ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(7月2週目その5)

11位:「星守る犬」(東宝)<5週目>
【公開前個人予想】 14~15億円
【現時点での興行収入予想】 9億円台(OP~2週目11~12億円)
【公開規模】 317スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.0千万円を週末に稼ぎ、トータルでは8.3億円となっている。
1週間の伸びは7.7千万円弱程度だろうか。
感動モノ・動物モノは強いはずだが、予想以上の伸びがない気がする。
ファミリー層や女性層へのアピールが微妙だったようだ。

「動物モノ」の興行収入は以下の通り。
☆04年「クイール」(松竹)トータル22.2億円
OP2.4→6.8→10.9→15.6→17.9
☆06年「子ぎづねヘレン」(松竹)トータル17.8億円
OP1.7→5.6→10.5→13.9→15.4
☆07年「マリと子犬の物語」(東宝)トータル31.8億円
OP2.8→7.4→祝12.0→不明→23.1
☆08年「犬と私の10の約束」(松竹)トータル15.2億円
OP1.8→5.2→8.5→11.5→12.9
☆09年公開「HACHI 約束の犬」トータル19.7億円(※参考)
OP2.2→8.8→13.2→16.0→17.7→18.6
☆09年「ウルルの森の物語」(東宝)トータル5.6億円
OP0.6→不明→3.1→祝込4.7→5.1
☆10年「きな子~見習い警察犬の物語~」(松竹)トータル7.1億円
先1.3→3.8→5.3→6.1→6.6→
☆11年「星守る犬」
OP1.4→4.4→6.3→7.5→8.3億円→
伸びが高い作品以外との対比で考えると、「星守る犬」の興行収入は8.9~9.8億円となる。
「犬と私の10の約束」対比では9.8億円となる。
この辺りがマックスラインか。

今年公開された以下の作品がライバルになると思ったが、様子がおかしい。
☆11年「僕と妻の1778の物語」
OP1.6→05.0→07.5→09.2→10.5→11.2→11.6→11.8→11.9→
☆11年「星守る犬」
OP1.4→04.4→06.3→07.5→08.3億円→
オープニングが似ていたが、差が広がっている。

「星守る犬」8.3億円と同程度の5週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「サヨナライツカ」9.0億円(トータル12.0億円)
☆「ゴースト もういちど抱きしめたい」8.2億円(トータル9.0億円)
☆「アウトレイジ」6.9億円(トータル7.5億円)
「サヨナライツカ」以外との対比で考えると、「星守る犬」の興行収入は9.0~9.1億円となる。
2週目まで11~12億円と高めに予想していたが、動物モノらしい伸びはなかった。
年配層やファミリー層が足を運んでくれそうなので伸びると期待したが無理そうだ。
先週に引き続き9億円台と予想したい。
公開前個人予想は14~15億円だったので、ハズれとなりそうだ。
この手の感動作は大ヒットすると踏んだが、ちょっとテイストが異なるようだ。
しかし、まもなく公開される「ロック わんこの島」には期待したい。
こちらは大丈夫だろう。


12位:「ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える」(ワーナー)<2週目>
【公開前個人予想】 2~3億円
【現時点での興行収入予想】 2~3億円
【公開規模】 106スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.8千万円を週末に稼ぎ、トータルでは1.2億円となっている。
1週間の伸びは6.6千万円程度だろうか。
アメリカでは「パイレーツ」を超えるほどの大ヒットコメディ。
しかし、日本では馴染みのないキャスト、前作は日本では注目されなったということもあり、日本でヒットしないだろう。
スクリーンも少なく、前作を見ている者もそれほど多くはなさそうだ。
CMのつくりも最悪だったので、一般層を取り込むことは厳しいと思う。

「ハングオーバー!!」1.2億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>(※おおよそのトータルが判明しているもののみ)
☆「SAW ザ・ファイナル3D」1.9億円(トータル3.6億円)
☆「噂のモーガン夫妻」1.7億円(トータル3.0億円)
☆「マイレージ、マイライフ」1.0億円(トータル3.0億円)
これらとの対比で考えると、「ハングオーバー!!」の興行収入は2.1~3.6億円となる。
公開前個人予想どおり、先週に引き続き2~3億円と予想したい。
ヒットはしないとは思うが、話題作ではあり、さすがに多少の伸びはあるだろう。
なお、六本木ヒルズでは一番大きなスクリーンで上映されていた。


13位:「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら」(東宝)<6週目>
【公開前個人予想】 3~4億円
【現時点での興行収入予想】 8億円後半(2~3週目9億円台、OP時6~7億円)
【公開規模】 320スクリーン
2.5千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは8.5億円半ばとなっている。
1週間の伸びは4.4千万円半ば程度だろうか。

同週に公開された以下の作品とは差が開いている。
☆11年「パラダイス・キス」
OP2.0→5.8→8.8→10.9→12.2→13.1億円→
☆11年「もしドラ」
OP1.8→4.4→6.2→07.4→08.1→08.5億円→
オープニングは2千万円差だったが、2週目で1.4億円、3週目で2.6億円、4週目で3.5億円、5週目4.1億円、6週目では4.6億円差となっている。
これが人気漫画の映画化との実力差だろう。
しかし、それほど悪くはない結果となりそうだ。
アイドル映画はヒットしないという定説を覆している。
劇場はガラガラというネットネタもあったが、極端に悪いわけではない。

以下の作品が参考になるか。
☆09年「おっぱいバレー」トータル5.3億円
OP0.8→2.1→3.2→4.5→4.9
☆10年「BANDAGE」トータル6.0億円
OP1.3→3.0→4.2→5.6→5.7
☆11年「もしドラ」
OP1.8→4.4→6.2→7.4→8.1→8.5億円→
これらを楽に超えているので、評価できるのではないか。

「もしドラ」8.5億円と同程度の6週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「サヨナライツカ」9.6億円(トータル12.0億円)
☆「ゴースト もういちど抱きしめたい」8.6億円(トータル9.0億円)
☆「アウトレイジ」7.2億円(トータル7.5億円)
「サヨナライツカ」以外との対比で考えると、「もしドラ」の興行収入は8.9~8.9億円となる。
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら」の興行収入は先週に引き続き8億円台後半と予想したい。
オープニング時は6~7億円と低めに予想したが、極端には落ち込まなかった。
すぐにボロボロになると思っていたが、そういうことは評価できる。
しかし、2~3週目まで9億円台と予想していたが、そこまでの伸びはなかった。
公開前個人予想は3~4億円だったので、倍以上の程度となった。
題材の話題性ということもあるのだろうが、やはり人気の高さは想像以上だったのかもしれない。
個人的にはこの程度でも十分と思える。
08年の新垣結衣主演「フレフレ少女」は1億円程度という悲惨な興行収入だった。
当たるとは思えなかったが、やはり秋元康は伊達ではないようだ。


14位:「プリンセス トヨトミ」(東宝)<7週目>
【公開前個人予想】 12.5億円
【現時点での興行収入予想】15億円後半(4週目14億円後半、2~3週目16~17億円、OP時18~19億円)
【公開規模】 277スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.0千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは15.4億円半ばとなっている。
1週間の伸びは4.6千万円程度だろうか。
15億円を突破している。
題材となった大阪では大ヒットしているようだ。

万城目学原作作品。
ドラマ「鹿男あをによし」、映画「鴨川ホルモー」(トータル3.0億円)が映画化されている。
公開前に『「鴨川ホルモー」とは異なり、年配層も間違えて足を運びそうな作品。意外とヒットしそうな雰囲気はある』と書いたが、想定以上だったようだ。

東宝は今年公開された作品をほぼ同じ地点に着地させている。
☆11年「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」
祝込3.9→8.4→11.3→13.3→14.2→14.5→14.8→
☆11年「岳-ガク-」
OP2.6→7.2→10.3→12.8→14.2→15.0→
☆11年「プリンセス トヨトミ」
OP3.1→7.5→10.7→12.8→14.2→15.0→15.5億円→
オープニングは高かったが、「岳-ガク-」よりも伸びがなかったようだ。
最終的な結果はどうなるだろうか。

去年公開された「BECK」を除く以下の作品よりも出足がよかった。
☆10年「悪人」トータル19.8億円
OP2.5→祝9.0→12.5→15.2→16.8→17.9→18.5
☆10年「BECK」トータル17.6億円
OP3.1→8.3→祝12.5→14.7→16.1→祝16.9→17.1
☆10年「十三人の刺客」トータル16.0億円
OP2.3→7.3→祝11.2→12.7→13.9→
☆11年「プリンセス トヨトミ」
OP3.1→7.5→10.7→12.8→14.2→15.0→15.5億円→
「BECK」に比べると伸びがない。
「十三人の刺客」とはかなり差があったのに4週目でなくなってしまった。
これらとの対比で考えると、「プリンセス トヨトミ」の興行収入は16.0~16.6億円となる。
「プリンセス トヨトミ」の興行収入は先週に引き続き15億円後半と予想したい。
残り5千万円未満の上乗せで止まるか。
オープニング時は18~19億円、3週目には16~17億円と下方修正し、4週目にも14億円後半とかなり低めに下方修正したものの、予想よりも意外と粘っている。
評価が良いとは思えないので伸びはないと考えてしまい、低めに予想しすぎた。
公開前個人予想は12.5億円だったので、微妙な結果となる。
観たいとは思わせるが、観ればたぶん楽しめられない映画。
このような映画の予想は難しい。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。