ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ぼくのエリ200歳の少女』DVDレビュー

◆評  価   7.5点
◆おススメ度  A(リメイク版よりも良い)

孤独の少年と孤独の少女(彼女が再三語っていたように実際には違うらしいが)の関係が、美しく、切なく描かれている。
人間とヴァンパイア、男と女という性を超越した二人の関係がより“純粋”に映る。
ホラーやサスペンスで描かれる題材のヴァンパイアという設定をより効果的に利用した特異な作品であり、世間の評価に値するといえる。

エリとオスカー少年とのやり取りも興味深いが、エリと一緒に住んでいた中年のおじさんの関係が本作をより効果的なものとしている。
あの中年のおじさんは、少年時代にエリと出会い、付き合い、エリのために罪を犯しながら時を経て中年となっていったのだろう。
「今日はあの少年と会わないで」という中年のおじさんがエリに語ったセリフがかなり寂しそうであり、あのセリフに何かが凝縮されていたような気がした。
恐らく過去の自分と重ね合わせて、自分の存在が薄れていっていることに不安を覚えたのだろう。
それでもなお、最後にエリのために自分の血を吸わせて、チカラ尽きるシーンが美しくもあり純粋だ。
エリを愛した少年たちの末路は悲惨かもしれないが、彼らにとっては永遠ともいえる純粋な愛なのだろう。

このような連鎖を断ち切るために、そしてオスカーのために、エリは最初で最後のキスをしてオスカーの元を去る覚悟を決めたとは思うが、エリは去り切れず、そしてオスカーに頼らざるを得ず、結局は戻らざるを得なかった。
オスカーは自分を助けてくれたと思っているだろうが、本当の意味ではオスカーのためにはならない行為だ。
結局は自分の生命を永続させるために戻ったのではないか。
性とは無縁のお互いに純粋な思いかもしれないが、未来のない二人の関係・逃避行が儚く感じられる。
そのため、モールス信号が美しくもありながら、いっそう切なくも感じられた。
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。