ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(10月4週目その4)

8位:「アンフェア the answer」(東宝・フジテレビ)<6週目>
【公開前個人予想】 19.0億円
【現時点での興行収入予想】 23億円台(3~4週目24億円台、OP~2週目20~21億円)
【公開規模】 368スクリーン(先週比±0スクリーン)
4.7千万円を週末に稼ぎ、トータルでは21.9億円弱となっている。
1週間の伸びは1.2億円弱程度か。
20億円を突破している。
勢いは最初だけと思ったが、思ったよりも伸びている。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円
3.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7
☆11年「アンフェア the answer」
3.1→10.6→15.6→祝19.1→20.7→21.9億円→
これとの対比で考えると、「アンフェア the answer」の興行収入は24.1億円となる。
この対比をやや下回るか。

ライバルになりそうな作品は以下のとおり。
☆09年「カイジ 人生逆転ゲーム」トータル22.5億円
祝3日5.3→10.0→14.1→17.2→19.7→20.9→祝込21.6→21.9
☆10年「ライアーゲーム」トータル23.6億円
OP3.9→09.7→祝14.8→17.7→21.0→22.3→22.8
☆11年「アンフェア the answer」
OP3.1→10.6→15.6→祝19.1→20.7→21.9億円→
これとの対比で考えると、「アンフェア the answer」の興行収入は23.2~23.6億円となる。
「ライアーゲーム 」辺りには負けたくないところだが、どうなるだろうか。

「アンフェア the answer」21.9億円と同程度の6週目興行収入は以下のとおり。
<2010>
☆「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」22.3億円(トータル23.6億円)
☆「大奥」21.6億円(トータル23.2億円)
これらとの対比で考えると、「アンフェア the answer」の興行収入は23.2~23.5億円となる。
「アンフェア the answer」の興行収入は先週に引き続き23億円台と予想したい。
残り1.1億円以上の上乗せを期待したい。
2週目までは20~21億円、5週目まで24億円台と予想していたが、この間のレベルに落ち着いた。
高い伸びを示していたが、祝日も多かったので、その影響もあったのだろう。
公開前個人予想は19.0億円だったので、当たりとはいえそうもない。
前作からの公開期間も空いており、それほど盛り上がっているわけでもないと思ったが、現在公開中の映画のラインナップを見ると、相手に恵まれたのかもしれない。


9位:「DOG×POLICE 純白の絆」(東宝)<4週目>
【公開前個人予想】 5億円台
【現時点での興行収入予想】 8億円台
【公開規模】 314スクリーン(先週比±0スクリーン)
4.5千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは6.5億円弱となっている。
1週間の伸びは1.0億円程度だろうか。
久々に東宝がヤラかして、コケるだろうと予想したが、普通に稼いでいる。
動物モノの事件モノであり、確かにそれほど観にくい作品でもないかもしれない。
気楽に観れるといえば、観られるようだ。

市原隼人主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「猿ロック THE MOVIE」トータル4.0億円
OP0.9→2.1→2.8→
☆10年「ボックス!」トータル4.8億円
OP1.1→2.6→3.6→4.1
戸田恵梨香主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「ライアーゲーム」トータル23.6億円
OP3.9→09.7→祝14.8→17.7→21.0→22.3→22.8
☆11年「DOG×POLICE 純白の絆」
OP1.5→祝4.2→5.5→6.5億円→
これらとの対比で考えると、「DOG×POLICE 純白の絆」の興行収入は7.6~8.7億円となる。
動物モノではあるが、それほど伸びはないだろう。
8億円程度となるだろうか。

「DOG×POLICE 純白の絆」6.5億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「ゴースト もういちど~」7.5億円(トータル9.0億円)
☆「アウトレイジ」6.3億円(トータル7.5億円)
☆「きな子」6.1億円(トータル7.1億円)
これらとの対比で考えると、「DOG×POLICE 純白の絆」の興行収入は7.6~7.8億円となる。
微妙なところだが、「DOG×POLICE 純白の絆」の興行収入は先週に引き続き8億円台と予想したい。
残り1.5億円以上の上乗せを期待したい。
大ヒットする作品とは思えず、この程度ならば、個人的には問題ないと思う。
公開前個人予想は5億円台だったので、ハズしそうだ。
コケると思ったが、まさかコケたのは「はやぶさ」とは思わなかった。


10位:「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」(パラマウント)<2週目>
【公開前個人予想】 5億円台
【現時点での興行収入予想】 3億円台(OP時4億円台)
【公開規模】 369スクリーン(先週比±0スクリーン)
4.1千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは2.2億円となっている。
1週間の伸びは1.1億円弱程度だろうか。
主演の知名度が日本では高くないこともあるが、アメコミ作品はやはり日本では厳しいようだ。

アメコミ作品が参考となる。
☆08年「アイアンマン」トータル9.4億円
OP2.1→5.2→7.0→8.2→8.8→9.1
☆07年「ファンタスティック・フォー/銀河の危機」トータル9.2億円
金2.5→5.9→7.6→8.8
☆09年「ウルヴァリン X-MEN ZERO」トータル8.9億円
金2.3→4.8→7.3→8.3
☆11年「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」トータル6~7億円見込み
OP1.7→4.1→5.5→6.3→
☆11年「マイティ・ソー」トータル5億円見込み
OP1.3→3.2→4.2→4.6→
☆11年「キャプテン・アメリカ」
金1.2→2.2億円→
これらを下回りそうだ。
これらとの対比で考えると、「キャプテン・アメリカ」の興行収入は3.4~4.1億円となる。
この程度となりそうだ。

「キャプテン・アメリカ」2.2億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「恋するベーカリー」2.8億円(トータル4.8億円)
☆「アデル ファラオと~」2.8億円(トータル4.4億円)
☆「ザ・ウォーカー」2.6億円(トータル4.3億円)
☆「バレンタインデー」2.8億円(トータル4.1億円)
これらとの対比で考えると、「キャプテン・アメリカ」の興行収入は3.2~3.8億円となる。
「キャプテン・アメリカ」の興行収入は先週4億円台と予想したが、そこまで伸びそうもない。
3億円台と予想したい。
公開前個人予想は5億円台だったので、微妙な結果となりそうだ。
それにしても、「スパイダーマン」以外のアメコミ作品はなぜ日本ではヒットしないのだろうか。
「アベンジャーズ」もひょっとすると日本では「アイアンマン」レベルとなるかもしれない。


11位:「はやぶさ/HAYABUSA」(20世紀フォックス)<4週目>
【公開前個人予想】 15.0億円
【現時点での興行収入予想】 6億円前半(OP時7億円台)
【公開規模】 303スクリーン(先週比-1スクリーン)
3.0千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは4.4億円となっている。
1週間の伸びは6.6千万円半ば程度だろうか。
今年公開された100スクリーン台の「うさぎドロップ」「毎日かあさん」よりも低い動きとなっている。
各映画会社がこぞって映画化を競って進めた「はやぶさ」という題材、老若男女が楽しめる感動作品、監督はビッグネームの堤幸彦、コケる要素はないだろうと踏んだが、存外な結果となった。
他の映画会社はこの結果を喜んでいるのか、焦っているのか、どちらだろうか。

期待しすぎただけで、以下を考えれば、順当なのかもしれない。
☆09年「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」トータル9.0億円
OP1.1→4.0→5.7→7.1
☆10年「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」トータル6.3億円
先1.0→2.8→3.8→4.6→5.2→5.5→
☆11年「はやぶさ/HAYABUSA」
OP1.0→2.5→3.7→4.4億円→
これらとの対比で考えると、「はやぶさ/HAYABUSA」の興行収入は5.6~6.0億円となる。
期待していた伸びもなさそうだ。

「はやぶさ/HAYABUSA」4.4億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「RAILWAYS」4.6億円(トータル6.3億円)
☆「ソラニン」4.1億円(トータル5.8億円)
☆「孤高のメス」4.1億円(トータル5.0億円)
☆「必死剣鳥刺し」4.2億円(トータル4.8億円)
☆「ボックス!」4.1億円(トータル4.8億円)
多少は粘ると考えたが、その期待もできそうもない。
「はやぶさ/HAYABUSA」の興行収入は、2週目から先週まで6億円前半と予想していたが、6億円突破しないだろう。
5億円後半と下方修正したい。
残り1億円少々というところだろう。
オープニング時には7億円台と予想したが、想像よりも全く伸びなかった。
公開前個人予想は15.0億円だったので、半分以下となりそうだ。
少なくともファミリー層や年配層が動くと思ったが、なぜこれほど無視されたのだろうか。
主演が竹内結子だからなのか。


12位:「ランゴ」(パラマウント)<1週目>
【公開前個人予想】 4億円台
【現時点での興行収入予想】 1億円台
【公開規模】 151スクリーン
2.3千万円(23,060,600円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは0.8億円程度か』と書いたが、大きくズレた。
みんなが大好きなジョニー・デップ主演作品がなぜこのような酷い目にあっているのだろうか。
作風的に、ファミリーからも、カップルからも、どちらからも無視されたか。

以下の作品は超えると思ったが、話にならなかった。
☆10年「コララインと魔法のボタン」トータル3.5億円
金0.7→1.6→2.1
☆10年「ガフールの伝説」
金0.6→1.3→1.7
☆11年「ランゴ」
OP0.2億円→
「コララインと魔法のボタン」の3分の1程度か。
1億円台と予想したい。
ただのアメリカのアニメ映画ならばこの結果でも仕方がないが、ジョニー・デップ主演作品なので、ここまでの低迷は予想しにくかった。


13位:「東京オアシス」<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 1億円台
【公開規模】 23スクリーン
1.5千万円半ばのオープニングを飾った。
小林聡美、加瀬亮、原田知世などが出演している。
「かもめ食堂」「めがね」系の映画のようだ。
女性には人気がありそうだ。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年「めがね」トータル5.0億円
祝0.8(OP0.6)→1.7→2.6→3.3(OP時72スクリーン)
☆10年「マザー・ウォーター」
OP0.3→1.1(OP時58スクリーン)
☆11年「東京オアシス」
OP0.2億円→(OP時23スクリーン)
現状のスクリーン数がキープされるならば、単純に「めがね」の3分の1程度と考えて、1億円台となりそうだ。
ファンがいそうなので、もうちょっとスクリーンを増やしてもよいのではないか。


14位:「スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション」(松竹)<6週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 5億円後半(2~5週目5億円台)
【公開規模】 131スクリーン(先週比-44スクリーン)
1.3千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは5.7億円となっている。
1週間の伸びは2.0千万弱程度か。
アメリカではコケており、日本でもコケるかと思って、予想はしなかったが、それなりに稼いでいる。
匂いつきの4Dが受けたのか。
「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」はトータル14.5億円を稼ぐほどの知名度のあるシリーズ作品であり、ファミリー層を中心に動員したようだ。

「スパイキッズ4D」5.7億円と同程度の6週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「エクリプス/トワイライト・サーガ」5.7億円(トータル5~6億円)
「スパイキッズ4D」の興行収入は先週まで5億円台と予想していたが、5億円後半が落ち着きどころとなりそうだ。
残り数千万円程度しか上乗せできないだろう。
前作からは激減しているが、期間も空いており、主役も異なっている。
他のシリーズ作品とは異なるシリーズ作品なので前作の数字は参考にはならないだろう。
オープニングのスクリーン数が218程度であり、この程度でもそれほど悪くはないと思われる。


15位:「探偵はBARにいる」(東映)<7週目>
【公開前個人予想】 6億円
【現時点での興行収入予想】 12億円台(OP時10億円台)
【公開規模】 103スクリーン(先週比-56スクリーン)
1.2千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは11.8億円となっている。
1週間の伸びは3.3千万円弱程度だろうか。
大台の10億円に楽に乗せている。
舞台となった北海道での人気がかなり高いとのことである。
作風的にもユニークであり、コケることはないと思ったが、東映系作品としては珍しいヒットとなりそうだ。

大泉洋主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「アフタースクール」トータル5.5億円
OP0.7→2.0→3.0→3.6→04.1→04.4
☆11年「探偵はBARにいる」
OP1.7→5.2→8.2→9.9→10.8→11.5→11.8億円→
規模が全く異なるが、倍以上を稼いでいる。

内容は全く分からないが、ユニークなサスペンス系が参考となるか。
☆08年「チーム・バチスタの栄光」トータル15.6億円
祝3日3.9→7.5→10.4→12.8→13.9→14.5→14.9
☆09年「ジェネラル・ルージュの凱旋」トータル9.0億円
OP1.5→04.3→06.3→07.4→08.1→08.5
☆10年「TRICK劇場版3」トータル18.5億円
OP3.7→08.5→12.1→14.7→16.3→17.1→17.7→18.0
☆11年「探偵はBARにいる」
OP1.7→05.2→08.2→09.9→10.8→11.5→11.8億円→
これとの対比で考えると、「探偵はBARにいる」の興行収入は12.3~12.4億円となる。
この対比程度には伸びそうだ。

「探偵はBARにいる」11.8億円と同程度の7週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「インシテミル」12.0億円(トータル12.2億円)
これらとの対比で考えると、「探偵はBARにいる」の興行収入は12.0億円となる。
オープニング時には10億円台と予想したが、「探偵はBARにいる」の興行収入は先週に引き続き12億円台と予想したい。
残り2千万円以上は楽に稼ぐだろう。
これで大泉洋の株はかなり上がったのではないか。
公開前個人予想は6億円だったので、ハズれそうだ。
コケることはないとは思うが、東映系でもあり、作風的にも10億円に乗るような作品でもないと思ったが、分からないものだ。


順位不明:「世界侵略:ロサンゼルス決戦」(ソニー)<6週目>
【公開前個人予想】 9.0億円
【現時点での興行収入予想】 7億円前半(2~3週目8億円台)
【公開規模】 58スクリーン(先週比-275スクリーン)
トータルでは7.0億円となっている。
1週間の伸びは1.2千万円弱程度か。
ほとんどのスクリーンで打ち切りとなったようだ。
地震の影響で、公開延期されていた作品。
アメリカでは84百万ドル稼いだ作品(製作費7千万ドル)であり、合格点の興行収入だったが、『日本で知名度のあるスターが登場するわけでもなく、アメリカで大きな話題になった作品でもなく、大ヒットもないだろう』と書いた通りとなった。

参考とした「第9地区」を超えることはできなかった。
☆10年公開「第9地区」トータル8.3億円
OP1.7→4.2→5.5→6.6→7.6
☆11年公開「世界侵略:ロサンゼルス決戦」
OP1.7→4.7→6.1→6.6→6.9→7.0億円→
4週目までは、いい勝負をしていたが、「世界侵略:ロサンゼルス決戦」には連休が多かった。
もはや伸びはないだろう。

「世界侵略:ロサンゼルス決戦」7.0億円と同程度の6週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「食べて、祈って、恋をして」7.2億円(トータル7.5億円)
もはや1千万円も伸びないだろう。
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」の興行収入は、先週に引き続き7億円前半と予想したい。
3週目まで8億円台と予想していたが、思ったより伸びがなかった。
公開前個人予想は9.0億円だったので、悪くはないヨミだったようだが、ちょっと高すぎたか。
エイリアンモノは意外と日本では受けるはずだと考えたが、やや期待ハズレだった。


順位不明:「ステイ・フレンズ」(ソニー)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 3千万円台(2週目2千万円台、OP1千万円台)
【公開規模】 39スクリーン(先週比-8スクリーン)
トータルでは3.3千万円半ばとなっている。
1週間の伸びは6.7百万円半ば程度だろうか。
スクリーン数が2週目に増えた影響もあるが、意外と伸びている。

ジャスティン・ティンバーレイク、ミラ・クニス主演作品。
ジャスティン・ティンバーレイクはミュージシャンとして有名であり、「ソーシャル・ネットワーク」に出演、ミラ・クニスは「ブラック・スワン」に主演している。
悲惨な結果になるかと思ったが、このスクリーン数ならば、この程度でもそれほど悪くないか。
OP時はスクリーンが少なく1千万円台と考えて、2週目に2千万円台と考えたが、先週に引き続き3千万円台と考えたい。
DVDスルーでもよいとは思ったが、実績を作ることも大切ということか。


順位不明:「セカンドバージン」(松竹・NHK)<5週目>
【公開前個人予想】 3億円台
【現時点での興行収入予想】 4億円前半(2~4週目4億円台、OP時3億円台)
トータルでは4.0億円弱となっている。
1週間の伸びは3.1千万円程度だろうか。
週末に鑑賞する映画ではないようであり、平日には多少伸びがあるようだ。
しかし、さすがにこれがヒットするはずはないだろう。
『話題となったらしいドラマの映画化ではあるが、平均視聴率は8.6%とそれほど高くはない。また、家で見るのはよいかもしれないが、映画館で見る作品ではないとも考えられる』と書いたとおりとなるか。
ウィークデイのOL層の動きがポイントなるが、これは動かないだろう。
主演2人に熱愛報道がなされているが、宣伝のようにしか思えない。

大人向けのラブストーリー関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年「愛の流刑地」トータル13.9億円
OP1.6→5.5→8.3→10.4→祝12.0→12.6→13.1
☆10年「サヨナライツカ」トータル12.0億円
OP1.3→4.4→6.7→8.5→9.0→9.6
☆10年「ゴースト もういちど抱きしめたい」トータル9.0億円
OP1.3→4.0→6.3→7.5→8.2→8.6
☆11年「セカンドバージン」
祝3日0.9→2.3→祝3.2→3.7→4.0億円→
ハマれば、ヒットしやすいジャンルではあるが、これはさすがに厳しいだろう。
これらとの対比で考えると、「セカンドバージン」の興行収入は4.4~5.3億円となる。
この下限程度となるか。

NHKのドラマの映画化は以下のとおり。
☆09年「ハゲタカ」トータル8.3億円
OP1.5→4.1→5.6→6.6→7.3
☆11年「セカンドバージン」
祝3日0.9→2.3→祝3.2→3.7→4.0億円→
これとの対比で考えると、「セカンドバージン」の興行収入は4.5億円となる。
やはり4億円台となりそうだ。

「セカンドバージン」4.0億円と同程度の5週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「ソラニン」4.5億円(トータル5.8億円)
☆「孤高のメス」4.6億円(トータル5.0億円)
これとの対比で考えると、「セカンドバージン」の興行収入は4.3~5.2億円となる。
「セカンドバージン」の興行収入は先週まで4億円台と予想していたが、4億円前半が落ち着きどころか。
残り数千万円しか上乗せできないだろう。
オープニング時には3億円台と予想したが、平日に多少伸びたようだ。
公開前個人予想は3億円台だったので、当たりといえるだろう。
自虐的に無謀な映画化と銘打っている「サラリーマンNEO」はいったいどうなるだろうか。


順位不明:「神様のカルテ」(東宝)<9週目>
【公開前個人予想】 12億円台
【現時点での興行収入予想】 18億円後半(5~6週目19億円前後、OP~4週目17~18億円)
【配給会社期待値等】 興収20億円突破に期待がかかる
トータルでは18.4億円となっている。
1週間の伸びは1.8千万円程度だろうか。
15億円を楽に突破している。
嵐の人気は伊達ではないようだ。
よく知らなかったが、原作も知名度のあるものだったようだ。
しかし、公開時の目標が20億円であり、やはり20億円には到達しなかった。

嵐のメンバーが出演した作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」トータル9.3億円
OP01.8→04.4→06.2→07.5→08.2→08.6→08.9
☆08年「花より男子F」トータル77.5億円
OP10.1→26.2→37.9→祝48.5→54.5→60.3
☆09年「ヤッターマン」トータル31.4億円
5週目26.9→28.5→29.2→29.6→30.1
☆10年「大奥」トータル23.2億円
金4.7→祝11.7→15.1→18.1→20.0→21.6→22.3
☆11年「GANTZ」トータル34.5億円
5週目28.4→30.5→31.6→32.2→32.9→33.4
☆11年「GANTZ:PERFECT ANSWER」トータル28.0億円
OP05.5→13.7→20.9→23.5→25.2→26.3→27.0
☆11年「神様のカルテ」
5週目16.5→17.5→祝18.0→18.2→18.4億円→
これらよりも低いが、作風的に仕方がない。
主要作品との対比で考えると、「神様のカルテ」の興行収入は19.2~19.3億円となる。
しかし、ここまでは伸びそうもない。

宮崎あおいが主演した主な作品の興行収入は以下の通り。
☆05年「NANA」トータル40.3億円
☆06年「ただ、君を愛してる」トータル8.0億円
OP1.2→2.4→5.1→6.3
☆08年「陰日向に咲く」トータル19.5億円
OP2.4→7.2→祝込11.8→14.2→16.3→17.8→18.5→18.9
☆09年「少年メリケンサック」トータル10.2億円
OP2.0→5.0→7.3→8.6
☆10年「ソラニン」トータル5.8億円
OP0.9→2.6→3.5→4.1→4.5
☆11年「神様のカルテ」
5週目16.5→17.5→祝18.0→18.2→18.4億円→
「陰日向に咲く」には勝てそうもない。
「神様のカルテ」の興行収入は、先週に引き続き18億円後半と予想したい。
残り数千万円程度は上乗せできるのではないか。
4週目まで17~18億円、5~6週目まで19億円前後と予想していたので、それほど悪いヨミではなかった。
公開前個人予想は12億円台だったので、当たりとはいえない結果となりそうだ。
やはり、嵐の人気は想像以上だったようだ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。