀少年-第2章-最後の希望」「L change the WorLd」以上、「20世紀少年-第1章-終わりの始まり」以下となりそうだ。
「20世紀少年-第1章-終わりの始まり」対比で考えると、「GANTZ」の興行収入は34.6億円となる。
6週目から『「GANTZ」の興行収入は先週に引き続き33~34億円と予想したい』と書いたが、34億円台前半でフィニッシュしそうだ。
製作費を無視すれば、大ヒットといえるだろう。
公開前個人予想は28.5億円だったので、当たりとはいえない結果となりそうだ。
話題作という割にはそれほど盛り上がりを感じられなかったが、やはりこの手のジャンルは強いようだ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。