ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(10月1週目その3)

6位:「探偵はBARにいる」(東映)<4週目>
【公開前個人予想】 6億円
【現時点での興行収入予想】 12億円台(OP時10億円台)
【公開規模】 252スクリーン(先週比±0スクリーン)
7.4千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは9.9億円半ばとなっている。
1週間の伸びは1.7億円半ば程度だろうか。
舞台となった北海道での人気がかなり高いとのことである。
作風的にもユニークであり、コケることはないと思ったが、東映系作品としては珍しいヒットとなりそうだ。

大泉洋主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「アフタースクール」トータル5.5億円
OP0.7→2.0→3.0→3.6→4.1→4.4
☆11年「探偵はBARにいる」
OP1.7→5.2→8.2→9.9億円→
これとの対比で考えると、「探偵はBARにいる」の興行収入は15.1億円となるが、さすがにそこまでは伸びないだろう。

内容は全く分からないが、ユニークなサスペンス系が参考となるか。
☆08年「チーム・バチスタの栄光」トータル15.6億円
祝3日3.9→7.5→10.4→12.8→13.9→14.5→14.9
☆09年「ジェネラル・ルージュの凱旋」トータル9.0億円
OP1.5→04.3→06.3→07.4→08.1→08.5
☆10年「TRICK劇場版3」トータル18.5億円
OP3.7→08.5→12.1→14.7→16.3→17.1→17.7→18.0
☆11年「探偵はBARにいる」
OP1.7→05.2→08.2→09.9億円→
これとの対比で考えると、「探偵はBARにいる」の興行収入は12.0~12.5億円となる。
10億円は楽に超えてきそうだ。
伸びがどの程度あるかどうかが注目となる。

「探偵はBARにいる」9.9億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「武士の家計簿」9.3億円(トータル14億円台)
☆「ノルウェイの森」9.9億円(トータル13~14億円)
☆「インシテミル」10.2億円(トータル12.2億円)
☆「ゴールデンスランバー」9.0億円(トータル11.5億円)
「インシテミル」「ゴールデンスランバー」との対比で考えると、「探偵はBARにいる」の興行収入は11.8~12.7億円となる。
オープニング時には10億円台と予想したが、「探偵はBARにいる」の興行収入は先週に引き続き12億円台と予想したい。
大泉洋の株はかなり上がったのではないか。
公開前個人予想は6億円だったので、ハズれそうだ。
コケることはないとは思うが、東映系でもあり、作風的にも10億円に乗るような作品でもないと思ったが、分からないものだ。


7位:「スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション」(松竹)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 5億円台
【公開規模】 188スクリーン(先週比-30スクリーン)
動員ランクでは8位となるが、興行収入ランクでは7位となる。
5.0千万円を週末に稼ぎ、トータルでは4.3億円半ばとなっている。
1週間の伸びは8.7千万円半ば程度か。
アメリカではコケており、日本でもコケるかと思って、予想はしなかったが、それなりに稼いでいる。
匂いつきの4Dが受けたのか。
「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」はトータル14.5億円を稼ぐほどの知名度のあるシリーズ作品であり、ファミリー層を中心に動員したようだ。

「スパイキッズ4D」4.4億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「エアベンダー」4.7億円(トータル6.0億円)
☆「かいじゅうたちのいるところ」4.5億円(トータル5.7億円)
☆「サロゲート」4.5億円(トータル5.5億円)
これらとの対比で考えると、「スパイキッズ4D」の興行収入は5.4~5.6億円となる。
「スパイキッズ4D」の興行収入は先週に引き続き5億円台と予想したい。
連休も終わったので、大きくは伸びないだろう。
前作からは激減しているが、期間も空いており、主役も異なっている。
他のシリーズ作品とは異なるシリーズ作品なので前作の数字は参考にはならないだろう。


8位:「世界侵略:ロサンゼルス決戦」(ソニー)<3週目>
【公開前個人予想】 9.0億円
【現時点での興行収入予想】 8億円台
【公開規模】 334スクリーン(先週比±0スクリーン)
4.6千万円を週末に稼ぎ、トータルでは6.1億円となっている。
1週間の伸びは1.4億円半ば程度か。
地震の影響で、公開延期されていた。
アメリカでは84百万ドル稼いだ作品(製作費7千万ドル)であり、合格点の興行収入だった。
しかし、『日本で知名度のあるスターが登場するわけでもなく、アメリカで大きな話題になった作品でもなく、大ヒットもないだろう』と書いた通りとなるか。

参考とした「第9地区」を超えることはできるだろうか。
☆10年公開「第9地区」トータル8.3億円
OP1.7→4.2→5.5→6.6→7.6
☆11年公開「世界侵略:ロサンゼルス決戦」
OP1.7→4.7→6.1億円→
現時点ではいい勝負をしているが、「世界侵略:ロサンゼルス決戦」は休日を2日もらっている。
これとの対比で考えると、「世界侵略:ロサンゼルス決戦」の興行収入は9.2億円となる。
伸びがあるどうかがポイントなる。

「世界侵略:ロサンゼルス決戦」6.1億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>

☆「エクスペンダブルズ」6.8億円(トータル9.2億円)
☆「インビクタス」5.8億円(トータル8.6億円)
☆「グリーン・ゾーン」6.4億円(トータル7.7億円)
これらとの対比で考えると、「世界侵略:ロサンゼルス決戦」の興行収入は7.3~9.0億円となる。
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」の興行収入は8億円台と予想したい。
伸びはそれほどなさそうだが、エイリアンモノは意外と日本では受けるはずだ。
公開前個人予想は9.0億円だったので、悪くはないヨミだったようだが、1億円ほど高すぎたか。


9位:「僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.」(東映)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 118スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.7千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは1.6億円半ばとなっている。
1週間の伸びは9.0千万円程度だろうか。
この手の青春映画はヒットしないと思ったので、予想はしなかったが、スクリーン数を踏まえると健闘といえる結果だ。
向井理の人気か。
それともマジメそうにみえる感動作だからだろうか。

作風は異なるが、去年公開された以下の作品が参考となるか。
☆10年「BANDAGE」トータル6.0億円
OP1.3→3.0→4.2→5.6→5.7
☆10年「ボックス!」トータル4.8億円
OP1.1→2.6→3.6→4.1→
☆10年「シュアリー・サムデイ」
祝3日0.8(OP2日0.5)→1.5→2.2→
☆11年「僕たちは世界を変えることができない。」
祝3日0.8(OP2日0.5)→1.7億円→
「シュアリー・サムデイ」辺りは超えてきそうだ。
これらとの対比で考えると、「僕たちは世界を変えることができない。」の興行収入は3.1~3.4億円となる。

「僕たちは世界を変えることができない。」1.7億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「てぃだかんかん」1.8億円(トータル3~4億円)
☆「誰かが私にキスをした」1.5億円(トータル2.3億円)
☆「シュアリー・サムデイ」1.5億円
☆「食堂かたつむり」1.4億円
多少の伸びがありそうなので、「僕たちは世界を変えることができない。」の興行収入は先週に引き続き3億円台と予想したい。
高い成績ではないが、スクリーン数や作風を考えると、十分な成績だろう。


10位:「セカンドバージン」(松竹・NHK)<2週目>
【公開前個人予想】 3億円台
【現時点での興行収入予想】 4億円台(OP時3億円台)
【公開規模】 225スクリーン(先週比±0スクリーン)
動員ランクでは9位だが、興行収入ランクでは10位となる。
3.6千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは2.3億円弱となっている。
1週間の伸びは1.4億円程度だろうか。
週末に鑑賞する映画ではないようであり、平日には多少伸びがあるようだ。
しかし、さすがにこれがヒットするはずはないだろう。
『話題となったらしいドラマの映画化ではあるが、平均視聴率は8.6%とそれほど高くはない。また、家で見るのはよいかもしれないが、映画館で見る作品ではないとも考えられる』と書いたとおりとなるか。
ウィークデイのOL層の動きがポイントなるが、これは動かないだろう。
熱愛報道されているが、宣伝のようにしか思えない。

大人向けのラブストーリー関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年「愛の流刑地」トータル13.9億円
OP1.6→5.5→8.3→10.4→祝12.0→12.6→13.1
☆10年「サヨナライツカ」トータル12.0億円
OP1.3→4.4→6.7→8.5→9.0→9.6
☆10年「ゴースト もういちど抱きしめたい」トータル9.0億円
OP1.3→4.0→6.3→7.5→8.2→8.6
☆11年「セカンドバージン」
祝3日0.9→2.3億円→
ハマれば、ヒットしやすいジャンルではあるが、これはさすがに厳しいだろう。
これらとの対比で考えると、「セカンドバージン」の興行収入は5.2~6.3億円となる。
この下限程度となるか。

NHKのドラマの映画化は以下のとおり。
☆09年「ハゲタカ」トータル8.3億円
OP1.5→4.1→5.6→6.6→7.3
☆11年「セカンドバージン」
祝3日0.9→2.3億円→
これとの対比で考えると、「セカンドバージン」の興行収入は4.7億円となる。
4億円台となりそうだ。

「セカンドバージン」2.3億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「孤高のメス」2.3億円(トータル5.0億円)
☆「今度は愛妻家」2.4億円(トータル4.3億円)
☆「雷桜」2.3億円(トータル4億円台見込み)
公開前の予想どおり「セカンドバージン」の興行収入は3億円台と予想したいところだが、4億円には到達しそうだ。
「セカンドバージン」の興行収入は4億円台と予想したい。
平日に多少伸びたようだ。
自虐的に無謀な映画化と銘打っている「サラリーマンNEO」はいったいどうなるだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。