ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(10月1週目その1)

動員1位:「ワイルド・スピードMEGA MAX」(東宝東和)<1週目>
【公開前個人予想】 10.5億円
【現時点での興行収入予想】 12億円台
【公開規模】 412スクリーン
先行3日間は2.8億円(283,320,300円)、先行を加えたトータルでは5.0億円(500,316,000円)となっている。
週末2日間は2.1億円半ば程度だろうか。
先週『オープニングは先行を加えて4.5億円程度か』と書いたので、予想よりも高い動きとなっている。

「ワイルド・スピード」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆01年「ワイルド・スピード」10億円未満
☆03年「ワイルド・スピードX2」10億円未満
☆06年「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」トータル10.0億円
OP2.4→5.8→7.7→8.6
☆09年「ワイルド・スピード MAX」トータル9.5億円
金4日3.6(OP2.1)→5.9→7.6→8.6→9.2
☆11年「ワイルド・スピードMEGA MAX」
先行込5.0(OP2.2)億円→
単純比較はできないが、これらとの週末2日間対比で考えると、「ワイルド・スピードMEGA MAX」の興行収入は9.2~10.0億円となり、先行分を足すと12.0~12.8億円となる。
個人的な評価は高い作品であり、それなりの伸びは期待したい。
シリーズモノではあるが、シリーズ未鑑賞者でも対応はできるだろう。
12億円台と予想したい。
公開前個人予想は10.5億円だったので、予想を超えてきそうだ。
アメリカでも今年公開された作品の中では、「パイレーツ・オブ・カリビアン」トータル241百万ドルに次ぐ、2億1千万ドル弱を稼ぐ大ヒットをみせており、日米ともにシリーズ最高となりそうだ。


動員4位:「DOG×POLICE 純白の絆」(東宝)<1週目>
【公開前個人予想】 5億円台
【現時点での興行収入予想】 8億円台
【公開規模】 314スクリーン
1.5億円弱(149,383,700円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは1.0億円程度か』と書いたので、予想よりも高かった。
久々に東宝がヤラかして、コケるだろうと予想したが、普通に稼いできた。
動物モノの事件モノであり、確かにそれほど観にくい作品でもないかもしれない。
気楽に観れるといえば、観られる。

市原隼人主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「猿ロック THE MOVIE」トータル4.0億円
OP0.9→2.1→2.8→
☆10年「ボックス!」トータル4.8億円
OP1.1→2.6→3.6→4.1
戸田恵梨香主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「ライアーゲーム」トータル23.6億円
OP3.9→09.7→祝14.8→17.7→21.0→22.3→22.8
☆11年「DOG×POLICE 純白の絆」
OP1.5億円→
これらとの対比で考えると、「DOG×POLICE 純白の絆」の興行収入は6.5~9.1億円となる。
動物モノではあるが、それほど伸びはないだろう。

「DOG×POLICE 純白の絆」1.5億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2010>
☆「武士の家計簿」先行込1.7億円(トータル14億円台見込み)
☆「サヨナライツカ」1.3億円(トータル12.0億円)
☆「ゴースト もういちど~」1.3億円(トータル9.0億円)
☆「アウトレイジ」1.5億円(トータル7.5億円)
☆「きな子」1.3億円(トータル7.1億円)
☆「BANDAGE」1.3億円(トータル6.0億円)
「ゴースト もういちど~」「アウトレイジ」との対比で考えると、「DOG×POLICE 純白の絆」の興行収入は7.5~10.4億円となる。
「ゴースト もういちど~」より伸びないと思うが、「アウトレイジ」よりは伸びるだろう。
「DOG×POLICE 純白の絆」の興行収入は8億円台と予想したい。
大ヒットする作品とは思えず、この程度ならば、個人的には問題ないと思う。
公開前個人予想は5億円台だったので、ハズしそうだ。
コケると思ったが、まさかコケたのは「はやぶさ」とは思わなかった。


動員5位:「はやぶさ/HAYABUSA」(20世紀フォックス)<1週目>
【公開前個人予想】 15.0億円
【現時点での興行収入予想】 7億円台
【公開規模】 303スクリーン
1.0億円(102,802,800円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは2.2億円程度か』と書いたが、思いっきりズレた。
最近公開された「うさぎドロップ」と同程度のオープニングとなっている。

各映画会社がこぞって映画化を競って進めた「はやぶさ」という題材、老若男女が楽しめる感動作品、監督はビッグネームの堤幸彦、コケる要素はないだろうと踏んだが、存外な結果となった。
他の映画会社はこの結果を喜んでいるのか、焦っているのか、どちらだろうか。

期待しすぎただけで、以下を考えれば、順当なのかもしれない。
☆09年「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」トータル9.0億円
OP1.1→4.0→5.7→7.1
☆10年「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」トータル6.3億円
先1.0→2.8→3.8→4.6→5.2→5.5→
☆11年「はやぶさ/HAYABUSA」
OP1.0億円→
これらとの対比で考えると、「はやぶさ/HAYABUSA」の興行収入は6.3~8.2億円となる。
「旭山動物園物語」ほど伸びはなさそうだ。

「はやぶさ/HAYABUSA」1.0億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2010>
☆「桜田門外ノ変」0.9億円(トータル6.9億円)
☆「RAILWAYS」先1.0億円(トータル6.3億円)
☆「ソラニン」0.9億円(トータル5.8億円)
☆「ボックス!」1.1億円(トータル4.8億円)
☆「座頭市」0.9億円(トータル4.0億円)
☆「猿ロック」0.9億円(トータル4.0億円)
多少は粘ると考えても、「はやぶさ/HAYABUSA」の興行収入は7億円台だろうか。
公開前個人予想は15.0億円だったので、半分程度となりそうだ。
週末にファミリー層は動かなかったので、年配層による平日の伸びには期待したいところ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。