ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(8月1週目その3)

4位:「カーズ2」(ディズニー)<2週目>
【公開前個人予想】 45億円
【現時点での興行収入予想】 35億円前後
【配給会社期待値等】 興収40億円超に向け好発進した
【公開規模】 515スクリーン(先週比+1スクリーン)
2.4億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは11.7億円となっている。
1週間の伸びは7.1億円半ば程度だろうか。
悪い動きではないが、ピクサー作品の中で、このシリーズはなぜか日本では人気がないようだ。

ピクサー作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年「トイ・ストーリー2」トータル34.5億円
☆02年「モンスターズ・インク」トータル93.7億円
☆03年「ファインディング・ニモ」トータル110.0億円
5週目75.0→81.0→95.7→99.6→102.9→104.5→106.8
☆04年「Mr.インクレディブル」トータル52.6億円
先7.5→15.3→不明→不明→35.1→47.1→48.0→50.0
☆06年「カーズ」トータル22.3億円
OP3.8→07.8→10.5→14.1
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル39.0億円
水5.0→12.8→19.5→28.5→32.0→35.8→37.1→祝38.1
☆08年「WALL・E/ウォーリー」トータル40.0億円
金5.1→11.5→16.0→不明→30.3→祝35.5→37.1
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
OP6.3→15.5→22.3→31.1→37.0→42.9→46.0
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
OP9.8→23.7→38.8→54.1→66.6→82.8→93.2
☆11年「カーズ2」
OP4.6→11.7億円→
「WALL・E/ウォーリー」と似たような動きとなっている。
「WALL・E/ウォーリー」「カールじいさんの空飛ぶ家」との対比で考えると、「カーズ2」の興行収入は37.7~40.7億円となる。
マックスでも40億円程度の興行収入になりそうだ。
夏休み中でもあり、ある程度は粘るだろうが、この対比をやや下回りそうだ。
「カーズ2」の興行収入は先週に引き続き36~37億円と予想したい。
さすがに前作「カーズ」トータル22.3億円は上回るだろう。
「レミーのおいしいレストラン」トータル39.0億円を超えるかどうかが注目となりそうだ。
ハリウッドアニメはそれほど高い興行収入は上げられないが、その状況でも安定して高い興行収入を上げられるピクサーアニメのブランド力の高さが窺われる。
公開前個人予想は45億円だったので、微妙な結果となりそうだ。
3D割増を2割と設定したが、ちょっと高すぎたかもしれない。


5位:「コクリコ坂から」(東宝・日本テレビ)<4週目>
【公開前個人予想】 60億円
【現時点での興行収入予想】 38~39億円
【配給会社期待値等】 最終興収50億円超えも確実なスタートとなった
【公開規模】 457スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.8億円を週末に稼ぎ、トータルでは22.5億円となっている。
1週間の伸びは5.1億円程度だろうか。
週毎の動きは以下のとおり。
OP3日5.9→2週目5.6→3週目5.9→4週目5.1億円となっている。
比較的安定して稼いでいるが、ジブリ作品としては物足りない動き。
純粋なファミリー向き作品ではない点などの問題があったか。
もちろん「ハリポタ」などの影響もあっただろう。

今年の「コナン」と似たような動きとなっている。
☆11年「ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団」トータル24.4億円
4.5→06.9→09.3→13.6→19.6→22.3→22.8→23.1→23.5
☆11年「名探偵コナン沈黙の15分(クォーター)」トータル31.3億円
5.5→11.5→18.2→26.3→28.1→29.4→30.3→30.8
☆11年「コクリコ坂から」
3日5.9→11.5→17.4→22.5億円→
「コナン」はGW公開なので、単純比較はしにくい。
「ドラえもん」との対比で考えると、「コクリコ坂から」の興行収入は40.4億円となる。
この程度がマックスだろうか。
ブランド力の違いをみせて「コナン」は超えてくるだろう。

ジブリ関係映画の興行収入は以下の通り(数字が正しいかは不明)。
☆84年「風の谷のナウシカ」7.6億円(※配給収入)
☆86年「天空の城ラピュタ」5.8億円(※配給収入)
☆88年「となりのトトロ」「火垂るの墓」5.9億円(※配給収入)
☆89年「魔女の宅急便」21.5億円(※配給収入)
☆91年「おもいでぽろぽろ」18.7億円(※配給収入)
☆92年「紅の豚」28.0億円(※配給収入)
☆94年「平成狸合戦ぽんぽこ」26.3億円(※配給収入)
☆95年「耳をすませば」18.5億円(※配給収入)
☆97年「もののけ姫」193億円(※配給収入113.0億円)
☆99年「ホーホケキョとなりの山田くん」7.9億円(※配給収入)
☆01年「千と千尋の神隠し」トータル304.9億円
☆02年「猫の恩返し」トータル64.6億円
☆04年「ハウルの動く城」トータル196.0億円(不明部分は年末)
OP14.8→47.5→67.9→84.5→不明→不明→128.9→152.3→157.6→
☆06年「ゲド戦記」トータル76.5億円
OP09.1→25.0→38.3→53.0→60.1→066.4→068.6→070.5→072.7→
☆08年「崖の上のポニョ」トータル155.0億円
3日15.7→32.3→52.6→72.1→99.4→111.7→127.2→134.4→140.5→
☆10年「借りぐらしのアリエッティ」トータル92.5億円
3日13.5→26.2→39.8→50.3→64.7→073.9→080.3→084.3→086.5→
☆11年「コクリコ坂から」
3日05.9→11.5→17.4→22.5億円→
「崖の上のポニョ」「借りぐらしのアリエッティ」との対比で考えると、「コクリコ坂から」の興行収入は41.4~48.4億円となる。
「ゲド戦記」との対比で考えると、「コクリコ坂から」の興行収入は32.5億円となる。
伸びは高くも低くもないと思われるので、30億円以上、40億円以下というところか。
「ゲド戦記」の5割、「猫の恩返し」の6割程度と考えて、「コクリコ坂から」の興行収入は先週に引き続き38~39億円と予想したい。
公開前個人予想は60億円だったので大きく外しそうだ。
ジブリは鉄板だと思っていたが、さすがにキャラクター作品でもなく、ファンタジー作品でもないものは厳しいようだ。
「ゲド戦記」がイマイチだった宮崎吾朗監督作品ということもあるか。
「コクリコ坂から」は個人的には面白いと思ったが、あまり映画に見慣れていない人には分かりにくいところがある作品かもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。