ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(5月3週目その3)

9位:「英国王のスピーチ」(GAGA)<12週目>
【公開前個人予想】 9~10億円
【現時点での興行収入予想】18~19億円(9週目15~16億円、8週目まで13~14億円、OP~2週目11~12億円)
【公開規模】 171スクリーン(先週比+11スクリーン)
3.1千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは16.4億円となっている。
1週間の伸びは6.9千万円程度だろうか。
スクリーン数が公開直後に比べて増えることは知っていたが、ここまで粘るとは想定外といわざるを得ない。

週毎の動きは以下のとおり。
OP1.0→2週目3.4→3週目1.9→4週目1.1→5週目1.5→6週目1.4→7週目1.0→8週目0.9→9週目0.9→10週目1.2→11週目1.4→12週目0.7億円となっている。
ほとんど落ち込みがなく、実に安定しているが、ようやく最低の伸びとなった。
アカデミー賞受賞効果のピークは過ぎたようだが、いつ伸びが止まるだろうか。

アカデミー賞受賞作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年公開「アメリカン・ビューティ」トータル19.6億円
☆00年公開「グラディエーター」トータル15.6億円
☆02年公開「ビューティフル・マインド」トータル19.9億円
☆03年公開「シカゴ」トータル35.0億円
☆04年公開「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」トータル103.2億円
☆05年公開「ミリオンダラー・ベイビー」トータル13.4億円
☆06年公開「クラッシュ」不明
☆07年公開「ディパーテッド」トータル15.6億円
☆08年公開「ノーカントリー」トータル3.5億円
☆09年公開「スラムドッグ$ミリオネア」トータル13.0億円
☆10年公開「ハート・ロッカー」トータル9.0億円
☆11年公開「英国王のスピーチ」
5週目08.9→10.3→11.3→12.2→13.1→14.3→15.7億円→
「スラムドッグ$ミリオネア」レベルと思われたが、「グラディエーター」「ディパーテッド」を超えた。
OP~2週目11~12億円、8週目まで13~14億円、9週目に15~16億円と予想してきたが、本作に関しては全く読みきれなかった。
GWも終わったので、残り2~3億円程度の上乗せだろうか。
「英国王のスピーチ」の興行収入は18~19億円となるだろうか。
「アメリカン・ビューティ」トータル19.6億円、「ビューティフル・マインド」トータル19.9億円がライバルとなる。
公開前個人予想は9~10億円だったので、ハズれとなりそうだ。
さすがにアカデミー賞作品賞は高い成績となるが、これは読めない。


10位:「アンノウン」(ワーナー)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 2億円台
【公開規模】 106スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.1千万円を週末に稼ぎ、トータルでは1.4億円弱となっている。
1週間の伸びは8.1千万円半ば程度だろうか。
設定がユニークなのでヒットするのではないかというイメージがあったが、このスクリーン数では多くは望めない。
リーアム・ニーソン主演作。
製作費3千万ドルの作品だが、アメリカでは64百万ドルを稼いだ。
しかし、リーアム・ニーソンも日本では稼げるスターというわけではないか。

リーアム・ニーソン主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」トータル7.1億円
先3日2.0→4.3→5.7→6.5
☆09年「96時間」トータル4.4億円
OP1.0→2.7→3.7
☆11年「アンノウン」
OP0.6→1.4億円→
これらとの対比で考えると、「アンノウン」の興行収入は2.3~2.3億円となる。
ある程度の伸びはあると思われるので、この対比程度は稼ぐだろう。
「アンノウン」の興行収入は先週に引き続き2億円台となりそうだ。
このスクリーン数ではこの程度でも仕方がない。


11位:「豆富小僧」(ワーナー)<3週目>
【公開前個人予想】 5億円
【現時点での興行収入予想】 5億円台
【公開規模】 422スクリーン(先週比-1スクリーン)
2.3千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは3.6億円弱となっている。
1週間の伸びは3.7千万円半ば程度だろうか。
公開前に『シリーズモノではないファミリーアニメは苦戦する傾向がある。今回も爆発的なヒットにはなりそうもないが、キャラも可愛く、宣伝もしっかりと打っている。コケる可能性はあるが、普通程度のヒットと考えたい』と書いたとおりだろうか。
ゴールデンウィークが終わり、完全に勢いを失った。

昨年の「クレヨンしんちゃん」と比較してみたい。
☆10年「超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」トータル12.5億円
2.7→4.9→7.7→11.1→11.7→12.0
☆11年「豆富小僧」
金1.3→3.2→3.6億円→
ゴールデンウィークが終わったので、「超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」の4週目との対比で考えると、「豆富小僧」の興行収入は4.1億円となる。
先週まで5億円台と予想していたが、5億円には乗りそうもない。
4億円に乗るかどうかというところだろう。
かろうじて乗ると考えて4億円前半と予想したい。
残り4千万円程度の上乗せはできるだろう。
公開前個人予想は5億円だったので、微妙な結果となりそうだが、それほど悪くはない。

一方、同じアニメでも(スクリーン数は80程度とかなり少ないが)「鬼神伝」は3週目で7.1千万円半ばと低調な数値となっている。
1億円にも到達しないだろう。
ファミリー向きかどうかという点が問題か。


12位:「SP革命篇」(東宝・フジテレビ)<10週目>
【公開前個人予想】 39億円台
【現時点での興行収入予想】 32億円後半(7~9週目32億円台、5~6週目30億円台、3~4週目28~29億円)
【公開規模】 298スクリーン(先週比-4スクリーン)
2.1千万円を週末に稼ぎ、トータルでは32.3億円となっている。
1週間の伸びは5.0千万円程度だろうか。
ついに30億円を突破した。

週毎の動きは以下のとおり。
OP2.9→2週目5.8→3週目6.4→4週目5.5→5週目3.7→6週目2.5→7週目1.7→8週目1.6→9週目1.7→10週目0.5億円となっている。
5週目から息切れしているが、大きな落ち込みが見られない。
しかし、さすがに10週目となると厳しくなってきた。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆10年「SP 野望篇」トータル36.3億円
5.3→15.3→21.1→25.3→29.3→31.3→32.6→33.4→33.8→34.1
☆11年「SP革命篇」
2.9→08.7→15.1→20.6→24.3→26.7→28.5→30.1→31.8→32.3億円→
前作にかなり近づいてきている。
前作との対比で考えると、「SP革命篇」の興行収入は34.4億円となるが、そこまでは伸びないだろう。

オープニングで倍程度の差があった「クローズZERO Ⅱ」を超えた。
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円
5週目祝37.4→40.7→43.1→祝45.7→46.9→47.8
☆09年「クローズZERO Ⅱ」トータル30.2億円
5週目26.5→27.9→28.8→29.4→29.7
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円
5週目23.2→24.7→不明→26.3→26.5→26.6
☆11年「SP革命篇」
5週目24.3→26.7→28.5→30.1→31.8→32.3億円→
これらとの対比で考えると、「SP革命篇」の興行収入は33.0~33.2億円となる。
GWも終わったので、「SP革命篇」の興行収入は32億円後半と予想したい。
先週まで32億円台と予想していたが、33億円突破はどうだろうか。
残り数千万円程度しか上乗せできないのではないか。
3~4週目28~29億円、5~6週目30億円台と考えたが、やはり伸びが高かった。
公開前個人予想は39億円台だったので、ハズれとなる。
地震前の予想なので、仕方がないが、「GANTZ」や「のだめ」同様に2部作は前作を超えないようだ。


14位:「塔の上のラプンツェル」(ディズニー)<10週目>
【公開前個人予想】 11.0億円
【現時点での興行収入予想】 25億円後半(9週目26億円台、7週目24~25億円、5~6週目23億円台、4~5週目20~21億円、3週目18億円前後)
【公開規模】 126スクリーン(先週比-65スクリーン)
1.5千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは25.2億円半ばとなっている。
1週間の伸びは3.0千万円弱程度だろうか。
25億円を突破した。
週毎の動きは以下のとおり。
OP1.4→2週目3.1(週末1.7)→3週目4.8(週末2.1)→4週目6.4(週末2.1)→5週目3.8(週末1.4)→6週目1.7(週末0.8)→7週目1.1(週末0.5)→8週目1.2→9週目1.4→10週目0.3億円となっている。
春休み終了後も、GWまで伸ばしてきた。

以下の作品を楽に超えた。
☆08年公開「カンフー・パンダ」トータル20.0億円(※夏公開)
☆09年公開「ボルト」トータル16.5億円(※夏公開)
☆09年公開「クリスマス・キャロル」トータル16.0億円
☆09年公開「マダガスカル2」トータル10.2億円
☆10年公開「怪盗グルーの月泥棒 3D」トータル12.0億円
☆11年公開「塔の上のラプンツェル」
OP1.4→4.5→9.3→15.7→19.6→21.2→22.4→23.5→24.9→25.2億円→
オープニング時には想像できなかったが、これらを超えてしまった。

ピクサーレベルとは言わないが、健闘している。
☆06年「カーズ」トータル22.3億円
OP3.8→07.8→10.5→14.1
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル39.0億円
水5.0→12.8→19.5→28.5→32.0→35.8→37.1→祝38.1
☆08年「WALL・E/ウォーリー」トータル40.0億円
金5.1→11.5→16.0→不明→30.3→祝35.5→37.1→38.0→38.8
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
OP6.3→15.5→22.3→31.1→37.0→42.9→46.0→47.5→48.3
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
OP09.8→23.7→38.8→54.1→66.6→82.8→93.2→99.8→103.6
☆11年公開「塔の上のラプンツェル」
OP1.4→4.5→9.3→15.7→19.6→21.2→22.4→23.5→24.9→25.2億円→
同じくディズニーの「パイレーツ」にスクリーンを明け渡しそうなので、25億円後半でフィニッシュか。
先週26億円台だろうかと予想したが、そこまでは伸びそうもない。
しかし、3週目に18億円前後、4~5週目に20~21億円、5~6週目に23億円台、7週目24~25億円と予想していたが、伸びが止まらなすぎた。
評価が高いことも影響していそうだ。
ピクサー系を除外すれば、ここ5年(06~10年)で最も高い洋画アニメ作品となった。
05年公開「マダガスカル」22.5億円、06年公開「カーズ」22.3億円を超えたので、05年公開「チキン・リトル」26.8億円がライバルとなる。


15位:「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」(東映・テレビ朝日)<7週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 13億円前半(5~6週目13億円台、OP~3週目14~15億円)
【公開規模】 166スクリーン(先週比-85スクリーン)
1.3千万円を週末に稼ぎ、トータルでは13.0億円となっている。
1週間の伸びは1.9千万円弱程度だろうか。
10億円は楽に突破し、ついに13億円台に乗せた。

シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆01年「仮面ライダーアギト PROJECT G4」トータル12.5億円
☆02年「仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL」トータル14.3億円
☆03年「仮面ライダー555 パラダイス・ロスト」トータル15.0億円
☆04年「仮面ライダー剣 MISSING ACE」トータル9億円程度
☆05年「仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼」トータル11.0億円
☆06年「仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE」トータル9.5億円
OP1.7→4.1→7.1→8.4
☆07年「仮面ライダー電王 俺、誕生!」トータル13.8億円
OP2.4→5.7→9.6→11.4→12.6
☆08年「仮面ライダーキバ 魔界城の王」トータル9.0億円
OP1.9→5.3→6.9→8.2→8.6
☆09年「仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」トータル19.0億円
OP4.8→11.9→15.2→17.1→18.0
☆09年「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド」トータル15.4億円
OP4.5→7.6→10.5→12.4→祝込14.5→14.9(正月公開)
☆10年「仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ」トータル14.7億円
OP3.3→8.6→11.5→13.2→14.1
☆10年「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル」
OP3.7→7.0→09.8→祝12.5→13.1→13.5→13.6
☆11年「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」
金4.0→7.6→09.2→10.2→11.4→12.8→13.0億円→
先週まで13億円台と予想していたが、もはや伸びはない。
「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」の興行収入は13億円前半と予想したい。
3週目まで14~15億円と予想していたが、そこまでは伸びなかった。
09年「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド」トータル15.4億円、10年「仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ」トータル14.7億円に近い成績にはなりそうだと思ったが、厳しかったか。
しかし、東映としては、「ONE PIECE」が期待を裏切ったが、「ライダー」「プリキュア」がそれなりに稼いでくれて助かっただろう。
「ONE PIECE」も前作を無視すれば、例年ベースといえる。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。