ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(1月4週目その1)

動員1位:「ALWAYS 三丁目の夕日'64」(東宝・日本テレビ)<2週目>
【公開前個人予想】 50億円
【現時点での興行収入予想】 45~46億円
【配給会社期待値等】シリーズ最高の興収50億円突破に向けてヒットスタートを切った
【公開規模】 先週473スクリーン
トータルでは14.3億円となっている。
1週間の伸びは8.7億円半ば程度だろうか。
前作を超えるのは微妙となってきた。

過去のシリーズ作品は以下のとおり。
☆05年「ALWAYS 三丁目の夕日」トータル32.3億円
OP2.2→06.6→11.0→15.6→19.4→22.1→23.5→24.7
☆07年「ALWAYS 続・三丁目の夕日」トータル45.6億円
OP5.5→15.1→21.9→28.7→33.4→36.3→38.2→祝39.8
☆12年「ALWAYS 三丁目の夕日'64」
OP5.6→14.3億円→
前作を超えるかどうかが注目となりそうだが、前作よりも伸びがない。
3D単価であることを考えるとやや痛い。
前作との対比で考えると、「ALWAYS 三丁目の夕日'64」の興行収入は43.2億円となる。

監督は山崎貴。
過去のシリーズだけではなくて、以下の作品も手掛けている。
☆00年「ジュブナイル」トータル11.0億円
☆02年「リターナー」トータル12.9億円
☆09年「BALLAD 名もなき恋のうた」トータル18.1億円
OP2.3→06.3→09.3→13.6→15.5→祝16.8→17.3→17.7
☆10年「SPACE BATTLESHIP ヤマト」トータル41.0億円
5日9.4→17.6→22.9→27.0→31.6→祝36.8→38.1
かなり実績があるようだ。
「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を超えてくるだろうか。

「ALWAYS 三丁目の夕日'64」14.3億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「ステキな金縛り」16.3億円(トータル42.8億円)
☆「GANTZ」14.6億円(トータル34.5億円)
☆「GANTZ PERFCT ANSWER」13.7億円(トータル28.2億円)
これらとの対比で考えると、「ALWAYS 三丁目の夕日'64」の興行収入は29.4~37.5億円となる。
現時点では40億円を超えるかどうかも怪しい動きだが、しばらくは様子を見たほうがいいだろう。
前作のトータル45.6億円前後の興行収入となるのではないか。
「ALWAYS 三丁目の夕日'64」の興行収入は先週に引き続き45~46億円という予想にしたい。
公開前個人予想は50億円だったので悪くはない結果となるが、前作を踏まえれば誰でも予想がつく。


動員2位:「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」(東宝・TBS)<1週目>
【公開前個人予想】 20億円
【現時点での興行収入予想】 20億円台
【公開規模】 377スクリーン
2.7億円半ば(276,408,100円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは3.4億円程度か』と書いたので、予想よりは低かった。
予想が高すぎただけで、順当なオープニングではないか。

監督の土井裕泰は意外と実績のある監督のようだ。
☆04年「いま、会いにゆきます」トータル48.0億円
☆06年「涙そうそう」トータル31.0億円
OP3.9→10.7→17.4→21.7→24.7→26.9→28.5
☆10年「ハナミズキ」トータル28.3億円
OP4.0→12.8→18.8→22.6→24.9→26.8
☆12年「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」
OP2.8億円→
これらとの対比で考えると、「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」の興行収入は19.8~22.3億円となる。
実際に鑑賞したが、ストーリーが良かったので、これら同様に伸びていきそうだ。

ドラマ「新参者」の平均視聴率は14.9%となっている。
東野圭吾映画化作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円(視聴率21.9%)
OP5.4→祝18.1→24.4→30.5→祝37.4→40.7→43.1
☆12年「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」
OP2.8億円→
「さまよう刃」「白夜行」「夜明けの街で」があまりよろしくない結果に終ったが、本作は大丈夫だろう。
これとの対比で考えると、「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」の興行収入は25.5億円となる。
これがマックスラインとなる。

以下のサスペンス系ドラマの映画化の興行収入も参考となりそうだ。
☆10年「SP 野望篇」トータル36.3億円(視聴率15.4%)
5.3→15.3→21.1→25.3→29.3→31.3→32.6
☆11年「SP革命篇」トータル33.3億円
2.9→08.7→15.1→20.6→24.3→26.7→28.5→30.1→31.8
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円(視聴率15.4%)
3.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7
☆11年「アンフェア the answer」トータル23.4億円
3.1→10.6→15.6→祝19.1→20.7→21.9→22.5→22.9
☆10年「ライアーゲーム」トータル23.6億円(視聴率11.4%・11.0%)
3.9→09.7→祝14.8→17.7→21.0→22.3→22.8
☆11年「アンダルシア 女神の報復」トータル18.9億円
2.6→07.5→10.8→13.5→15.3→16.4→17.1(視聴率10.1%)
☆12年「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」
2.8億円→
「SP革命篇」以外との対比で考えると、「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」の興行収入は16.9~21.1億円となる。
「アンダルシア 女神の報復」が当面のライバルとなる。

【同時期に公開された近年の作品】 
<2011>
☆「僕と妻の1778の物語」トータル12.4億円(オープニング1.6億円)
☆「GANTZ」トータル34.5億円(オープニング5.9億円)
<2010>
☆「BANDAGE」トータル6.0億円(オープニング1.3億円)
☆「サヨナライツカ」トータル12.0億円(オープニング1.3億円)
☆「おとうと」トータル21.0億円(オープニング2.4億円)
☆「ゴールデンスランバー」トータル11.5億円(オープニング2.0億円)
主要作品との対比で考えると、「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」の興行収入は16.1~21.7億円となる。

「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」2.8億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2011>
☆「神様のカルテ」3.0億円(トータル18.9億円)
☆「アンダルシア」2.6億円(トータル18.8億円)
☆「岳 ガク」2.6億円(トータル16.3億円)
☆「プリンセス トヨトミ」3.1億円(トータル16.2億円)
「プリンセス トヨトミ」以外との対比で考えると、「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」の興行収入は17.6~20.2億円となる。
マックス25億円、ミニマム16億円となる。
面白かったので、伸びていきそうだ。
オープニングは予想どおりではなかったが、公開前の予想どおり20億円台と予想したい。
やや地味なところもあったが、ドラマの映画化・人気小説の映画化ということで、ヒットとなりそうだ。


動員3位:「ロボジー」(東宝・フジテレビ)<3週目>
【公開前個人予想】 11億円
【現時点での興行収入予想】 11億円台(OP~2週目11~12億円)
【公開規模】 先週278スクリーン
トータルでは7.5億円弱となっている。
1週間の伸びは2.3億円程度だろうか。
伸びは堅調だが、高い伸びではないようだ。

キャスティングは五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス)、吉高由里子、濱田岳となっており、必ずしも豪華ではないが、気楽に見られるユニークなタイプのコメディであり、観客層の幅も広いという利点があり、悪くはない動きとなっている。
また、矢口史靖監督の知名度ももちろんあっただろう。

過去の監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆01年「ウォーターボーイズ」不明
☆04年「スウィングガールズ」トータル21.5億円
☆08年「ハッピーフライト」トータル13.3億円
OP2.2→祝6.4→8.6→10.3→11.5→12.1
☆12年「ロボジー」
OP2.0→5.2→7.5億円→
「ハッピーフライト」との対比で考えると、「ロボジー」の興行収入は11.6億円となる。
ファンが多い監督であり、今回もそれなりの結果を残しそうだ。

参考になりそうな作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「なくもんか」トータル13.5億円
OP2.1→祝6.6→9.0→11.0→12.2
☆09年「少年メリケンサック」トータル10.2億円
OP2.0→5.0→7.3→8.6
☆08年「ハンサム★スーツ」トータル8.6億円
祝3日2.1→3.9→5.6→6.7→7.6→8.1
☆11年「漫才ギャング」
OP0.9→3.2→5.3→6.7→7.4
☆12年「ロボジー」
OP2.0→5.2→7.5億円→
これらとの対比で考えると、「ロボジー」の興行収入は10.5~11.5億円となる。
気楽に見られそうなので、ある程度伸びるのではないか。
平日やレディースデイでの稼動も高いだろう。

「ロボジー」7.5億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「八日目の蝉」8.1億円(トータル12.4億円)
☆「僕と妻の1778の物語」7.5億円(トータル12.3億円)
☆「探偵はBARにいる」8.2億円(トータル12.2億円)
☆「あしたのジョー」8.2億円(トータル11.0億円)
「あしたのジョー」以外との対比で考えると、「ロボジー」の興行収入は11.2~12.3億円となる。
マックス12億円台、ミニマム10億円台というところか。
「ロボジー」の興行収入は11億円台と予想したい。
先週まで11~12億円と予想していたが、12億円まで伸びないだろう。
公開前個人予想11億円とおりとなりそうだ。
それほど自信はなかったが、この手のユニークなコメディ作品は手堅く稼げそうなイメージどおりだった。


動員6位:「J・エドガー」(ワーナー)<1週目>
【公開前個人予想】 5億円台
【現時点での興行収入予想】 4億円台
【公開規模】 138スクリーン
7.5千万円半ば(75,678,600円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは1.0億円程度か』と書いたので、予想よりは低かった。
このスクリーン数では仕方がないが、ディカプリオ主演作品としてはちょっと低すぎる。
アカデミー賞主要部門でのノミネートがなく、盛り上がりがない点が大きいか。

クリント・イーストウッド監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆04年「ミスティック・リバー」10.0億円
OP1.4→3.8→5.2→6.8→7.9
☆05年「ミリオンダラー・ベイビー」13.4億円
OP1.8→5.4→8.0→10.0→不明→12.2
☆09年「チェンジリング」トータル12.8億円
金2.3(OP1.8)→06.5→09.1→11.0→12.1→12.4
☆09年「グラン・トリノ」トータル11.0億円
OP1.3→04.6→07.7→09.0→09.8
☆10年「インビクタス/負けざる者たち」トータル8.6億円
金1.6(OP1.3)→04.3→05.8→06.9→07.7
☆11年「ヒアアフター」
OP1.7→04.6→06.2→06.9→
☆12年「J・エドガー」
OP0.8億円→
これらとの対比で考えると、「J・エドガー」の興行収入は5.3~6.8億円となる。
5億円台がマックスとなりそうだ。

レオナルド・ディカプリオ主演映画の興行収入は以下の通り。
☆03年公開「ギャング・オブ・ニューヨーク」トータル30.0億円
☆03年公開「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」トータル29.0億円
☆05年公開「アビエイター」トータル10.7億円
OP1.6→5.0→6.9→8.4
☆07年公開「ディパーテッド」トータル15.6億円
OP2.9→7.1→9.9→11.7→13.0→13.8
☆07年公開「ブラッド・ダイヤモンド」トータル9.9億円
OP1.5→4.2→6.2→07.5→08.9→09.4→09.8
☆08年公開「ワールド・オブ・ライズ」トータル8~9億円
OP1.1→不明→6.0→祝込7.6→8.2
☆09年公開「レボリューショナリー・ロード」トータル3.8億円
OP0.8→2.4→3.2→03.5→03.7→03.7
☆10年公開「シャッターアイランド」トータル17.0億円
金3.4(OP2.7)→8.3→11.0→13.3→15.4→16.0
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先7.8→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2→33.5
☆12年「J・エドガー」
OP0.8億円→
これらとの対比で考えると、「J・エドガー」の興行収入は3.8~5.4億円となる。
「レボリューショナリー・ロード」はさすがに超えるだろう。

【同時期に公開された近年の作品】 
<2011>
☆「ソーシャル・ネットワーク」トータル14.2億円(オープニング1.6億円)
☆「グリーン・ホーネット」トータル5億円台見込み(オープニング1.5億円)
☆「RED」トータル12.2億円台見込み(オープニング2.2億円)
<2010>
☆「サロゲート」トータル5.5億円(オープニング金1.4億円)
☆「Dr.パルナサスの鏡」トータル7.0億円(オープニング1.3億円)
☆「ラブリーボーン」トータル7.0億円(オープニング金1.8億円)
☆「インビクタス」トータル8.6億円(オープニング金1.6億円)
これらとの対比で考えると、「J・エドガー」の興行収入は4.3~7.1億円となる。
4億円程度ではないか。

「J・エドガー」0.8億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2010>
☆「恋するベーカリー」2日0.8億円(トータル4.8億円)
☆「ザ・ウォーカー」0.9億円(トータル4.3億円)
☆「SAW ザ・ファイナル」0.7億円(トータル3.6億円)
☆「キャッツ&ドッグス」0.7億円(トータル3.0億円)
「キャッツ&ドッグス」以外との対比で考えると、「J・エドガー」の興行収入は3.8~4.8億円となる。
マックス5億円台、ミニマム3億円台となる
イーストウッド監督作品、ディカプリオ主演作品なので、多少の伸びはあるだろう。
「J・エドガー」の興行収入は4億円台と予想したい。
公開前個人予想は5億円台だったので、当たりとなりそうだ。
評価も微妙であり、このスクリーンではこの程度となるだろう。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。