ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(7月2週目その2)

1位:「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」(ディズニー)<8週目>
【公開前個人予想】 100億円
【現時点での興行収入予想】 92~93億円(OP~5週目100億円突破)
【配給会社期待値等】 今年最初の興収100億円超作品として期待がかかる
【公開規模】 778スクリーン(先週比-1スクリーン)
動員ベースでは2位となるが、3D単価のため興行収入ベースでは返り咲きの1位となる。
1.7億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは84.3億円となっている。
1週間の伸びは3.1億円弱程度だろうか。
アメリカではやや不調だったが、日本では変わらず好調だ。

週毎の動きは以下のとおり。
OP3日15.2→2週目20.9→3週目14.3→4週目12.0→5週目8.7→6週目6.0→7週目4.2→8週目3.1億円となっている。
6週目以降3割程度の下落となっている。

本シリーズやジョニー・デップ主演作の興行収入は以下のとおり。
☆03年公開「呪われた海賊たち」トータル68.0億円
☆06年公開「デッドマンズ・チェスト」トータル100.2億円
先19.2→37.5→52.2→63.7→78.8→86.5→90.6→93.5
☆07年公開「ワールド・エンド」トータル109.0億円
金19.4→44.0→61.4→74.5→83.7→90.9→96.2→99.3
☆10年公開「アリス・イン・ワンダーランド」トータル118.0億円
OP13.2→35.4→59.0→83.8→93.4→101.0→107.1→111.5→113.8
☆11年公開「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」
金15.2→36.1→50.3→62.3→71.0→77.1→81.3→84.3億円→
これらとの対比で考えると、「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」の興行収入は89.2~92.5億円となる。
100億円到達が当面の目標となるが、現時点では90億円台ペースとなっている。
7月15日の「ハリポタ」、16日の「コクリコ坂から」までライバルが不在だが、これらの公開以後は大きく稼げないだろう。
今週3.1億円稼いだので、今後は4割程度の下落で進むと1.9→1.1→0.7→0.4→0.2億円となる。
4~5億円程度の上乗せは可能なので、90億円突破が当面の目標となりそうだ。
夏休みまで粘りそうだが、大台の100億円突破はさすがに無理だろう。

その他のライバルとなりそうな作品は以下のとおり。
☆07年公開「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」トータル94.0億円
先22.8→39.1→52.3→63.1→79.2→82.4→87.0→89.0
☆09年公開「ハリー・ポッターと謎のプリンス」トータル80.0億円
6日22.1→35.0→47.5→55.9→66.7→71.6→74.9→76.8
☆10年公開「ハリー・ポッターと死の秘宝PartⅠ」トータル68億円
金11.8→28.9→37.8→44.4→49.1→53.5→58.9→63.4
☆11年公開「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」
金15.2→36.1→50.3→62.3→71.0→77.1→81.3→84.3億円→
「ハリー・ポッター」の最新2作のトータルも超えた。
これらとの対比で考えると、「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」の興行収入は87.8~90.4億円となる。
推移から4~5億円は最低でも稼ぐことはできそうだ。
夏休みもあり、粘り強く稼ぎ、残り7~8億円程度の上乗せが可能と考えて、「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」の興行収入は先週に引き続き92~93億円と予想したい。
5週目まで100億円突破と予想していたが、そろそろ現実的な数字を考えた方がいいだろう。
100億円突破は無理だが、大ヒットであることには変わりがない。
分かりやすい作品であり、ファミリー層にもどの層にも対応ができる。
シリーズ作品ではあるが、過去の作品を見ているかどうかは問わない。
本作のような気軽にみられる作品は強いはずだ。


3位:「アンダルシア 女神の報復」(東宝・フジテレビ)<3週目>
【公開前個人予想】 24.0億円
【現時点での興行収入予想】 18~19億円
【配給会社期待値等】40億円突破も見込める大ヒットスタート(初日午後時点)
【公開規模】 371スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.3億円を週末に稼ぎ、トータルでは10.8億円弱となっている。
1週間の伸びは3.2億円半ばとなっている。
10億円はさすがに楽に突破した。
平日の伸びはやはり悪くはない。

今年公開された東宝作品と似たような動きとなっている。
☆11年「岳-ガク-」
OP2.6→7.2→10.3→12.8→14.2→15.0→
☆11年「プリンセス トヨトミ」
OP3.1→7.5→10.7→12.8→14.2→15.0→15.5
☆11年「アンダルシア 女神の報復」
OP2.6→7.5→10.8億円→
「プリンセス トヨトミ」と似た動きとなっている。

織田裕二主演作の興行収入は以下のとおり。
☆98年「踊る大捜査線 THE MOVIE」トータル101億円
☆00年「ホワイトアウト」トータル42.0億円
☆03年「踊る大捜査線 THE MOVIE2」トータル173.5億円
☆03年「T.R.Y.」トータル11.5億円
☆06年「県庁の星」トータル20.8億円
OP2.9→7.8→11.8→14.4→16.6→18.1→19.3
☆07年「椿三十郎」トータル11.5億円
OP1.6→4.1→5.9→祝7.3→不明→9.7→祝10.5→10.8
☆09年「アマルフィ 女神の報酬」トータル36.5億円
祝3日5.7→11.9→18.5→23.1→28.2→31.1→33.0→34.3→35.0
☆10年「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」トータル73.1億円
OP9.7→25.0→祝39.3→46.0→52.5→57.2→63.4→66.8→68.8
☆11年「アンダルシア 女神の報復」
OP2.6→7.5→10.8億円→
10億円は軽く超える稼げる俳優。
しかし、前作に比べるとかなり落ちる。
このシリーズの人気が落ちていることがよく分かる。
ドラマの「外交官 黒田康作」の平均視聴率は10.1%と低迷しており、その数字をそのまま評価すればよかったか。
これらとの対比で考えると、「アンダルシア 女神の報復」の興行収入は19.0~21.3億円となる。
とりあえずは20億円突破が目標となりそうだ。
前作を見た4割以上はギブアップしないとは思ったが、それほど前作の評価が悪かったのだろうか。
しかし、年配層向きなところもあるので、平日に着実稼いでくれるだろう。
多少は粘ることは期待したい。

近年公開されたサスペンス系ドラマ映画の興行収入と視聴率は以下のとおり。
☆07年「HERO」トータル81.5億円(視聴率34.2%)
10.1→祝34.0→祝48.4→57.4→祝66.6→70.5→73.8
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円(視聴率15.4%)
3.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円(視聴率21.9%)
5.4→祝18.1→24.4→30.5→祝37.4→40.7→43.1
☆08年「相棒」トータル44.4億円(視聴率08年18.1%)
GW6日15.2→21.1→27.0→32.0→36.2→38.9→40.7
☆10年「ライアーゲーム」トータル23.6億円(視聴率11.4%・11.0%)
3.9→09.7→祝14.8→17.7→21.0→22.3→22.8
☆10年「SP 野望篇」トータル36.3億円(視聴率15.4%)
5.3→15.3→21.1→25.3→29.3→31.3→32.6
☆10年「相棒-劇場版Ⅱ-」
4日5.8→12.4→祝20.7→23.7→26.4→28.3→29.6
☆11年「SP革命篇」
2.9→08.7→15.1→20.6→24.3→26.7→28.5→30.1→31.8
☆11年「アンダルシア 女神の報復」
2.6→07.5→10.8億円→
公開前にライバルに設定した「アンフェア the movie」「ライアーゲーム」をはるかに下回る動きとなっている。
「容疑者Xの献身」などを除いた作品との対比で考えると、「アンダルシア 女神の報復」の興行収入は17.0~18.6億円となる。
夏休みの動きに期待したいが、20億円突破がやや厳しいような気がする。

「アンダルシア 女神の報復」10.8億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「おとうと」11.1億円(トータル21.0億円)
☆「劇場版TRICK」12.1億円(トータル18.6億円)
☆「BECK」祝12.5億円(トータル17.6億円)
☆「十三人の刺客」祝11.2億円(トータル16.0億円)
「おとうと」との対比で考えると、「アンダルシア 女神の報復」の興行収入は20.4億円となる。
この程度がマックスラインとなりそうだ。
「アンダルシア 女神の報復」の興行収入は先週に引き続き18~19億円と予想したい。
公開前個人予想は24.0億円とだったので、微妙な結果となる。
20億円はさすがに突破するとは思ったが、織田裕二の集客力にかげりが見えてきているのかもしれない。
彼の人気というよりも、単純に前作やドラマが面白かったと思われなかった結果だろうか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。