ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(11月3週目その2)

1位:「ステキな金縛り」(東宝・フジテレビ)<4週目>
【公開前個人予想】 27億円台
【現時点での興行収入予想】 40億円台(OP時38億円台)
【公開規模】 427スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.4億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは27.6億円半ばとなっている。
1週間の伸びは5.1億円半ば程度だろうか。
週毎の動きは以下のとおり。
OP5.0→2週目11.2→3週目6.3→4週目5.1億円となる。
大きな落ち込みがない。
強力なライバルが不在とはいえ、爆発している。

三谷幸喜関連作品は以下の通り。
☆01年「みんなのいえ」トータル12.5億円
☆04年「笑の大学」トータル7.2億円
☆06年「THE有頂天ホテル」トータル60.8億円
OP5.7→16.6→26.4→34.8→42.1→47.3
☆08年「ザ・マジックアワー」トータル39.2億円
OP5.1→13.9→21.0→26.3→30.1→32.9
☆11年「ステキな金縛り」
OP5.0→16.2→22.5→27.6億円→
現時点では「ザ・マジックアワー」を1億円を超えるペースだ。
これらとの対比で考えると、「ステキな金縛り」の興行収入は41.1~48.2億円となる。
40億円を突破しそうだ。

「ステキな金縛り」27.6億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「SPACE BATTLESHIP ヤマト」27.0億円(トータル41.0億円)
☆「のだめカンタービレ後編」28.7億円(トータル37.2億円)
☆「SP野望篇」25.3億円(トータル36.3億円)
これらとの対比で考えると、「ステキな金縛り」の興行収入は35.8~41.9億円となる。
この対比の上限程度を稼ぐかもしれないが、とりあえずは、「ステキな金縛り」の興行収入は先週に引き続き40億円台と予想したい。
オープニング時に38億円台と予想したが、しばらく伸びていきそうだ。
大きく伸びるかが注目となる。
公開前個人予想は27億円台だったので、ちょっと低すぎたか。
幽霊による法廷モノというクセのある設定だったので、不安を感じていた。


2位:「カイジ2~人生奪回ゲーム~」(東宝)<3週目>
【公開前個人予想】 16億円
【現時点での興行収入予想】 18億円台
【配給会社期待値等】 興収20億円突破に向け好スタートを切った
【公開規模】 316スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.5億円を週末に稼ぎ、トータルでは11.1億円弱となっている。
1週間の伸びは3.0億円半ばとなっている。
前作のようなヒットはないと思ったが、原作の人気・知名度の高さは伊達ではないようだ。
しかし、目標が20億円なので20億円には到達しないだろう。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆09年「カイジ 人生逆転ゲーム」トータル22.5億円
祝3日5.3→10.0→14.1→17.2→19.7→20.9→祝21.6→21.9
☆11年「カイジ2~人生奪回ゲーム~」
OP3.5→08.0→11.1億円→
これとの対比で考えると、「カイジ2~人生奪回ゲーム~」の興行収入は17.7億円となる。
この辺りだろうか。

予想の参考とした以下の作品がやはりライバルとなるのではないか。
☆10年「TRICK劇場版3」トータル18.5億円
OP3.7→08.5→12.1→14.7→16.3→17.1→17.7→18.0
☆10年「BECK」トータル17.6億円
OP3.1→08.3→祝12.5→14.7→16.1→祝16.9→17.1
☆11年「カイジ2~人生奪回ゲーム~」
OP3.5→08.0→11.1億円→
これらとの対比で考えると、「カイジ2~人生奪回ゲーム~」の興行収入は15.6~17.0億円となる。
この辺りがミニマムラインか。

「カイジ2~人生奪回ゲーム~」11.1億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「おとうと」11.1億円(トータル21.0億円)
☆「悪人」12.5億円(トータル19.8億円)
☆「TRICK劇場版3」12.1億円(トータル18.5億円)
☆「BECK」祝12.5億円(トータル17.6億円)
☆「十三人の刺客」祝11.2億円(トータル16.0億円)
「おとうと」以外との対比で考えると、「カイジ2~人生奪回ゲーム~」の興行収入は15.6~17.6億円となる。
やはり20億円突破はないだろう。
高い予想かもしれないが、冬休みなどもあるので、「カイジ2~人生奪回ゲーム~」の興行収入は先週に引き続き18億円台と予想したい。
公開前個人予想は16億円だったので、悪くはないのかもしれない。
パチンコという題材に女性にとって抵抗があると思ったが、パチンコを押さない戦略がよかったかもしれない。


3位:「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」(GAGA)<4週目>
【公開前個人予想】 17億円台
【現時点での興行収入予想】 19~20億円
【公開規模】 717スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.2億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは15.8億円弱となっている。
1週間の伸びは2.4億円程度だろうか。
アメリカでは現在19.6百万ドルと大コケしているが、日本人が好みそうな作品であり、伸びがよい。

予想の際に、イメージしたのは「シャーロック・ホームズ」。
以下の作品がライバルとなるか。
☆10年「シャーロック・ホームズ」トータル21.6億円
金4.1→10.0→14.6→18.1→20.1→21.1
☆11年「ガリバー旅行記」トータル15.7億円
金2.8→05.9→09.3→14.1→15.0→15.4
☆11年「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」
金3.7→10.1→13.4→15.8億円→
2週目が高いが、祝日があったためだろう。
これらとの対比で考えると、「三銃士」の興行収入は17.6~18.9億円となる。
この程度だろうか。

「三銃士」15.8億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「オーシャンズ」17.8億円(トータル25.0億円)
☆「シャーロック・ホームズ」18.1億円(トータル21.6億円)
☆「トロン:レガシー」17.4億円(トータル21.0億円)
☆「ソルト」17.4億円(トータル20.5億円)
「オーシャンズ」以外との対比で考えると、「三銃士」の興行収入は18.6~19.1億円となる。
伸びるとも思えないが、しばらくは同種のライバル作品もなく、伸びるだろう。
「三銃士」の興行収入は先週に引き続き19~20億円と予想したい。
公開前個人予想は17億円台だったので、それほど悪くはない予想となりそうだ。
ファミリーにも対応できる老若男女向けのエンターテイメント作品であり、日本人好みで、当たりやすいといえる。


4位:「マネーボール」(ソニー)<2週目>
【公開前個人予想】 11億円台
【現時点での興行収入予想】 9億円台
【公開規模】 329スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.1億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは4.4億円となっている。
1週間の伸びは2.6億円となっている。
ブラッド・ピット主演の感動作品だが、あまり伸びがない。
野球を題材としているので、女性受けがよくなさそうだ。

ブラッド・ピット主演作の興行収入は以下の通り。
☆00年公開「ファイト・クラブ」トータル19.8億円
☆01年公開「ザ・メキシカン」トータル26.0億円
☆02年公開「スパイ・ゲーム」トータル26.0億円
☆04年公開「トロイ」トータル42.0億円
☆05年公開「Mr.&Mrs.スミス」トータル46.5億円
OP5.6→14.6→20.4→26.4→不明→38.5
☆07年公開「バベル」トータル20.0億円(※GW公開)
OP2.7→10.4→13.2→15.2→16.4→17.2
☆08年公開「ジェシー・ジェームズの暗殺」不明(1億円見込み)
☆09年公開「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」トータル24.0億円
OP3.2→10.4→15.0→18.7→20.8→22.3
☆09年公開「バーン・アフター・リーディング」トータル6.5億円
金1.4→3.6→5.4→5.9
☆09年公開「イングロリアス・バスターズ」トータル6.5億円
金1.6→3.7→5.0→5.7
☆11年公開「ツリー・オブ・ライフ」
金1.4→3.8→4.8億円→
☆11年公開「マネーボール」
金1.8→4.4億円→
作品の問題なのか、「ベンジャミン・バトン」以降、苦戦している。
「バーン・アフター・リーディング」「イングロリアス・バスターズ」との対比で考えると、「マネーボール」の興行収入は7.7~7.9億円となる。
この対比は超えるだろう。
「ベンジャミン・バトン」との土日対比で考えると、「マネーボール」の興行収入は10.2億円となる。
ここまでは伸びないだろう。

スポーツドラマなので、以下の作品も参考となるだろう。
☆05年公開「ミリオンダラー・ベイビー」13.4億円
OP1.8→5.4→8.0→10.0→不明→12.2
☆05年公開「シンデレラマン」トータル12.6億円
祝込3日2.8→6.2→8.7→10.6→11.6
☆10年公開「インビクタス/負けざる者たち」トータル8.6億円
金1.6→4.3→05.8→06.9→07.7
☆11年公開「マネーボール」
金1.8→4.4億円→
これらとの対比で考えると、「マネーボール」の興行収入は8.8~10.9億円となる。
評価が高いアカデミー候補の作品なので、同様に伸びはあるだろう。


「マネーボール」4.4億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2010>
☆「インビクタス」4.3億円(トータル8.6億円)
☆「第9地区」4.2億円(トータル8.3億円)
☆「NINE」4.1億円(トータル7.8億円)
ちょっと厳しいかもしれないが、「マネーボール」の興行収入は先週に引き続き9億円台と予想したい。
公開前個人予想は11億円台だったので、ちょっと高すぎたか。
「インビクタス」は超えるだろうと思ったが、相手はクリント・イーストウッド監督作品だから、同程度と考えればよかった。
ブラッド・ピットの名前だけではヒットしなくなっている点も考慮すべきだ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。