ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(7月2週目その4)

7位:「小川の辺」(東映)<4週目>
【公開前個人予想】 3.5億円
【現時点での興行収入予想】 5億円前後
【公開規模】 228スクリーン(先週比±0スクリーン)
全国公開2週目だが、6月18日から山形県で先行公開されており、4週目という扱いになる。
5.1千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは2.8億円となっている。
1週間の伸びは1.8億円半ば程度だろうか。
予想よりもやや高い興行収入となりそうだ。
原作者に人気があるからだろうか。

藤沢周平原作作品の興行収入は以下のとおり。
☆02年「たそがれ清兵衛」トータル12.0億円(※真田)
☆04年「隠し剣 鬼の爪」10億円未満か(※永瀬)
OP1.2→3.7→5.4→6.2→7.6→8.2
☆05年「蝉しぐれ」トータル14.0億円(※市川染五郎)
OP1.5→4.9→7.8→9.8→11.3→
☆06年「武士の一分」トータル41.1億円(※木村)
☆08年「山桜」不明(※東山)
☆10年「花のあと」トータル3.0億円(※北川)
先0.4→1.1
☆10年「必死剣 鳥刺し」トータル4.8億円
OP0.8→2.6→3.6→4.2→
☆11年「小川の辺」
先込1.0→2.8億円→
「山桜」の篠原監督と東山の再コンビのようだが、肝心の「山桜」の成績が分からない。
これらとの対比に先行分を加えると、「小川の辺」の興行収入は5.2~8.0億円となる。
公開前に『「必死剣 鳥刺し」以下、「花のあと」以上か』と書いたが、「必死剣 鳥刺し」を超えてきそうだ。

「小川の辺」2.8億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
☆「RAILWAYS」2.8億円(トータル6.3億円)
☆「ソラニン」2.6億円(トータル5.8億円)
☆「必死剣鳥刺し」2.6億円(トータル4.8億円)
☆「ボックス!」2.6億円(トータル4.8億円)
これらとの対比で考えると、「小川の辺」の興行収入は5.2~6.3億円となる。
先行分もあるのでこの数字をそのまま評価できない。
とりあえずは5億円に乗るかどうかが注目となりそうだ。
ただ、年配層向けの映画であり、平日の伸びもあるだろう。
「小川の辺」の興行収入は先週に引き続き5億円前後と予想したい。
公開前個人予想は3.5億円だったので、ちょっと低すぎたか。
「必死剣 鳥刺し」(トータル4.8億円)よりも苦戦すると思ったが、イメージ的にこちらの方がよかったようだ。


8位:「パラダイス・キス」(ワーナー)<6週目>
【公開前個人予想】 7~8億円
【現時点での興行収入予想】 14億円前半(3~4週目14億円台、OP~2週目12~13億円)
【公開規模】 296スクリーン(先週比-3スクリーン)
4.5千万円を週末に稼ぎ、トータルでは13.1億円となっている。
1週間の伸びは8.9千万円半ば程度だろうか。
10億円を楽に突破している。
オープニング時の勢いはすぐに無くなると思っていたが、知名度の高さからか意外と粘っている。
微妙な作品だったので予想を低めに予想したが、やはりそれほど関係はなかったか。

矢沢あい原作作品。
矢沢あいとはいえば「NANA」が有名。
☆05年「NANA」トータル40.3億円
☆06年「NANA2」トータル12.5億円(※年末公開)
OP1.7→4.7→7.0→8.9→祝11.0→11.7
☆11年「パラダイス・キス」
OP2.0→5.8→8.8→10.9→12.2→13.1億円→
いずれも高い興行収入となっている。
知名度の高さは伊達ではない。
年末公開の「NANA2」がライバルだったが、超えてしまった。
「NANA2」との対比で考えると、「パラダイス・キス」の興行収入は14.0億円となる。

女性向けのコミック関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「僕の初恋をキミに捧ぐ」トータル21.5億円
OP2.8→7.8→13.0→16.0→祝18.5→19.5
☆10年「君に届け」トータル15.3億円
OP2.3→6.2→9.0→11.5→12.9→13.8
☆08年「砂時計」トータル10.0億円
OP1.2→祝6.0→7.2→8.3→9.1→09.5
☆10年「ダーリンは外国人」トータル7.0億円
OP1.2→3.2→4.3→5.3→6.3→6.6→
☆11年「パラダイス・キス」
OP2.0→5.8→8.8→10.9→12.2→13.1億円→
「砂時計」「ダーリンは外国人」以外との対比で考えると、「パラダイス・キス」の興行収入は14.4~14.5億円となる。
この辺りが落ち着きどころとなりそうだ。

「パラダイス・キス」13.1億円と同程度の6週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「君に届け」13.8億円(トータル15.3億円)
☆「インシテミル」11.7億円(トータル12.2億円)
これらとの対比で考えると、「パラダイス・キス」の興行収入は13.7~14.5億円となる。
「パラダイス・キス」の興行収入は先週に引き続き14億円前半と予想したい。
残り1億数千万円は上乗せできるだろう。
14億円半ばまでは伸びないか。
OP~2週目まで12~13億円と予想していたが、粘りがあった。
やはり話題作や知名度の高い作品はヒットするようだ。
公開前個人予想は7~8億円だったのでさすがに低すぎた。
予想には悩んだ作品だが、最低でも二桁突破するという予想にしておけばよかった。


9位:「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」(東映・テレビ朝日)<5週目>
【公開前個人予想】 5億円
【現時点での興行収入予想】 9億円前半(OP~2週目9億円台)
【公開規模】 283スクリーン(先週比-1スクリーン)
4.3千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは8.5億円弱となっている。
1週間の伸びは5.8千万円程度だろうか。
もちろん平日にはほとんど稼げていないが、さすがに“大集合モノ”は強いらしい。

過去のシリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー」トータル3.1億円
OP0.9→1.8→
☆10年「侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー」トータル4.7億円
OP1.5→2.6→3.6→4.1→4.5
☆11年「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー」トータル3.6億円
OP1.1→2.1→2.8→3.3→3.5
☆11年「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」
OP2.9→5.4→7.0→7.9→8.5億円→
普段足を運んでいない者が見るものでもないと思ったのだが、考えが甘かった。
これらとの対比で考えると、「スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」の興行収入は8.7~8.9億円となる。
この対比は超えるだろう。

「仮面ライダー」とも比較はしたい。
☆06年「仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE」トータル9.5億円
OP1.7→4.1→7.1→8.4
☆07年「仮面ライダー電王 俺、誕生!」トータル13.8億円
OP2.4→5.7→9.6→11.4→12.6
☆08年「仮面ライダーキバ 魔界城の王」トータル9.0億円
OP1.9→5.3→6.9→8.2→8.6
☆09年「仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」トータル19.0億円
OP4.8→11.9→15.2→17.1→18.0
☆09年「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド」トータル15.4億円
OP4.5→7.6→10.5→12.4→祝込14.5→14.9(正月公開)
☆10年「仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ」トータル14.7億円
OP3.3→8.6→11.5→13.2→14.1
☆10年「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル」
OP3.7→7.0→09.8→祝12.5→13.1→13.5→13.6
☆11年「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」
金4.0→7.6→09.2→10.2→11.4→12.8→13.0億円→
☆11年「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」
OP2.9→5.4→07.0→07.9→08.5億円→
08年以降の作品との対比で考えると、「スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」の興行収入は8.9~9.0億円となる。
夏休みに突入するので、なんとか9億円を突破するだろう。
「スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」の興行収入は先週に引き続き9億円前半と予想したい。
2週目まで9億円台と予想していたが、予想どおり伸びがなかった。
08年「仮面ライダーキバ 魔界城の王」トータル9.0億円、06年「仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE」トータル9.5億円がライバルとなりそうだ。
公開前個人予想は5億円だったので、倍程度となる。
「仮面ライダー」並のヒットとなりそうだ。
よく知らないので、ハズれてもあまり気にはならない。


10位:「それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと奇跡の星」(テアトル・日本テレビ)<2週目>
【公開前個人予想】 3億円前後
【現時点での興行収入予想】 3億円前後
【公開規模】 132スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.9千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは1.0億円半ばとなっている。
1週間の伸びは6.2千万円半ば程度だろうか。
もちろん平日には稼げていないようだ。

過去のシリーズの興行収入は以下の通り。
☆07年「それいけ!アンパンマン シャボン玉のプルン」
祝込3日0.7(2日0.5)→
☆08年「それいけ!アンパンマン妖精リンリンのひみつ」
OP0.5→1.1→1.8→2.3→2.7
☆09年「それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星」
OP0.4→0.9→1.2→1.8
☆10年「それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌」トータル3.0億円
OP0.4→0.9→1.5→1.9→2.3
☆11年「それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと奇跡の星」
OP0.4→1.1億円→
今年も過去の成績と同じと思われるが、例年よりも伸びが良い。
去年との対比で考えると、今年の興行収入は3.7億円となる。
今週末から強力な作品が公開されるため、とりあえず先週に引き続き今年の興行収入は3億円前後と予想したい。
422スクリーンの「豆富小僧」には敗れそうだが、90スクリーンの「忍たま乱太郎」、77スクリーンの「鬼神伝」には勝てそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。