ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(1月2週目その1)

動員1位:「ロボジー」(東宝・フジテレビ)<1週目>
【公開前個人予想】 11億円
【現時点での興行収入予想】 11~12億円
【公開規模】 278スクリーン
興行収入ベースでは「ミッション:インポッシブル」に敗れて、2位となるようだ。
2.0億円(202,340,100円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは1.8億円程度か』と書いたので、悪くはない予想だったのではないか。
キャスティングは五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス)、吉高由里子、濱田岳となっており、必ずしも豪華ではないが、気楽に見られるユニークなタイプのコメディであり、観客層の幅も広いという利点があった。
次週以降は強力作品も公開されるが、今週は相手関係に恵まれた点も大きいか。
また、矢口史靖監督の知名度ももちろんあっただろう。

過去の監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆01年「ウォーターボーイズ」不明
☆04年「スウィングガールズ」トータル21.5億円
☆08年「ハッピーフライト」トータル13.3億円
OP2.2→祝6.4→8.6→10.3→11.5→12.1
☆12年「ロボジー」
OP2.0億円→
「ハッピーフライト」との対比で考えると、「ロボジー」の興行収入は12.1億円となる。
ファンが多い監督であり、今回もそれなりの結果を残しそうだ。

参考になりそうな作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「なくもんか」トータル13.5億円
OP2.1→祝6.6→9.0→11.0→12.2
☆09年「少年メリケンサック」トータル10.2億円
OP2.0→5.0→7.3→8.6
☆08年「ハンサム★スーツ」トータル8.6億円
祝3日2.1(OP1.5)→3.9→5.6→6.7→7.6→8.1
☆11年「漫才ギャング」
OP0.9→3.2→5.3→6.7→7.4
☆12年「ロボジー」
OP2.0億円→
これらとの対比で考えると、「ロボジー」の興行収入は10.2~12.9億円となる。
気楽に見られそうなので、ある程度伸びるのではないか。
平日やレディースデイでの稼動も高いだろう。

【同時期に公開された近年の作品】 
<2011>
☆「僕と妻の1778の物語」トータル12億円見込み(オープニング1.6億円)
☆「GANTZ」トータル34.5億円見込み(オープニング5.9億円)
<2010>
☆「BANDAGE」トータル6.0億円(オープニング1.3億円)
☆「サヨナライツカ」トータル12.0億円(オープニング1.3億円)
☆「おとうと」トータル21.0億円(オープニング2.4億円)
☆「ゴールデンスランバー」トータル11.5億円(オープニング2.0億円)
「GANTZ」「ゴールデンスランバー」との対比で考えると、「ロボジー」の興行収入は11.5~11.7億円となる。
この辺りだろうか。

「ロボジー」2.0億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2011>
☆「パラダイス・キス」2.0億円
☆「あしたのジョー」2日1.9億円
<2010>
☆「十三人の刺客」2.3億円(トータル16.0億円)
☆「君に届け」2.3億円(トータル15.3億円)
☆「インシテミル」2.1億円(トータル12.2億円)
☆「ゴールデンスランバー」2.0億円(トータル11.5億円)
これらとの対比で考えると、「ロボジー」の興行収入は11.5~13.9億円となる。
マックス13億円台、ミニマム10億円台というところか。
公開前の予想どおり11億円台と思われるが、平日の動きも期待できそうな作品なので伸びそうだ。
「ロボジー」の興行収入は11~12億円と予想したい。
公開前個人予想11億円に近い結果となりそうだ。
それほど自信はなかったが、この手のユニークなコメディ作品は手堅く稼げそうなイメージどおりだった。


動員2位:「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」(パラマウント)<5週目>
【公開前個人予想】 80億円
【現時点での興行収入予想】 4週目~55億円(OP時50億円)
【公開規模】 先週636スクリーン
トータルでは44.4億円となっている。
祝日を除いた6日間の伸びは3.8億円半ば程度だろうか。
予想以上のものではなかったが、やはり正月に荒稼ぎしている。
手軽なアクション作品はやはり強い。

過去の興行収入は以下のとおり。
☆96年「ミッション:インポッシブル」配給36.0億円
☆00年「M:I-2」トータル97.0億円
☆06年「M:I:Ⅲ」トータル51.5億円
先々含む14.1→25.1→34.5→39.3→42.3→46.0→49.0
☆11年「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」
金7.3→18.8→28.0→祝40.6→44.4億円→
正月映画のため単純比較はできないが、「Ⅲ」との対比で考えると、本作の興行収入は54.1億円となる。

トム・クルーズ主演作の興行収入は以下のとおり。
☆02年公開「バニラ・スカイ」トータル33.2億円
☆02年公開「マイノリティ・リポート」トータル52.4億円
☆03年公開「ラストサムライ」トータル137.0億円
☆04年公開「コラテラル」トータル22.0億円
OP4.1→10.3→14.1→16.7→18.9→20.1→20.6
☆05年公開「宇宙戦争」トータル60.0億円
5日16.4→29.3→39.5→43.8→47.7→50.4→53.4→56.4
☆06年公開「M:I:Ⅲ」トータル51.5億円
先々含む14.1→25.1→34.5→39.3→42.3→46.0→49.0
☆08年公開「大いなる陰謀」トータル6.2億円
金3日1.5→3.3→04.9→05.7→6.0
☆09年公開「ワルキューレ」トータル12.5億円
祝3日3.8→7.7→10.1→11.3→11.9
☆10年公開「ナイト&デイ」トータル23.1億円
先3日6.8→11.9→16.0→18.8→20.9→22.0→22.5→22.8
☆11年「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」
金7.3→18.8→28.0→祝40.6→44.4億円→
正月映画のため単純比較はできないが、「宇宙戦争」との対比で考えると、本作の興行収入は55.8億円となる。
「M:I:Ⅲ」トータル51.5億円、「マイノリティ・リポート」トータル52.4億円、「宇宙戦争」トータル60.0億円の結果を踏まえると、この程度が限度のようだ。

一昨年の正月映画の興行収入は以下のとおり。
☆10年「ハリー・ポッターと死の秘宝PartⅠ」トータル69億円
金11.8→28.9→37.8→44.4→49.1→53.5→58.9→63.4
☆10年公開「トロン:レガシー」トータル21.0億円
金03.7→09.0→13.8→17.4→19.3→20.1→20.6→20.7
☆11年「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」
金7.3→18.8→28.0→祝40.6→44.4億円→
これらとの対比で考えると、「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」の興行収入は48.3~62.4億円となる。
当面は50億円突破が目標となるが、ライバル作品の不在、評価を踏まえると、50億円を突破して、まだまだ伸びていきそうな気がする。
オープニング時には50億円程度と考えたが、先週に引き続き、「M:I:Ⅲ」トータル51.5億円、「マイノリティ・リポート」トータル52.4億円を超える55億円程度に落ち着くのではないかと考えたい。
公開前個人予想の80億円には達しそうもないが、当然の大ヒットとなった。


動員3位:「マイウェイ 12,000キロの真実」(東映)<1週目>
【公開前個人予想】 5~6億円
【現時点での興行収入予想】 4~5億円
【公開規模】 300スクリーン
8.5千万円(85,266,600円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは1.0億円程度か』と書いたので、悪くはない予想だったようだ。
戦争映画ではあるが、オダギリジョー、チャン・ドンゴン主演作品なので、年配層は動かず、男性も動かず、戦争映画が重すぎて、女性も動かない結果になったのではないか。

監督は、00年「シュリ」トータル18.5億円、04年「ブラザーフッド」トータル15.0億円という実績のあるカン・ジェギュではあるが、時代はもう変わったといえるだろう。
オダギリジョーは経験豊富だが、高い興行収入をもたらす俳優でもなさそうだ。
チャン・ドンゴンも同様だろう。

最近の戦争映画の興行収入は以下のとおり。
☆11年「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」トータル15.7億円
祝3日3.9(OP2.6)→8.4→11.3→13.3→14.2→14.5
☆11年「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」
祝3日2.5(OP1.5)→5.7→9.6
☆12年「マイウェイ 12,000キロの真実」
OP0.9億円→
「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」との対比で考えると、「マイウェイ 12,000キロの真実」の興行収入は5.4億円となる。
この辺りがマックスラインか。

予想の際にイメージした作品は以下のとおり。
☆11年「BANDAGE」トータル6.0億円
OP1.3→3.0→4.2→5.6→5.7
☆11年「一命」
OP0.9→2.6→3.6→4.1→4.3→4.4
☆10年「座頭市 THE LAST」トータル4.0億円
OP0.9→2.6→3.3
「BANDAGE」レベルと思ったが、「一命」「座頭市 THE LAST」レベルとなりそうだ。
戦争映画であるため、多少の伸びを踏まえても4億円台というところか。

【同時期に公開された近年の作品】 
<2011>
☆「僕と妻の1778の物語」トータル12億円見込み(オープニング1.6億円)
☆「GANTZ」トータル34.5億円見込み(オープニング5.9億円)
<2010>
☆「BANDAGE」トータル6.0億円(オープニング1.3億円)
☆「サヨナライツカ」トータル12.0億円(オープニング1.3億円)
☆「おとうと」トータル21.0億円(オープニング2.4億円)
☆「ゴールデンスランバー」トータル11.5億円(オープニング2.0億円)
「GANTZ」「BANDAGE」「ゴールデンスランバー」との対比で考えると、「マイウェイ 12,000キロの真実」の興行収入は4.2~5.3億円となる。
5億円突破も厳しいかもしれない。

「マイウェイ 12,000キロの真実」0.9億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2011>
☆「アントキノイノチ」0.9億円
☆「一命」0.9億円
<2010>
☆「桜田門外ノ変」0.9億円(トータル6.9億円)
☆「ソラニン」0.9億円(トータル5.8億円)
☆「座頭市」0.9億円(トータル4.0億円)
☆「猿ロック」0.9億円(トータル4.0億円)
これらとの対比で考えると、「マイウェイ 12,000キロの真実」の興行収入は4.0~6.9億円となる。
マックス5億円台、ミニマム3億円台となるだろうか。
年配層の動員やレディースデイでの平日の伸びが多少はあると思われるので、幅をもたせて「マイウェイ 12,000キロの真実」の興行収入は4~5億円と予想したい。
公開前個人予想は5~6億円だったので、悪くはない予想となるが、少し高かったかもしれない。
ヒットはしないことは分かっていたが、もうちょっと何とかなると思ったが、やはりダメだったか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。