ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(1月3週目その3)

5位:「きみはペット」(東宝東和)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 4億円台
【公開規模】 92スクリーン
6.8千万円半ばのオープニングを飾った。
このスクリーンではどうかと思ったが、やはりチャン・グンソクの人気は高いようだ。
300スクリーンの「マイウェイ 12,000キロの真実」のオープニング8.5千万円とそれほど遜色はない。

スクリーンが少ない作品が参考となりそうだ。
☆10年「ソラニン」トータル5.8億円(OP時:108SC)
OP0.9→2.6→3.5→4.1→4.5
☆10年「人間失格」トータル5.4億円(OP時:154SC)
OP0.8→2.5→3.7→4.9
☆11年「うさぎドロップ」(OP時:110SC)
OP1.0→2.9→4.2→5.1
☆12年「きみはペット」
OP0.7億円→
これらとの対比で考えると、「きみはペット」の興行収入は4.5~4.7億円となる。
しかし、それほど大きくは伸びないのではないか。

「きみはペット」0.7億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2010>
☆「孤高のメス」0.7億円(トータル5.0億円)
☆「必死剣鳥刺し」0.8億円(トータル4.8億円)
☆「今度は愛妻家」0.8億円(トータル4.3億円)
☆「劇場版怪談レストラン」0.7億円(トータル3.7億円)
これらとの対比で考えると、「きみはペット」の興行収入は3.7~5.0億円となる。
マックス5億円台、ミニマム3億円台となるか。
大きく伸びずと考えて、「きみはペット」の興行収入は4億円台と予想したい。
ファンが多いので、低い伸びでもないだろう。


8位:「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」(東映)<5週目>
【公開前個人予想】 7~8億円
【現時点での興行収入予想】 14億円台
【公開規模】 310スクリーン(先週比+1スクリーン)
4.3千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは13.1億円となっている。
1週間の伸びは1.3億円弱程度だろうか。
10億円を楽に突破している。
やはり戦争映画は年配層に受けたようだ。

以下の戦争映画も大ヒットしている。
☆11年「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」トータル15.7億円
祝3日3.9(OP2.6)→8.4→11.3→13.3→14.2→14.5
☆11年「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」
祝3日2.5(OP1.5)→5.7→祝10.2→11.8→13.1億円→
これとの対比で考えると、本作の興行収入は14.5億円となる。
この辺りが落ち着きどころか。

正月映画は正月映画と比較した方がいいだろう。
☆10年「相棒-劇場版Ⅱ-」トータル31.8億円
4日5.8→12.4→祝20.7→23.7→26.4→28.3→29.6→30.5
☆11年「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」
3日2.5→05.7→祝10.2→11.8→13.1億円→
これとの対比で考えると、本作の興行収入は15.8億円となる。
これがマックスラインとなりそうだが、ここまで伸びるだろうか。

まだまだ伸びていきそうだが、そろそろ止まりそうな気がする。
「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」の興行収入は先週に引き続き14億円台と予想したい。
公開前個人予想は7~8億円だったので、完全にハズれそうだ。
戦争映画に逆らうことは避けた方がよさそうだ。


9位:「マイウェイ 12,000キロの真実」(東映)<2週目>
【公開前個人予想】 5~6億円
【現時点での興行収入予想】 3億円台(OP時4~5億円)
【公開規模】 300スクリーン(先週比±0スクリーン)
4.2千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは2.1億円となっている。
1週間の伸びは1.3億円弱程度だろうか。
先週3位から急落している。先週は出演者のファンが殺到しただけか。
戦争映画ではあるが、オダギリジョー、チャン・ドンゴン主演作品なので、年配層は動かず、男性も動かず、戦争映画が重すぎて、女性も動かない結果になったのではないか。

監督は、00年「シュリ」トータル18.5億円、04年「ブラザーフッド」トータル15.0億円という実績のあるカン・ジェギュではあるが、時代はもう変わったといえるだろう。
オダギリジョーは経験豊富だが、高い興行収入をもたらす俳優でもなさそうだ。
チャン・ドンゴンも同様だろう。

最近の戦争映画の興行収入は以下のとおり。
☆11年「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」トータル15.7億円
祝3日3.9(OP2.6)→8.4→11.3→13.3→14.2→14.5
☆11年「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」
祝3日2.5(OP1.5)→5.7→9.6
☆12年「マイウェイ 12,000キロの真実」
OP0.9→2.1億円→
「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」との対比で考えると、「マイウェイ 12,000キロの真実」の興行収入は3.9億円となる。
この辺りがマックスラインか。

予想の際にイメージした作品は以下のとおり。
☆11年「BANDAGE」トータル6.0億円
OP1.3→3.0→4.2→5.6→5.7
☆11年「一命」
OP0.9→2.6→3.6→4.1→4.3→4.4
☆10年「座頭市 THE LAST」トータル4.0億円
OP0.9→2.6→3.3
☆12年「マイウェイ 12,000キロの真実」
OP0.9→2.1
「BANDAGE」レベルと思ったが、「一命」「座頭市 THE LAST」レベルとなりそうだ。
これらとの対比で考えると、「マイウェイ 12,000キロの真実」の興行収入は3.2~4.2億円となる。
戦争映画であるため、多少の伸びを踏まえても4億円台というところか。

「マイウェイ 12,000キロの真実」2.1億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「白夜行」2.3億円
☆「セカンドバージン」2.3億円
<2010>
☆「孤高のメス」2.3億円(トータル5.0億円)
☆「雷桜」2.3億円
☆「猿ロック」2.1億円(トータル4.0億円)
これらとの対比で考えると、「マイウェイ 12,000キロの真実」の興行収入は4.0~4.6億円となる。
マックス5億円台、ミニマム3億円台となるだろうか。
年配層の動員やレディースデイでの平日の伸びが多少はあると思い、4~5億円と予想したが、無理そうだ。
「マイウェイ 12,000キロの真実」の興行収入は3億円台と予想したい。
公開前個人予想は5~6億円だったので、高かったかもしれない。
ヒットはしないことは分かっていたが、もうちょっと何とかなると思ったが、やはりダメだったか。


10位:「friends もののけ島のナキ」(東宝)<6週目>
【公開前個人予想】 5~6億円
【現時点での興行収入予想】 15億円台(OP時8~9億円)
【公開規模】 334スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.3千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは14.1億円半ばとなっている。
1週間の伸びは5.7千万円半ば程度だろうか。
正月に荒稼ぎした作品。
さすがにこの時期のファミリー向け作品は強かった。
冬の洋画アニメがピクサー作品ではなく、「タンタン」だったのも大きかった。
シリーズモノではないアニメ作品は苦戦していたが、本作は完全な安心印のファミリー向け作品であり、実績のある山崎貴が共同監督、声優も香取慎吾、山寺宏一、YOU、阿部サダヲと一流どころを揃えている点が良かったようだ。

本作は邦画アニメ作品だが、ファミリー向けなので、年末に公開された以下の邦画・洋画アニメ作品も参考となるだろう。
☆08年公開「WALL・E/ウォーリー」トータル40.0億円
金5.1→11.5→16.0→不明→30.3→祝35.5→37.1
☆09年公開「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
OP6.3→15.5→22.3→31.1→37.0→42.9→46.0
☆09年公開「クリスマス・キャロル」トータル16.0億円
OP2.9→7.0→10.9→13.1→14.4→15.3
☆10年「劇場版イナズマイレブン」トータル17.7億円
4日5.4→10.5→祝15.2→16.0→16.6→17.0→17.2→17.2
☆11年「friends もののけ島のナキ」
OP1.4→4.0→7.6→祝12.6→13.6→14.2億円→
ピクサー作品以外との対比で考えると、「friends もののけ島のナキ」の興行収入は14.8~14.8億円となる。
ピクサー作品との対比で考えると、「friends もののけ島のナキ」の興行収入は16.0~16.6億円となる。
ピクサー作品ほどは伸びず、ピクサー作品以外の作品以上には伸びそうだ。
「friends もののけ島のナキ」の興行収入は先週に引き続き15億円台と予想したい。
オープニング時は8~9億円と予想したが、正月時期のファミリー作品ということもあり、予想以上に大きく伸びた。
公開前個人予想は5~6億円だったので、完全にハズした。
この手のアニメ作品は当たり外れが激しいので、予想は難しい。
09年「ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~」トータル3~4億円程度、09年「よなよなペンギン」はトータル0.8億円の大惨敗、10年「チェブラーシカ/くまのがっこう-ジャッキーとケイティ-」はトータル3億円台、「おまえうまそうだな」も1~2億円程度とほぼ全滅状態だった。


11位:「劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆 グリフォン」(東宝・テレビ東京)<5週目>
【公開前個人予想】 15億円台
【現時点での興行収入予想】 11億円台
【公開規模】 274スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.3千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは10.9億円となっている。
1週間の伸びは4.4千万円程度だろうか。
前作の興行収入は以下のとおり。
☆10年「劇場版イナズマイレブン」トータル17.7億円
4日5.4→10.5→祝15.2→16.0→16.6→17.0→17.2→17.2
☆11年「劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆 グリフォン」
3日2.9→06.4→祝09.8→10.5→10.9億円→
これとの対比で考えると、本作の興行収入は11.6億円となる。
したがって、本作の興行収入は先週に引き続き11億円台と予想したい。
残り1億円未満の上乗せで止まるのではないか。
目新しかったためか、前作が出来すぎたとはいえ、ちょっと落ちすぎではないか。
前作を鑑賞した3分の1が鑑賞しなかったことなる。
公開前個人予想は15億円台だったので、ハズれとなりそうだ。
果たしてシリーズ化されるのだろうか。


12位:「源氏物語 千年の謎」(東宝)<7週目>
【公開前個人予想】 11億円台
【現時点での興行収入予想】 14億円前半(5~6週目13億円台、OP~2週目11~12億円)
【公開規模】 414スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.3千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは13.3億円となっている。
1週間の伸びは7.2千万円半ば程度だろうか。
10億円はさすがに突破している。
2001年「千年の恋 ひかる源氏物語」はトータル20.8億円となっており、題材的にはヒットできる作品。
しかし、本作にはそれほど盛り上がりを感じられないので微妙な数字となっている。
観客は女性層が多いと思われるので、年末に公開する作品ではなかったのではないかと思っている。
年末に公開したことによりコケる可能性はかなり低くなったことは確かだが、公開時期を見誤ったのではないか。

生田斗真主演の興行収入は以下のとおり。
☆10年「人間失格」トータル5.4億円
OP0.8→02.5→03.7→04.9
☆10年「ハナミズキ」トータル28.3億円
OP4.0→12.8→18.8→22.6→24.9→26.8→27.4
☆11年「源氏物語 千年の謎」
OP1.6→05.3→07.9→09.6→祝11.7→12.6→13.3億円→
「ハナミズキ」程度のヒットをもくろんでいたのではないか。
「ハナミズキ」との対比で考えると、「源氏物語 千年の謎」の興行収入は13.7億円となる。
これよりも、もうちょっと伸びそうだ。

正月映画は正月映画と比較した方がいいだろう。
☆10年「SPACE BATTLESHIP ヤマト」トータル41.0億円
5日9.4→17.6→22.9→27.0→31.6→祝36.8→38.1
☆10年「相棒-劇場版Ⅱ-」トータル31.8億円
4日5.8→12.4→祝20.7→23.7→26.4→28.3→29.6
☆10年「ノルウェイの森」
OP1.8→5.3→8.1→9.9→祝11.7→12.4→13.0
☆09年「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」トータル41.0億円
OP3.9→不明→22.1→祝29.9→32.7→35.1→36.8→37.8→38.6
☆11年「源氏物語 千年の謎」
OP1.6→5.3→7.9→9.6→祝11.7→12.6→13.3億円→
「ノルウェイの森」と似たような動きとなっている。
これらとの対比で考えると、「源氏物語 千年の謎」の興行収入は14.3~14.8億円となる。
ドラマの映画化ではないので、高い伸びはないだろう。
「ノルウェイの森」と同程度となるだろうか。
「源氏物語 千年の謎」の興行収入は先週に引き続き13億円台と予想したいところだが、14億円前半となりそうだ。
2週目まで11~12億円と予想していたが、さすがに思ったよりも伸びがあったようだ。
公開前個人予想は11億円台だったので、悪くはない予想となりそうだ。
ビッグヒットにはならないが、年末映画なので大コケもないと感じたとおりだ。
一般層にはちょっと合わないイメージがあったので、敬遠されたのだろう。


13位:「映画「けいおん!」」(松竹・TBS)<8週目>
【公開前個人予想】 15~16億円
【現時点での興行収入予想】 6週目~16億円台(OP~3週目22~23億円)
【公開規模】 100スクリーン(先週比-26スクリーン)
2.2千万円を週末に稼ぎ、トータルでは15.6億円弱となっている。
1週間の動きは4.5千万円半ば程度だろうか。
スクリーンに比して大ヒットしているが、想定を超えた常識外の爆発的ヒットというわけではなさそうだ。

見たことはないが、かなりの人気作品というイメージ。
とりあえずスクリーンが少なく、コアなファンをもつアニメ作品が参考となるか。
☆09年「劇場版マクロスF 虚空歌姫」トータル6.5億円(30スクリーン)
OP0.9→2.3→3.2→3.8→04.2
☆10年「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」トータル10.7億円(90スクリーン)
OP2.0→4.9→7.8→8.7→9.4→9.8→10.1→
☆10年「涼宮ハルヒの消失」トータル8.3億円(24スクリーン)
OP0.9→2.5→3.5→4.5→05.4→05.9→06.3→06.7
☆10年「劇場版 機動戦士ガンダム00」トータル8.6億円(88スクリーン)
祝3日2.5→4.5→5.7→祝6.6→7.0→7.3→7.7
☆11年「映画「けいおん!」」
OP3.2→6.9→9.4→11.4→13.2→14.4→15.1→15.6億円→
「涼宮ハルヒの消失」との対比で考えると、「映画「けいおん!」」の興行収入は19.3億円となるが、ここまでは伸びないだろう。

正月映画なので正月映画を参考としないといけない。
☆08年「WALL・E/ウォーリー」トータル40.0億円
金5.1→11.5→16.0→不明→30.3→祝35.5→37.1→38.0
☆09年「ONE PIECE STRONG WORLD」トータル48.0億円
OP10.4→22.5→31.3→36.4→祝41.9→43.6
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
OP6.3→15.5→22.3→31.1→37.0→42.9→46.0→47.5
☆11年「映画「けいおん!」」
OP3.2→06.9→09.4→11.4→13.2→14.4→15.1→15.6億円→
「ONE PIECE」以外との対比で考えると、「映画「けいおん!」」の興行収入は16.4~16.4億円となる。
この辺りが落ち着きどころか。
多少の伸びはあるとは思うが、それほど大きくも伸びないのではないか。
「映画「けいおん!」」の興行収入は、先週に引き続き16億円台と予想したい。
4週目まで22~23億円と予想していたが、予想以上には大きくは伸びなかった。
公開前個人予想は15~16億円だったので、当たりそうだ。
20億円は突破すると思い、完全にハズれたかと思っていた。
しかし、この手の作品の人気度がよく分からないので、今後は苦戦しそうだ。


14位:「ヒミズ」(GAGA)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 79スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.2千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは9.3千万円となる。
1週間の伸びは5.8千万円半ば程度だろうか。
100スクリーン未満であり、悪くは無い動きとなっている。
原作の漫画の知名度や評判の高さもあり、伸びていきそうだが、驚くようなものではなさそうだ。

以下の作品が参考となりそうだ。
☆10年「ソラニン」トータル5.8億円(OP時:108SC)
OP0.9→2.6→3.5→4.1→4.5
☆10年「人間失格」トータル5.4億円(OP時:154SC)
OP0.8→2.5→3.7→4.9
☆11年「うさぎドロップ」(OP時:110SC)
OP1.0→2.9→4.2→5.1
☆12年「ヒミズ」
OP0.4→0.9億円→
スクリーン数の違いもあり、これらに比べれば劣っている。
これらとの対比で考えると、「ヒミズ」の興行収入は1.9~2.0億円となる。
2億円程度の動きだが、公開後に火を付く作品であり、伸びがあるだろう。
「ヒミズ」の興行収入は先週に引き続き3億円台と予想したい。
ハードそうな作品であり、爆発的には伸びないのではないか。


15位:「怪物くん」(東宝・日本テレビ)<9週目>
【公開前個人予想】 14億円台
【現時点での興行収入予想】 31億円前半(7~8週目31億円後半、3~4週目35億円、OP~2週目40億円)
【配給会社期待値等】 「興収40億円に向けて大ヒットスタート」
【公開規模】 287スクリーン(先週比-43スクリーン)
2.1千万円を週末に稼ぎ、トータルでは30.6億円弱となっている。
1週間の伸びは3.3千万円弱程度だろうか。
正月に稼ぎまくり、30億円を突破した。
40億円には届かなかったが、ビッグヒットには間違いが無い。

週毎の伸びは以下のとおり。
OP5.8→2週目6.2(週末4.5)→3週目4.1(週末3.1)→4週目2.8(週末2.0)→5週目2.6(週末1.2)→6週目4.0(週末0.8)→7週目4.1(週末0.8)→8週目0.7(週末0.5)→9週目0.3(週末0.2)億円となっている。
ファミリー向け作品であり、完全な週末映画となっている。
稼ぎどころの年末年始にもやはりかなり稼いでおり、今後の動きが勝負となる。

以下の作品に匹敵している。
☆07年「西遊記」トータル43.7億円
祝3日7.9→13.1→19.3→25.1→30.0→36.3→39.3→41.8→42.3
☆09年「ヤッターマン」トータル31.4億円
OP4.6→10.6→16.4→21.6→26.9→28.2→29.2→29.6→30.1
☆11年「怪物くん」
OP5.8→12.0→16.1→18.9→21.5→25.4→祝29.6→30.3→30.6億円→
これらとの対比で考えると、「怪物くん」の興行収入は31.6~31.9億円となる。
この対比をやや下回る程度か。

正月映画は正月映画と比較した方がいいだろう。
☆10年「SPACE BATTLESHIP ヤマト」トータル41.0億円
5日9.4→17.6→22.9→27.0→31.6→祝36.8→38.1→39.1→39.7
☆10年「相棒-劇場版Ⅱ-」トータル31.8億円
4日5.8→12.4→祝20.7→23.7→26.4→28.3→29.6→30.5→30.9
☆09年「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」トータル41.0億円
03.9→不明→22.1→祝29.9→32.7→35.1→36.8→37.8→38.6
☆11年「怪物くん」
OP5.8→12.0→16.1→18.9→21.5→25.4→祝29.6→30.3→30.6億円→
これらとの対比で考えると、「怪物くん」の興行収入は31.5~32.5億円となる。
年末年始に思いっきり稼いだので、もはや期待はしにくい。
これらの対比を下回るだろう。
「怪物くん」の興行収入は、31億円前半と予想したい。
2週目まで40億円、4週目まで35億円、先週まで31億円後半と予想していたが、さすがに完全なファミリー向け作品だけに、伸びや広がりがなかったようだ。
公開前個人予想は14億円台だったので完全にハズレとなる。
それにしても、「西遊記」トータル43.7億円なので、不思議ではないとはいえるが、ドラマの平均視聴率は13.9%程度であり、ここまで稼げる作品だったのは驚きだ。


16位:「ジャックとジル」(ソニー)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 2千万円前後
【公開規模】 19スクリーン
4.1百万円のオープニングを飾った。
日本ではあまり公開されないアダム・サンドラー主演作品の中で、パッとしなかった本作を何故公開しようと思ったのかよく分からない。
しかも、スクリーンは19ながらも、有楽町や新宿などのメジャー映画館で公開されている。
2千万円前後となりそうだ。
「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」といったハリウッドコメディを公開してくれるのはありがたいが、もうちょっと選んで欲しい。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。