ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる映画ニュース(9月第1週目)

☆「ダイハード5」の監督が決定
内定していたノーム・ムーロが「300<スリーハンドレッド>」の前日譚を描く作品を選んだため、降板していたが、「エネミー・ライン」「マックス・ペイン」のジョン・ムーアに決定した。
「マックス・ペイン」は見ていないが、「エネミー・ライン」は悪くはない作品だったので、期待できない選択ではない。


☆「オールド・ボーイ」リメイク版の主演が決定
主役は、「ミルク」「ブッシュ」「トゥルー・グリット」などの出演していたジョシュ・ブローリンに決定した。
彼は激しい役にも対応できる役者ではあるが、主演した「ジョナ・ヘックス」が大コケしただけに、興行収入的にはやや心配なところはある。
監督は、スパイク・リーに決まっている。


☆「忍たま乱太郎」がハリウッドでリメイクか
正式決定ではなくて、交渉中とのこと。
日本映画のリメイクが多く企画されているが、「リング」などのホラー以外にはいまだにヒット作品がないような気がする。
リメイク権だけを手に入れて、結局制作されないというケースも多いので、本腰を入れて、制作されるかも分からないという状況だ。


☆「スター誕生」のリメイクが制作延期へ
クリント・イーストウッドが監督し、ビヨンセが主演を務めることとなっていた。
来年の2月から撮影に入る予定だったが、ビヨンセが妊娠したため、延期されるようだ。
主演男優をディカプリオで調整していたようだが、なかなか難航していたようであり、今後の展開が気になるところ。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。