ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(4月4週目その3)

7位:「阪急電車 片道15分の奇跡」(東宝)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 なし(5~6億円)
【公開規模】 32スクリーン(先週比±0スクリーン)
5.8千万円のオープニングを飾った。
関西地区で先行公開された作品であり、完全にノーマークだった。
中谷美紀、戸田恵梨香など出演者は豪華。
4月29日から拡大公開されるようだが、関西限定のヒットなのか、日本全国のヒットになるのか読めない。
ビッグヒットにはならないとは思うが、09年「60歳のラブレター」(トータル7.9億円)のようなサプライズヒットもある。
イメージ的には5~6億円程度となるだろうか。
とりあえずは全国公開後の数字を待ちたいところ。


8位:「塔の上のラプンツェル」(ディズニー)<7週目>
【公開前個人予想】 11.0億円
【現時点での興行収入予想】 24~25億円(5~6週目23億円台、4~5週目20~21億円、3週目18億円前後)
【公開規模】 321スクリーン(先週比-102スクリーン)
5.4千万円を週末に稼ぎ、トータルでは22.3億円半ばとなっている。
1週間の伸びは1.1億円程度だろうか。
20億円を楽に突破した。
週毎の動きは以下のとおり。
OP1.4→2週目3.1(週末1.7)→3週目4.8(週末2.1)→4週目6.4(週末2.1)→5週目3.8(週末1.4)→6週目1.7(週末0.8)→7週目1.1(週末0.5)億円となっている。
春休みは終わったと思うが、実に安定している。
スクリーン数も思ったよりも減っていない。

以下の作品を超えた。
☆08年公開「カンフー・パンダ」トータル20.0億円(※夏公開)
OP2.2→6.8→10.2→14.5→16.7→18.2
☆09年公開「ボルト」トータル16.5億円(※夏公開)
OP2.5→7.0→11.7→14.2→15.8
☆09年公開「クリスマス・キャロル」トータル16.0億円
OP2.9→7.0→10.9→13.1→14.4→15.3
☆09年公開「マダガスカル2」トータル10.2億円
OP1.6→4.1→6.5→9.3→9.9
☆10年公開「怪盗グルーの月泥棒 3D」トータル12.0億円
金2.5→6.3→8.2→9.5→11.3→11.7
☆11年公開「塔の上のラプンツェル」
OP1.4→4.5→9.3→15.7→19.6→21.2→22.4億円→
オープニング時には想像できなかったが、これらを超えてしまった。

ピクサーレベルとは言わないが、健闘している。
☆06年「カーズ」トータル22.3億円
OP3.8→07.8→10.5→14.1
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル39.0億円
水5.0→12.8→19.5→28.5→32.0→35.8→37.1→祝38.1
☆08年「WALL・E/ウォーリー」トータル40.0億円
金5.1→11.5→16.0→不明→30.3→祝35.5→37.1→38.0→38.8
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
OP6.3→15.5→22.3→31.1→37.0→42.9→46.0→47.5→48.3
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
OP09.8→23.7→38.8→54.1→66.6→82.8→93.2→99.8→103.6
☆11年公開「塔の上のラプンツェル」
OP1.4→4.5→9.3→15.7→19.6→21.2→22.4億円→
これらとの対比で考えると、「塔の上のラプンツェル」の興行収入は23.6~26.0億円となる。
3週目まで『本来ならば20億円程度の興行収入になったかもしれない』と書いたが、実際にも20億円を楽に超えてしまった。
伸びはまだ続きそうなので、24~25億円程度だろうか。
残り2~3億円の上乗せは可能だろう。
3週目に18億円前後、4~5週目に20~21億円、5~6週目に23億円台と考えていたが、伸びが高すぎた。
評価が高いことも影響していそうだ。
ピクサー系を除外すれば、ここ5年(06~10年)で最も高い洋画アニメ作品となった。
05年公開「チキン・リトル」26.8億円、05年公開「マダガスカル」22.5億円、06年公開「カーズ」22.3億円がライバルとなる。


9位:「英国王のスピーチ」(GAGA)<9週目>
【公開前個人予想】 9~10億円
【現時点での興行収入予想】15~16億円(8週目まで13~14億円、OP~2週目11~12億円)
【公開規模】 174スクリーン(先週比+42スクリーン)
4.5千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは13.1億円となっている。
1週間の伸びは9.0千万円弱程度だろうか。
スクリーン数が大幅に増加しており、さらに伸びが読めなくなった。

週毎の動きは以下のとおり。
OP1.0→2週目3.4→3週目1.9→4週目1.1→5週目1.5→6週目1.4→7週目1.0→8週目0.9→9週目0.9億円となっている。
実に安定している。
アカデミー賞受賞効果のピークは過ぎたようだが、これからも伸びてくるだろう。

アカデミー賞受賞作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年公開「アメリカン・ビューティ」トータル19.6億円
☆00年公開「グラディエーター」トータル15.6億円
☆02年公開「ビューティフル・マインド」トータル19.9億円
☆03年公開「シカゴ」トータル35.0億円
☆04年公開「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」トータル103.2億円
☆05年公開「ミリオンダラー・ベイビー」トータル13.4億円
OP1.8→5.4→8.0→10.0
☆06年公開「クラッシュ」不明
☆07年公開「ディパーテッド」トータル15.6億円
OP2.9→07.1→09.9→11.7→13.0→13.8
☆08年公開「ノーカントリー」トータル3.5億円
OP0.4→01.3→01.8→02.0→02.4→02.6→02.7
☆09年公開「スラムドッグ$ミリオネア」トータル13.0億円
OP1.2→03.5→06.1→08.6→09.7→10.3→10.9
☆10年公開「ハート・ロッカー」トータル9.0億円
OP0.4→02.2→03.7→05.1→06.2→06.9→07.3
☆11年公開「英国王のスピーチ」
OP1.0→04.4→06.2→07.4→08.9→10.3→11.3→12.2→13.1億円→
「ハート・ロッカー」「スラムドッグ$ミリオネア」を超えた。
対比できるデータがないが、「グラディエーター」トータル15.6億円、「ディパーテッド」トータル15.6億円がライバルとなりそうだ。
公開2週目に『とりあえずは「英国王のスピーチ」の興行収入は先週に引き続き11~12億円と考えたい』と書いたが、この予想を超えてきた。
先週まで13~14億円と考えていたが、15~16億円まで伸びてきそうだ。
残り2~3億円の上乗せは可能だろう。
公開前個人予想は9~10億円だったので、当たりとは言えない結果となりそうだ。
さすがにアカデミー賞作品賞は高い成績となる。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。