ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(10月4週目その2)

4位:「ツレがうつになりまして。」(東映)<3週目>
【公開前個人予想】 12億円台
【現時点での興行収入予想】 8億円台(OP時9億円台)
【公開規模】 222スクリーン(先週比±0スクリーン)
7.9千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは5.9億円弱となっている。
1週間の伸びは1.9億円弱程度だろうか。
公開前に『老若男女向けの感動作品であり、病気モノではあるが、題材的にも意外と受けそうな気がする。特に、女性受けもよさそうだ』と書いたが、意外と受けなかった。
平日の伸びに期待したいが、どうなるだろうか。

宮崎あおいが主演した主な作品の興行収入は以下の通り。
☆05年「NANA」トータル40.3億円
☆06年「ただ、君を愛してる」トータル8.0億円
OP1.2→2.4→5.1→6.3
☆08年「陰日向に咲く」トータル19.5億円
OP2.4→7.2→祝込11.8→14.2→16.3→17.8
☆09年「少年メリケンサック」トータル10.2億円
OP2.0→5.0→7.3→8.6
☆10年「ソラニン」トータル5.8億円
OP0.9→2.6→3.5→4.1→4.5
☆11年「神様のカルテ」
OP3.0→8.4→11.8→14.4→16.5→17.5億円→
☆11年「ツレがうつになりまして。」
祝3日1.9→4.0→5.9億円→
「少年メリケンサック」「ソラニン」との対比で考えると、「ツレがうつになりまして。」の興行収入は8.2~9.8億円となる。
8億円程度が落ち着きどころか。

「ツレがうつになりまして。」5.9億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「ゴースト」6.3億円(トータル9.0億円)
☆「アウトレイジ」5.4億円(トータル7.5億円)
☆「きな子」5.3億円(トータル7.1億円)
これらとの対比で考えると、「ツレがうつになりまして。」の興行収入は7.9~8.4億円となる。
「ツレがうつになりまして。」の興行収入は先週に引き続き8億円台と予想したい。
残り2億円以上は稼げるだろう。
オープニング時に「ゴースト」レベルの伸びを期待して、9億円台と予想したが、そこまでは伸びそうもない。
公開前個人予想は12億円台だったので、ハズれとなりそうだ。
宮崎あおいが主演であり、年配層も動くと思ったが、どうなるだろうか。
軽めのテイストのような気がするが、ウツという題材がリアルに重過ぎるのか。


5位:「ワイルド・スピードMEGA MAX」(東宝東和)<4週目>
【公開前個人予想】 10.5億円
【現時点での興行収入予想】 14億円台(OP~2週目12億円台)
【配給会社期待値等】 20億円も視野に入った
【公開規模】 406スクリーン(先週比-8スクリーン)
7.0千万円を週末に稼ぎ、トータルでは13.1億円弱となっている。
1週間の伸びは1.5億円半ば程度だろうか。
先行もあり、スタートダッシュには成功している。
勢いは止まりつつあると思ったが、それほど急激にはブレーキは掛からないようだ。
しかし、オープニング時に、配給会社は『20億円も視野に入った』と期待したようだが、過去のシリーズからそれほどジャンプアップすることはないだろう。

「ワイルド・スピード」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆01年「ワイルド・スピード」10億円未満
☆03年「ワイルド・スピードX2」10億円未満
☆06年「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」トータル9.7億円
OP2.4→5.8→7.7→8.6
☆09年「ワイルド・スピード MAX」トータル9.5億円
金4日3.6→5.9→7.6→8.6→9.2
☆11年「ワイルド・スピードMEGA MAX」
先行込5.0→8.7→11.5→13.1億円→
先行があったので、単純比較はできないが、これらとの対比で考えると、「ワイルド・スピードMEGA MAX」の興行収入は14.5~14.8億円となる。
先行込みなので、この対比を下回る程度か。
ただ、個人的な評価は高い作品であり、それなりの伸びは期待したい。
シリーズモノではあるが、シリーズ未鑑賞者でも対応はできるだろう。

「ワイルド・スピードMEGA MAX」13.1億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「シャッターアイランド」13.3億円(トータル17.0億円)
☆「タイタンの戦い」13.9億円(トータル15.8億円)
☆「ベスト・キッド」12.2億円(トータル15.2億円)
「タイタンの戦い」との対比で考えると、「ワイルド・スピードMEGA MAX」の興行収入は14.9億円となる。
「ワイルド・スピードMEGA MAX」の興行収入は先週に引き続き14億円台と予想したい。
残り2億円以上の上乗せはないだろう。
2週目まで12億円台と予想していたが、意外と伸びが止まらない。
気軽に見られる作品であり、評価も高いので、このような結果となっているのではないか。
公開前個人予想は10.5億円だったので、ハズれそうだ。
アメリカでも今年公開された作品の中では、「パイレーツ・オブ・カリビアン」トータル241百万ドルに次ぐ、2億1千万ドル弱を稼ぐ大ヒットをみせており、日米ともにシリーズ最高となっている。


6位:「一命」(松竹)<2週目>
【公開前個人予想】 8億円台
【現時点での興行収入予想】 6億円台
【公開規模】 460スクリーン
5.7千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは2.6億円半ばとなっている。
1週間の伸びは1.8億円弱程度だろうか。
いちおう控え目に予想したが、想像以上に低い動きとなっている。
時代劇のため若者は見ない、年配層は海老蔵主演、3D作品ということもあり敬遠したのか。
カンヌに出品するなど、評価は高いかもしれないが、「十三人の刺客」とはタイプが違うと思われる作品であり、この規模で公開する戦略もよく分からない。

「十三人の刺客」の三池崇史監督作品。
三池崇史監督作品のうち、ヒットした映画は以下の通り。
☆04年「着信アリ」トータル15.0億円
OP2.2→05.9→09.4→11.3→13.1→13.7→14.5
☆05年「妖怪大戦争」トータル20.0億円
OP1.8→06.9→12.2→15.5→17.6
☆07年「クローズZERO」トータル25.0億円
OP4.0→10.5→15.1→18.5→21.2→22.7→23.6
☆09年「ヤッターマン」トータル31.4億円
OP4.6→10.6→16.4→21.6→26.9→28.2→29.2
☆09年「クローズZERO Ⅱ」トータル30.2億円
OP5.7→13.3→18.2→22.4→26.5→27.9
☆10年「十三人の刺客」トータル16.0億円
OP2.3→07.3→祝11.2→12.7→13.9
☆11年「忍たま乱太郎」
OP0.9→02.8→04.7→06.6→08.3億円→
☆11年「一命」
OP0.9→02.6億円→
「十三人の刺客」レベルを期待したいところだったが、やはり無理だった。
「妖怪大戦争」「ヤッターマン」以外の作品との対比で考えると、「一命」の興行収入は5.7~6.6億円となる。
多少は伸びることを期待しても5~6億円か。

参考になりそうな作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「武士の家計簿」トータル14億円台見込み
先1.7→5.3→7.7→9.3→10.5→祝12.3
☆07年「椿三十郎」トータル11.5億円(※年末公開)
OP1.6→4.1→5.9→祝7.3→不明→9.7
☆09年「火天の城」トータル9.3億円
OP1.3→3.5→5.9→7.2→7.9
☆10年「最後の忠臣蔵」トータル8億円台
OP1.0→3.3→4.8→6.5→7.4→7.8→8.1
☆10年「桜田門外ノ変」トータル6.9億円
OP0.9→3.1→4.5→5.4→6.0
☆11年「一命」
OP0.9→2.6億円→
「桜田門外ノ変」以下のレベルとなる。
これらとの対比で考えると、「一命」の興行収入は5.8~7.3億円となる。
6億円突破できるかが注目となる。

「一命」2.6億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「ソラニン」2.6億円(トータル5.8億円)
☆「人間失格」2.5億円(トータル5.4億円)
☆「必死剣鳥刺し」2.6億円(トータル4.8億円)
☆「ボックス!」2.6億円(トータル4.8億円)
☆「座頭市」2.6億円(トータル4.0億円)
これらとの対比で考えると、「一命」の興行収入は4.0~5.8億円となる。
年配層を中心に平日にさすがに伸びるだろう。
「一命」の興行収入はとりあえず先週に引き続き6億円台と予想したい。
話題になって大きく伸びるというサプライズはなさそうだ。
評価は悪くないので、伸びが低いということもないと考えたい。
公開前個人予想は8億円台だったので、微妙な予想となる。
大ヒットはしないと思ったが、もうちょっと高いとは思った。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。