ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる映画ニュース(6月第1週目)

☆「パイレーツ」第五弾の監督候補が明らかに
第四弾を手掛けたロブ・マーシャルの続投は、マーシャルがノリ気ではないらしく微妙のようだ。
デキもイマイチなところがあったからだろうか。
すでに第五弾の脚本が完成しているようであり、ティム・バートン、サム・ライミ、ショーン・レヴィ、クリス・ワイツ、アルフォンソ・キュアロンが候補にあがっているようだ。
ジョニー・デップの盟友のティム・バートンが有力のようだが、ジョニー・デップ、ティム・バートンともにスケジュールが詰まっており、やや難航しそうだ。
個人的には、アルフォンソ・キュアロンにやってもらいたいが、果たしてどうなるだろうか。


☆「ハングオーバー」第三弾が始動か
第一弾に続き、第二弾の大ヒットを受けて、第三弾の企画が動き出しているようだ。
脚本家に依頼したとのことであり、このシリーズがいつまで続くかが注目となる。
果たして終わりはあるのだろうか。


☆「セカンドバージン」が映画化
今年の9月23日に公開される見込み。
6月にクランクインし、7月にクランクアップされるとのこと。
意外と映画って簡単に作れるのだなという印象。
ドラマの延長のようなものだからだろうか。
NHKは「サラリーマンNEO」に続き、映画化を進めている。
これらについては知名度があるので映画化は仕方ないが、オリジナル作品をもっとリリースできないものかとも思える。
「ハゲタカ」の映画化はギリギリ理解できるが、なんでもかんでも映画化すればいいものでもない。
テレビ版を見ていない者にとっては、足を運ぶ気にならない。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。