ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(9月2週目その4)

9位:「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」(パラマウント)<7週目>
【公開前個人予想】 38億円
【現時点での興行収入予想】 43~44億円(OP~2週目38~39億円)
【配給会社期待値等】目標50億円超えの興行に向けて猛ダッシュスタートをきった
【公開規模】 571スクリーン(先週比-66スクリーン)
5.1千万円を週末に稼ぎ、トータルでは41.0億円弱となっている。
1週間の伸びは1.2億円弱程度だろうか。

週毎の動きは以下のとおり。
OP3日8.2→2週目9.7→3週目8.6→4週目7.7→5週目3.3→6週目2.3→7週目1.2億円となっている。
4週目までは大きな落ち込みがなかったが、さすがに夏も終わり落ち込んだ。
しかし、「ハリポタ」には敵わないが、3D大作映画はこの夏には受けたようだ。

過去のシリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年公開「トランスフォーマー」トータル40.1億円
OP6.3→16.0→28.5→32.1→35.4→37.2→祝38.9→39.4
☆09年公開「トランスフォーマー/リベンジ」トータル23.2億円
先金5.6→12.1→16.5→19.4→20.8→21.9
☆11年公開「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」
金8.2→17.9→26.5→34.2→37.5→39.8→41.0億円→
第2弾が第1弾の4割ほどの減少となっているが、前作は6月公開だったので、時期が悪かった気がする。
これらとの対比で考えると、「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」の興行収入は42.3億円となる。
公開直後は「トランスフォーマー」トータル40.1億円を超えない程度が落ち着きどころと思っていたが、超えた。

以下の作品がライバルとなる。
☆10年公開「バイオハザードⅣ」トータル47.0億円
先13.1→祝26.0→32.4→37.2→41.6→44.0→45.0
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先7.8→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2→33.5
☆09年公開「2012」トータル38.0億円
祝込4日8.8→16.3→23.2→26.7→30.4→祝35.5→36.6
☆09年公開「天使と悪魔」トータル33.5億円
金6.8→15.0→20.6→25.6→28.6→30.4→31.4
☆09年公開「ターミネーター4」トータル33.2億円
先10.2→18.9→24.0→27.8→30.1→31.2
☆11年公開「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」
金8.2→17.9→26.5→34.2→37.5→39.8→41.0億円→
「2012」トータル38.0億円も超え、「バイオハザードⅣ」トータル47.0億円以外には勝った。
先行の有無などの関係で単純比較はしにくいが、これらとの対比で考えると、「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」の興行収入は42.6~43.7億円となる。
多少は粘ると思うので、「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」の興行収入は先週に引き続き43~44億円と予想したい。
OP時~2週目まで38~39億円と予想していたが、お盆時期に思ったよりも伸びがあった。
公開前個人予想は38億円だったので、やや低すぎた。
前作の興行収入が低すぎたので、強気にはなりにくい。


10位:「グリーン・ランタン」(ワーナー)<1週目>
【公開前個人予想】 1億円台
【現時点での興行収入予想】 億円台
【公開規模】 152スクリーン
4.2千万円半ばのオープニングを飾った。
先週『オープニングも4千万円程度か』と書いたので、当たりとなった。
『「グリーン・ランタン」は大コケだろう』と書いたが、誰でも分かるだろう。
日本でヒットできる要素がない。
トータルも予想どおり1億円台となるのではないか。


11位:「カーズ2」(ディズニー)<7週目>
【公開前個人予想】 45億円
【現時点での興行収入予想】 31億円台(5週目32~33億円、OP~4週目36~37億円)
【配給会社期待値等】 興収40億円超に向け好発進した
【公開規模】 433スクリーン(先週比-45スクリーン)
3.3千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは29.3億円となっている。
1週間の伸びは5.6千万円半ば程度だろうか。
悪い動きではないが、ピクサー作品の中で、このシリーズはなぜか日本では人気がないようだ。

週毎の動きは以下のとおり。
OP4.6→2週目7.1→3週目6.5→4週目6.1→5週目2.7→6週目1.7→7週目0.6億円となっている。
4週目まで大きな落ち込みはなかったが、5週目で夏は終わったようだ。

ピクサー作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年「トイ・ストーリー2」トータル34.5億円
☆02年「モンスターズ・インク」トータル93.7億円
☆03年「ファインディング・ニモ」トータル110.0億円
5週目75.0→81.0→95.7→99.6→102.9→104.5→106.8
☆04年「Mr.インクレディブル」トータル52.6億円
先7.5→15.3→不明→不明→35.1→47.1→48.0→50.0
☆06年「カーズ」トータル22.3億円
OP3.8→07.8→10.5→14.1
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル39.0億円
水5.0→12.8→19.5→28.5→32.0→35.8→37.1→祝38.1
☆08年「WALL・E/ウォーリー」トータル40.0億円
金5.1→11.5→16.0→不明→30.3→祝35.5→37.1
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
OP6.3→15.5→22.3→31.1→37.0→42.9→46.0
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
OP9.8→23.7→38.8→54.1→66.6→82.8→93.2
☆11年「カーズ2」
OP4.6→11.7→18.2→24.3→27.1→28.8→29.3億円→
「カーズ」のトータルを超えた。
3週目までは「WALL・E/ウォーリー」と似たような動きとなっていたが、かなり差が付きつつある。
「レミーのおいしいレストラン」「WALL・E/ウォーリー」「カールじいさんの空飛ぶ家」との対比で考えると、「カーズ2」の興行収入は30.8~31.8億円となる。
この下限程度だろうか。
OP~4週目36~37億円、5週目まで32~33億円と予想していたが、もはや伸びるとは思えない。
「カーズ2」の興行収入は先週に引き続き31億円台と予想したい。
「レミーのおいしいレストラン」トータル39.0億円を大きく下回りそうだ。
前作の興行収入が低かったので、この程度でも仕方がないのか。
しかし、ハリウッドアニメはそれほど高い興行収入は上げられないが、その状況でも安定して高い興行収入を上げられるピクサーアニメのブランド力の高さが窺われる。
公開前個人予想は45億円だったので、ハズれとなりそうだ。
3D割増を2割と設定したが、それがちょっと高すぎたかもしれない。


12位:「うさぎドロップ」(ショウゲート)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 6億円台
【公開規模】 116スクリーン(先週比+1スクリーン)
3.2千万円を週末に稼ぎ、トータルでは5.0億円半ばとなっている。
1週間の伸びは8.1千万円半ば程度だろうか。
公開前に予想はできなかったが、ここまで高い数字は予想できなかっただろう。
トータルでは勝てそうもないが、今年の夏に公開された映画「両さん」、「忍たま乱太郎」、「ロック」の4週目時点の成績といい勝負をしている。
公開時期の良さ、原作の人気、芦田愛菜の人気だろうか。

公開時150スクリーン程度のヒット作品は以下のとおり。
☆10年「ソラニン」トータル5.8億円(108スクリーン)
OP0.9→2.6→3.5→4.1→4.5
☆10年「人間失格」トータル5.4億円(154スクリーン)
OP0.8→2.5→3.7→4.9
☆11年「阪急電車 片道15分の奇跡」トータル10億円後半見込み(80スクリーン)
先0.6→2.7→5.6→7.0→8.2→9.1→9.6
☆11年「毎日かあさん」トータル5億円半ば見込み(134スクリーン)
OP0.8→2.6→3.8→4.7→5.2→5.3
☆11年「うさぎドロップ」
OP1.0→2.9→4.2→5.1億円→
「阪急電車 片道15分の奇跡」以外との対比で考えると、「うさぎドロップ」の興行収入は5.6~7.2億円となる。
大きくは伸びないが、すぐには勢いを無くさないだろう。

「うさぎドロップ」5.1億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「ダーリンは外国人」5.3億円(トータル7.0億円)
☆「桜田門外ノ変」5.4億円(トータル6.9億円)
☆「RAILWAYS」4.6億円(トータル6.3億円)
☆「人間失格」4.9億円(トータル5.4億円)
マックス6億円台、ミニマム5億円台となりそうだ。
ある程度の伸びがあると考えて、「うさぎドロップ」の興行収入は先週に引き続き6億円台と予想したい。
夏休みが過ぎても、一応大丈夫だろう。


15位:「劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」(東映・テレビ朝日)<6週目>
【公開前個人予想】 13億円台
【現時点での興行収入予想】 17億円台(OP時14億円台)
【公開規模】 310スクリーン(先週比-39スクリーン)
2.2千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは17.1億円半ばとなっている。
1週間の伸びは3.6千万円程度だろうか。
仮面ライダー生誕40周年、スーパー戦隊シリーズ35作の記念作品らしいが、それにしても伸びが高い。
しかし、6週目で一気に勢いがなくなった。

「仮面ライダー」の興行収入は以下のとおり。
☆06年「カブト GOD SPEED LOVE」トータル9.5億円
OP1.7→4.1→7.1→8.4
☆07年「電王 俺、誕生!」トータル13.8億円
OP2.4→5.7→9.6→11.4→12.6
☆08年「キバ 魔界城の王」トータル9.0億円
OP1.9→5.3→6.9→8.2→8.6
☆09年「ディケイド オールライダー対大ショッカー」トータル19.0億円
OP4.8→11.9→15.2→17.1→18.0
☆09年「W&ディケイド」トータル15.4億円(年末公開)
OP4.5→7.6→10.5→12.4→祝込14.5→14.9
☆10年「W FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ」トータル14.7億円
OP3.3→8.6→11.5→13.2→14.1
☆10年「オーズ&ダブル」(年末公開)
OP3.7→7.0→09.8→祝12.5→13.1→13.5→13.6
☆11年「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」
金4.0→7.6→09.2→10.2→11.4→12.8→13.0→
☆11年「オーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」
OP3.5→8.8→13.5→15.6→16.8→17.2億円→
夏映画は9億円台が2本、14~15億円が2本、19億円が1本となっている。
09年に近いペースとなっている。
主要作品との対比で考えると、今年の興行収入は17.8億円となる。
ここまでは伸びないとは思うが、「オーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」の興行収入は先週に引き続き17億円台と予想したい。
OP時には、今年も14~15億円となるのではないかと考えて、14億円台と予想したが、予想を大きく超えてきた。
松平健とのコラボが意外性を産んだようだ。
それにしても、東映はライダーとプリキュアでもっているようなものだ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。